密約に関して、外務省の報告書及びこれに基づいて調査した有識者で構成された委員会の報告書がまとめられ提出された(2010年3月9日)。
報告書では、例えば日米安保条約改定時の核密約については広義の密約を認めた。 米国は日米合意により、事前協議無しに核を積載して「entry」できると解釈を示しており、これを日本政府関係者に伝え、日本政府関係者が認識があったとして、日本政府が国民に対して虚偽の説明を繰り返していたことが明らかになった。 また、日米間での核持ち込みに関する認識の曖昧さ ??? が存在すると結論づけた。
しかし、この調査結果を受けて、外務大臣は、現状維持とし、対応をとるつもりがないことを明らかにした。(事前協議無しに核持ち込みが可能であるにも拘らず)
核密約等に関する調査を行ったが、政府は現行状態を変えるつもりはないことを表明しているのであるから、何も変わらないことが明確になった。

そして、これから推察されることは、米国側の解釈において、核兵器を搭載した米軍艦船が日本に寄航する、あるいは米軍機が日本に飛来し、核兵器を配備しない限りにおいては一時的に仮置きとして、数日から数十年間置いておくことも可能になることが証明されたといえるのです。(日本政府は、日本の「非核三原則」の英文説明の中で「introduction」を用いている。 日米間での核兵器持ち込みに関る合意の、この「introduction」が意味する内容は、deployment 即ち、配備の意味。 安保条約では配備のための施設建設、あるいは、その態様が変更される場合などにおいては、事前協議の対象とされるが、沖縄返還時の過去に既に事前協議済みであれば、施設の態様が変更されなければ協議の必要は発生しないとされている。そして、配備に関ることでなければ、核兵器持ち込み、及び貯蔵も可能となる。自由にできる合意が成立済み。
国民は、政府が言う「非核三原則」が単なる国民のための気休めであり、実態は正反対であっても、今後も何も変わらないことを知らされたことになる。


日本国民は日本への核兵器持ち込みを容認しません。 もし、核兵器を持ち込みたいのなら、核兵器拡散防止条約から離脱してください。 日本国民は表面的に核廃絶を訴えても、反面、核持ち込みを容認していては日本国民の沽券に関わるのです。 日本に存在すると推察される核兵器貯蔵施設への査察が必要であり、同時に、米軍によって核兵器を持ち込まれ貯蔵される危惧を払拭するために、その施設を閉鎖することが求められます。
論より証拠。 核持ち込みが現在は無いことを確認するため、その査察が必要となるのです。 それで初めて白紙状態に戻れる。
 
日本にアメリカ軍の基地が存在するための引き換え条件ですから、先ずこの第一関門をクリアすることが求められるのです。 日本国民が政府への信頼回復を可能にする絶対条件です。

 このようなことを真摯に行わない外務省、日本政府を否定します。


(重要!!) Yahoo! Geocitiesのホームページ提供サービスが2019年3月に終了となるので、ホームページ「地球&我ら地球人」のGeocities の Web 上での掲載は必然的に終了となります。  (2018年10月)


 日本国民は、美しい辺野古の埋立て工事反対!! 独裁的な安部政権の国民への人権蹂躙を許さない!! 駐留米軍は日本から排除されるべき。



 密約に関する調査については、外務省の内部調査チームにより、関連する公文書、協議記録などから抽出整理された報告書が纏められ、更に文献その他資料を追加収集するとともに関係者への聞き取りも実施して、先の外務省の報告書の内容の検証作業を行った有識者委員会の報告書が纏められ、2010年3月9日に外務大臣に提出された。
 密約調査に関して外務大臣から委嘱されて発足した有識者委員会は、調査対象の密約事案4項目に関して、その存否と内容に関して検証を行い、更に外交公文書の公開のあり方について提言を行うことを目的としたものです。
 有識者委員会は、北岡仲一(東大教授)を座長とし、波多野澄雄(筑波大学教授)、河野康子(法政大学教授)、坂本一哉(大阪大学教授)、佐々木卓也(立教大学教授)、春名幹男(名古屋大学教授)の6名で構成されています。

 一般的に文章の扱いに関しては、公開可能とするもの、非公開扱いとするものがあり、非公開とするものについては、文章・資料等の重要度に応じて「極秘」、「秘」と表示されるものがあります。 諸外国との合意取決めにおいて、内容について明らかにされない秘密の協定・合意などを、一般の国民はこれを密約と呼びます。

 しかし、この委員会でいう密約とは次のように定義しています。

  ”二国間の例の場合、その二国間の合意あるいは了解であって、国民に知らされておらず、かつ、公表されている合意や了解と異なる重要な内容を持つものであるとし、合意内容を記した文章が存在する合意や了解を「狭義の密約」といい、暗黙のうちに存在する合意や了解を「広義の密約」という”  と扱っている。

 一般の日本国民が考えるところの秘密に結ばれた協定、合意 了解を単に密約と呼ぶのとは若干意味が異なっていることを注意しなければなりません。 有識者委員会がいう密約と一般の国民がいう密約との間には、密約の語彙の捉え方にかなり観念的なギャップがあります。
 一般の国民から見た場合、「沖縄返還時の有事の際の核持ち込み密約」について、日米の両首脳と、総理の密使及び大統領補佐官との4人が中心になって、日本の外務省を蚊帳の外において核持ち込みに関して最終案としての日米両首脳の極秘合意文章を草案し、極秘の署名を演出したものであることが明らかになっているのですが、これは、正に外務省、国民に知られないようにした密約と思えるのですが、委員会がいう密約の定義にはあたらないことになるようです。
 この評価基準に基づくと、意図的に根拠の資料を外務省の関係者によって処分されてしまうと、もはや密約が存在したとは言えなくなります。 いずれにしても事実は闇の中に葬られるのですが・・・。
 

 密約に関する外務省の報告書・資料について精査と外交文章の公開についての提案が示されましたが、これで核密約問題に幕が降ろされてしまってはなりません。 まだ核持ち込み事案が解消されたことにはならないのです。 核持ち込みに関する実態がどのようであったのか、更に、今まで曖昧にされていた内容を、今後においても日米間で認識に差が生じた状態で継続されないように改める必要があるので、日本から明確に通達する必要があるでしょう。

 日本国民は戦後から日本政府、外務省、防衛省に騙され続けてきた。 政府は騙してきていることを認識しており、国民も騙されていることを認識しており、日本国民の自民党議員や外務官僚、防衛官僚に対する信頼は失墜してしまっているのです。 この信頼の失墜に対しては、密約の報告書が出たからといって、日本国民の信頼は容易に回復するわけではありません。 この信頼を回復するには、失った期間と同様の長期間が必要とされるでしょう。 50年以上もの期間を通じて日本国民を愚弄し続けてきた行いに対し、その行為を行ってきた政府高官は真摯に反省するべきでしょう。


