☆☆☆BABYLON5なぺーじ☆☆☆


製作は、マイケル・ストラジンスキー。彼が全構想を考え、全てのストーリー展開が最初から決まっていたという珍しい作品。
バビロン5で戦闘シーンが激しく描かれたため、それに対抗してDS9でも戦闘シーンが増えていったらしい。
なお、ここのページに書いてある内容は、私の記憶によるところも多いので、間違いとかがあるかもしれません。
気が付いたら教えてください。


未来、未来のお話です。地球はミンバリという文明と戦争していました。
ミンバリ優勢も、ミンバリ謎の撤退という結末でその戦争は終結し、宇宙の勢力均衡を図るべく、宇宙ステーションが
建造された。が、先の3つは破壊され、4つ目は建造後24時間で謎の消滅をし、バビロン5は5つ目のステーションに
あたる。いろんな宇宙人がいるよ!(スタートレックは人間型(ヒューマノイド)が多かったけど、バビロン5は、結構色々な感じ。)


X^2さんが作った、バビロン5のエピソードガイドが読めます。
詳しいストーリーが知りたい方は、下記URLへ飛んでみてください。
バビロン5エピソードガイド


バビロン5の世界には、代表する5つの大きな文明がある。


【地球同盟】
 地球人の連邦。主に地球人メンバーがバビロン5を運営している。
 技術力は他と比べ、高くない。

 ジェフリー・シンクレア司令官(第1シーズン)【マイケル・オハラ】声優:中田和宏
 第1シーズンの司令官。バビロン5の初代司令官。第2シーズン以降はレギュラー出演は無く、ゲストとして出演。
 第2シーズン以降は在ミンバリのミンバリ大使。エンティリザと呼ばれ、レンジャーを指揮している。
 第3シーズンで、第1シーズンでは謎であったバビロン4消滅の謎が解ける。
 バビロン4は1000年前のシャドウ戦争時代に運ばれ、そこでシャドウとの戦いの基点として活躍する。
 ミンバリで伝説になっていた、ミンバリ生まれで無いミンバリ人とは、シンクレアが人間の姿からミンバリの
 姿に変化した人物であった。「ベーレン」だったかな?(聞き損ねた)
 第1シーズンで少しの間現れたバビロン4は、時空を移動させる機械が不調だったため、一時的に現れた。
 シンクレアは、1000年前の自分からの900年間保存されたミンバリの箱の中に入っていた手紙で、バビロン4を過去に
 運ばなければいけないことを知り、今回の行動に至った。

 ジョン・シェリダン(第2シーズン〜)【ブルース・ボクスレイトナー】声優:加藤亮夫
 第2シーズンからのバビロン5の司令官。
 ミンバリ戦争の時、唯一ミンバリの戦艦を撃墜したことから、ミンバリ戦争の英雄と呼ばれている。
 訳あって、バビロン5に着任することとなる。
 その後もいろいろあるが、下にいろいろかいてあるのでここは割愛させてもらいます。
 デレンのことを愛するようになる。(将来子供も生まれるらしいし。)
 ザトラスに「あなたは未来の礎」と言われる。
 デレンがバビロン4で時空の歪みの為に見た未来の中で、オモチャの置物を落として割っていたシーンがありましたが、
 アレは、シーズン3のフィナーレで謎が解けます。
 シェリダンの妻アンナが、ザハドゥムからバビロン5にやって来て、シェリダンをザハドゥムに連れて行き、シャドウの
 仲間に引き入れようとします・・・が、アンナについてザハドゥムに行ったシェリダンは、自分の身を犠牲にしても
 ザハドゥムを壊滅させようとします。(ジ・カーがバビロン5に用立てていた超強力爆弾を、ホワイトスターに積み、
 自分ごとザハドゥムを爆破しようとした)・・・結果、シーズン3の最終話でシェリダンは行方不明に。
 でも、なんか、地下の方でボロボロになって焚き火してたから、なんとか大丈夫そう。
 と、見てみると、ザハドゥムの地下で自称最古のファースト・ワン(宇宙の古代種族)と禅問答みたいなやりとりをしてました。
 生きてデレンの元に帰れそうですが、どうやって帰るんだか(^^;)

