プレイステーション2
友達から譲って貰った初代PS2(DVD読込不良)を経て、現在は薄型を愛用。
持ってるソフト数は少ないながらもどれも珠玉のゲーム。

スカイガンナー/SCE[ピクセルアーツ](3DSTG)

スカイガンナー/SCE[ピクセルアーツ](3DSTG)

本作は3つの大きな魅力を持った比類なき3DSTGとして是非お勧めしたい逸品。

1つ目は「世界観」。舞台は「空を飛ぶことが難しくない」世界、ヨーロッパ風の海上の街。
「紅の豚」と「名探偵ホームズ(アニメのやつ)」を足したような世界観がとにかく魅力的。
主人公は飛行艇を操り空を駆ける若いガンナーで、街で開催される博覧会の展示物「永久機関」を狙う犯罪者ヴァントルとの対決が繰り広げられます。

2つ目は「敵ナビシステム」。他の3DSTGと決定的に違うのがこのシステム。
多くの3DSTGの視点は常に前方に固定されていますが、本作はロックオンした攻撃対象を画面の中心にすることができます。
例えば、敵機を下から追い抜いても、敵機が画面の中心のままなのでそのまま目視することが可能。これによって敵機の動向や距離方向の把握が容易になり、まるでアニメなんかの映像を見ているような感覚。これは他の3DSTGでは味わったことがありません。

スカイガンナー スカイガンナー スカイガンナー
(中央)イージー主役の「ファム」。難易度は3段階、難易度で主役が違う。
(右)「敵ナビ」しつつ下から敵機を追い抜く。視点の中心が敵機ならではのアングル。

3つ目は「スコア」。賞金と称して敵機を撃墜することでスコアが入ります。
敵編隊を連爆させたりすることでスコアアップされたりでとにかく熱い! 各ステージも丁度良い短さで、何回もチャレンジしたくなるプレイスタイルはまるで 2DSTG。スコア命のシューターにも是非プッシュしたい。

見た目で入って、システムに助けられ、スコアに燃える。まさかスターフォックス64程夢中になる3DSTGがあろうとは。
…実質続編であるガンナーズハートが気になります。[09/4/4]


1