G-UE.GIF - 2,605BYTES

ネオジオポケット


 『ハード的長所』

(1)方向キーがジョイスティックタイプ。
 …ネオポケ最大の特徴がこれ。SNKといえばスティック。斜め方向もスムーズに入力可能で長時間プレイでも疲れにくい。カチカ チ音がうるさいのは仕様なので我慢。
これにより、特に格闘ゲーム操作では携帯ゲーム機中群を抜いて遊びやすい。これは'09年時点でも変わらないし、恐らく今後も変わらない。だって需要が無い。
ネオポケ方向キーネオポケ方向キー
アーケードスティックのような四角ガイドじゃないので斜めで止めにくいがあまり気にならない。

(2)占いができる。
 …ソフトが無くても占いやアラーム機能が使える。1回で飽きる。

(3)ボタンがシンプル。
 …米粒みたいなオプションボタン含めて3つというGBより少ない男仕様(+電源ボタン)。メタルスラッグではフル活用する無茶仕様だが気にしない。
ネオポケボタン
しかも微妙に押しにくい位置にあるうえに高さが低いオプションボタン。

(4)ドリキャスと最強連動。
 …使ったことないし使ってる人も見たことない。
ねかせッ!ネオポケかてドリキャスと最強通信じゃ。
(ドキばぐ「崖ッぷちでハロー(ハート)編」より)
 『ソフト的長所』

(1)格闘ゲームが多い。
 …見た目はGBの熱湯シリーズに毛が生えた程度ながら、操作感覚はアーケードと熱湯シリーズの中間くらいの感覚で遊べる。ちょっとした格闘ゲーム熱を吸収してくれる、が、結局本物がしたくなる。実はSNKvsCAPCONがあれば十分ながら他のざっくばらんでアバウトな格ゲー群も見逃せない。

(2)水木しげるの妖怪写真館が遊べる。
 …「ドキばぐ」内で猛プッシュされていた1本。これでネオポケを知った人も多いのでは。

(3)オンリーワンソフトもちらほらと。
 …今となっては他の携帯機できるやつも多いんですけど、「最強ファイターズ」はメーカー間対戦の第一弾ですし、「ギャルズファイターズ」みたいな挑戦的ソフトもある。パズルゲームも粒ぞろい。なにより「スーパーリアル麻雀プレミアムコレクション(ボイス&脱衣あり)」があるのが心強い!(?) パチスロの充実ぶりは痛々しいけど。
『僕とネオポケ』

 白黒NGPが出た当時、ポケモンのヒットで携帯ゲーム機市場は活気を見せ、続々と各メーカーが新機種を発売しました。任天堂のGBカラー、バンダイのワンダースワン、プレステのポケットステーション、ドリキャスのビジュアルメモリ(こいつでゲームしたことないけど)。その中でも特に注目されていなかったのがNGP!ほんとにこれは僕もまったく眼中になかったですよ。

 そもそもSNKの出す機種なんて一般プレイヤーには無縁のものでした。ネオジオのロムカセットの値段聞いただけでもうアホかと(ネオジオソフト1本で別のハードとソフトが買える)、どこのゲーセンジャンキー用なんやと。そんなネオジオの看板を掲げた携帯ゲーム機が苦戦することは想像に難しくありませんでした。

 どうせソフトもアーケードの劣化移植ばっかりで気合いの入ったオリジナルなんて出るはずがない。「誰でもいつかBOYを捨てる時がくる」とかいう煽りキャッチコピーもおこがましいことこの上ない。しかも白黒機発売半年も達たずにカラー機発売とかユーザーをバカにしてんのかと。ドリキャスと連動とかいってもSNKのソフトだけでポイントのやり取りをするだけ。
 負けハードの匂いしかしませんでした、当時は。

 NGPが世間から忘れ去られパチンコの景品でしか見なくなった頃、僕はネオポケにオウガバトルの続編が出ていることをネットで知りました。なぜこんなマイナー機でオウガバトルが?しかも限定版まで?ちょっとネオポケに興味を持ちました。
 それをきっかけに調べてみると、そこそこのソフトが出ていることを知ったのです。「最強ファイターズ」「メタルスラッグ」「妖怪写真館」「インフィニティキュア」「カードファイターズ」等など。また、ハード・ソフト共に値段が安くて気軽に買えるようになっていたことも後押しとなり購入に踏み切ったのです。

 触ってみて印象一転。グルグル回るスティックは今まで触ったことのない快適方向キー。これはサターンパッドと並んで方向キーの一つの完成形ではなかろうか。格ゲーやメタスラとの相性もバッチリ。オンリーワンソフトもいくつかあって他の携帯機との差別化もできてる。ちなみに僕の本体色は青迷彩とシルバー。本体色も豊富で個性的。
 同時期のGBCよりもポテンシャルはずいぶん高かった用に感じます。

 しかし、前述の理由に加え、携帯機と相性の良いRPGの少なさにみられるジャンルの偏り、露出の少なさ等(ボタン電池交換が面倒くさい、発色が悪い、無線ユニットがダサいとか…考えるとけっこうあって擁護できない)から、対人対戦出来るほど普及もせず、認知度も致命的に低く、性能・魅力を十分に引き出せずに終わってしまったように感じます。

 そうこうしている間にSNKも力尽き、ネオジオ64とともに黒歴史的な扱いになったのが悔やまれるハード。今だからこそ再評価を!とか恥ずかしくて言えないですけど、外面は格好良いんで飾って満足するのもありかと。
 
1