日本 国連会議 核兵器非合法化 参加せず。
安全保障について取り扱う国連総会の第一委員会(2012年10月22日開催)で行われたスイスなど34カ国が、”核兵器を非合法化する努力を強めなければならないとする共同声明”に参加することを日本に求めていたにも拘らず、日本は参加しないことを正式表明した。この記事が、いくつかの報道メディアを通じて小さく報道された。

日本は、広島、長崎の原爆被爆の惨状を経験した国として、戦後からその非人道的な核兵器について、いかなる場合においても世界の国が核兵器を使用しないことを訴え、核兵器の廃絶を訴え続けてきた。 そして、世界の国からも多くの共感を得てきた。 
世界の国は核不拡散条約(NPT)を作成し、核兵器について、核戦争が全人類に惨害をもたらすものであるとして、核戦争の危険を回避するためにあらゆる努力を払い、人民の安全を保障するための措置をとることの必要性を掲げ、 核兵器国、非核兵器国のそれぞれの役割を定め、その行動を約束したのである。しかし、核兵器国は誠実に核軍縮の成果をあげられない状況が続いている。

このような中で、そのことを憂いながら、日本政府、日本国民は、世界に向けて惨害をもたらす核兵器の廃絶を精力的に訴えてきた。いや、その様に思わされてきたのです。

今回の外務省の行動は、アメリカを配慮した行動である前に、日本が広島、長崎での平和記念式典で核廃絶を訴える声明についての日本国民全体の気高い志を汚すことになることを考えるべきであり、 広島、長崎での平和記念式典で核廃絶を訴える日本政府の声明は、真剣さを有しない、単なる国民への見せかけの行事でしかないことが明白になった瞬間です。この一つの行動は、 日本が毎年国連総会で演説する核廃絶の訴えの意味を失わせるものになるのです。意味を持たないパーフォーマンに過ぎなくなった瞬間です。そして、これは、国民への裏切り行為である。一般の日本国民は、 自民党に代表されるアメリカ従属の国会議員と異なり、日本国民の正当な人権を確保した日本国の主権を重んじる存在です。ですから、政府は、そのような国会議員に関係なく、日本国民に対して、政府は謝罪する必要がある。

外務省は、”核兵器廃絶を目指す日本の立場と矛盾しない”と説明しているようだが、立場はどこの国にもあるが、行動を実行するかどうかが問われるのです。 核兵器廃絶に向けての実効性ある取組みを否定しなければならなくなる原因が日米安保条約であるなら、 日米安保条約を解約すべきである。なぜなら、核兵器を非合法化しなければ、現状では核兵器を廃絶することが、ほぼ達成できないことが確実視されるから。

原爆の悲惨さを経験した唯一の被爆国として、世界に向けて核兵器廃絶の訴えを発信し続けてきたのは、いったい何であったのかが問われる。世界の国は日本に肩透かしをされた格好だ。日本国民は恥じないといけない。




■ 核廃絶に向けて、国連会議(2012年10月22日開催)での核兵器を非合法化する努力を強めなければならないとする共同声明への参加を日本が断った


 詳細な情報があまり報道されていないが、伝えられた内容について筆者なりに整理すると次のように理解できる。

 安全保障について取り扱う国連総会の第一委員会の演説で、スイスなどを中心とする34カ国が、”核兵器を非合法化する努力を強めなければならないとする共同声明”を行うので日本に参加を打診したが、 日本は参加を拒否したもので、報道機関のインタビューに対して、外務副大臣は、アメリカの核抑止力に頼る国の防衛政策上の観点から、 非合法化への努力の声明への参加は拒否したが、核兵器廃絶を目指す日本の立場と矛盾しないと説明したことが伝えられたもの。


 共同声明の概要については後述するが、今回の共同声明の演説は、あくまで演説であり、拘束力を生じさせる議決ではないが、この外務省、日本政府としての対応は、 日米安保条約があるからという説明を言い訳にして済ませられる事象ではない。 日本が、被爆国として、核兵器のもつ人類の生存や周辺環境に及ぼす惨害を知らせ、非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴え、 特に、核不拡散条約で取り決めた核兵器国が誠実に核軍縮に向けて協議を行い核兵器の廃絶を進めることを訴えてきたことを、この外務省の核兵器廃絶に関して共同提案への参加を拒否する行為は、 世界の国から疑問視されるような行為であることを、日本政府は理解できていないようだ。 これは、世界の国に対する肩透かしであり、日本国民に対する背信行為に値することを認識すべきです。