 このサイトは、筆者が外務省の資料整理の報告書や有識者委員会の報告書の内容について詳細に説明するものではありません。 調査報告書の内容を必要とする場合は、外務省の核密約調査の該当項目を閲覧してください。
 筆者が委員会の調査報告書に目を通して先ず感じたことは次の通りです。
 調査資料では、米国に資料が存在していることが明らかであるにも関わらず日本側に資料がないとか、あるいは、関係者の発言では本来は存在していたはずの資料がリストに無いなどが見受けられ、また、極秘の外交関係の合意に関して公開できない指定を受け表に出ないものが存在します。 よって、資料が完全とは思えないので、日本国民は、これらの密約調査については、とにかく報告を受けたものとして捉え、核の持ち込み問題に関しては、日本政府に対して、現在の曖昧な日米間の認識の違いを解消するため、明確に書面による的確な語彙を用い、核持ち込みを容認しない日米間の合意を得ることが必要となると強く要請します。
 また、日本のとるべき核持ち込み対応方針に関して、政府と国民総体の意思との整合をはかり、合意を得なければなりません。


 核密約等に関する調査を行ったけれど、政府は現行状態を変えるつもりはないことを表明している。 何も変わらないことが明確になった。 つまり、核兵器の持ち込みが事前協議なしで可能であり、米軍は核兵器の持ち込みや存在を明らかにするつもりはないので、日本の「非核三原則」は機能していないということが判明した。 





■ 今回対象とされる密約といわれる内容項目は以下の4項目:
   ・日米安保条約改訂時の核持ち込みに関する項目
        (核兵器搭載艦船等の寄航時における核兵器の持ち込みに関する項目)
   ・朝鮮半島有事の際の戦闘行動に関する項目
   ・沖縄返還時の有事の際の核持ち込みに関する項目
   ・沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わりに関する項目



 ■ 日米安保条約改訂時の核持ち込みに関する項目
    (核兵器搭載艦船等の寄航時における核兵器の持ち込みに関する項目)について


 日本は、核持ち込みに際しては、事前協議を要するとしている。 しかし、アメリカ側は、核搭載艦船の寄港・通過は核持ち込みに関する事前協議には該当しないとしており、駐日大使が解釈を日本側に伝えたにも関わらず、日本政府は継続して国会答弁などで、必要な事前協議を受けていないから核搭載艦船の寄港・通過はない、核の持ち込みは無いと説明してきたものである。 
 これに関して調査を行う有識者委員会は、米国のこの解釈の連絡を受けて日本の外務省が認識し、この対応を協議していた記録が見つかったこと、及び米国で公開された公文書などをもとに広義の密約があったと判断したもの。 
 つまり、これの意味するところは、事前協議条項があるが、日本語でいう核の持ち込みは事前協議無しに持ち込みができることが明らかにされたものです。


 そもそも、この事前協議の根拠は何か。 それは、日米安全保障条約の第6条に関する別途付属の文章に「事前協議」について書き記している内容があり、これで規定されるものです。 国民の多くはこの文章自体よく理解できていないのです。
 これは、米軍が日本において基地を使用するに際しての条件を記したもので、事前協議の対象として、核を搭載した艦船の寄港、領海内通過、核搭載機の飛来が、この装備における重要な変更内容と規定されている要件にあたるのかどうかであるが、日本政府が核の持ち込み { 日本で意味する ”持ち込み”の英単語 = entry (しかし、付属公文では:introduction と表示 、注意すべきことに、外務省の非核三原則の英文説明には introduction を用いている) }は事前協議の対象としているが、一方、アメリカ政府は、核の持ち込み( entry )は事前協議対象には当たらないとし、このアメリカ側の解釈を日本政府高官に伝え、そして日本政府も理解・認識していたにも拘らず、日本政府は嘘の説明を続けてきており、日本でいう核持ち込み( entry )は事前協議の対象外とされている日米合意があったことをいう。
 そして、この問題は、日本国民が目指している核兵器の日本への持ち込みを容認しないことを掲げる「非核三原則」を、日本政府自体が持ち込みの事実を認識しながら、いまだに鸚鵡返しに「非核三原則」を変えませんという主張を繰り返すのみで、国民への裏切りを平気で行っている姿勢が許せないということです。
 核配備という扱いでなければ事前協議対象外として処理が可能であり、核持ち込み・長期間核兵器を一時的に貯蔵を可能にしているのであって、何時でも自由に核兵器の持ち込み、持ち出しができ、日本は核兵器を保有しているのと同じ状態が存在するにも拘らず、日本人は「灯台下暗し」で、イラン、インド、北朝鮮の核による抑止力を批判しているのです。 日本政府、我々日本人はこのような態度を恥じるべきです。
 この信頼できない、虚偽で固められた日本の対米従属姿勢は、1967年時点で沖縄に1300発もの核兵器が配備されていて、沖縄返還に伴い撤去されたことになっている事に対しても疑念を抱かせる結果に繋がっているのです。
 第6条に関する別途付属の文章の内容は次のとおり。

付属合意の内容:
「合衆国軍隊の日本国への配置における重要な変更、同軍隊の装備における重要な変更並びに日本国から行われる戦闘作戦行動(前記の条約第5条の規定に基づいて行われるものを除く。)のための基地としての日本国内の施設及び区域の使用は、日本国政府との事前協議の主題とする。
 この英文: Major changes in the deployment into Japan of United States armed forces, majore changes in their equipment, and the use of facilities and areas in Japan as bases for military combat operations to be undertaken from Japan other than those conducted under Article V of the treaty, shall be the subjects of prior consultation with the Government Japan. 」


 協議の対象に関しては、当時駐日大使であったライシャワー氏が交わしたとされる内容は以下であろうことが知られている。(委員会の報告書によると、討議の記録の内容を記したものが見出されている。 原本ではないらしい。)

装備における重要な変更は:
 「 Major changes in their equipment understood to mean the introduction into Japan of nuclear weapons, including intermediate and long-range missiles as well as the construction of bases for such weapons, and will not, for example, mean the introduction of bases for such weapons, and will not, for example, mean the introduction of non-nuclear weapons including short-range missiles without nuclear components. 」
 つまり、核兵器及び中長距離ミサイルの日本国内への持ち込み{(introduction)= 武器配備}並びにそれらの兵器のための基地の建設を意味する・・・(略)・・・ 


