2005年9月4日 登山教室に参加し

       初心者・中高年登山者対象  安全登山教室

                  《安全で楽しい登山をするために!》

  最近、知識や技術不足が原因の事故が登山初心者や中高年者の間で増加しています。
登山は体力や脚力だけで楽しめるスポーツではありません。安全で楽しい山登りを楽しむために、機会あるごとに講習会等に参加して、最低限必要な知識と技術を身につけましょう!

 福井県山岳連盟では秋山シーズンを前に安全で楽しい登山をするための安全登山教室を開催します。
お誘いあわせのうえ多数参加されますようにご案内いたします。

   ◎ 日 時:平成17年9月4(日)
                    13:00〜17:00  (受付12:45〜)   
        場 所:座学講座:福井県青少年センター 第二研修室
                          (福井市福新町2505 TEL:0776-36-4853     
   ◎ 対 象:初心者・中高年登山者
   ◎ 内 容
            1)最近の山岳遭難の実情について
            2)山の天候について
             3)山でのトラブル対処法について(セルフレスキュー実技含む)
            4)装備について
             5)その他

   ◎ 参加費:500円(テキスト代等:当日徴収)

   申し込み 福井県山岳連盟指導委員会 桝田


新聞に受講者募集の要項が載ったので、一度もまともな講義を受けていないので、参加してみる事にした。
当日は30名募集の所50名近くいらしたようで、中には中高年で無い若い方もいらっしゃいましたが、皆さん真剣にお話に耳を傾け、中高年らしい質問もあり、有意義な一日となりました。
中でも気象については、今まさに進んできている台風14号の天気図などと合わせて、実にわかりやすく面白い講義でした。
学校でもこのように習えば興味も増して、もっと良いお点が取れたのでは・・・?山渓などの本にはこういった気象などについても載っているので、日頃から読んでおくべきなのでしょう。ただ実際聞きながらだと理解しやすいことは間違いないです。
半日なので実技などはあまり出来ませんが、下の図などは実際やって見せてくださり、感心しきりでした。
結論としては、天気の悪い時には行かない・単独では行かない・山は逃げないでした。
その意味でツアーらしき団体での登山者、仲間同士での軽い気持ちで参加の登山者などを特に最近多く見かけます。
始めから雨が降っているにもかかわらず、翌日の天候も悪いにもかかわらず、登ってこられるのには驚きます。
マナーの悪さ、装備の悪さ、あまりにも軽く考えている登山者・・・これでは事故があとを絶たないのではと思いました。
お酒は過ぎるけど、しっかり天候や全員の行動を把握しての山行をしている私の会は素晴らしいなあと嬉しく思いました。

                                                 (写真はクリックすると大きくなります)

実際やって見せてくれましたが、けが人も楽そうだし、運ぶ人も持ち上げ安そうでした。只、急な所では難しいとのこと。


これも運搬し易そうでした。背中の人の腰から足をテープでザックの肩紐に止めると、交代もし易く重さが下にかかりにくい。


これは自分たちでも実際やってみました。足が小さければバンダナで固定出来ます。大きい人は三角巾で。