 筆者の杞憂であるが、日本が核兵器の非合法化に賛同しないのは、日本の中の特別な勢力が、将来、国連の常任理事国の国の枠を増やすことや日本が国連の常任理事国に昇格できるように国連での立ち位置 を模索しているようであり、もし常任理事国の役割を得た場合には核兵器保有が可能になるように目論み、国の存在感を高める思惑があるかも。その準備を進めているかもしれないと。

 

 核兵器保有国が核兵器を廃絶しない現状を改善するために、平和的に、効果的に、即効性のある対処方法は、核兵器の非合法化及び違反に対しての世界的な制裁を科する方法であり、唯一の実効性のある方法です。  平和的でなければ、実力行使が残っていますが、本末転倒の結果になる。 しかし、核保有国同士に強迫観念の疑心暗鬼を生じさせる刺激を与えれば、少しは懲りて核軍縮について真摯に協議を開始するかもしれない。

 東西の冷戦構造が終焉し、21世紀になっても尚、核兵器が特権的に核保有国に与えられた状態であり、核兵器国や非核兵器国の核保有国が核兵器廃絶にむけた軍縮を行わず、核兵器の軍事力を背景にした国家の威信で、 国際関係を牛耳ろうとする政策を続けている。 世界の多くの国では、財政難に陥り、経済活動は低迷を続け失業者が増大している状態である。 また、気候変動による食物や水の不足が懸念され、人々は国境を越えて活動してウイルスも国境を超え病気が広がる懸念がある。  世界の飢餓人口は10億人とも言われている現実がありながら、世界の国は、愚かにも、莫大な軍事費を投じて軍備増強の競争を行っている。
 地球に生命が誕生して進化し、生物が生き延びるために環境に適応しながら弱肉強食の競争を繰り返してきた。 この競争の性質を生み出す遺伝子から発せられる単なる生物は、運命的に競争を余儀なくされるかもしれないが、 核兵器に莫大な金を費やす愚かさを、地球人は学習しなければならない。


 詳細についてあまり詳しく伝えられていないが、2012年10月22日に開催された国連総会第一委員会の会議で該当すると思われる内容を調べてみた。
 日本はいつも世界の国に 核廃絶を訴えているのに、世界の他の国から核廃絶について賛同を求められると拒否する。  日本という国は、いったいどのような国なのか、不思議で仕方がない。


 筆者は、これを聴いて、日本国のすることに、情けないやら、恥ずかしいやら、政府が広島や長崎で訴えている核廃絶の発言の意味を理解できていない馬鹿さ加減に怒りを覚える。  低級なお笑い番組では笑えない筆者であるが、この問題から推察される結論は、外務省がアメリカの核の抑止力がある間は日本は核兵器を非合法化する訴えに同意できないということであり、一方、アメリカは、 核兵器の脅威がある間は自国の核兵器を廃絶しない方針であり、いつまでいっても核兵器がなくならない。  そして、日本国が核兵器の廃絶を本当に訴え、非合法化に賛成するときには、もう核兵器は廃絶済になっている時であるという結論が導かれ、情けない馬鹿さ加減に笑わされてしまった・・・




 国連での共同声明の内容は次のようなものである。 但し、発言者がスイス人であり、原文は、日本人の感覚と異なる外国人特有の英語表現であり、且つ、個人的な独特の言い回しの分かりづらい部分があるため、ある程度は原文に沿ってはいるが、全文ではなく一部端折り、訳語を変えるなどして、筆者なりに理解した内容を記述した。 日本語訳の点で適当でない可能性も存在する。


67th session of the United Nations General Assembly First Committee
”Joint Statement on the humanitarian dimension of nuclear disarmament”
 New York, 22 October 2012


 軍縮についての会議。

 34ヵ国の共同声明をスイス(Ambassador Benno Laggner of Switzerland)が代表して演説した。 その34ヵ国は、アルジェリア、アルゼンチン、オーストリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、デンマーク、エクアドル、エジプト、アイスランド、インドネシア、アイルランド、カザフスタン、リヒテンシュタイン、マレーシア、マルタ、マーシャル諸島、メキシコ、ニュージーランド、ナイジェリア、ノルウェー、ペルー、フィリピン、サモア、シエラレオネ、南アフリカ、スワジランド、タイ、ウルグアイ、ザンビア、スイス。 教皇庁はオブザーバー。