 マイケル・ガリバルディ警備主任【ジェリー・ドイル】声優:星野充昭(TNGのジョーディ・ラフォージ)
 シンクレアに望まれ、バビロン5に警備主任として就任。それ以前は火星にいたりした。
 バビロン4が一時的に現れた時、シンクレアとB4に行って、そこにいたクルー達を助け出す。
 1シーズン最後で大統領暗殺の謎に迫り、瀕死の重傷を負う。
 昔、アルコール依存症を抱えていて、克服した。今は飲まない。
 料理が得意。陽気なひと。
 シンクレアからシェリダンに司令官が代わったとき、最初は馴染まなかったものの、次第に信頼し合うようになる。
 ナーンが壊滅的になったあと、ジ・カーの事を心配したりして、友情が芽生える。ジ・カーにジクワンの書(ナーンの聖書
 みたいなの)を「読め」と言ってプレゼントされて、どうしたらいいんだーって感じになってた(笑)
 秘密のコードにあっかんべーとかを使ってみたりする、ちょっと変わった人。
 髪の生え際がだんだん後退していくのが気になるんですけど・・・(^^;)
 かなり感がよく、何か起こりそうだとすぐに気付くようです。
 ナイトウォッチが来てバビロン5の警備を取り仕切ろうとした時は、大暴れした(笑)
 シンクレアが再びバビロン4に行く時は、おいてけぼりにされた。一度タキオン波にふれているから、もう一度ふれたら
 ガリバルディも老いて、現在の時間枠に戻れなくなるということを懸念したシンクレアの心遣いであった。
 フランクリンが興奮剤を多用していることに気付き、いさめようとするが、煙たがられる。あとでフランクリンは自ら
 検査し、悔い改めようとするが。
 なんか、髪の毛のことは諦めて、そのうち坊主にするらしいですけど(笑)
 シーズン3の最終話で、シャドウに連れ去られ、行方不明に! シェリダンとガリバルディが行方不明で、イワノバは窮地に!?
 シャドウに誘拐されたあと、脱出し、その後、誰かに監禁されて尋問を受けた模様。(シャドウでは無いようだが。)

 スーザン・イワノバ副司令官【クローディア・クリスティアン】声優:寺瀬今日子(朝の「特ダネ」とかでナレーションやってると思う)
 ロシア人の女性士官。母親はテレパスだったため、サイコープスによって自殺に追い込まれた。そのため、サイコープスが嫌い。
 彼女自身、テレパスの能力があるが、ひた隠しにしているため、ベスターにも気付かれていない。
 サイコープスのタリアとは、互いに友情を深めたのだが、タリアにサイコープスが埋め込んだ別人格が現れ、イワノバの友人である
 心優しきタリアの人格は消え去ってしまった。
 マーカスに好かれてる(笑)
 最初は少佐だったが、後に中佐に昇進した。地球同盟を脱退した後はどうなったのか?

 スティーヴン・フランクリン医師【リチャード・ビッグス】声優:江川央生
 父親は地球軍の将軍。確執があった。
 サイコープスに追われる未登録の超能力者を逃がしていた。
 色々妙な事件に巻き込まれるヒト。
 あまりの忙しさに興奮剤を許容範囲を越えて使用したため、精神が不安定になった。ガリバルディに咎められるが反抗する。
 が、自分で血液を調べ、許容範囲を超えていたことを知り、医療部長の辞職をシェリダンに申し出る。
 しばらく、ダウン・ビロー辺りを「自分探しだー、俺のことはほっといてくれー」とか言って、徘徊してましたが、
 暴行事件を止めようとして刺され、生死の境をさまよっている時、自分の幻覚に説教されて、あっさり復職してました(笑)

 ザック・アラン【ジェフ・コナウェイ】声優:堀尾雅彦
 シンクレアがいなくなる直前に配属されたらしい。
 ガリバルディと仲が良く、信頼されている。ナイトウォッチに入ったら、特別手当が付くから入っていた。
 ナイトウォッチの動きをおかしいと思い、一方で、自分に隠し事をするガリバルディに、自分は信用されていないのか?と
 不信感をいだく。戒厳令のあと、ナイトウォッチ側についていたが、やはりガリバルディを手伝い、ナイトウォッチの連中を
 だまして、一掃することに力をかす。地球同盟を脱退した後も、バビロン5で警備班を勤めている。
 
 モリシ【ケリー・ヒロユキ・タガワ】声優:?
 あんまり出てないんだけど、警備班の1人でガリバルディの部下です。
 爆弾が仕掛けられたとき、彼が処理しました。
 2話ぐらいしか出てないのに、なんで書いたかというと、この役をやったのがケリー・ヒロユキ・タガワ氏だから!
 TVは、スターゲイトや新スパイ大作戦、スペースレンジャーズ・ナッシュ・ブリッジス他、映画ではティム・バートン監督の
 「The Planet Of The Apes」や「ヒマラヤ杉に降る雪」などに出演しています。
 日系2世のアメリカ軍人を父親に持ち、母親は元宝塚スターで、生まれたのは東京だそうで、日本語が話せるそうです。
 現在はハワイに在住してるそうですよ。
 日本に来て、武道の勉強をしていた時期もあったそうで、彼の主催するマーシャル・アーツ、chuu-shin が有名です。

