ゲームボーイ
一番最初に手に入れた(買ってもらった)思い入れのあるハード。
あのころはでかい本体に夢がいっぱいでした。
店に並んだどのソフトも魅力的に見えたっけ(T_T)

アフターバースト/メサイヤ(ACT)
かえるの為に鐘は鳴る/任天堂(ACAPG)
カービィのピンボール/任天堂(ピンボール)
カーブノア/コナミ(RPG)
激闘!パワーモデラー/カプコン(2D格闘)
サガ2 秘宝伝説/スクウェア(RPG)
スーパーマリオランド2 六つの金貨/任天堂(ACT)
聖剣伝説/スクウェア(ACRPG)
バイオニックコマンドー/カプコン(ACT)
ファミリージョッキー2/ナムコット(競馬AC)
ベリウス2 復讐の邪神/サミー(ACRPG)
ポケットモンスター赤・緑/任天堂[ゲームフリーク](RPG)
マネーアイドル エクスチェンジャー/アテナ[フェイス](PZL)
ラッキーモンキー/ナツメ(ATC)
リトルマスター2 雷光の騎士/徳間書店インターメディア(SLRPG)

アフターバースト/メサイヤ(ACT)

バズーカ砲を担いだロボットを操り、攻撃目標(タンク)を破壊すればステージクリア。
コンパクトな全30ステージを、時間制限内に敵や障害物を破壊して進みタンクを破壊できればクリア。10ステージ毎にボスステージ。
ステージはパズル的な要素があって、ブロックを破壊する順番等を考えないとクリアできません。

特徴的なのは、肩のバズーカを水平から垂直まで自由に傾けることができ、ボタンを押す長さ(溜め撃ち)で撃った弾の軌道が変わるということ。短く押せば放物線を描いて下に落ち、ゲージいっぱいまで溜めれば弾は真っ直ぐ飛ぶ。この軌道と強弱を微調整して、敵を狙ったり下方向を狙ったりと攻略における重大要素となっています。
ジャンプはボタンを押す長さによって距離が変わり、全体的にプレイヤーの腕が問われる操作系が硬派です。

アフターバースト アフターバースト アフターバースト
(中央)横線入のブロックは破壊可能。左上のゲージが溜めゲージ。丸いのがタンク。
(右)ステージ10のボス。各ボスはパターンを把握しないと辛い。

一発ずつしか撃てない豆鉄砲を狙いすまして撃つちまちまぶり、ドット単位で自機を操作するちまちまぶり、5ステージ毎のパスワード制等、いかにもGBらしいタイトル。
個人的にはドンキーコングと並んでGBのコンパクトステージアクションパズルの代表として挙げたい逸品です。[09/1/31]

かえるの為に鐘は鳴る/任天堂(ACRPG)

中身が想像しづらいタイトルですが、ジャンルはコミカルでゆるい感じのRPG。しかしストーリーにしっかり1本筋が通っており、印象深い一品なのです。

ゲームシステムはゼルダのようなフィールドとマリオのような2Dアクション面で構成されています。
敵との戦闘はオートでどちらかの体力が無くなるまで削りあい。ただし道中の強化アイテムを取っていかないと戦闘では負けてしまいます。逆にアイテムを取っていると必ず勝ててしまいます。
総じて難易度は低く、アクションゲームとしてはぬるい。しかし子供だましのようで、そうじゃない。

主人公は、いつもライバル国の王子にいつも一歩負けている王子。王子は、敵のヘビにさらわれた姫を助ける為に向かったライバルに遅れまいとして出発。最初は金にものをいわせた高飛車で生意気に振舞いつつも、困難に立ち向かったりライバルを助けようとする姿はやっぱり王道な主人公像。
勧善懲悪のメリハリあるストーリーを、顔の表情すらわからないしょぼいドットキャラが、オーバーリアクションや効果音でとても感情豊かに盛り上げてくれます。さらにゼルダをちょっと軽くしたようなメロディがとてもマッチしていて場面場面を演出。これら色々な要素のおかげで、まるで小劇場みたいな物語を最後まで飽きずに楽しむことができるのです。[06/11/4 ]
カービィのピンボール/任天堂(ピンボール)

