ゲームキューブ
実はQが欲しかった。

F-ZERO GX/任天堂[セガ/アミューズメントビジョン](RCG)
CAPCOM VS SNK2 MILLIONAIRE FIGHTUNG 2001 EO/カプコン(2D格闘)
機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡/バンダイ(3DACT)
キン肉マン2世 ニュージェネレーションVSレジェンズ/バンダイ(3D格闘)
スーパーマリオサンシャイン/任天堂(3DACT)
ゼルダの伝説 4つの剣+/任天堂(ACT)
ソウルキャリバー2/ナムコ(3D格闘)
ナルト 激闘忍者対戦!2/トミー(3D格闘)
ビーチスパイカーズ/セガ(ビーチボール)
ビューティフルジョー/カプコン(2DACT)
ロックマンエグゼ トランスミッション/カプコン(2DACT)

F-ZERO GX/任天堂[セガ/アミューズメントビジョン](RCG)

とにかくものすごいスピード! セガが制作するということですごく期待していたのですが、これほどのものになるとは。グラフィックが本当に美しい。F-ZEROの世界がついに完成したといっても過言ではないでしょう。グラフィックに説得力がでたことで臨場感が前作(N64)の比じゃありません。セガの今までのレースゲームとF-ZEROは目指すものが近いところがあったのか、セガと相性がよかったのかも。

とにかくものすごいスピードの中でマシンを制御しきって、レコードを更新していくのが病みつきに。でもへっぽこゲーマーの私はストーリーがクリア出来ず…。逆転要素が無いのはちょっと辛いです。マリカーのような運の入る余地の無いガチンコレース。全体的にCPUの難易度は高め。

パッドのほうが操作は簡単なんですけど、私はスピードフォースというハンドルコントローラーでやってます。これがまた素晴らしい出来で、アクセル・ブレーキはもちろんペダルで。しかもハンドルをきる重さがリアルに伝わってきて臨場感抜群。アーケードとはハンドルの形が違うのですが、このさい言いっこなし。[04/9/29]

CAPCOM VS SNK2 MILLIONAIRE FIGHTUNG 2001 EO/カプコン(2D格闘)

格ゲーレビュー
のところでもこのタイトルをやっていますが、ここでは「EO」システムを少し。

いきなりですが、GCのコントローラーで格ゲーは無理です。あの十字ボタンのひどい扱い。でもこのタイトルはそれを逆手にとったシステムを採用しています。
以前にもボタンにコマンドや必殺技をを割り当てるものはあったものの、ボタン数の問題で一部の技に限られていましたが、GC版では右のアナログスティックの倒す方向によって必殺技がでるのでほとんどの技を割り当てることができます。これにより、コマンドが苦手な人でも必殺技の爽快感を楽しめるようになっています。倒す角度の範囲が狭い技もあるので暴発することもありますが、これなら初心者でもそれなりに楽しく遊ぶことができます。

このシステムは是非発展させていってほしいものです。これからの格ゲーのためにも。

機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡/バンダイ(3DACT)

あまり評判良くないですね、これ。私はかなりの傑作だと思えるのですが。一連のカプコン制作のガンダムよりおもしろいですよ。ガンダムしてます。

確かに操作性は複雑な部類かもしれませんが、それを乗り越えると、ガンダムを操作している気分がビシビシとコントローラーを介して伝わってくるゲームなんです。一年戦争をガンダムからボールまでの様々な機体、アムロからシャアまでの様々なパイロット、様々なミッションで楽しめるのですから、贅沢なゲームです。これが8cmディスクに収まっているのが驚き。[05/1/20]

キン肉マン2世 ニュージェネレーションVSレジェンズ/バンダイ(3D格闘)

昔のオープニングテーマ「リングに〜稲妻走り〜♪」を聞くと走馬灯のようにキン肉マンが思い出されますか? そんなあなたはプレイすべきです。義務といっても過言じゃありません。新旧のオープニングテーマが収録されていて、キン肉マン消しゴム(通称キン消し)のデータまで入ってるんですよ? もうオープニング聞きたいがために立ち上げることもしばしば。続編がPS2に行っちゃったのだけが悔やまれます。