 [サイコープス]
 火星に本部がある、超能力者集団。地球軍に所属?
 全てのテレパスはサイコープスに登録されるか、それを拒めば能力を抑える薬を大量に投与され、廃人のようになる。
 そして、イワノバの母親のように自殺する者もいる。
 実は、政府を差し置いて、自分達が世界を支配するという野望を秘かにもっているらしい。
 サイコープスの人間は、普通の人間を酷く軽蔑しているらしい。タリアはそうでなかったが、サイコープスに植え付けられた
 別の人格が表に出たことにより、そうなってしまったといえる。
 リタもサイコープスだが、ヴォーロンに取り込まれた?
 中にはサイコープスに登録せずに追われるテレパスもいるが、フランクリンが逃亡を手伝っていた。
 TV放送局でサイコープスに入れば、本人も家族も優遇され幸せになれるというようなコマーシャルを流して、人民に対して
 プロパガンダを行っているようである。
 なんというか、いろんなサイコップが出てくるんだけど、ほとんど嫌なヤツばっかりです。

 タリア・ウィンターズ【アンドレア・トンプソン】声優:金野恵子
 サイコープスのテレパス。
 サイコープスから派遣され、バビロン5に来た。商用テレパスだったと思うけど。要するに、商談の時一緒にいて、相手が嘘を
 ついたりしてないか調べたりする役目。
 しばらくは仲間として活躍していた。ベスターから逃亡する未登録テレパスを逃がす時、ベスターを欺いたりもした。
 サイコープスなので、イワノバに好かれてなかったが、徐々に親交を深めた。
 親友になれたと思った頃、サイコープスがタリアの深層意識に刷り込んでいた別の性格がタリアの意識を乗っ取ってしまい、
 優しく誠実なもとの人格は二度と表に現れることは、なくなった。そして彼女はバビロン5を去る。
 いつだったか、コッシュに試されたりしてたけど、コッシュは、潜在意識にある別のタリアに気が付いていたのか?
 この女優さんはJAGでハーモンの上司をやってたよー。

 アルフレッド・ベスター【ウォルター・ケーニッグ】声優:佐藤祐四
 サイコープスのテレパス。何かにつけ、バビロン5にやってきてイチャモンを付けるイヤなやつ。
 サイコープスに登録してないテレパスを探したり、バビロン5のスタッフに嫌がらせしたり。こいつが来るとロクなことが無い。
 バビロン5が独立したあと、ベスターがやって来て、一緒にシャドウと戦うと言った。シャドウの武器が積んであるという
 貨物船を奪ってみると、そこにはサイコープスのテレパス(?)が大量に載っていた。シャドウ艦を動かすには、中枢に生命体が
 必要で、しかもシャドウはテレパスが苦手(だったと思う?)なので、中枢にテレパスを使い、それを克服しようとしていたらしい。
 この時は一応ベスターと協力しはしたが、本当の味方となることは無いだろうと思われる。
 ちなみに、この時運ばれていたテレパスの中にはベスターの愛した女性も乗っていた。
 知る人ぞ知る、スタートレックTOSで、チェコフを演じていた!・・・チェコフはいい人だったのにねぇ。

 リタ・アレキサンダー【パトリシア・トールマン】声優:湯屋敦子
 パイロット版に登場して、次に登場するまで少々時間があいていたようです。
 第3シーズンにコッシュの補佐官として現れました。対シャドウ戦の時、テレパシーでシャドウの行動を抑制することができる。
 でも、このリタは、どうやらボーロン人に取り込まれているようで、本来のリタとは別かも?

 [地球同盟政府]
 サンティアゴ大統領が暗殺され、クラーク大統領に変わっている。地球同盟は、14の太陽系と24の惑星を支配しているらしい。
 サンティアゴ大統領暗殺がバレそうになったクラーク大統領は、戒厳令を布き、自分の地位を守ろうとした。
 バビロン5はその後、地球同盟を脱退することになる。
 シェリダンの呼称が「Captain」から「President」になるのは、このせいだと思われる。
 って書いたんですけど、どうやら違うようです。まだシーズン4の現在も「Captain」で「President」に呼称が替わるのは、
 第5シーズンとのこと。勘違いでした(^^;)どーもすみません。
 (ちなみにこの情報は、BBSでX^2さんが指摘してくれました。ありがとうございます。)