タイトルのまんま、ピンボール。もちろん弾かれるのはカービィ自身。丸いボディが幸いしてか、全く違和感がありません。
初期のGB画面は残像が酷かった為か、縦長台をスクロールで表現しておらず、台を1画面3階層式にして、下から上へ上がっていき、最後にボス戦があるというシステム。
ボール(カービィ)のコントロールも容易で、ルールも簡単。カービィの挙動や敵のデザインも可愛らしい。気軽に楽しむにはうってつけのピンボールです。

ただ、他のピンボールに比べてボールが大きく、プレイ時の画面は一画面と狭いのでちまちましたプレイになってしまうかも。玉を弾いてループさせるといった快感はありません。
しかし(初代の)カービィというゲーム自体がちょこちょこ敵を倒して進んでいくゲームなので、そういう意味ではカービィらしい。欲を言えば、敵を吸い込むギミックも取り入れてほしかったところですが。
ピンボール好きよりカービィ好きにお勧めしたいタイトル。

[07/3/18]UP [08/1/18]修正 
カーブノア/コナミ(RPG)

本作はシンプルすぎる「不思議のダンジョン」といった感じのゲームシステム。

最初にギルドでメンバー登録をし、即クエストへ。クエストは4つで、それぞれに「指定数のゴールドを集める」「〜のモンスターを倒す」「〜のフェアリーを助ける」「〜のオーブをさがす」という目的があり、クリアするごとに指定数が増えて再挑戦といった具合。

カーブノア カーブノア カーブノア
(中央)クエスト3のオーブ集めが一番きつい。 (右)敵の動きは単純。慎重に動けばOK。

ダンジョンでは、こちらが一歩動けば敵も一歩動くというターン制。立ち回りとしては、いかに敵から逃げ回ってアイテムを回収できるかがカギ。敵は一定のパターンで動いているだけなので、敵の動きを読んでかわすことが最重要スキルとなります。
しかし、ダンジョンは入るたびにランダム生成されるうえに、入る前に貰える4つのアイテムもランダムなのでけっこう運も必要。
また、装備を整えれば各パラメーターアップできますが、回復・補助アイテムと装備品は合わせて8個しか持てません。とにかく取捨選択が頭を悩ませます。いくら最高の立ち回りをしても駄目な時は駄目。このやんわりとした理不尽さが本作の醍醐味。

ダンジョンの途中でセーブはできませんが、長くても30分以内に終わる手軽さ、ミスしてもすぐにリスタートしたくなる程よい難度。スコアが無いのは残念ですが、クリア時には本作もう一つの醍醐味である「達成!」っていうガビ音声が聞けるだけで十分満足感のある一本です。[08/11/8]

激闘!パワーモデラー/カプコン(2D格闘)

白黒GB最高の格ゲーかも。動きは予想外の本格派。でもパターンはスト2の流用で手抜き。
ダッシュが無いのが残念ですが、必殺技キャンセル、ガードキャンセル、中断攻撃まであります。タカラの熱闘シリーズよりだんぜんオススメなんですけど、味付けがイマイチでした…。

ラジコンみたいなロボットで対戦という設定。パーツをつければ必殺技がつかえたり、ガードキャンセルできたり…って、パーツをつけないと通常技だけってどういうこと? しかもパーツは買う必要があってけっこう値段が高い。小学生のかけ金の奪い合いだけでは厳しい。っていうか、小学生がお金をかけるなよ!という突っ込みをしつつ、大人と対戦してお金を巻き上げながら進めることになるでしょう。

パワーモデラー パワーモデラー パワーモデラー
(中央)こいつはもちろん弱い。(右)動きはしっかり格ゲー。SPEEDタイプは春麗がモデルっぽい。

基本の本体は5種類。GBなのでこんなものかと。そこからパーツをつけて改造していくわけですが、その自由度が少ない。パーツにはレベルがあるものの、戦闘でレベルアップしていくわけじゃなく、買い直し。しかも話を進めないと店頭に並ばない。パーツの種類も少なく、肝心のカスタマイズする面白さが感じられないのはもったいないですね。格ゲーとしておもしろいだけに残念。[05/10/8]
サガ2 秘宝伝説/スクウェア(RPG)

とにかくキャラを育てるのが楽しいゲーム。荒削りな「1」からより進化し、無難にまとまった「3」よりも断然おもしろいタイトルです。私的に「3」は「サガ」シリーズとして見るならばクソゲー。