 また、大使は次の提示を行っているという。
 「 Prior consultation will not be interpreted as affecting present procedures regarding the deployment of United States armed forces and their equipment into Japan and those for the entry of United States military aircraft and the entry into Japanese waters and ports by the United States naval vessels, except in the case of major changes in deployment into Japan of United States armed forces. 」
 つまり、事前協議は、米軍の配置における重要な変更になる場合は除外するが、米軍やその装備の日本への配置、米軍機の飛来(entry)、米海軍艦船の日本の領海内航行や港湾への寄航(entry) に関する現行の手続きに影響を与えるものと解されない、としている。


 委員会は、種々の資料を検証し、時代の背景を説明している。 筆者はここで、その項目のうち、いくつかを以下に羅列するにとどめる。

 ・大平外相・ライシャワーの会談での内容について、明確な米側の解釈を示した「討議の記録」に関する
   資料やこれに関して日本が受け入れた合意に関する資料が日本側に見当たらない。
 ・ライシャワー大使から米国の持ち込みの解釈の違いを説明されて以降、米国に日本が異議を唱えた様子
  が見受けられない。
 ・大平外相・ライシャワーの会談の後、当時の東郷文彦北米局長による現在の立場を続けるより他ないと
  思われるとする内部文章が見つかったとして日本側が黙認している状況が存在した。
 ・政府がこの解釈の違いを敢えて持ち出さないで済ますことを得策とし、核持ち込みを黙認せざるを得ず、
  日米間に暗黙の合意が存在した模様である。
 ・この密約問題に関する日本政府の説明がうそを含む不正直な説明に終始し、民主主義の原則からは本来
  あってはならない態度である。
 ・不正直な態度について、冷戦下における核抑止戦略と日本国民の反核感情との調整が容易でなかったこと
  を考慮にいれて論じるべき。
 ・重要文章についての行政者の管理の不備に対して事情調査や反省の必要性を指摘した。

( 英語の専門でない筆者でも、持ち込みが「introduce の 名詞形である introduction 」を用いており、これが製品や装備や宗教・思想などに対して用いられる場合には、単なる entry ( = bringing )ではないことは理解できます。 そして、兵器の場合に "introduce" を用いると、「導入」の意味ですが、例えば、駆逐艦にイージス装置を "introduce" の意味は、装置を装備・配備する意味です。 単に甲板に entry して、置いてあるのではないのです。 基地にPAC3迎撃ミサイルを "introduce" と用いると、明らかに配備する意味です。 英文の"introduce"を、外務省の外交官僚達が認識していなかったとするのは到底理解できません。 虚偽としか思えないというのが筆者の見解です。
 ライシャワー元駐日大使が説明する核兵器を積載した米軍の航空機の飛来に伴う核兵器持ち込みや核兵器を艦載した米軍艦船の寄航に伴う核兵器持ち込みについては、事前協議対象外の日米合意の手続きであるとしているのです。
 また、委員会報告で冷戦下における核抑止政策と反核の国民感情に配慮したことにも考慮すべきである旨挙げていますが、核拡散防止条約が1970年に発効している現実があり、特に日本は、全国的に核廃絶に向けての運動を支持していかなければならない立場であると思われることより、単純に核抑止力として日本に核を持ち込むことを容認すべきではなかったのです。 民主主義というが、何をもって民主主義とするか議論を深めないといけない。 これからの本当の民主主義の社会を目指して、この虚偽、隠蔽を政府、官僚の支配的構図において必然、正当とする間違った認識に染まった日本の政治や社会のあり方を正すことから始めましょう。 よりよい未来の民主主義のために。 )


 「委員会の定義する意味の密約」に対して、外務省の資料の不利益な内容や極秘とされるものは表に出ないので、「狭義の密約」を証明することは至難の業であり、予想通りの結果とも言える。
 公文書資料や内部の協議記録の全部の掲載が無い条件では、国民には評価・判断できないのです。 これが国民の委員会報告の捉え方です。

 筆者が理解したことの集約は、次のとおりです。:
 核持ち込みに関して、「ああだ、こうだ」と言っているが、何度も繰り返して言うが、早い話、米国は核持ち込みについて、あるいは核の存在については明らかにしない政策をとっていることを考慮して、米軍による日本への核の持ち込み( bringing ) を日米合意の事前協議の対象とするなら、核持ち込み( bringing ) を行っていたと種々の関係者の発言があった事実より、米国側がこの合意内容に違反していることになるし、もし、日米で持ち込み( bringing ) は事前協議の対象外とする解釈・認識が存在したなら、核持ち込みが行われていた実態が知られるようになった現在、日本政府高官が国民に説明し続けてきたことは嘘であり「有事でない通常状態で、核持ち込みは可能である」ということが成立していたものであり、現在もこの手続きが維持され、核兵器の持ち込みが容認されていることになる。    いずれの規定が存在していようが、運用で現実の状況に合わせて双方の都合のよいように処理がされて、現実に核兵器の持ち込みという黙認状況が存在している事実があるということです。  これは、日本の「非核三原則」で規定する核を持ち込ませずは成立しないもので、究極は「核拡散」を隠蔽していることが証明されたといえる。
 同じ手法によれば、世界のどの国も核兵器国と核持ち込みに関する日米安全保障条約と同様な安全保障条約を締約し、核兵器国の基地を誘致するだけで、核兵器の持ち込みが可能になり、容易に実質的な核兵器による抑止力を得ることができるようになるのです。
 しかし、これは、人類が未来志向で進む道とは決して言えないのです。
 



 ■ 朝鮮半島有事の際の戦闘行動に関する項目について


 調査報告書では、「日米両国は1960年の新安保条約締結の際、岸・ハンター交換公文により、在日米軍が日本から行う戦闘作戦行動を事前協議の対象とすることで合意した。 それと同時に、両国は非公開の議事録により、朝鮮半島の際、国連軍の指揮下で行動する在日米軍が在日米軍基地を使用して直ちに(つまり場合によっては事前協議なしに)出撃できることで合意していたことが今回の調査で確認された。」 と結論した。



 ■ 沖縄返還時の有事の際の核持ち込みに関する項目について


 外務省の調査報告書では、「この「密約」問題は、沖縄返還後に重大な緊急事態が生じ、米国政府が核兵器を沖縄へ再び持ち込むことについて事前協議を提起する場合、日本側はこれを承認するとの内容の秘密の合意議事録が、佐藤総理大臣・ニクソン米大統領両首脳の間で作成されたのではないかというものである。」
と記している。

 有識者が評価するこの密約の評価基準:(既に記術済みであるが、)二国間の合意あるいは了解であって、国民に知らされておらず、かつ、公表されている合意や了解と異なる重要な内容を持つものであるとしている。

