せとよしお
  • せとの政策 環境を守る 子ども達高齢者・弱者を守る 安心・安全を守る
  • ご挨拶
  • お問い合わせ
  • 夢色玉手箱 ときめき神奈川 神奈川県ホームページ

プロフィール

昭和23年2月16日生まれ
早稲田大学政治経済学部卒
神奈川県に勤務
前あしがら花紀行ネットワーク会長
前南足柄市議会議員
足柄史談会理事
小田原稲門会幹事
神奈川県日中友好協会顧問
せとよしおプロフィール

せとの政策

環境を守る

  • 横浜、川崎と協力してより良い水源を確保し、活用を図ります。
  • ソーラなどのクリーンエネルギーの活用を推進します。
  • 植生にあった森づくりや自然農法など自然と調和した農林業を推進します。

子ども達・高齢者・弱者を守る

  • 保育、教育を充実し、子どもを取り巻く環境や女性の力が発揮できる社会を整備します。
  • 超高齢化社会に対応するため高齢者の施設を拡充します。
  • 子どもも、お年寄りも、障害を持っている人も、共に支え合い、健康に暮らせるまちを創ります。

雇用を確保し、安心・安全を守る

  • 若い世代が安心して住めるよう、雇用の場を拡大します。
  • 未病対策を推進し、大学の医学部を誘致して最先端の地域医療システムを確立します。
  • 防災対策を強化し、安全な地域を創ります。

ご挨拶

みなみの県会議員は重要!!

「県の仕事って?」こんな思いを持っていませんか。実際は、南足柄市の行政の約85%は、県が関わっています。しっかりと市や町を支える縁の下の力持ちです。しかし、横浜等の政令指定都市には10~20%しか関わっていません。ところが、県議会議員の定数の60%以上が県の関わりの少ない政令指定都市の選出議員で占められています。関わりの多い地域からの選出議員が過半数を占めるよう改善する必要があります。

一方、南足柄の県会議員の役割は、非常に重要です。市と県との意思疎通を十分に図り、国、県、市をつなぐ扇の要です。現状は、どうでしょうか。今こそ、国県市の間に新しい橋を架けかえるときです。

「みかたを変えれば県政が変わる。」県政を変えるため、せとよしおは30余年県職員として培った知識と経験を全力で注ぎます。

雇用を確保し、安心・安全をまもります。

みなみ創生の魔法の杖は「大学医学部の誘致」
医学部を誘致すると

雇用の拡大⇒若い世代の定住人口の増加
せとよしお ご挨拶
Page Top