耳に残る音楽は「聖剣伝説」と並んでGBでは最高レベル。私はサウンドテストの為だけにウォークマン気分ででかい初代GBを持ち歩いていたことがあります。あの切ないオープニングは子供心にしみました。

キャラは様々な種族から選べ、レベルアップは各パラメータ(力、素早さなど)ごとに上げることができ、文字どおり自分好みのキャラに育てることができます。戦闘はオーソドックスなものですが、武器の使用回数が限られていたりして、強い武器ばかり使うことができないのがいいですね。
モンスターは敵の肉を食べることで変身していきます。その法則を考えるのも面白い。ほかの種族にも固有のメリットがあるので、最初の種族選びは悩むところです。

サガ2は様々な世界を行き来します。一つ一つの世界やダンジョンも個性のある設定ばかりで新鮮な気分で楽しむことができます。当時GBでこれだけボリュームのあるタイトルはありませんでした。ただ、バグも多かったのはご愛嬌。[05/3]

スーパーマリオランド2 六つの金貨/任天堂(ACT)

「1」とはぜんぜん画面とキャラの比率が違って、かなり大きいマリオ。「1」のちまっとしたマリオも味わいがありましたが、アニメ的になって、ぐっと親しみやすいビジュアルになってます。
さらにFCの「3」のようなマップ構成になっており、じっくりマリオを遊ぶことができるようになりました。

この「2」の新要素として、バニーマリオが登場。耳をパタパタすることでちょっと滑空することができます。ひげおやじにバニーの格好させるなんて看板キャラに思いきったことさせますね(笑) 大人になって今見るとただの変態オヤジに見えるのがちょっと悲しい。
キャラが大きくなって非常に見やすくなったダイナミックな画面とボリュームに、GBでもここまで出来るんだ、と当時感動したのを覚えています。[05/2/8]
聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝/スクウェア(ACRPG)

ラストの悲しい終わり方は今でも納得いかないところではあるのですが、だからこそ今でも鮮明に思い出せるタイトルになっているのかもしれませんね。まず導入部でいきなり巨大な敵キャラとの戦闘から始まり、牢屋からの脱走までの流れがプレイヤーを引き付けてくれます。

ファイナルファンタジー外伝と名打ってますが、魔法やアイテム・チョコボ以外はまったくのべつもののアクションRPG。一番比べやすいのはゼルダですが、ゼルダよりも派手で、ストーリーとキャラ育成がより楽しめるようになってます。
レベルアップではある程度自由に能力を振り分けることができ、自分好みのキャラに育てることが可能。
武器による攻撃の他にも、ゲージを溜めることで発動できる必殺技や魔法を駆使して敵を倒していきます。難易度はそんなに高くないので、ボスの攻撃パターンを覚えればけっこう楽に進めます。
ノンプレイヤーキャラも多く登場し、一人一人のバックグラウンドがしっかり作られていてとても魅力的。敵であるシャドウナイトの思惑や最後のヒロインの末路など、スクウェアの本気を感じます。

白黒GBのRPGでは同じスクウェアの「サガ2」と同じくらいお勧めしたいタイトル。余談ですが、私はこのゲームと攻略本を3回買い直した経験があります。それだけ当時は郡を抜いておもしろく、またストーリーは子供心に訴えるものがあったのかもしれません。

バイオニックコマンドー/カプコン(ACT)

カプコンの2DACTゲームは独特の操作を採用したものが多々あります。ロックマンならスライディング、魔界村なら等間隔ジャンプ、レッドアリーマーならはりつきと滞空飛行。それらを使いこなした先に得られる達成感がカプコンゲームの大きな魅力であり、BCもまたその一つ。そしてBCで要求されるアクションがワイヤーアクションです。

他の2Dアクション同様、ステージは足場の途切れた上や横へ続いていくのに、操作キャラはジャンプができません。そこで活躍するのがワイヤー。ワイヤーを射出し天井にくっつけ、ワイヤーにぶら下がり、反動をつけてジャンプして進む。ワイヤーの長さによって飛距離が変わったりしてかなり慣れを必要としますが、一旦コツをつかむと連続でワイヤージャンプが可能となり、雑魚を倒して進むより頭上をブランブラン通り過ぎるのが楽しくなる。ちなみに攻撃はロックマンのようなショット。
ストーリー展開も特殊部隊ということからも想像できるとおり、熱いお約束場面が適所に挿入され、敵キャラも遠慮なくぶっ倒せる悪人ばかり。特にラストエリア降下から脱出にかけて最高に盛り上がる。

