うけとめて!

        チベットの風

 

ころしてはならない、ころさせてはならない(ブッダのことば)

 

 

「コンパッション」巻頭言より

 

今、チベットから風が吹いている。強い風だ。チョモランマから吹く風だろうか。チョモランマというチベット語は《大地の母》という意であるから、母なる風であろうか。しかしこの風が母なる風であるなら、まるで行方知らずになった愛しい我が子を探し求める母の声のようである。それは、あまりに悲痛な呼び声である。

 この風が吹く時、チベットでは人々が泣いている。この風が強く吹けば人々が傷つけられている。もっと強く吹く時には、人々が殺されている。しかし、この風には嘆きや悲しみの声だけではなく、よく耳を澄ませば祈りの声、自由への歌、マントラ、そして命をかけた叫びが微かに鳴っているのが聞こえるだろう。

 コンパッション。サンスクリット語でカルナー。我々はこれを悲と呼ぶ。その意味は、同悲同苦、憐れみ、愛、近頃では共感共苦、種字では「キャ」、すなわち観世音菩薩の本性に他ならない。世の苦しみ(煩悩)の音を観るのが、共感共苦、悲であり、コンパッションである。あなたにチベットから吹く微かな風の歌が聞こえるなら、あなたのうちなる観音性、コンパッションすなわち悲は生きている。あなたに、あの風の歌が聞こえないなら、あなたの観音性は何処かへ亡命しているであろう。しかし、死んではいない。ずっとあなたに呼びかけている。あなたの観音性を念じている。その呼び声に応えるなら、亡命していた悲は帰り来たり、観世音菩薩は現れるであろう。

 我々はチベットに吹く風に再び子供らの笑い声と僧侶たちの祈りの声が響き渡る日が来ることを信じている。大地の母なるチョモランマから吹く風が、我が子を深く抱きとめる子守唄のような風の歌を歌う日が来ることを信じている。

 そのために、今チベットから吹いている悲しみの風を大悲の帆に受けとめて、日本仏教という船は苦海に漕ぎ出さなくてはならない。目の前に広がるのはまるで中国へと通じる日本海のような荒海であろうが、コンパッションを海図に進むなら、荒海に沈みそうなチベットの友を引き乗せることもできるし、中国の友と船底を分かち合うことも出来るし、曼荼羅世界という彼岸へと渡っていくことさえ可能であると信じている。

 この荒海を漕ぎ渡る筏こそ、観世音菩薩の船、コンパッション−悲−である。

 

◇チベットの風

問い合わせ090-4951-0018

e-mail

 

 

ボランティア募集!小さなつながりの輪が広がって大きな夢をかなえます。

チベットを支援してくださる方、一緒にチベットの風を感じてみませんか。お気軽にどうぞ。

http://www.geocities.jp/windoftibet/

 

→Home    →イベント案内    →コンパッション    →写真『ダラムサラの旅』    →写真『チベットの旅』

◇お坊さんたちが考える、悩む、学ぶチベット問題。

チベットは、仏教国です。

国の成り立ちから今日に至るまで、仏教を政治や文化の根幹に据えてきました。

チベット人の精神は仏教に深く根ざします。

ニッポンのお坊さんたちが、チベット問題にどう向き合うのか。

その取り組みをチベットの風は心からサポートします。

小冊子『コンパッション−悲−』

チベットからの風

(販価500円・送料別)

チベットの風でも取り扱っています。

 

◆申し込み◆

チベットの風 090-4951-0018

e-mail

 

   口座番号:00500-1-83781
   口座名称:チベットの風

 

◇小冊子『コンパッション-悲-』

     チベットからの風

チベット《問題》を考える真言宗智山派

青年僧侶有志の会発行

頒価500円

 

●私たちチベットの風のスタッフでもあるお坊さんたちが、「チベット問題って何だろう」「ニッポンの坊さんは、これをどう考えるべきだろうか」「無関心でいてはいけないぞ」「まず勉強だ」という発想から、緊急発行したのが小冊子「コンパッション−悲−(チベットからの風)」です。

●「コンパッション」という英語は、慈悲とか憐れみを意味していますが、仏教の言葉としては特に慈悲のうちの「悲」に重心を持つものだそうです。

●そのこころは「共感共苦」の精神で、私たち人間性の中でも、他者の苦しみ悲しみを放置して置けない憐れみの働きを指します。

●この「コンパッション」という視点から、何人ものお坊さんたちが、自分の言葉で、勇気を出してチベット問題を語っています。

●チベットの風では、企画・編集・デザインまで全面サポート。お坊さんたちも関心を持って、また悩んでます。ぜひご一読下さい!

   

-----------------------------------------------------------------------

コンパッション 内容紹介

目次より

 

◆特別寄稿◆

チベットから見えてくる世界の姿・小林秀英

チベット、三月十日〜その背景として〜・雪山蓮子

チベットのため、法のため・柳下純悠

ダライ・ラマはなぜインドにいるのか・クンチョック・シタル

仏教徒として・松平實胤

曼荼羅世界から遠くはなれて・牧宥恵

 

◆特別メッセージ◆

大いなる随喜と友に・ロサン・ガンワン・リンポチェ

雪国の合掌・ニチャン・リンポチェ

御随喜下さいました皆様方への感謝をこめまして・若麻績敬史

 

世界を変える力・飯島俊哲

弟を、どうか助けてください・桑澤俊恵

知ること、考えること、祈ること、そして成すべきこと・小林崇仁

長野リレー、抗議と妨害の陰で・小峰智行

 

◆フォト・ドキュメント◆

チベット騒乱犠牲者追悼 並 世界平和祈念・理趣三昧法要

 

チベットを知るための道しるべ

(書籍・映画・ウェブサイト紹介)

 

   -----------------------------------------------------------------------

 

コンパッション 第2号企画編集中

◎入門編として、問題提起の冊子として、僧侶や一般の読者の方から好評を得ている『コンパッション』。企画・発行した僧侶有志のスタッフは、第二号の企画に取り組んでいます。

◎慈悲、愛、憐れみ、共感共苦すなわちコンパッションという立場から、チベット問題を注視し、関心の裾野を広げていくために、検討中です。皆さんの応援よろしくお願いします。

 

 

 


ころしてはならない、ころさせてはならない。

チベットの風