【ミンバリ連邦】
 5大文明の中で最古。地球と戦争をしていた時、優勢だったのに降伏した不思議な人たち。
 非常に哲学的で、戦争をしていた地球に対しても、好意的にしてくれる。
 カーストがある。労働カーストと戦士カーストと聖職カーストで、差別的なものでなく、3階級は平等だが。
 戦争以前は、鎖国状態だったらしい。
 髪が無い!
 ミンバリ人は「3」が好き!?この理由は第3シーズンでバビロン4が過去に運ばれた時にザトラフから語られる。
 要するにシンクレアとデレン、シェリダンのこと、指導者?人類の希望としての役割。過去がシンクレア、現在がデレン
 未来がシェリダンで3人だそうです。カーストも3種類、グレイ評議会は3種類のカーストから3人ずつ。
 まだよくわからないけど、そういうことらしいです。


 デレン大使(女性)【ミラ・ファーラン】声優:滝沢久美子
 ガリバルディと並んでTVを見たりもする、結構気さくなヒト。謎も多いが。
 第1シーズンの最後で、さなぎに包まれて、第2シーズンの最初に人間に近い姿で現れた。
 後にわかるが、これはシンクレアがB4と共に過去に行った時、ミンバリの姿に変わった為、そのバランスを取るためと
 デレンは説明している。
 シェリダンと愛し合うようになり、後に子供をもうけるようである。
 人間の姿に変わった時、人間の生理機能が理解できず、長く生えてきた髪の手入れや、入浴が必要な事など、イワノバに
 逐一指導してもらうはめになってしまった。
 シェリダンがザハドゥムで行方不明になった後、9日間も断食をして祈り続けた。レニアーは心配してフランクリンに相談
 したが、聞く耳もたず。その後、フランクリンが見つけた個人日誌を見て、少し元気を取り戻したようである。
 レンジャー達を集めて「ザハドゥムを一斉攻撃するわよー!」と息巻いていましたが、レンジャー達には覚悟が出来ていなかった
 のか、以外だったのか、どよめきが起こっていました(^^;)

レニアー【ビル・マミー】声優:青木誠
 デレンの補佐役。デレンを心から敬愛し、彼女を守ることを第一に考えている。いつも側につき、デレンの世話をしている。
 見た目はそんなに強そうじゃないけど、結構強い。
 ガリバルディにバイクを組み立てる趣味を教えてもらい、はまってたり(笑)
 デレンがグレイ評議会を追放されても、彼女を慕い続ける。
 第3シーズンでは、爆発からモラーリを助け、モラーリはレニアーに感謝していたが、レニアーは助けたことを後悔しているようだ。
 まじめなのかと思いきや、結構オチャメなところもあり、ミンバリ人なのに、さらっとジョークを言ってのけたりします。
 デレンについて長いので、彼も人間っぽくなったのかも(笑)
 常に誠実で、物事に機転が利き、デレン達の危機を救うことも多い人です。

 [グレイ評議会]
 ミンバリの最高決定機関。戦士・労働・聖職それぞれのカーストから、3人ずつ、9人で構成される。
 デレンはメンバーだった。人間の姿に変わった時、次の指導者はデレンだから。と、ミンバリに戻ってくるように言われたが、
 あくまでバビロン5に留まることを望んだため、辞めさせられた。

 [レンジャー]
 シンクレアが創設した、ミンバリと地球人からなる対シャドウの軍隊みたいなもの。しばらく活動を休止していたのをデレンが
 活動再開させた、とのことです。でも、不思議ですよね。タマゴが先かニワトリが先か(笑)
 ベーレン(シンクレア)が1000年前に結成し、デレンが復活させ、シンクレアに指揮を頼んだ。そのシンクレアは1000年前に行き・・・
 みたいなー(わけわからんー)

 マーカス・コール【ジェイソン・カーター】声優:谷 昌樹
 ミンバリと地球人からなる「レンジャー」の一員。なんか1人だけ、時代錯誤な格好のヒト。ロード・オブ・ザ・リングみたい。
 戦闘能力は優れていて、情報収集力もスバラシイのだが、どこかぬけてるところもある。イワノバの事が好き?
 やけにイワノバにからむので、イワノバはちょっと距離を置きたいみたい。この先どうなるのかはわかんないけど。
 少し怒りっぽいとこがある。ホワイトスターで通訳をすることも。
 シンクレアを慕っている。
 本当は、レンジャーになる気はなかったのだが、兄が死に、その意志を継いだ。