難易度は若干高めで、ステージはパターン作りが重要、それさえ乗り越えれば華麗なワイヤーアクションが可能となり、本作の魅力が堪能できるようになります。ボスはごり押しで攻略できるのはご愛嬌。
また、ステージ選択+パスワード制なのでじっくり攻略できますし、さらに救済処置としていつでもエリア脱出できるコマンド(A+B+ST)まであり、何回でもチャレンジ可能。パスワードは複雑ですが今となっては電池切れの心配が無くて逆に安心かも。
現在は手に入りにくいかもしれませんが、間違いなくGBアクショントップクラスの逸品なので是非。[08/3/29]
ファミリージョッキー2/ナムコット(競馬AC)

「ダビスタ」に代表されるシステムとは違い、ムチを入れて走らせるアクションゲーム。

最初に馬を選び、配合させて強い馬を生み、最終的にG1を制覇する。流れは一緒なんですが、レースでは自分の腕が頼りです。なにしろ、ボタンを押してムチを入れないと後続馬に抜かれまくる程に馬のスピードが遅くなってしまうからです。馬の位置も操作できるので、さながらジョッキーになった感じでしょうか。
操作を騎手任せにすることもできるんですけどね。

ファミリージョッキー2 ファミリージョッキー2 ファミリージョッキー2
(中央)この後ステータス発表。駄馬なら腕でカバーだ。
(右)ゴール前。下のバーがスタミナ。横の数字はスピード? 95km/hとか…。

馬にはスタミナがあり、いろんな要素でこれが減っていきます。もちろん無くなれば後続馬にごぼう抜きにあいますから、いかにスタミナをセーブしながら道中を進むかがポイントになります。
他馬と接触したり、ムチを入れてスピードアップすると無くなっていくうえに、荒れているインコースを選ぶとスピードが遅くなったり馬群に包まれたりで、位置取り・ペース配分等に頭を使います。短距離のレースになるほど自馬の位置取りが重要で、駆け引きが熱いレースを楽しめます。直線で他馬の前にいれば押してくれたりしますけど(笑)
自分の腕が問われるぶん、自分の生んだ遅い馬でも自分の腕しだいで大きいレースに勝てたりするので、その時は嬉しさ倍増ですよ。

ちなみにバーコードボーイに対応してます。やってみたい。[05/5/29]
ベリウス2 復讐の邪神/サミー(ACRPG)

このゲームは個性的なキャラが魅力。
パーティは、主人公と道中で加わる僧侶・妖精・ゾンビ・拳法家・天使・黒騎士の中から3キャラを選ぶ4 人編成で入替えは自由。それぞれのエピソードに濃淡はあるものの、いずれも個性的な性能とビジュアルで、メンバー次第で色々楽しみが広がります。
例えば終盤に加わる黒騎士の強さは主人公以上で、通常技が強いうえに特殊技は画面全体に大ダメージというチートっぷり。天使は遠距離攻撃と町間移動(要はルーラ) ができるので重宝、ゾンビは特殊技が優秀で障害物を壊せるし…と考えていくとメンバーは固定されてしまいますが、あえてしょぼい僧侶や妖精を使うのも一興かと。

ベリウス2 ベリウス2 ベリウス2
(中央)レベルMAXのダーク騎士、強すぎ。 (右)序盤のボス。見た目に反して案外手強い。

システムはシンプルなACRPG。操作できるのは表示されている1キャラ、セレクトでキャラチェンジ、Aで攻撃、Bで特殊技、レベルアップは所々に落ちてる各自それぞれのアイテムで行います。
なぞ解き等は無く、雑魚は弱いですし、ラスボスもパターンを読めばノーダメで倒せるなど難易度は低いのですが、キャラを入替えながら黙々と続けてしまう。
主人公の影の薄さも、他のキャラを引き立てていてこれはこれで良し。[08/10/22]

ポケットモンスター赤・緑・青/任天堂[ゲームフリーク](RPG)

