北斎・広重の浮世絵と、東海道の古写真 はじめに

平成14年の東海道開設四百年の記念企画として、葛飾北斎と歌川広重が描いた東海道の浮世絵と、まだ昔の面影をつよく残していた、幕末、明治、大正初期に撮影された「古写真」をあわせて掲載することにしました。

 使用した写真は、長崎大学附属図書館所蔵でその御好意により掲載したものと、大正7年に東光園から出版された秋好善太郎著「広重画五拾三次現状写真対照 東海道」によるものです(撮影年代が1910年代というのが、それにあたる)。また他には、私が収集した絵葉書の写真などです。なお「着色写真」とありますのは、現在のようなカラーフィルムを使用したものではなくて、写真師が後に一つ一つ着色して作成したものです。

東海道の様子 ベアト撮影 着色写真


明治初めに再現された大名行列 撮影データ不明

東海道からの富士山 着色写真 撮影データ不明 


次へ    topページへ