 シンクレア大使(第2シーズンより、ゲスト出演)
 ミンバリでは「エンティリザ」と呼ばれて、尊敬を集めている。レンジャーを組織し、指導した。
 第3シーズンでは、バビロン4と共に時空を越え、1000年前のシャドウ戦争でミンバリとヴォーロンが勝利するための
 礎となった。人間の姿では、ミンバリ人に受け入れられないので、デレンがかつて人間の姿に近づいた装置を使い、
 ミンバリ人の姿になって、名前も「ベーレン(?)」となのり、「ミンバリ生まれでないミンバリ人が基地とともに現れ、シャドウとの戦争を
 勝利に導いた。」という、ミンバリ伝説のヒトとなった。


【セントーリ共和国】
 金持ち国家。昔は宇宙の1/4を支配していたが、現在はすこしずつ衰退をたどっている。
 が、金持ちは金持ち。バビロン5を建造するのにも、たくさんお金を援助した。
 ナーン人の住んでいる世界を支配していた為、ナーンと仲悪い。
 髪型がおでこはげ上がりのセンスみたい。(女性もおでこに髪が無い。)
 ・・・男の人は「ナニ」が6つもあるらしいけど(^^;)
 モラーリが欲に駆られ、シャドウの手下モーデンと手を組む。ここから、セントーリ共和国の、いや、全宇宙の不幸が始まったと
 言ってもいいかもしれない。
 その後、自分が神となりたい皇帝が、シャドウと手を組み、セントーリ本星の一部をシャドウに貸してしまった。
 シャドウの恐ろしさを思い知り、自分の罪を知ったモラーリは軌道修正を始めたようである。
 バーと皇帝の暗殺を計画中。その頃、セントーリにはジ・カーが捕らえられて姿を現した。
 皇帝は「喜べ」と言うのだが、ロンドは喜ばず、ジ・カーの捕らえられている牢獄に現れたロンドは、皇帝暗殺に対する
 協力を仰いだ。


 ロンド・モラーリ大使【ピーター・ジュラシック】声優:田口昂
 好色エロおやじ。でも、おちゃめで陽気。と、最初の頃は思っていたのだが、次第に権力と悪の誘惑に引きずり込まれていく。
 シャドウの手先モーデンから「願いを叶える」と言われ、ナーン滅亡を願った。シャドウ艦はナーンを襲撃、セントーリは
 再びナーンを支配下に入れる。その功績が認められ、セントーリでのモラーリの地位は一気に上がる。
 その後、自分のしたことが怖くなったのか、モーデンとは距離を置こうとする。セントーリ本国でシャドウと連携する動きが
 あるのを感じたモラーリはそれを制しようとする。だが、モーデンの策略で、愛する人を殺された。
 それがモーデンの仕業と知らないモラーリは、シャドウと手を組み、彼等の意のままに動くこととなる。
 それより前に話はさかのぼるが、モラーリは、未来を見る力のある前皇帝の妻モレラをバビロン5に招き、自分の未来を見て
 貰おうとする。彼女のの予言によると、モラーリとバーは皇帝になる運命で、どちらかが死んだ後にもう1人が皇帝になると
 言われた。その前にモラーリは夢で、シャドウ戦艦が空を飛んでいる所や、自分が病に冒されつつ皇帝の椅子に座っているところや、
 ジ・カーとお互いに首を絞めあい殺し合っている所などを見ていた。
 シェリダンがB4を1000年前に運ぶミッション中、時空の渦に巻き込まれてたどり着いた時間枠は、ちょうど17年後で、
 そこではモラーリが皇帝となっていた。モラーリはシャドウに取り憑かれており、酒を飲みシャドウが眠って居る間に
 シェリダンとデレンを呼び出し、民衆を救ってくれと頼む。その後、ジ・カーが現れ、自分を殺すように促すが、ジ・カー
 がクビを締めている途中でシャドウが目を覚まし、ジ・カーと相打ちになる。その後、皇帝が敬称するという「アイ」を
 拾い上げる、バーの姿があった。予言どおりとなったのだ。
 
 バー・コットー【ステファン・ファースト】声優:緒方文興
 ロンド・モラーリの補佐官。ロンドとは違い、心優しき男である。セントーリ人には珍しく、出世欲とかも無い。
 モラーリにはいろいろ尽くすし、よく言いつけをまもるいい部下である。が、気が弱いせいか、モラーリが悪の道に走るのを
 止められなかった。 モラーリを悪の世界に引き込んだモーデンを激しく嫌っている。
 のちに在ミンバリのセントーリ大使になる。その地位を利用し、影でナーン人を助けたりしていた。本当に心優しき人なのである。
 ロンドに決められた婚約者がバビロン5にやってきたが、バーを慕う美しき婚約者は、ナーン人を生きる価値のないものとして
 見下していることにショックを受ける。彼女は好きだと思うが、そういうところが受け入れられないのが、バーらしい。
 17年後の世界で、ジ・カーとロンドの倒れたその場に立っていた。どのような思いで「アイ」を手にしたのか?