まぁ、お勧めするまでもないんですけどね。
「携帯機だからこそできるコミュニケーションゲームを確立したソフト」といっても過言じゃないでしょう。
対戦相手がいるのならポケモンシリーズはやらなきゃ損ですよ。ちなみに私は「緑」でフシギダネから始めました。
据置機(N64)と連動するという仕様も当時は革新的で、それはそれは貴重な学生時代を多分に費やしてしまったゲームなのです。

マネーアイドル エクスチェンジャー/アテナ[フェイス](PZL)

携帯機はパズルゲームと相性が良い。その証拠にGBで一番多いジャンルらしいです(不確定情報)。パズルは派手な演出がなくてもおもしろければ気軽に長く楽しめるため、私は演出を軽視してましたが、それなりの演出も必要だということがこのタイトルでわかりました。

本作はマジカルドロップにお金の両替えとギャルがミックスされたパズルゲーム。アーケードからの移植作。
画面上から降りてくる日本円硬貨6種類を、小さい金額から大きい金額に両替えしていき、千円になったら消えるというルール。画面下のちびキャラを左右に動かして硬貨(同硬貨でなら一度に何枚でもOK)を取り、飛ばしてくっつけて両替していくというもの。一円玉なら五枚くっつけば五円玉にチェンジするといった感じ。連鎖もそこそこ狙えてゲームとしてなかなか面白く、演出にもう少し力が入っていればけっこうオススメできるタイトルだったものの、あまりにたんたんとしていて盛り上がらない。せめてお金のチャリーンという音だけでもあれば…。

マネーアイドルエクスチェンジャー マネーアイドルエクスチェンジャー マネーアイドルエクスチェンジャー
(中央)主人公の「さくら」 (右)500円硬貨を両替すると消える。たぶん「さくら」の懐へ…。

では、本題。本作の最大の個性は、両替えとギャルを繋ぐ設定にあります。説明するのがめんどくさいんで、こっそり説明書のキャラ紹介欄をアップします。転載はやめてくださいね。もっと堪能したい人はPS版を買いましょう。
ファイルサイズ大です。表紙 キャラ紹介1 キャラ紹介2
脳内麻薬ブンドルフィン?「プリティーファイター」とタメはれますよ、これは。[05/5/13]
ラッキーモンキー/ナツメ(ATC)

ナツメのゲームにさわったことがなかったので興味本位で買いました。これぞ白黒GBといった感じ。
白黒GBらしいとは、小ぢんまりしつつも繰り返し遊べる携帯ゲームらしいという意味。
自キャラはサルで、Aボタンで真上に出した白いボールをヘディングして操って敵に当てて倒す、といったもの。Bボタンを押してヘディングすると敵を倒せる黒いボールになり、それを当てると敵を倒せます。とってもシンプル。ステージもそこそこ多く、ノリのいい音楽に仕草が可愛いキャラ。

大作じゃないけどたまにやるから手の届くところに置いておこうかな、みたいな。そういったやつをGBASPで遊ぶのがGBマニアの楽しみ。GBAからはみ出まくってるグレイのカートリッジが自己主張しすぎて周りの視線がイタイですが、上に出る初代GBAよりはましかな。
それに比べて今のDSカードの小ささときたらなんですか、あれは! あれじゃ他人がなに遊んでるかを後ろから覗けないじゃないですか!(懐かしい) しかもバックアップは消える心配がないなんて! 新品で買った「カードヒーロー」(¥500)なんてセーブ一回で電池切れ発覚したのに! でも未だに「サガ2」「聖剣」「ポケモン緑」とかの記録が消えないのは不思議に思いつつ感謝。あ、ラッキーモンキーはパスワード制で電池切れの心配ありませんので。[06/9/22]
リトルマスター2 雷光の騎士/徳間書店インターメディア(SLRPG)

今ではオーソドックスなシステムのファンタジーSLRPG。システム自体は良くあるものですが、音楽、コミカルなモンスターデザインと合体システム、マップのギミック等がとても良く、飽きにくい作りになってます。

戦闘ではサイドビューになり、キャラが活き活きと動きます。キャラの個性もしっかりできていて、役割がわかりやすいのも好印象。特に戦闘におけるモンスターの動きが個性的で見てて楽しく、モンスターの育成にはまる。モンスターのデザインは「ポケモン」よりも好き。[04/8] 
1