 よって、外務省の表現する単に秘密裏に作成されたかどうかではなく、一般的に言う密約が存在しても、それを意味するのではない。 (しかし、国民は、この非公開、秘密に行われた協約や約束や合意の問題を重要視します。 後述。)
 ここで対象とする案件は、有事の際の核の持ち込みに関しての内容であるが、委員会は、沖縄返還の日米共同コミュニケで、米国が核を持ち込む必要に際しては事前協議において米国の立場を害することはない趣旨の声明を行っているのであるから、核持ち込みの容認は、周知、自明の事柄であり、既に公表されている内容と両首脳の密約とされる合意文章の内容とは踏み込み方の程度の差はあっても、大差は無いと判断されたものである。  そして、その有効性について、外務省にこれに関する根拠となる議事録がないこと、この内容について佐藤総理以降の総理に引継ぎが為されている根拠資料がないことより、必ずしも密約とはいえないとし、また、拘束する効力については否定的に考えざるを得ないだろうと結論づけた。

 この件に関して、筆者は次のように考えます。
 沖縄返還や核持ち込みという日本国の将来を左右する重要な事項が、日本の担当所管大臣、官僚及び議会にも何の情報を与えず、決定内容を秘匿できる状況が存在することが非常に危険な状態であると思います。 日本は、専制君主の独裁国家では無いのです。
 単純に知らなかったでは済まされないのです。 このような概念が政界、役人に蔓延しているなら、一体国民はどうすればよいのでしょうか。 アメリカは日本を民主国家から外れることを良しとしないのであり、少なくとも現在日本は民主国家としての制度が敷かれているのですから、首相が最終決定を行うことができる特権を有していたとしても、決定内容はすべて政府、官僚も責任を持って対処する責務があります。
 このようなことを決定し、後年に何等かの疑念が生じるような事態が発生していた時には、少なくとも担当所管内で対応を協議し、その記録が残るはずです。 危惧すべきは、そのような証拠が省内に無いということは、危機管理に関して全く認識が欠けているようだ。

 核持ち込みに関する両首脳間の合意に関して、担当所管に記録が無く、認識がなかったことを報告していますが、もともと、沖縄返還にむけての核兵器の扱いに関する合意のとりつけに当たっては、外務省とは別に、ニクソン大統領、キッシンジャー大統領補佐官、佐藤首相、若泉氏の4人が、有事の際に米国が日本に核を持ち込むことを条件として沖縄返還を認めることとし、その合意文章を両国の国民・議会に説明できるように如何に作文するかを協議していたのです。
 そして、協議の過程は若泉氏はメモとして残すのみで、外務省との協議は行わず、佐藤総理に直接報告していたのです。 ですから、佐藤総理が政府高官に経過を説明して明らかにしていない場合は、外務省に記録が残されていないのはもっともなことなのです。 若泉氏は当時、協議結果のメモをアメリカ側に渡しており、アメリカ側は経緯を認識しているはずです。 若泉氏は後に自らの協議メモや外務省の内部文章、日米交渉時の日米のメモをもとに自らの著書を記しているのであるから、それ自体が記録簿なのです。 そして、日米合意文章自体が合意の記録といえるのですから、沖縄の核貯蔵施設の維持管理や核の持ち込み貯蔵についての合意した内容は、単に共同コミュニケより踏み込んだ内容ではすまされないのです。 なぜなら、政府から国民が受けている説明内容「非核三原則」の説明と異なるからです。  政府は当時において、共同コミュニケの内容についても報道機関を通じて国民に非核三原則を堅持する旨の”虚偽の説明”をしていたのですから。
 下記の沖縄返還時の核持ち込み密約では、核兵器の貯蔵施設を維持しておくことが盛り込まれている。 日本国民は、核兵器の貯蔵施設が存在していることを知らされていないので、この施設が存在していない場合、新たにこの施設を建設する場合には、既に記した日米安保条約の事前協議の対象となるもので、これがなければ核兵器の持ち込みが生じても一時的なもので、長期間の貯蔵などできないと理解できるのです。 しかし、日米の秘密の合意により核貯蔵施設が既に維持継続されている内容であるから、核兵器が長期間貯蔵されている疑惑が現実味を帯びてくるという理由により、共同コミュニケの内容とは根本的に違うのです。


 (参考)沖縄返還時の核兵器持ち込みに関する日米首脳合意密約文章:

 極秘
 1969年11月21日発表のニクソン米合衆国大統領と佐藤日本国総理大臣との間の共同声明についての合意議事録
     
  米合衆国大統領
    われわれの共同声明に述べてあるごとく、沖縄の施政権が実際に日本国に返還されるときまでに、沖縄
   からすべての核兵器を撤去することが米国政府の意図である。 そして、それ以降においては、この共同
   声明に述べてあるごとく、米日間の相互協力及び安全保障条約、並びにこれに関連する諸取り決めが、
   沖縄に適用されることになる。
    しかしながら、日本を含む極東諸国の防衛のため米国が負っている国際的義務を効果的に遂行するため
   に、重大な緊急事態が生じた際には、米国政府は、日本国政府と事前協議を行った上で、核兵器を沖縄に
   再び持ち込むこと、及び沖縄を通過する権利が認められることを必要とするであろう。 かかる事前協議
   においては、米国政府は好意的回答を期待するものである。 さらに、米国政府は、沖縄に現存する核兵
   器の貯蔵地、すなわち、嘉手納、那覇、辺野古、並びにナイキ・ハーキュリーズ基地を、何時でも使用で
   きる状態に維持しておき、重大な緊急事態が生じた時には活用できることを必要とする。

  日本国総理大臣
    日本国政府は、大統領が述べた前記の重大な緊急事態が生じた際における米国政府の必要を理解して、
   かかる事前協議が行われた場合には、遅滞なくそれらの必要をみたすであろう。

    大統領と総理大臣は、この合意議事録を二通作成し、一通ずつ大統領官邸と総理大臣官邸にのみ保管し、
   かつ、米合衆国大統領と日本国総理大臣との間でのみ最大の注意をもって、極秘裏に取り扱うべきものと
   する、ということに合意した。
                                           1969年11月21日
                                          ワシントンDCにて
                                  (署名)  リチャード・ニクソン
                                  (署名)  佐藤 栄作      】
                                                         

 (参考)有識者委員会の報告書の中で、日米首脳会談の共同コミュニケよりも踏み込んだ内容であるが、共同声明の内容を大きく超える内容ではないとして、”本調査における密約の定義”においては必ずしも密約といえないであろうとしている。 また、この文章が後の政府に引き継がれた様子がないようなので、長期的に政府を拘束するものではないであろうとしている。】

(参考)沖縄返還にむけての1969年11月の共同コミュニケでは、核持ち込みに関して、”・・・(略)・・・日米安保条約の事前協議制度に関する米国政府の立場を害することなく・・・(略)・・・日本国政府は、大統領が述べた前記の重大な緊急事態が生じた際における米国政府の必要を理解して、かかる事前協議が行われた場合には、遅滞なくそれらの必要をみたすであろう。”】
などと宣言している。
 つまり、日本政府はアメリカの日本への核持ち込みを最初から容認しているのです。   

