柳ヶ瀬山・玄蕃尾城趾

2005.7.13 曇り 7名

 
  山上の昼食会
shonさんご夫妻、小川さんどっぽさん
ひろろとろろさん
京の宮、Yちゃんの計7名

  詳しくは皆さんのページで。
梅雨の合い間の一日、歴史的にも素晴らしい場所でシェフ自ら腕を振るってくださって、我々だけの貸切宴会場となりました。
イカやウインナ、サザエ、野菜などの石焼
冷麺は茹でて冷たく冷やして、とろろと海苔の入ったたれで最後のしめに。
もう贅沢!!無くならないうちにカメラにと思ったらカード不良と出て写せない、これは残念!
宴会が始まるまでの風景だけは何とか取り込めました。

   

林道行き止まりに駐車スペースがあって白い標識が1本

峠までのあいだに祠が

10分もすると久々坂峠に

右の急坂を3.6K行くと行市山へ

我々は左に折れ城跡に、shonさんの重そうな箱!
皆のために沢山準備してこられ、本当に頭が下がります。

10分あまりで平らになり、しばらく行くと綺麗に整備された城跡。思いがけない落ち着いた雰囲気のある場所でした。

ポイントごとに標識があります

奥に奥に伸びています

空堀

ここに櫓があり、敵を見張っていたのでしょうか。
木々の間から木ノ本の町が見えました。
城跡内はその後に植林もされず、無粋なベンチや大きな表示板なども無く、それでいてきれいに保存されている様子、大切に残して欲しい場所です。写真はここまででストップ、美味しい情景は皆さんのページで拝見しました。
帰り、池河内湿原に立ち寄り、木道をしばらく散策しました。笙の川源流から流れる清川にバイカモを発見、黄色い花を水面から出してとても可憐!!初めて見たので嬉しくて携帯で写真を撮りましたが、小さくて無理。と思っていたらコウホネというスイレン科の花だったそうです。福井にこんな湿原があることすら知らなくて、今日は皆さんの山のお話、歴史、湿原・・・有意義な一日となりました。
皆さんのそれぞれのこだわりの山行、詳しい知識、私と京の宮は聞き入るだけでした。まだまだ山に関しては超初心者だなあと改めて感じた日でした。皆さんどうもありがとうございました。