修士論文

A Study on the Suffix –ee in English: A Diachronic and Synchronic Approach.

『英語における接辞 –ee の研究: 通時的・共時的考察. 東京外国語大学. 2005. 1.

 

修論口頭発表 東京外国語大学大学院英語英文学研究会. 2005. 3.

修論抄訳 Random  高橋作太郎教授退官記念号. No.30. pp.11-36. 東京外国語大学大学院英語英文学研究会. 2005.9.

修論抄訳口頭発表 東京外国語大学大学院英語英文学研究会. 2005. 10.

 

論文

1. (共著)An Analyses of Longman Advanced American Dictionary. (5. Grammar, Usage Notes and Language Notes. pp.37-43. 8 Illustration pp.60-61.). Lexicon No. 32. 岩崎研究会. 2002.

2. (共著)Historical Development of English-Japanese Dictionary in Japan (7): Jukugo-Hon’i-Eiwa-Chu-Jiten (Saito’s Idiomological English-Japanese Dictionary, 1915) by Hidesaburo Saito. (3. The Author and the Dictionary. pp.36-40.). Lexicon. No. 34. 岩崎研究会. 2004.

3. 『和英辞典における発音記述の可能性』Phonetic Signs in Japanese-English Dictionaries. 早実研究紀要. No.40. 2006.3.

4. 520 –ee words in English. Lexicon No.36. 東信行教授喜寿記念号. 岩崎研究会. 2006.

5. 47 ache words in English. Random . No.32. 東京外国語大学大学院英語英文学研究会. 2007.

6. OEDの故郷を訪ねて:ジェームズ マレーの生まれ故郷からオックスフォードまで』Three plaques of Sir James A. H. Murray: Denholm, Mill Hill, and Oxford. 早実研究紀要. No. 42. 2008.3.

7. (共著)Historical Development of English-Japanese Dictionaries in Japan (8):Shin-Eiwa-Dai-Jiten (Kenkyusha’s English-Japanese Dictionary on Bilingual Principles, 1927) by Yoshisaburo Okakura as General Editor. (7. Grammar and Usage. pp.   ). Lexicon No. 38. 小島義郎教授傘寿記念号. 岩崎研究会. 2008. (to appear)

8. 『能動-ee語』. JELS. 日本英語学会. 2008.

9. 「能動-ee語の出現と発達」佐藤響子他(編)『ことばの事実をみつめて―言語研究の理論と実証』開拓社.2011.

 

辞書執筆

『ライトハウス和英辞典 第4版』. 編集代表 小島義郎, 竹林滋. 研究社. 2002.

『ライトハウス和英辞典 第5版』. 編集代表 小島義郎, 竹林滋. 研究社. 2008.

 

エッセイ

「小島先生と辞書の想い出」『英語辞書の世界』.  作品としての辞書研究会編. 2004.

 

口頭発表

学会 

『能動-ee語』. 日本英語学会第25回大会. 於名古屋大学. 2007. 11. 10.

『Murrayの故郷とOED編纂−birdwalnutを例として』. 日本英語表現学会第37回大会. 2008. 6. 21.

『Reekのdeterioration: ShakespeareのSonnet 130を例として』. 近代英語協会第27回大会. 2010. 5.28.(金). 京都大学.

 

研究会大会

『接辞の造語力についての一考察』. 大学英語教育学会語彙研究会第2回大会. 2005. 12. 10.