 (声明の筆者の概略訳):

 声明国は大量殺戮兵器である非人道的核兵器の使用について懸念している。 核不拡散条約の2010年のレビュー会議で、核兵器の使用による惨害を懸念し、すべての国は国際人道法を含めたあらゆる国際法を常に 順守する必要性を再確認した。
 2010年以降も、国連総会やその他のフォーラムでこの問題が輝かしい成果を得てきたことに勇気づけられる思いです。

  核兵器の人道面での懸念については、広島や長崎で核兵器の恐ろしい惨害が露わになったとき、国際赤十字委員会(ICRC)は核兵器の「根絶」の必要性を訴える立場をとりました。
 1946年の国連総会の最初の総会で採択された多国間の文章に、核兵器使用の恐怖が反映された。
 NPTの序文には、核兵器が使用された場合にすべての人間に惨害をもたらすものであること、核戦争を回避するあらゆる努力が必要なこと、人々の安全を確保するための措置を講ずることが言及されている。
 1978年総会の第一回特別会議では、核兵器は人類と文明の存続に最悪の脅威をもたらすものであるとして軍縮に重点を置いて取り組んだ。
 これらの決議の数十年後になっても、このような核兵器への懸念は相変わらず存在し、核兵器が存在する限り、将来も、同様に続くのである。

 国際赤十字委員会がすでに結論を出したように、もし核兵器が使われた場合には、故意であろうが事故であろうが、人道的に最悪の惨害が発生するが、国際的な救助組織は役割を果たすことが叶わないであろう。
 核兵器は瞬時に死に至らしめる。 もし生き残ったとしても、計り知れない罹災の苦しみに耐えなければならないのです。 一発の核兵器によって放出される放射能が、広範囲に、住民、農業、自然資源に影響を及ぼし、 何代もの世代に脅威を与えるということを研究調査は提示している。 更に調査は、“limited nuclear exchange”(限定核戦争=限定的な核兵器使用への交換)”限定的な核兵器使用”は、表現上の矛盾・誤魔化しであるが、この場合でも、 長期間深刻に周辺環境および食料生産へ影響を及ぼし、地球的規模の飢餓を引き起こし、影響は10億人以上もの人間に及ぶであろうと提示している。

 核兵器は人類の生存に対する脅威をもたらす破壊的な能力があり、存在し続ける限り、人類に対する脅威は残ります。 核兵器を保有している数ヵ国が、核兵器保有による国家の政治的価値や国家が特別な有名な存在になるということが、核兵器の拡散や国際義務の不服従を助長する要因となっている。
 冷戦は終わったが、21世紀になっても国際安全保障環境上の核による滅亡の脅威が存在していることが非常に懸念される。
 従来の安全保障の課題に対しての、大量破壊のこれらの道具の有効性については、多くの国や民間の専門家からも疑問が投げかけられている。
 更に、核兵器は、貧困や健康や気候変動やテロリズムや国境を越える犯罪のような現在の課題への対処においては役立たない。 社会福祉や健康や教育への財源を減少させざるを得ない時代において、核兵器の軍事装備の保持、近代化、拡大に莫大な財源を費やすることは、国連憲章の目的と理念に基づく我々の果たすべき集団的責任に不合しないことになる。
 よって、選択すべきは明白である。

 核兵器が有する空間的、時間的な独特の破壊的能力と制御できない悪影響によってもたらされる著しい人道的な懸念は、また、重要な法的問題をも提起する。
 国際人道法のすべての規則は、核兵器に適用します。 とりわけ、区別原則、均衡原則、予防原則、それらと同様に、不必要な怪我または不必要な苦しみを引き起こすことの禁止、及び、環境を広範囲に、深刻に、 長期間にわたって損ねることの禁止の規則について。
 昨年11月に、国際赤十字と赤新月活動の委員の代表は、核兵器使用によって生じる計り知れない人間の苦しみを強く訴えるだけでなく、核兵器の使用が国際人道法の原則に照らして何ら不合しないことを強く訴える決議を行った。