 沖縄返還当時に合意した文章内容は、両首脳が政権期間であれば、明らかに日米間で核政策を規定するものであったと思われます。 現在の拘束性については、この資料が有効であれば、有効であり、無効であれば無効になるというものです。 但し、無効であれば、無効の宣言はできますから、それができなければ、有効性は高いと言えるでしょう。 ((追記) 後日、外務大臣は、核兵器持ち込みを拒否する発言を行うのではななく、有事の核兵器持ち込みを容認する発言を行った。 これは即ち、核兵器持ち込み事案のかっての首脳間合意が有効であることを物語る。 核貯蔵地として維持整備の態様が現実であることを証明したもの。
 外務省が提出した資料に議事録が無いとしていますが、少なくとも、当時の日米のトップが署名したのですから、この署名の記録自体が日本では意味が無いと扱っても、果たして米国側に存在する署名の文章はどのような意味を持つのかは米国次第といえるでしょう。 アメリカ政府高官と佐藤総理の信任状を提示していた若泉氏との交渉と議事メモやこの両首脳の核兵器持ち込みに関する合意内容は、当時の米軍幹部や議員の代表者にも承認を得ていることになっているものですから、米国には米国で議事録が残され、日米合意について歴代の米国の政府高官に引き継がれている可能性があるので、安易に効力がないと評価を下せないと筆者は考えます。
 しかし、日米安保条約改正時の核密約問題でも明らかなように、有事でなくとも、米軍による日本への核持ち込みが可能となる手続き上の合意が成立しているので、ここで特に有事の際の核持ち込みを採り上げる意義はなくなったといえる。



 ■ 沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わりに関する項目について


 沖縄返還時に米側が自発的に支払うとした返還土地の原状回復補償費400万ドルであるが、日本側は米資産買い取り費など3億2000万ドルを一括決済し、米軍用地の原状回復補償費400万ドルを留保する旨の内容を米国に送った外務大臣名の秘密の書簡が外務省の内部資料に存在した。 



(参考)米側関連の資産買取等についての取決めを定めた沖縄返還協定を参考に示す。:
沖縄返還協定(琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定)

第7条
 日本国政府は、合衆国の資産が前条の規定に従つて日本国政府に移転されること、アメリカ合衆国政府が琉球諸島及び大東諸島の日本国への返還を1969年11月21日の共同声明第8項にいう日本国政府の政策に背馳しないよう実施すること、アメリカ合衆国政府が復帰後に雇用の分野等において余分の費用を負担することとなること等を考慮し、この協定の効力発生の日から5年の期間にわたり、合衆国ドルでアメリカ合衆国政府に対し総額3億2千万合衆国ドルを支払う。日本国政府は、この額のうち、1億合衆国ドルをこの協定の効力発生の日の後1週間以内に支払い、また、残額を4回の均等年賦でこの協定が効力を生ずる年の後の各年の6月に支払う。





■ (重要)今回の核密約項目の調査で何が変わるのだろうか?


 外務大臣が有識者に核密約に関して調査を依頼したが、一般の省庁でも非公開の資料が多くあるのが現実であり、こと外交文章では特に極秘扱いの文章で非公開とするものは、資料の非公開期間との関係や関係対外国との問題があり、このため、今回の調査においても資料が出てこない疑いは解消されないと推察されます。 
 外務省内部で資料の選別を行い、その中から公表できるものを資料として整理とりまとめ、これらを有識者に提出し、それら資料をもとに有識者委員会が内容を精査し、評価を行うのは、有識者委員会にとって困難であったろうと推察できるのです。

 米国は核政策として核の存在場所を明らかにしないので、持ち込みや持ち出しについて明らかにしないはずであり、また、アメリカの戦略として核抑止力や戦略核兵器を実戦で使用する基本方針を策定しており、米国は、自国に及ぶと想定される危機に対しては、相手国からの攻撃が開始される前に攻撃を開始する方針を策定しており、特に核兵器については自国の核戦略方針を同盟国の都合で変更しないのです。  また、米軍の核の持ち込みについては、いわゆる現行の日米間で合意した安全保障上の手続きに準じておこなっていると説明しているのです。 果たして現行の手続きとは何を意味しているのであろうか。 
 それは、事前協議の適用対象について過去に駐日大使が米国の解釈を説明している内容で明らかです。   そして、米国はそれを実行して、現実に核兵器を日本に持ち込んでいたのです。(文献、種々の関係者による持ち込み実態の発言などより) つまり、通常の手続きとして、事前協議無しのフリーパスで米国は日本に核兵器を持ち込むことが可能であり、持ち込んでいるのです。 ( アメリカの解釈は、核配備という固定した install や deploy でなければ、核持ち込みに関する現行の日米合意の手続きにおいて持ち込み( entry )できるというもの)

 筆者が、委員会による調査報告書の資料内容説明をもとに判断すると、既述したように、米軍機が核兵器を搭載して日本の米軍基地に entry して、核兵器の恒久配備ではなく、一時的に数日、あるいは、数十年間、核弾頭を降ろした状態にしておいたとしても、日米間の現行の了解済み手続きとして異議をはさむことはできないことであり、つまり、非公開の秘密事項です。


 では、核密約の調査で何が変わるのだろうか? 

 繰り返して言いますが、核問題その他重要な事項においては、非公開とされる資料も存在し、すべてが提示されたのではありません。 ですから、証拠が出てこないのです。 本当の密約は表には出てこないのです。 これは誰もが想定している事実です。

 今回、核兵器は自由に持ち込みが可能であることが明白になった。 つまり、日本は核拡散状態を容認し実行していることを証明したのです。 論より証拠。 日本にある米軍の核兵器関連の核兵器貯蔵施設への査察を行えば明らかになるが(日米間には核貯蔵施設の査察を行わない合意が存在:外務省が資料を廃棄あるいは隠蔽か?)、たとえ査察を行わなくとも現在の日米両国の隠蔽工作を見れば明白でしょう。
 しかし、外務大臣は今後もこの核兵器持ち込みとなる状態を容認し、従前の条約の解釈の変更を求めるつもりはないことを表明しましたので、今後も、”何も変えない、何も変わらない”のです。 
 国民は、このような基地のあり方を容認できるはずがありません。 外務省の官僚や防衛省の官僚に操られ、何も対処しない、対処できない外務大臣、防衛大臣は、日本国民の代表として不適格であると日本国民は評価せざるを得ないのです。
 日本国民は要求します。 日米安保条約の継続の条件は米軍の核兵器関連の核兵器貯蔵施設への査察です。 これがかなわない場合は日米安保条約は如何に危険かがわかるでしょう。 日本人が日本人であるために、日本人自ら正義を貫きましょう。
 このような状況が続くのであれば、日本はアメリカの核兵器に頼らない、核廃絶に向けて核持ち込みを容認しない、また、現在の自衛隊のあり方が適当であるとも評価せず、日本独自の安全保障を国民全員参加で構築する政策を採るべきです。 そして、北東アジア及び東南アジアを含む汎アジア的な多国間での安全保障を構築することに努力すべきであると考えます。


