皆様には、日頃より格別のご愛顧を賜り心から御礼申し上げます。 弊社は、ご存知吉田の機屋(ハタヤ)です。婦人服地やカーテン地などの織物を作っています。10年ほど前からスカーフを手がけるようになりました。

 富士山の麓、富士吉田市は古くから織物の産地として知られています。織物には先染めと後染めがありますが、当地は先染め織物がほとんどです。シャンブレ―・多色チェック・ジャガードなどの織物が、婦人服地・カーテン地・ネクタイ地などとして生産されています。


 弊社は、これまでシャンブレ―・グラデ−ション・かすり・ジャガード織り等、糸の種類、太さを組み合わせて1枚のスカーフを織り上げる(かわりもの)と言われるようなスカーフを作ってきました。

 普通、織物は仕上げの段階を整理工場で行いますが、仕上がりを重視し手作業で行うこともあります。ハタ屋としていろいろな織物に触れるたび、流行に流されないこの商品の良さを再認識しました。フランス有名ブランドのスカーフのように新柄が発表されるのを待ちわびている、そんな長く飽きずに使いたい商品になればと考えています。
ご挨拶                    有限会社 渡藤織物工場
                   代表取締役 渡邊 藤夫

watafuji@taupe.plala.or.jp

有限会社 渡藤織物工場
電話 : 0555-22-0660

FAX : 0555-22-0840