【ナーン政府】
 は虫類な人たち。やっぱり髪の毛生えてない!!!
 昔むかしは平和的な種族だったらしいけど、セントーリに長い間支配されていた為、好戦的な種族になったらしい。
 現在は独立している。今でもナーン人はセントーリがキライ。
 再びセントーリと戦争になり、シャドウの手先と成り果てたセントーリにより、壊滅状態になる。
 その後、バビロン5が地球同盟を脱退した時、警備の手伝いをしたり、対シャドウ同盟において、結構な活躍ぶりである。


 ジ・カー大使【アンドレアス・カツラス】声優:菅原淳一
 コワモテだけど、けっこうオチャメな部分も。
 最初は、ならずものの乱暴なヒトっていう感じではあったが、次第に変わってくる。
 セントーリに本国を壊滅させられたあと、大使の地位を剥奪され、一市民になった。処刑されそうになるが、バビロン5が保護し、
 バビロン5に住んでいる。ヒトの意識に入り込む薬を不正入手し、モラーリの意識に入り込む。そして、ナーンを襲った悲劇が
 ロンドの仕業と知る。その後、何かしらの悟りを得たジ・カーは、対シャドウ同盟に参加することになる。
 モラーリとはこれからもいろいろあるようで、政争に巻き込まれて捕まったモラーリを助けに行ったりするらしい。

 ナ・ターフ【ケイトリン・ブラウン】声優:鈴木 シ風(フウ)
 ジ・カーの補佐官。女性。あんましおぼえてないけど、忠実な部下でした。


【ヴォーロン帝国】
 謎に包まれた種族。宇宙服を脱がないので、中身も不明。
 戦闘力抜群の彼等の宇宙域に探査機を送っても帰ってこないらしい。
 ヴォーロンの戦艦は不思議な作りをしている。どうやら意志を持って生きているようだ。
 ヴォーロンはミンバリよりも古い種族?
 1000年前、ミンバリと協力、光の側として、シャドウと戦争し、シャドウを闇の縁に追いやった。
 実は、ヴォーロンは、色々な星に神の姿で現れ、人々を導いていた。どの姿が本当か分からないが、地球人の目には
 光る天使のような存在として映っている。
 


 コッシュ・ナラネク大使【アードワイト・チェンバーレイン】声優:岩田 安生
 シンクレアやシェリダンに謎かけの様な話し方をしたり、試練を与えたり、謎の多い人物なのは確かである。
 シェリダンが暗殺されそうになった時、環境スーツから出て、シェリダンを救った。
 その実態はなんと光る天使の様な姿であった。
 シェリダンの望みを聞き入れ、シャドウとの戦いにヴォーロンが戦艦を出した為、モーデンの手によって暗殺されてしまう。
 新コッシュ【?】声優:塚田政明
 シェリダンと心の親交を深めていた、前のコッシュの死後やってきた後任の大使。
 バビロン5の幹部達が「本当の名前は?」と訊いていたが「我々は皆コッシュだ・・・」と一蹴されていた(笑)
 ヴォーロン人の謎は深まるばかりですな・・・

【シャドウ】
 太古から宇宙に棲む古代種族の1つ。本当の名前は、人間には難しくて発音できないらしい。
 宇宙に混乱を起こすことで、劣等種の淘汰を起こし、より優れた種を残していこうとしていると主張している。
 ヴォーロンは、規則で縛って、人類を教育しようとしているから、どの種にも都合のいい姿(神の姿ということだろう)
 で現れるのだ、とも言っていた。
 1000年に1度ぐらい現れて、宇宙に混乱を起こしているようだけど??
 モーデン【エド・ワッサー】声優:川村拓央
 バビロン5に現れた、シャドウの使い。アンナが行方不明になった宇宙船に同乗していた。
 各大使の前に現れて「望みを叶える」と言ってまわっていた。セントーリがこれに食いつき、ナーンの大惨劇につながる。
 どうやら地球同盟も手を組んでいるような(^^;)
 モーデン自体があやしいのか?と思っていたけど、アンナ同様、船がシャドウに出会った時に、人格を乗っ取られたのかも。
 シェリダンの捨て身の攻撃の後、酷いケロイド状態でロンドの前に現れた・・・
 まだまだモーデン:シャドウの画策は続くようだ。