 日本国民の皆さんはどのように思われますか。 





 (参考) いわゆる核密約調査報告書は、外務省のWEBで見ることができます。 外務省の内部による調査報告書の添付資料リストを引用してこちらの表を作りました。 参考資料リスト1 及び  参考資料リスト2
 外務省のWEBサイトに載せられている密約調査関連の全体の別添関連文章資料をみると、付属交換文章についての核持ち込みに関して日米間で細部について協議した記録内容はありません。




 日本国民の人権を守るため、日本の真の独立を勝ち取り、アメリカの奴隷からの開放を目指すため、日米安保条約解約。
 日本は、日本国民が無視され続けている不平等の日米安保条約を解約しなければならない。 日本国民が戦わねば、日本の夜明けは訪れない。

項       目

核兵器を開発、保有したければ、NPTに加盟しない、あるいは脱退すればよい。大嘗祭は神道儀式 公的としたことは政教分離規定に抵触 否定できない 1996年3月大阪高裁判断辺野古埋立て土砂投入強行 ロシアによるクリミヤ問題、中国による南シナ海の環礁埋立て造成問題、無視の論調同じ
憲法改正案の「緊急事態の宣言」条項 その本質と危険性消費増税実施 キャッシレスでポイント還元 上限なし 高額所得、富裕層等にとって喜ばしい政策アメリカ製品、アメリカ産の産物の不買など
朝鮮半島からの核兵器の排除、同時に、ならず者国家の核兵器の廃絶をも要求する朝鮮戦争の終戦協定の締結、敵対行為の停止により、朝鮮半島の平和・安定が進展する。日本の民主化、アメリカによる日本の占領支配からの解放。
現行憲法九条内容を変えずに自衛隊保有を明記すると条項自体が非論理で無効となる国連決議によらないアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍によるシリアへの武力攻撃(2018年4月)は、シリアがそれらの国を攻撃していない限り、国際法上犯罪行為に相等現行憲法では自衛隊は憲法違反であることは明らか
官僚:忖度。希望の党小池代表の発言:排除します。国民の決意2018年:排除します。日本国民は、河野外相がアメリカの核態勢見直し2018年の内容を高く評価するとしたことを厳しく非難する駐留米軍機の事故&沖縄の地方選挙に対する権力を私物化する安倍政権
憲法改正問題:自民党が訴える憲法改正について、その必要性の説明不足。国会での与党、野党の質疑時間の配分を改めることを主張する若手自民党議員。国民から見たその解決策について。日本国憲法第九条の不備 国民主権の立場から改正が必要
民進党の解党・希望の党への合流。仕組まれた罠にはめられた民進党。衆議院選挙 選ぶ政党はどこでもよいと考える国民は多い。しかし、選定する判断の一つとして、憲法違反の政策を平気で行い、国民を騙し、独裁的に権力を行使する行為は一切容認しない。第48回衆議院選挙の国民の選択:立憲・法令順守主義を否定、政府の犯罪や違法な国民への裏切りを野放しにする放置国家・自民党安倍政権を容認か?
こんな車が欲しい。普通乗用車と軽自動車の中間サイズ及び排気量規模、大容量の荷物載荷空間、後部スライドドア、衝突防止の自動ブレーキ装備等の車安倍総理が自民党総裁として言及した憲法改正を促すための9条改正案の例示 論理破綻 歴代内閣による安全保障関連の説明の論理が瓦解する国民が第48回衆議院選挙に求めるものとは・・・。その前に安倍政権の独裁的な手法による数々の暴挙を止めなければならない。
加計学園の獣医学部新設に係わる手続きの不正の疑惑。南スーダンでの自衛隊の活動の日報データと稲田防衛大臣の認識や答弁内容の真偽の問題。政府の国民への裏切りの問題。安倍総理による衆議院の解散・総選挙、2017年の国民の審判の争点は・・・普天間飛行場移設 名護市辺野古の沿岸部埋立てによる飛行場建設に反対
安倍総理、側近、友人 森友、加計学園問題。内閣府の関与について、国民は黒とみなし、関与があったものと評価する。国際的な組織犯罪の防止に関する国連条約及び協定 共謀罪法 テロ等準備罪法安倍政権による緊急事態法の制定は戦争目的及び自衛隊のクーデターへの対応ほか
アメリカ軍によるシリアへの攻撃 アメリカ軍による北朝鮮への先制攻撃について 主権国家に対する卑劣な戦争開始宣言と同じ安倍総理夫人による総理公務補助の支援する夫人付き官房職員(内閣事務官)、選挙運動で総理夫人が自民党候補者を応援する際にも同行靖国神社に閣僚が参拝。高市早苗総務大臣が2014年4月に参拝。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。
日米首脳会談(2017年2月10日ワシントンにて)の共同声明。一般的な日本国民が受け入れ難い点について。天皇の退位 国民から見た論点整理教育勅語とは、明治天皇が天皇国家に従う臣民としてのあるべき姿、実践すべき姿を説いた内容
安倍政権の憲法改正の真の目的。9条改正ではない。自動運転車の日本での普及は当面、困難。車には埋込みカメラの装着による映像確認及び自動ブレーキの運転支援の活用で安全性の向上が期待される。MV-22 オスプレが墜落・大破。空中給油での機体の安全性の懸念。
靖国神社に高市総務大臣、丸川五輪大臣、山本農林大臣、萩生田官房副長官閣僚が参拝。2016年8月。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。天皇制廃止への加速。核兵器の法的禁止条約締結交渉を始めるように国連総会に勧告する核軍縮ジュネーブ部会決議に日本政府拒否表明(2016年8月)昭和天皇万歳、民主主義国家ドイツのヒトラー万歳、安倍総理万歳、ナチ党万歳、自民党万歳、習近平万歳、金正恩万歳、核抑止力? それでも、日本は平和外交に徹すべし。
日米同盟とは その本質日本国憲法改正。天皇制の廃止は必然。国民の人権が蹂躙される根源は昭和天皇戦争犯罪に対する戦争犯罪特別訴追条項を刑法に規定することについて
The matter of the Acts of Security for Aggressive Pacifism 2015 (English)熊本地震 大規模災害の救助支援 救助体制について日本の積極的平和主義
