M&A概観

M&A(エムアンドエー)とは、英語のMergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。マージャーズ・アンド・アクイジションズと読みます。直訳してしまうと「合併と買収」だけを指すかのようにも思えますが、実務上は、企業の合併や買収だけでなく、事業譲渡や資本提携を含む広義の企業再編の意味で使われます。

会社や法人の経営権の承継方法・提携方法をまとめると、以下のM&Aの手法が挙げられます。

◆株式売買(≒会社売買)や増資による経営承継・提携

実質的に会社の所有権・利用権である株式の全部又は一部を承継先・提携先に譲渡したり、新しく株式や新株予約権を発行することで、提携先に経営に参画してもらう方法です。

◆事業譲渡

資本金の出資者、株主、発行済株式数等は基本的に変化させず、譲渡会社のある事業部門をそっくりそのまま譲渡する方法です。

◆二つ以上ある法人を1つにまとめる(吸収合併、新設合併)

A社とB社があるとします。
吸収合併とは、存続するB社がA社を吸収し、A社を消滅させる方法です。
新設合併とは、新たにC社を設立し、C社がA社B社を吸収し、A社B社を消滅させる方法です。

◆会社のある部門を分離し、他の法人に帰属させる(吸収分割、新設分割)

A社とB社があるとします。
吸収合併とは、A社が自社のある部門を分離し、B社にその部門を帰属させる方法です。吸収合併と異なり、A社は消滅しません。
新設分割とは、新たにC社を設立し、A社B社の事業部門の一部をC社に帰属させる方法です。新設合併と異なり、A社B社は消滅しません。

◆複数の株式会社で、完全親子関係を作る(株式交換、株式移転)

A社とB社があるとします。
株式交換とは、B社が発行する株式のすべてをA社に帰属させ、A社を100%親会社、B社を100%子会社とする方法です。
株式移転とは、新たにC社を設立し、A社・B社の双方又は一方が発行する株式のすべてを、C社に帰属させ、同じく完全親子会社の関係を作る方法です。

ご相談先

司法書士法人グリーンウイング 東銀座事務所 担当 山口
メール yamaguchi@wf-legal.info
FAX  03-6264-3299
TEL  03-6264-3293
中国語対応をご希望の場合は、080-3464-5131へお願いします。