 アンナ・シェリダン【メリッサ・ギルバート】声優:幸田夏穂
 ある事故で死亡したと思われていた。シェリダンは妻の死を相当引きずっていたが、吹っ切れて、デレンと共に生きようとしていた。
 その矢先、シェリダンの目の前にアンナが突然現れ「ザハドゥム」に行こうと言い出す。
 アンナはシャドウに人格を乗っ取られていたのだ。
 自分の愛したアンナは死んだ。と、覚悟を決めたシェリダンは、強力な爆弾を積んだホワイト・スターをザハドゥムにぶつけて
 シャドウに大打撃をあたえた。
 っていうか、ちょっと調べて分かったんだけど、このメリッサ・ギルバートさん、大草原の小さな家のローラだった(^^;)
 で、シェリダン役のブルース・ボクスレイトナーとは、何度も付き合ったり別れたりを繰り返して、1995年に結婚、んで、現在は
 また別れてるらしいです。現在は米映画俳優組合(SAG)の会長なんだとさー (≧∇)/Ω へぇ〜 へぇ〜!!


他にも、昆虫型のヤツとか、色々いる。


【おおまかなストーリーの流れ】
 第1シーズンでは、その後のシーズンへの謎かけ的エピソードが結構多い。消えたバビロン4とか再び現れたバビロン4へ
 シンクレアとガリバルディが行った時に残る謎は、第3シーズンであきらかになる。この時、再び現れたバビロン4にいた
 謎の男ザトラスの正体も。
 このシーズンでは、サイコープス(超能力を使った警察のような取り締まり機関)との確執などが話に盛り込まれている。
 セントーリとナーンの確執も、確かに深刻なものではあるが、その後の展開を考えるとこの時期はまだ、掛け合い漫才か
 子供同士のケンカ見ているようなイメージでしかない。
 「望みを叶える」と各国大使に近づく謎の男モーデンはシャドウの手先で、セントーリのモラーリ大使は、彼に頼み事をするが、
 それが重大な結果を引き起こす。モラーリは敵対国である、ナーンをたたきつぶす事を願ったのだ。
 その結果、ナーンは再びセントーリの支配下に置かれ、多くのナーン人民が犠牲となった。
 バビロン5の母星イプシロン3に異変が起こり、調査するが、調査に送った船が撃墜されてしまう。このイプシロン3には
 高度な文明の技術が隠されていた。地球軍はこのテクノロジーを手に入れようと躍起になるが、失敗する。
 実は、その心臓部でその技術を保っていた人物がいたが、寿命が来ていた。ミンバリ人でデレンの古い知り合いドラールが
 バビロン5に来ていて、その事実を知り、変わりにイプシロン3の礎となるのだった。
 デレンはミンバリの最高指導機関、グレイ評議会のメンバーなのだが、謎の変身を遂げ、人間に近い姿になる。
 そのことが原因で、第2シーズンではグレイ評議会を辞めさせられる。大使としてのみバビロン5に残る。
 第3シーズン分かるのだが、シンクレアがミンバリの姿へ変化したため、バランスを取るために人間の姿に近づく変化をしたらしい。
 サンティアゴ大統領は乗っていた宇宙船の事故で死亡、副大統領のクラークが大統領となる・・・が、サンティアゴ大統領の
 宇宙船に工作、暗殺したのは実は大統領になりたかったクラークであった。
 ガリバルディは重傷を負って、死の淵をさまよう。

 第2シーズンからは、シェリダンが司令官となる。シェリダンはミンバリ戦争の英雄として知られていたため、
 ミンバリ人にはこれを面白く思わない人達がいた。
 第2シーズンの最初で、デレンは人間に近い姿で現れる。が、人間の髪の毛や代謝になれず、髪の手入れの仕方や
 お風呂に入ることなどを、イワノバに逐一教えてもらうハメになる(笑)
 ジ・カーは、あるナーンの前哨基地が襲撃されたことを不審に思い、ザハドゥムという惑星へ調査に行くが・・・
 その恐ろしさに気付いたジ・カーは(シャドウの事を)警告する。この頃から、シャドウの話がすこしずつ出てくる。
 亜空間で謎の宇宙船と接触した事件の調査の為にシェリダンはスターヒューリーを送るが、そのスターヒューリーは
 謎の宇宙船シャドウ艦と接触してしまう!
 その後、セントーリとナーンは戦争に突入してしまう。
 シェリダンは、セントーリから逃げてきたナーンの船をかくまって、セントーリ戦艦と戦闘になった。
 地球大統領の命で、シェリダンはセントーリに謝罪をするよう言われる。そのシェリダンを暗殺しようとするものがいた。
 間一髪のところを、コッシュが本当の姿を現し、シェリダンを救うのだった。
 環境スーツの中のコッシュは、各種族の目には、神の姿として捕らえられていた。ヴォーロンは、色々な星に神の姿で現れ、
 人々を導いていたのだった。その日、各種族は「神を見た!」と大騒ぎだったが、セントーリのモラーリにだけは、その姿が
 見えなかった。なぜなら彼は、シャドウと手を結んでしまっていたからだ。

