炎の妖精ちんちゃんのめきめき動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.リッキー・マーティン
2.Dobermann
3.ユニバーサルデザイン
4.久留米
5.リーリトナー
6.パエリア
7.かんぜん
8.東京事変
9.壁紙
10.感染症

イバラードの旅  これは買っておいても損はないでしょう。どこかで見たような、幻想的な風景が、懐かしさと切なさを喚起させてくれることは間違いありません。二重惑星や空中都市は特にお勧めです。一度こういう世界に住んでみたいものですね、全てを忘れて。イバラードシリーズは他にも購入しておりますが、どれもこれもお勧めのものばかりです。何気に「耳を済ませば」の背景でも使用されていましたね。さすがですな。あなたも童心に戻って、幻想的なこの世界の旅をすれば、つらいことなんかすぐに忘れられますよ(笑)。
どこへ向かって死ぬか 『世界の中心で、愛をさけぶ』の著者はかなり感性の高い人だと思う。だから幼いころから<死>について考え、その裏返しとして<生きまどう>ことが多かったのだろう、と察せられる。
そんな著者が正面から向き合った相手が森有正だ。

森有正について簡単に記しておけば、1950年、東大仏文学科の助教授のときフランスへ留学。東大からの再三の召還にも応じず、職と家族を捨て、パリに暮らしつづけた哲学者である。専攻はパスカルおよびデカルトだが、日本ではむしろ『バビロンの流れのほとりにて』や『遥かなノートル・ダム』などのエッセイで多くの読者をつかんだ。

そうした森有正の思想と人生について、著者は「孤独」「絶望」「時間」「出発」という4つの断面から迫ろうとする。

「孤独」とは、パリという街で<自分>を発病してしまった森有正の《自分以外の何もあてにしない》生き方だとされる。人種や肩書も取り外した生き方……。

「絶望」とは、森有正が大聖堂や古典といったヨーロッパの文物に圧倒されながら、しかもその西欧の文物のほうからはまったく相手にされていないという思い。それにもかかわらず孤独にパリで生きる、その困難さをさしている。

すべてを捨ててパリに生きることを決断したとき、森有正は日本人として擬似的に<自殺>したのであり、「時間」とは、一度死んだ彼が<人間>としてふたたび甦るための道のりであったという。その一例として引かれるのがリルケの『マルテの手記』を読むのに、なんと9年もの歳月をかけた(!)というエピソードだ。

「出発」とは、再生した森有正が彼自身のよく知られた言葉「経験」「感覚」「定義」に象徴される思想を獲得していくプロセスであり、自分の還っていく場所(著者の言い方によれば「どこへ向かって死ぬか」)を探し求める旅だとされる。

かなり硬い内容だが、じつは、以上は第一部の要約である。
著者が森有正とどう出会い、どう読んできたかについてのインタビュー(第二部)、さらには森有正の足跡を訪ねてのパリ紀行(第三部)という、第一部ほどは肩の凝らないページがつづき、片山恭一の捉えた森有正の全人像が浮かび上がる仕掛けになっている。

本書は「こう生きよ」とか「死とは何か」といったことに関する<答え>を用意しているわけではないが、「生きるとはどういうことか」「死をどう受けとめるか」ということを考えさせる一冊である。

カービィのきらきらきっず (Gameboy) カービィシリーズとしては初のパズルゲーム。
落ちてくるブロックを模様を揃えて消していくという、簡単だけどハマっちゃうゲームです。
通信ケーブルをつないで友達と対戦すればもっと楽しい!
落ち物系が苦手という人もこれなら十分楽しめます。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!