このモデリング、モーション、演出、声(実況のナカノさんが素晴らしい)、どこをとってもキン肉マンです。キン肉バスターが目の前で鮮やかによみがえり、ハリケーンミキサーでふっ飛ばす快感ときたらたまりません。ゲーム部分も最高におもしろくて、対戦ツールとして十分。全てが素晴らしいのでなにも言うことありません(感涙) アシュラマンがいれば文句無しでした(PS2版には参戦)・・・。

最後に一つ。オリジナルキャラが作れるというふれこみでしたが、あれでオリジナルと言えるのかどうか・・・。私的に今のところGCで一番贔屓にしている格ゲーです。

とにかくキン消し世代にはたまらん出来です。キン消しモードだけで一日もつ。[05/2/7]
スーパーマリオサンシャイン/任天堂(3DACT)

本厚木で過ごしたあの夏の半年は体力的に一番辛い夏でした。あのくそ暑い夏、当時買ったばかりのGCでビーチスパイカーズ、カプエス2、そしてマリオサンシャインを楽しむことが極上の楽しみでした。

本作の舞台は常夏の島。空は晴れ渡り太陽が眩しく、海は澄み渡り水面がきらめき、音楽は軽快で南国ちっく。始めたとたんバカンス気分。もうね、敵なんてどうでもいい感じ。

今回のマリオは水の入ったポンプを背負ってます。LRボタンで水をブシューっと発射! GCのLRは押込みストロークが深い独特のものですが、この押し込み具合と見事にマッチ。水を使って敵を倒したり、仕掛けを解いたり、落書きを消したり、下に発射して空を飛んだり、道路を水浸しにしたりと、水鉄砲を手に入れたいたずらっ子のごとくやりたい放題。
もちろんアクション部分言うに及ばず、64をプレイ済みならすんなり楽しめます。

くそ暑い夏の水遊びの気持ち良さは格別。とにかく水をビチャビチャ撒き散らすのが楽しい。夏になると必ずやりたくなる。[07/12/13]
ゼルダの伝説 4つの剣+/任天堂(ACT)

多人数専用です、このゲームは。GBAをコントローラーにして、手元に画面があることで成り立つ仕掛けが楽しいです。協力プレイしているのに水面下で競い合うプレイ感覚はマリオブラザーズ(FC)に似ていて、最後の成績発表の時の"他人を出し抜いた瞬間"にはまります。

とくに「ナビトラッカーズ」がおもしろい。[04/10/2]

ソウルキャリバー2/ナムコ(3D格闘)

リンクもこう見るとけっこう格好良かったんですね。

システムは前作とほぼ同じ。相変わらずボリューム満点で大満足。遊び尽くせないぐらいモードがたくさん。不満点は、演舞は前作のほうが良かったかも、というくらいですね。

そして今作は各機種ごとにゲストキャラクターが。PS2には鉄拳の平八、XBOXにはスポーン、そしてGCにはゼルダのリンク。最近メーカー同士のコラボが目立ってきましたが、まさか他社の格闘ゲームにリンクがでてくるとは本当に驚きです。これだけで他機種より優れているといっても過言ではないです。そのリンクですが、モデリング、動き、技等どれをとっても格好いいです。そのままゼルダの中で動かしたいくらいです。

というわけで、リンクで遊びたくて買ったタイトルですが、おまけで「パックマンvs」がついてきました。もういたれりつくせり。GBAを使って遊ぶパックマンは想像より面白いので得した気分。すごいよ、ありがとうナムコ、そして任天堂。

ナルト 激闘忍者対戦!2/トミー(3D格闘)

最近のキャラゲーはよくできてますね。GBの「幽遊白書」等の原作格闘を作ってきたトミーの本領発揮タイトル。開発会社は違うんでしょうけど。

原作に合わせたゲームシステムで、スピーディに忍者してます。「2」ではキャラも増えてかなりボリュームアップ。技の掛け合いといった感じのシステムですが、大雑把な戦いというわけではなく、変わり身の術などを使った技の駆け引きが熱い(3D格闘熟練者には、細かい駆け引きが無い分物足りないかも)。けっこう連打でも強い。

キャラの特長もちゃんととらえていて、ファンも満足なはず。アニメ調のグラフィックがあのクオリティで動くのはすごいです。これからはアニメ(マンガ)原作のポリゴンゲームはこの方向でいくんでしょうね。関係ないですが、GCの「ワンピースグランドバトル3」と「トレジャーバトル」を比べると、やっぱりトレジャーバトルのほうが違和感ありませんよね。