川内原発再稼動問題 再稼動の要件 福島原発事故の教訓より原発は18年以内に廃止する前提第47回衆議院議員選挙 総選挙 安倍総理と自民党の計略、愚かな日本国民日本の存立の危機。集団的自衛権行使容認の閣議決定、安全法制整備法案憲法違反。
日米同盟とは その本質日本国憲法改正。天皇制の廃止は必然。国民の人権が蹂躙される根源は昭和天皇戦争犯罪に対する戦争犯罪特別訴追条項を刑法に規定することについて
川内原発再稼動問題 再稼動の要件 福島原発事故の教訓より原発は18年以内に廃止する前提第47回衆議院議員選挙 総選挙 安倍総理と自民党の計略、愚かな日本国民日本の存立の危機。集団的自衛権行使容認の閣議決定、安全法制整備法案憲法違反。
日本の集団的自衛権の行使、2013年現行憲法が有効下、認められない。もし、政府が集団的自衛権を行使した戦闘行為に参戦した場合、日本国民は政府の独裁化及び日本軍隊の暴動と見做して臨む。昭和天皇とマッカーサーと日米安全保障条約政府の犯罪 自民党国会議員 訴追逃れに幇助 集団的自衛権の行使容認へ発展
北朝鮮:海外からの人道支援の恩恵で軍事費増、
日本:追加の東日本災害復興特別税支援の恩恵で防衛費増、日本の官僚もモラルの欠如
参議院議員選挙2013 日本再生 第3第4の矢 第5の矢 第6の矢靖国神社に閣僚が参拝。2013年8月15日。新藤大臣、古屋大臣、稲田大臣は政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任は糾弾されねばならない。
靖国神社に閣僚が参拝。2013年4月21日。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。福島第一原発事故 放出された放射性物質、その循環 放射性物質のホットスポットなど参議院議員選挙2013年 自民党憲法96条問題 日本の真の主権回復 戦後レジームからの脱却 日米安全保障条約の解約
日本が核兵器を非合法化する努力を強める国連会議(2012年10月22日)の共同声明への参加を断る第46回衆議院総選挙 自民勝利。自民党議員 正義はない。イラク戦争 航空自衛隊の殺人幇助、小泉及び安倍元総理ら、防衛大臣ら、関係官僚らの刑法に抵触する犯罪。福島第一原発事故の教訓 原発の新安全基準 多重防御の対策 原発事故の補償 再稼動問題
日本の集団的自衛権の行使:国民は容認しない。国会議員:戦争認識の欠如、原発の廃止と使用済み核燃料の安全確保の認識欠如靖国神社に閣僚が又参拝 2012年10月18日。政府高官として資質を欠く下地大臣、羽田大臣。大臣職を辞して参拝すればよい。原子力規制委員会 原発の過酷事故を想定した放射性物質の拡散予測の試算結果概要を公表 2012年10月24日 しかし、最大放出規模の避難区域ではない
2012年8月15日閣僚の靖国神社参拝 非常識。靖国神社を参拝するなとは言っていない。閣僚を辞して参拝すればよい。オスプレイ配備&飛行訓練問題 原発廃止問題 竹島&尖閣&北方領土問題 東日本大震災被災地復興問題 福島第一原発事故放射能除染問題などへの対応:全く政府の体をなしていない。ホームページ末尾のみ意味不明な漢字が現れる状態、推測されるその原因、及び筆者が行った解消方法
2012年6月時点で政府の大飯原発再稼動決定 福島原発事故の教訓生かされず。日本政府の行為は、日本国民の生命と生活の安全を軽視した弾圧的行為である。政府が責任を持つという発言は既に福島で裏切られている。日本のエネルギー政策:20年以内の全原発廃止の方針を定めよ。移行期間の原発:新安全基準に不適合の原発は稼動できない。原発廃止 選挙 オスプレイ配備反対 日米安保条約解約
原発再稼動の問題、安全基準の見直し必須 原発事故後の防災対策重点地域 避難範囲30kmの妥当性が問題他武器輸出三原則の緩和政策:国民の政治・政府不信を益々加速させる原発安全対策の改善が不十分。第46回衆議院議員選挙 国民の意思表示:脱原発、原発廃止
経済産業省 見直し後の原発安全設計審査指針を示さないまま原発再稼動を要請 行政が暴走している原発再稼動要請問題 首相、経済産業省大臣などとの意見の食い違い 現在の原発行政組織では必然的に生じる問題食品の放射能汚染 放射性セシウム検査 一過性ではなく、今後も長期間実施しなければならない原発事故の宿命と国の責務
茶葉の放射性セシウム検出値 生茶、荒茶の評価方法による問題東日本大震災の復興計画策定 復興計画策定に係わる概念の列挙 (原発放射能関連は未記述)国会の改革 国会法の改正 公職選挙法改正 日本国憲法の改正 政治資金規正法改正 国民電子投票法(国民から見た検討中の案)
前原外相辞任問題。政治資金規正法見直し。あらゆる政治献金・政治資金パーティの禁止の法制化東日本大震災 津波 福島第一原発事故 避難施設 避難指示 原子力発電所の安全基準の見直し 復興予算捻出例国民が求める東日本大震災からの復興のための財源捻出案 10年計画私的試案
尖閣諸島沖の中国漁船と巡視船の衝突 日本の事情聴取に対し中国政府の仕返し応報措置 中国政府の信用できない姿を露呈刑事事件取調べ時の可視化 冤罪の回避に繋がる 現行犯以外の犯罪の起訴・有罪で裁けなくなる可能性大小沢一郎議員の政治資金疑惑問題 国会議員すべて同じ穴の狢(むじな) 政党あるいは政治資金管理団体等への企業献金をも禁止を訴える
2010年7月の参議院議員選挙 民意を反映してくれる政党、勢力への転換を目指した国民の正義の旋風を起こそう国民 ID 番号、個人認証、議員選挙電子投票システム、国民自身による国政電子議決システム、税制改革 高福祉目標水準への転換火災報知器設置義務化 住人不在の状態で、電池寿命が近づいた場合に発せられる断続的に継続する警報音を懸念する
郵政民営化 僻地におけるユニバーサルサービスの維持の公約 単純な民営化では解決できない事案岡田外務大臣の有事の際の核持ち込み容認発言 日本国民は核兵器持ち込みを絶対に容認しない普天間飛行場移設問題 移設先 沖縄の辺野古キャンプシュワブ沖? 日米合意? ソリューション
核再持ち込み密約 署名入り極秘文章 公表 日米安保条約 付属の合意事項普天間基地の移設 沖縄米軍基地の抑止力を吹聴する日本政府高官核持ち込み introduction:核配備は事前協議 entry:核持ち込み(飛来、寄航、貯蔵)は事前協議対象外容認 密約調査 何も変わらない
