光圓山 明壽院

 伏見庚申堂
  伏見庚申堂 公式ホームページ
   
 
 
 
 
 

女人(にょにん)守護(しゅご)祈祷会(きとうえ)

十月第三日曜日の午前十一時厳修


本尊の庚申(こうしん)(そん)(大青面(だいしょうめん)金剛(こんごう)(そん))は経典には女性の病や下の病に効験があると説かれています。婦人病(子宮筋腫、乳がん等)平癒や防止の為、又生理痛のひどい方もお受け下さいますようご案内申し上げます。

この祈祷会では、山主は一週間前より五穀断(ごこくだち)(米、麦、豆、粟、稗を食べない)で身を清め、本尊真言を十万遍(じゅうまんべん)唱える大行(たいぎょう)を以って御宝印(ごほういん)を加持します。この御宝印にて御札や御身体、下着を加持させていただきます。(当日は下着を持参していただきますと、お加持させていただきます。)

お受けの方には、御守及び箪笥に入れていただくお札を授与いたします。

祈祷料は三千円です。なお、持参していただく下着はお一人様何枚でも可。御祈祷済み赤い下着(ショーツ)は二枚組み四千円(御守、御札付は五千円)です。

御希望の方は、現金書留で住所、氏名、生年月日を記入し十月第二日曜日までに申し込みください。結願の後、お渡しいたします。お申し込みの方はなるべく結願の座にお参りください。当日、ちらし寿司の接待もございますので、どうぞ皆様お誘い合わせの上お参りください


 
 
 
 
1