モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)



モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 998 (消費税込)


如何にして
目的の人とセックスできるのか?がこの本のテーマです。
「モテる」かどうかは別として、どのようにしたらセックスまで持ち込めるか、どのようにしたらその体の関係を持てるのか(泥酔させたり薬は使いません)を科学しています。
アメリカでの技術なので文化の違う日本がまるっきりそのままの技術で適用するかどうかと言われたら「しない」と思う。
しかし顔やお金が一番(一番の人もいると思う)ではなく、その目的とする人へどのようにアプローチするのかが一番大切なことで、そこが一番難しいところです。
その技術がこと細かに書かれています。
※大変な長編になりますので根気がいります。

理論派にお勧め
この本は大変参考になる。彼女がいるいないは関係なし。

男と女は同じ人間でありながら特性や思考が大きく異なる。まずは女性を知ることからすべてが始める。女性にとってはこの本の内容はくだらなく映るかもしれないがそれほど男性は女性のことを知らない。待ち合わせのくだりには笑ってしまった。

この本を読み終えてやることは、
1.洋服にはにはお金をかける(良い服はスタイルを変えます)
2.髪型にもお金をかける(髪型がメッセージを発します)
3.いつでもどんなときも身も車も清潔にする(つまるところ歯が汚い男とキスはしません)
4.少しの遅れも許されない(これは当然)
5.女性に絶対言ってはいけない言葉を忘れずに女性の気分をよくすること(お世辞を言うわけではない)に努める

以下多数。

プレイボーイになりたい人のバイブル
著者は「いかにしてモテるか」を世界中で教えるカリスマコーチ。
彼らの体験や、相談してきた様々な男性の経験から、
手取り足取り女性との付き合い方を教えてくれます。

本書の中で特に強調されていることの一つが、
“失敗しても自分を責めない”ということです。
もちろん失敗に学び改善することは大切ですが、
恋愛だけが人生の全てでなく、自尊心は譲ってはならないのです。
また、「自分はダメな奴だ」と思うより、
「自分は付き合う価値のある人間だ」
と思う方が、良い意味で自信のある、魅力的な人になれると聞くと納得できます。
その上で、どうすればよりスムーズに女性との仲を深めていけるか、
そのハウツーは600ページを超える本書の中に詳しく書いてあります。

ただ、恋人ができるどころか、複数人の相手との関係を結ぶ方法など、
文字通り「モテる」さらに厳密に言えば「プレイボーイになる」方法が書いてあります。
日本とアメリカの文化差もあり、そこらの女性に声を掛けるなど、
かなり驚きの具体例もしばしば。全て見習うのは至難の業でしょう。

とはいえ、多くの部分で見習うべきノウハウが満載ですし、
積極的な行動例も行動する勇気につながります。
今の自分を変えたいとき、1度読破すべき一冊と言えるでしょう。

彼女を作るための最低限の自分メンテナンス術
この本は、小学館プロダクションより2002年4月に単行本として刊行された同名の作品を、編集、文庫化したものです。

この本を読んで、まず浮かんできた言葉が、

「この本のテクニックを学んだからと言って、必ずモテるわけではない。しかし、
彼女がいる男性は、いくつかのテクニックを当たり前に実行している。」ということ。

かつて彼女がいた男性も、いたことがない男性も、女性と付き合いたいと思うなら、必読である。

なぜなら、男性は失恋に対するショックが大きく、女性と付き合っていた頃には
当然のように行っていた”女性を惹きつけるテクニック”を、ついつい疎かにしてしまって、いつのまにか”非モテ”の仲間入りを果たしてしまうことが少なくないからだ。

「今の自分は女性にマイナス材料を与えていないだろうか」

と、改めて確認するためにも、使える一冊だろう。

モテるといよりも女性との付き合いの機会を増やす手段
「モテる話術」がとても参考になったので、この「モテる技術」を購入しました。文庫版ともあり、お買い安くなっています。
 ところが、そのボリュームに圧倒されました。700頁近くあります。これは、長編小説を読むくらいのべージ数です。とても一読したくらいでは、頭に叩き込む事が出来ません。だからといって、何度も熟読するほどの時間もないのが正直な感想です。
 内容はよいのです。とてもよいのです。下手な日本人が出版する「モテる」系の本より、よっぽど良質な内容になっているのです。ですが、いかんせんページ数が多いため、全てを自分に血と肉と化し活かせることが困難です。
 もっとコンパクトにできかったのかという疑問もありますが、この本の趣旨に従うとこのボリュームは仕方ないと思います。
 この書物を何度も熟読してものにするのもひとつの手ですが、そんな時間などないはずですです。
 ならば、段階的に少しずつ理解し、実践するという方法が有効且つ実践的です。
 つまり、一読してもっとも自分に対して重要で、実践しなければならない項目を、目次にチェックしていくのです。チェックした項目がクリアできれば、さらに目次から優先順位の項目をさらにチェックし実践していくことを繰り返すのです。一度に全部のことをできるほど人間のキャパシティには限界があります。
 「他人に対して笑顔で挨拶してみる」、「他人にたいして笑顔とウインクしてみせる」等は日本人には、とても勇気を持たなければ行動できません。ですが、考えていたり思っているだけではなんにもなりません、行動して初めて生きていくのです。
 この本の記しているように、女性に慣れるため、出会いの確率を高めるためとして、割り切って行動してみてはどうでしょうか?別にすぐさまSEXに結びつけるというのではなく、女性に対して気楽に声をかけることができるようになるトレーニングと割り切ってみるのです。この本の記述にはそのことを特に重要視しています。
 




モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)

住まいと家族をめぐる物語―男の家、女の家、性別のない部屋 (集英社新書)

下がり続ける時代の不動産の鉄則 (日経ビジネス人文庫)

インド―目覚めた経済大国 (日経ビジネス人文庫)

貧乏人は医者にかかるな!―医師不足が招く医療崩壊 (集英社新書)

IT経営可視化戦略―経営目標達成へ導くナビゲーター (ITCA専門知識認定研修教材)

話せる医療者―シミュレイテッド・ペイシェントに聞く

公平・無料・国営を貫く英国の医療改革 (集英社新書)

病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ

10万円から始める投資信託入門―初心者のための買い方・売り方ガイド

最新ブログ 更新情報 ブログ2







RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0