kbgm。
モチャ。
ヘタレ絵。
六角学習会。
トラフォ。
クダトーク。
HTMLネタピクス。
THUNX-LINX
  • モーティマーマウス〜さるぞう69のページ
  • 不定期刊ごらくびと
  • Dr.シグマの超ロボット生命体研究所
  • スタ☆ニャン
  • PON-2区
  • 神聖銀河帝国
  • 電波恐竜博
  • gZ-2000j-快傑ズバァッと!!みれにあむ-
  • おもサ箱
  • オートベース愛知
  • Optimus Operation Generation One
  • きりんグフィールド
  • えるdorado

  • ワルガキWARUGAKI-ACTIONアクション!

  • 新年早々にする話でもございませんが、わが家のかわいい かわいい愛猫が、
    先12月20日朝、亡くなりまして。

    まあ 齢、約18歳と9カ月。 ネコにしては長生きで、コレ 大往生と言ってもいいんじゃーないかいな。
    以前ブログにて ご報告した病状 も、ここ最近は、お薬の力でほぼ正常値まで回復。
    食欲もしっかりあって、カリカリやらカルカンパウチやら、食いすぎちゃうんかと心配するほど食べていたぐらい。
    とーゆーか、11月の末までは全くフツーに階段の上がり降りもできていた ・・けれど、1度上がり損ね、何段か転げ落ちて
    当人も きょとんとしていた、その数日後から急に足腰が弱ってしまい、歩いても、フラフラとヨタるようになり。
    かかりつけの獣医さんに診せたとき、その点については特に言及なかったけれど
    素人目には、階段から落ちた時に、足を痛めていたんじゃーないかなあ と。

    それでもエサだけは アホほど執着していたのに、やがてその食事量も減ってしまって、再び獣医さんのお世話に。
    前回(上記リンク参照)の劇的復活を夢見て、3日続けての点滴とお注射をお願いするも、今回は、
    薬の効きすぎか 数日の間、逆に四肢に力が入らなくなり、トイレも苦労するようになってしまって
    そのあとは ただただ、日々弱りゆく姿を見守ることに。
    最後の最後は、うちの母親が わずか目を離した間に
    ひとり寂しく旅立ってしまったのでした。

    そのとき おもっきり泣けりゃあ、すっきりできたと思うんですけど、うちの母親が、自分はオイオイ泣いて先にスッキリできたってんで
    こっちの番になったときに、いろいろどーでもいい話をしてきたもんで、気がそがれて、50%ぐらいしか気持ちが片付きませいで。
    しばらくは、思い出す度 胸がきゅうんと、腹の奥まで引っ張り込まれるような、なんとも言えないもやもやを、
    ハートに残すことになりそうです。

    とか なんとか言いながら、年末しっかり モチャ画像 撮っとるやないかーい と、言うなかれ。
    ま ちゃんと翌日早々に田舎に走って、お墓作って供養してあげたんで、ええとしたもんじゃろう。
    とりあえず、なにはなくとも 生まれ変わって、早いこと わが家にもんてきなさいやー。

    [Jan,4,’17.] 
  • これまでの更新

    バナー。