 第3シーズン以降では、シャドウとの戦いが主に展開する。シャドウとは、古代から宇宙に棲む悪魔的な恐ろしい種族。
 ミンバリやヴォーロンは、1000年前にシャドウと大戦争をしており、その時は辛うじて勝った。それ以来1000年、シャドウは
 力を回復させるべく、闇に潜み再起を待っていたらしい。そのシャドウが再び現れてしまった。
 シェリダン・デレン・コッシュ・ガリバルディ・イワノバ・フランクリン・レンジャーのマーカスは、対シャドウの同盟を築く。
 ジ・カーは、ナーンが戦争に負けた後、一市民としてバビロン5で保護され、その後悟りを得て、対シャドウの同盟に加わることに。
 一方、地球同盟では、モーデンが中枢の人間達に近づいていた。地球同盟もまた、セントーリの様になるのだろうか?
 そして、その後皆の協力でクラーク大統領のサンティアゴ大統領暗殺疑惑が確固たるものになってきていた。
 その矢先、クラーク大統領は、地球同盟政府下に戒厳令を布き、有無を言わさず自分の政敵を反逆者として掃討し始めた。
 バビロン5でも、少しずつ警備班に増えていたナイトウォッチ(地球軍のスパイみたいな集団)だけが警備を任されることとなり、
 シェリダンやガリバルディは憤りを隠せない。が、一計を案じ、ナイトウォッチを追い出して、ナーンが警備に力を貸す。
  反逆者として追われる戦艦アレキサンダーを修理するため受け入れたバビロン5。バビロン5もまた、反逆者と見られ、
 地球軍の戦艦がやってきた。その窮地を救ったのは、デレンに説得された、ミンバリの戦艦であった。
 バビロン5はここに地球同盟からの脱退を表明した。
 この時期に前後して、シェリダンはデレンからヴォーロンとミンバリの技術で出来た宇宙船「ホワイト・スター」を貰う。
 ミンバリ人が操縦するため、マーカスやレニアーが通訳をする。
 ミンバリと地球の戦争の原因が語られるエピもある。
 ミンバリは本来、好戦的な種族ではなく、地球人と初めて会った時、仲良くしたいという意味を込めて、戦艦の砲門を開いて
 地球の戦艦に近づいたが、それを攻撃準備と勘違いした地球軍の司令官が、ミンバリ戦艦を攻撃してしまった。
 その戦艦にはミンバリの偉大な指導者が乗っていて、彼が死亡してしまったため、憤りを覚えたミンバリと、勘違いした
 地球軍が戦争になってしまったのだ。その戦争で、唯一ミンバリ戦艦を撃墜したのがシェリダンであった。
 上記にもあるが、そんなこんなでシェリダンはミンバリ戦争の英雄として知られ、ミンバリ人には疎まれている。
 戦争の原因が語られるエピには、自分をアーサー王だと名のる男が現れるが、それは上官命令でミンバリ戦艦に攻撃を仕掛けた
 地球軍の砲撃手であった。
 シャドウが辺境の弱小国家を攻撃しだした。シェリダンはバビロン5との同盟に参加していない国々に協力を取り付けるため、
 コッシュに協力してくれと頼み込む。コッシュは最初拒否したが、食い下がるシェリダンに説得され、ヴォーロンから軍を送る。
 ヴォーロンの戦艦はシャドウを打ち破り、シャドウは一時的に撤退した。
 これを見た国々は次々に同盟に加入したが、コッシュは部屋に押し入って来た、モーデンとシャドウに暗殺されてしまう。
 シェリダンは、コッシュが怒っていたのかと思ったが、ヴォーロンが軍を出せばこうなることが分かっていて、怖かったのだと
 気付く。残されたコッシュの環境スーツはコッシュの船に積まれ、コッシュの船は弔いに出発した。

今のところ、第3シーズン途中までしか見ていないので、こんなところです。
シーズンは第5までで、その後スピンオフの「クルセイド」(だったと思うけど)が作られます。クルセイドに続く間に映画が2本
ぐらいあったはずなので、それも第5シーズンが終わったあと、スーパーチャンネルで放送してくれるかなぁ?
バビロン5の最終回は、スピンオフが作れても、続きは作れないだろうというぐらい、最終回らしい最終回だということです。
わたしは見ていないんだけど、川崎さんがHPでそのことを述べています。→ここ


TOPページに戻る