私的にはトゥーンシェイドっていうより、ジェットセットラジオ発売時のマンガディメンションって呼び方のほうが好き。
ビーチスパイカーズ/セガ(ビーチボール)

発売数日後の頭がボーっとするくらいゲロ暑い夏の日、見た目の華やかさにつられて購入した本作でしたが期待以上に面白く、夏になるとやりたくなる一本。
元がアーケードなので簡単な操作で覚えやすく、使うボタンはAのみ。レシーブとトスはコートに表示されるマーカーの下に入ってA。アタックとブロックは表示されるゲージのタイミングに合わせてA。これだけ。
感覚的にテニスに近い感じですが、そこはビーチバレーなので2人の連携が大事です。レシーブ、トス、アタックの流れをキレイにまとめて相手のコートに叩き込むのが気持ち良い。
これが6人のバレーボールだと複雑になって分かりづらかったはず。

ビーチスパイカーズ ビーチスパイカーズ ビーチスパイカーズ
(中央)上下するゲージを合わせてアタック! (右)エディット画面。お気に入りのスイカ柄。

モードはアーケード、ワールドツアー、VS、チュートリアルと充実。
特に操作できないパートナーを育てるツアーが熱い。最初はむかつく程頼りないパートナーが試合を重ねるごとに上達していき、自分が足を引っ張ってしまう様になってしまうのがなんとも(笑)
もちろん水着姿のビジュアルもなかなか。豊富な柄の水着の中には、セガファンにお馴染みの模様の水着などもあってファンサービスも怠っていません。私的には選手メイキングでもうちょっと可愛い顔があればうれしかったです。まぁ個人の好みですが。
やっぱり健康的な女性美っていいですよね![04/9/19]
ビューティフルジョー/カプコン(2DACT)

VFXアクション、文字通り映画の演出を自分で操作できるシステムです。

スロー、早送り(マッハスピード)、ズームがあり、ジョーをいかに格好良く闘わせるかがこのゲームの目的。ビューティフルというのは造語で、ビューのスペルは"鑑賞"と書き、"美しく魅せるジョー"という意味らしいのですが、これがとにかくテンション上がりまくり。
スローで相手のピストルの弾をゆっくりにして避け、早送りでジョーのスピードを飛躍的に早くして攻撃力アップ、そしてズームで格好よくフィニッシュ! 格好良く敵を倒さないとヒーローじゃねぇ!と言わんばかりにビューティフルなアクションの数々が盛り込まれています。

難易度は少々高いものの、投げ出す程でもないので何回も遊んでしまいます。敵の配置や攻撃を覚えてしまえば、さらに格好良く敵を吹っ飛ばすことが可能。このループが病み付きになるほど気持ち良い。ジョーに倒される敵キャラもツボを押さえていて、ショッカーみたいなザコキャラや、悪の組織を地でいくボスばかり。思いきり気持ち良く格好良くぶっ倒していくのです。
ヒーロー最高!
ロックマンエグゼ トランスミッション/カプコン(2DACT)

GBAでエグゼなるロックマンの名をかりたゲームが売れまくってます。10才下の弟も夢中で遊んでるんでかなりおもしろいんでしょうね。やったことありませんけど。

このトランスミッション(以下TM)は2DACTです。従来のロックマンの感覚。エグゼの冠はアイテムが豊富といった部分にみられます。武器といえば昔は敵ボスから奪った武器だけだったのですが、TMでは膨大な数の武器とアイテムがございまして、今流行の物量作戦でぬるいのかと思いきや難易度はそこそこで一安心。ボスはもちろん道中もとにかくパターンありき。パターンを把握するとノーダメでもいけます。ここらへんは昔懐かしいロックマンテイスト。

一つ懸念することは、これがエグゼ世代に受け入れられたのか否か。・・・で、拒絶されたようですね、店頭の値段を見るかぎり。安く寂しく売られていたので買っちゃいました。今時真っ当な2DACT自体珍しい存在。古いゲーマーにとってカプコンってほんとありがたいとドリキャスでのカプコンパートナーシップの頃より思っていました。そのこだわりはビューティフルジョーへと繋がっていきますが(開発部署は違いますけど)、なかなか売上につながらないのは涙をさそう。

それにしても、ロックバスターが一番使えないってどういうこと?[05/12/26]
1
1 1