×



幸福の探求
モルモン教の教えるもの
家 族中心・幸福の探求の哲学をもつモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)は、アメリカ合衆国のソールト・レーク・シティを聖地として、苦難にみちた一 三六年の歴史と、世界各地に三百万に近い教徒を擁するユニークな宗教である。この本は、フロンティア・アメリカの背骨を知るうえに欠かせないその歴史を、 モルモン教を発展させた人びとの言葉を通して語ったものである。


ロバート・マレン著
岩崎健弥 訳
サイマル出版会1970年1月20日 初版発行

訳者まえがき

日本の読者のために (R・マレン)

第一部 モルモン教の誕生

1 モルモン教の世界進出
爆発的な拡大/誠実の商標/欧州への進出/ベルリンの感動


2 新しい宗教の誕生

3 幸福の哲学

4 迫害のなかの出発

5 種は播かれた

6 獄中の啓示

7 杭はうたれた

8 困窮と冷笑に抗して

9 多妻結婚の思想

10 殉教を超えて

11 恐れず来れ聖徒

第二部 シオンの建設


この本 の公開にあたって
版権所有のサイマル出版会は解散していました。
訳者の故岩崎健弥氏のご子息にご了承をいただいています。

Updated:2003/8/18


http://www.geocities.jp/waters_of_mormon/