ゲームのテレビCMレビュー[07/11〜12]
最新

「PSP/トナカイの一押し篇」SCE 07/12/17(80万台)

重そうにプレゼントを背負った老サンタと後を歩く二足歩行のトナカイ。
サンタ「おう、(サンタこける)重すぎるよ〜、もう無理、サンタやめる」
トナカイ「ちょっと待ってくださ〜い」と、左手に赤いPSPを取り出す。
トナカイ「これなら、軽いっすよ」「軽いっすよ」「軽いっすよ」とPSPがアップになる。
サンタ「うひょっーほほほ!」
ナレ「サンタもうれしい、クリスマスは新型PSP」
二人屋根の上で、トナカイが廉価版ソフトを手に「ベストもご一緒に」

サンタ=プレゼントを贈る人にお勧めするという斬新なアプローチ。
これは買いたくなるかも。結局は買う人にその気がなければ買ってもらう人は手にはいらないわけで。プレゼントの見方を変えたSCEらしいCMで好印象でした。
最近PSPでは初期PSみたいな不思議な魅力をただよわすタイトルがでたりしていて、PS3よりもPSPのほうがおもろそうに感じる今日この頃。
「テイルズオブイノセンス」ナムコ 07/12/9(50万本)

若いカップルが向かい合わせですわっており、女の子がDSに熱中してボタンや十字キーを激しく押しまくっている。
男性「それ何のゲーム?シューティング?アクション?」
女の子「RPG」
男性「RPG…」

セリフの細かいところは忘れてしまいました、すんません。
このCMは今のRPGにあるイメージ≠ニの線引きを図りたかったんじゃないでしょうか。
もちろん今までのテイルズにもアクション要素はあったんですが、やはりRPGという固まったワクの中のゲームだったと思うんです。それでは他のRPGと競合してしまうことになります。
そこでこのCMでテイルズはアクションRPG≠セと明確にすることで、ゼルダ、FF、ドラクエとは違うゲーム性であることをユーザーに伝えたかったんじゃないかと。
「グランツーリスモ5 プロローグ/CHANGE篇」SCE 07/12/9(1万本)

やや暗がりの峠らしき道を走っている実写のスカイライン?(とりあえず日産のスポーツカー)。
(注:GT-Rでした)
画面右側から徐々に明るいレースコースを走るゲーム画面に切り替わっていく。

暗いところから明るいところへ。今好調のPS3の後押しとしてグランツーリスモにかける意気込みは分かるんですが、正直私には他のRCGとの違いが全く感じられませんでした。
車は格好良かった(笑)
「ロストオデッセイ」マイクロソフト 07/12/2(10万本)

ゲーム映像とキャラのセリフ、そして制作者のクレジットが表示される。
キャラクターデザイン 井上 雄彦
シナリオ「千年の夢」 重松 清
音楽 植松 伸夫
制作総指揮 坂口 博信
「俺たちはこの世界の存在なのか」「過去など無用だ」

ついに発売ですね、ロストオデッセイ。映像はもちろん美麗で、キャラも井上雄彦氏の絵柄っぽくて良い感じ。氏の絵は目元に特徴がありますよね。イラストだともっとアピールできたかも。
キスシーンもあったので、大人を意識したCM作りをしてそう。ブルードラゴンとは意図的に違う印象を持たせるようなCMでした。
「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック」任天堂 07/11/27(20万本)

マリオ、ソニックその他が短距離走スタート!
クッパが砲丸投げ、テイルズとヨッシーが卓球、エイミーが棒高跳び、エッグマンの幅跳び、ピーチの水泳(水着?)、ナックルの槍投げ、ワリオのアーチェリー。
マリオとソニックが並走しつつ目を合わせてトップ争い。

マリオとソニック、いくらBダッシュしたところでソニックの圧勝なわけですが…。それにしても、メーカー間のコラボがさかんな今更ながら、この2キャラの競演は時代の流れを感じます。
気が早いとは思いますけど、五輪が始まったらまたCMを流すんでしょうね。
年末恒例のマリパーが夏に出たのはこいつを年末に持ってきたかったからでしょうか。

「ドラゴンクエスト4 導かれし者たち/兜篇」スクエニ 07/11/16(10万本)

ライアン「準備はいいか?」「行くぞ!」
少年(プレイヤー)がDSを遊びながら、「あ、兜買い忘れた」
ライアン「兜を忘れておりました」
アリーナ「じゃぁこれは?」と言って、自分のぼうしをライアンにかぶせる。
マーニャ(ミネア?)は呆れ顔。
「戻るの?」馬車をUターンし「戻ろう!」
ナレ「冒険の行方はその手の中に。ドラゴンクエスト4 導かれし者たち」
ベンチに座っている少年のすぐ後ろを町へ引き返す一行。

CMでは全員実写の外国人なのでキャラは外国語に日本語字幕。
最後の「冒険の行方はその手の中に」という言葉の通り、RPGで遊んでいればよくある場面をリアルな実写で表現しているのがおもしろいですね。ただ今の若い人にこのキャラがわかるのか?と思ったんですが、そういえばPSで01年にリメイクされてたんですね。リメイク周期が早い気もしますが、はたしてどうでしょうか。
武器篇ではぼうしが木の棒に。

「エースコンバット6」バンダイナムコゲームズ 07/11/5(50万本)

バスに乗り込む少女が笑顔で「天使とダンスでもしてな」
その映像に「ある日、空から絶望がやってきた」のテロップ。
直後に橋にミサイルが撃ち込まれる映像。
母親らしき女性「マチルダー!!」
飛び交う戦闘機、敬礼する軍人、思いにふける将校、(拘束される)母親、
飛行している戦闘機郡を正面から映し「これよりグレースメリアを奪還する」
白煙で線を引くミサイル郡。「群れなす翼の大戦場ドラマ。」
最後に「250タイトル、ドレにする?」とXBOX360ロゴ。

CMから感じるドラマチックさが格好良い!
最近初めてエースコンバットをしてみてわかったのは、エスコンはドラマチックであるということ。プレイするまでは、戦闘機で飛び回って撃墜するのを楽しむのに特化したゲームだと思ってたんですよね。案外僕みたいに思ってた人もいるのでは? そういう人に対してはかなり吸引力のあるCMなんじゃないでしょうか。

「新PS3/やりたかったぞー篇」SCE 07/11/4(10万台)

父親「リッジの7は一年待った。ガンダム無双は春から待った」
息子「僕夏3ー」
母親「みんゴル5、待ってたぞ」
父親「やりたかったぞー」窓に向かってほえる。
やりたかったぞー、という文字と数種類のゲーム映像。
ナレ/いよいよ新型、新価格。

遂に(なんちゃって)値下げされたPS3。
CMみたいにやりたかった人がいったいどのくらいいるのかはわかりませんが、あくまで前向きな値下げとアピールしている構成は上手いかな、と。
ただ、とても個人的な感情で恐縮ですが、SCEのこういった“強引な前向きCM”が、少々鼻につくようになってきました。
もちろんCMでは下位互換については触れてません。
1