北朝鮮 ミサイル発射 日本の核保有論 日米同盟 アメリカの核による抑止 ミサイル防衛北沢防衛大臣 普天間基地の移転問題への言及 国民を愚弄した説明核 密約問題 沖縄返還時点の核再持込み密約の疑惑 現在進行形の機密事案か?
日本の平和 日本国憲法 第九条 日米安全保障条約 日本の未来自衛隊 合憲?違憲?衆議院議員選挙 自民党 今までの外交・安全保障の政策が問題 認識を欠く
自民党総裁 衆議院で連立勢力が3分の2以上の議席を確保できなければ、誰が選ばれても毎年辞任を余儀なくされることになる日本国総理大臣文民統制 シビリアンコントロールは名ばかり 政府と自衛隊内部との意識のずれ定額給付金案について 自民・公明連立政権 大多数の国民の意向を無視
自衛隊の海外派遣の恒久法と日本の選択 裁判員制度、裁判員の数の優位、評決が多数決の原理でも一般の裁判員の評決の一票の重みは裁判官の半分未満日本の調査捕鯨 実際に要する調査費用が不明 委託調査費用より財団の鯨肉販売の副産物収益が過大 商業捕鯨と同等
イラクに派遣されている航空自衛隊が、万が一、重火器の弾薬をアメリカ軍に輸送している場合は、犯罪に当たるのではないか日本の平和のためのシナリオ:日米安全保障条約 締約終了、日米平和条約締約、現在基地を有する県への補助費用は支給続行、国民の生活保障を進める政策、日本の自立を進めるテロ対策特別措置法延長問題、新テロ対策特別措置法の立法化問題について
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 議員 将来 首相で参拝されると困る靖国神社の春季例大祭、安倍首相が内閣総理大臣の肩書きを付して供え物をした 日本国民の代表としての配慮を欠く行為日本国の自衛軍、自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオ
イラクへの自衛隊派遣 言い訳でない総括の必要性 安全保障理事会決議1441(2002)部分訳 及び 日米安全保障条約クラスター爆弾禁止条約 オスロ会議 日本が決議に反対 人道的見地から日本国政府の資質が疑われるイラク特別措置法の重なる延期 自衛隊の海外派兵を恒常化し、憲法を蔑ろにする行為 多国籍軍の諸外国がイラクから兵を撤退させたのに、日本国政府は今なお国民を愚弄し続ける
憲法改正 議員制度 一院制 国会議員による政策の議決は与えないで、国民による政策直接議決方式の採択を目指す不二家の消費期限切れの食品販売事件 社内規則の管理問題、社会的通念を疎かにする問題日銀が金利引き上げの先延ばし決定 予想どおり
美しい国日本 防衛庁から防衛省へ 郵政法案反対議員の自民党復党問題日本の社会福祉関連予算の削減、消費税率アップ問題 馬鹿げた浪費をしている防衛費の削減で解決防衛省発足 戦後レジームからの脱却 自衛隊の国際平和協力活動の本来任務化 現存憲法の内容と合わない論理構成 国民不在の民主主義
憲法改正問題 新憲法草案 ソリューションに向けて 国民が改正してもらいたい条文内容北朝鮮ミサイル発射問題 核実験問題 日本のミサイル防衛システム関連等軍事予算の大幅増に貢献か アメリカの企業の金儲けに貢献か教育基本法の改正 愛国心 国旗掲揚・国歌斉唱 学校と家庭との教育のせめぎ合い 子供は迷うばかり
首相の靖国神社参拝:国会議員選挙のときに公約して選挙に臨んで落選してください右回り、どちらのルート? 今や一国の愛国心に固執する時代ではない。国の枠を超えた全地球的な広くて深い思慮が必要な時代である。
民意とは 本当のアジアはどこ? アジアでは人の命は軽視される
ドンキホーテの名字は 二人の愛は終わってしまうのか? 巨乳系の女の娘はもう母親です
世の中なるようになる 高速道路で車のスピードを出させないようにするには ヒット・アンド・ランで捕まった?
男の顔は履歴書 ダメージ・ヘア用のシャンプーは必要? あなたはどこのスター?
社長さんと呼ばれると真面目になってしまう 環境への配慮は何事も耐えること! 近い将来民間のテレビ局は生き残れない!
人間もっと長生きしないといけない 美味いごちそうが食える金が無い時は料理の本を買え 人間は創造する喜びを持っている
人間の三欲 発想の転換 ツバメを助けて
イチロウ違い イケMEN? お宅はどこの王族ですか?
マニフェストは積荷目録? 買ってきた本はどこへ行ったのか 充電装置付き携帯電話
遺産分割で嘘を書いてはいけません! 小泉首相、”Killer”を企てる キャスティングボード?
小泉総理の派閥解体?(懐胎?) ロンドンのホワイト バッキンガム宮殿は混んでいる?
鳥インフルエンザより怖いもの 電話番号を番号案内で調べて申し込むと損をする 競争入札ですが、資格は、以前受注した実績のある業者のみです
「行てもーたろうか!」に対して「帰ったらエーやん」? 観光業者はあまり信用しない 訳ありの品
脳波の電気信号が解明されたら 東海道新幹線の列車名:希望? しまった!ホームページのカウンターの数を1つ増やしてしまった
企業CMをTVで流す意味が無くなる? ドンマイ!ドンマイ! 広告入り税金請求書はゴミ箱に捨ててしまう可能性あり
英語の授業はすべて英語でやれば直ぐ上達する 年俸数十億円も稼ぐプレーヤーに儲けさせなくても!皆人生ゲームのプレーヤー! アメリカで炭酸が入っていない飲料を頼むには
缶詰の消費期限は? 精子と卵子の販売 野天風呂愛好家の私は変態か?
O脚の人にはカービングスキーがお助け 腹いっぱいのマツタケご飯 待ちぼうけ
欲を掻いては 欲を欠いては ヨーロッパにも台風は存在する The World Baseball Classic 野球の古典?

見出しのメニュへコラム 危ない 忍び寄る危機1 ,  危機2  ,  危機3 国民から見た日本国憲法改正新草案自衛隊各国の国防費

The history of territorial transition on the Kuril islands国庫歳入歳出 一般会計&特別会計 平成22年度 公債 付加価値税 財政再建The Islands of Japan (2012)

日米地位協定第2条に基づく 在日米軍施設、区域(平成22年1月1日時点 日本全国)2011年3月東日本大震災 大津波 ID 番号活用 災害復興避難計画 原発の安全見直し
著作権  地球&我ら地球人