抵当権抹消

 お持ちの不動産に「抵当権」「根抵当権」「質権」「先取特権」、このような名前の担保権の登記がある場合で、これら担保権が不要となった場合には、登記記録(登記簿)から抵当権等を抹消することができます。

 具体的には、住宅ローンを借りた時に設定された抵当権につき、金融機関からお借りしたお金と利息のすべて(被担保債権)を完済したような場合に、抵当権を抹消することができます。

 また、何らかの事業で、「保証委託契約に基づく求償債権」を担保するための抵当権(または根抵当権)を設定していた方もいらっしゃると思います。これらの担保権の抹消登記手続の申請も当事務所で行うことができます。