 どんな状況でも、核兵器が決して再び使われないことが最重要であり、核兵器の使用を二度と起こさせないことを保証する唯一の方法は、効果的な国際的な統制のもと、NPTの第6条(締約国による核軍縮交渉義務)の完全な履行を通じて、 核兵器を完全に、復元不可能で、且つ、証明できる排除を行うことである。 すべての国は、核兵器を非合法化して、核兵器がない世界を成し遂げる努力を強めなければなりません。
 核兵器の使用によって引き起こされる人道的に見て壊滅的な惨害は、国際社会全体に関わるので、国連総会は総括的にこの問題に対処する特別に重要な役割を担っています。




 以上が、国連での演説の概ねの内容と思うが、核兵器の非合法化は、日本国の安全保障政策として差し障るという理由であるが、核兵器が完全に撤廃されて核兵器の無い世界を希求するなら、核兵器の非合法化を行い世界のすべての核兵器を無力化するしかないのです。


 広島や長崎での平和祈念式典では、日本は核兵器廃絶に向けての決意と世界の国にも核兵器のもたらす惨害への理解と廃絶に向けての協力を求める宣言を行っている。 その平和祈念式典の平和宣言の中で、それぞれの市長は核兵器廃絶の実現に全力を尽くす誓いを行い、総理は志を同じくする国々とも連携しながら核軍縮・不拡散分野での国際的な議論を主導し、行動への情熱を世界に広めて行くとする趣旨を表明している。 よって、核兵器廃絶については、日本国民は、政府が主導的に行動するであろうと思い描いている。 しかし、今回の外務省の共同声明への参加を断る対応を見ると、どう考えても、政府は核廃絶に向けて単なる見せかけの演説を行っていたのであり、世界に対して主導的に行動を行うことを国民に示した誠意や情熱などないことを暴露したものであると、筆者は理解する。


  日本の政府閣僚・官僚は、安全保障に関して、また、原子力政策・原発政策に関して、論理矛盾をきたしている。 はっきり言って、精神分裂的症状をきたしている。 精神分裂ではなく、原発政策も該当するが、二枚舌による説明だ。 いや、二枚舌ではなく、次から次へ何枚でも出してくる。 日本国民もちゃらんぽらんな状態であるから、現状が成り立っているようだ。 しかし、筆者は、はっきり言って将来の日本に夢は持てない。

 政府の今回の対応は些細なこととみられているかもしれないが、尖閣諸島や竹島の問題以上に、全く筋が通らない、理解不可能な対応である。
 国民への裏切りである。 どう見ても外務省、日本政府は腐っている。 いや、外務省だけでなく、防衛相、経済産業省、・・・全て腐っている。 今や、民主党政府はかっての自民党政府と変わらなくなって、自民党と民主党の争いというのも奇妙な感じがする。 そして、皆、官僚の手の中にある。 そのような存在だ。


 一方で、自民党は、原発推進、日本の米軍基地推進、将来核兵器開発の余地を残存させる思惑の疑念、国土開発の土木建築事業の推進及び関連企業からの大型献金への期待、企業減税推進、愛国教育の推進(統制教育への幕開け)、憲法改正による自衛軍を規定・集団的自衛権行使が合憲となる条件を整えてアメリカが行う戦争への日本国軍が戦争に参加する協力の推進、・・・などが政策項目の中心に置かれているのであるから、自民党政府が返り咲くと、将来への気高い日本の希望は消え失せることが間違いないだろう。


 広島や長崎の被爆者や被爆者を応援する組織、一般の日本国民の核兵器廃絶に向けた真剣な取り組みが、その人道的な重みを帯びた輝ける運動が、この腐った政府の行いで、その重みを失わせてしまって、悲惨な惨害をもたらす核兵器を廃絶する組織的な運動を、国の政策と相容れない、少数民衆による表面的な軽い抗議活動程度まで尊厳を貶めたのです。

 日本政府の高官は恥じなければなりません。


 日本国民に、核兵器廃絶への努力か、或いは日米安保があるから核兵器廃絶への努力に賛同しないかのいづれを選択するかと問えば、日米安保を破棄してでも核兵器廃絶への努力を訴えるであろうと筆者は期待する。 核兵器の非合法化などを決定できれば、確実に核のない世界に向かって前進することになる。 そして、核兵器がなくなれば、日米安全保障条約の意味がなくなると言っても言い過ぎでない。 そうすれば日本から米軍基地が撤廃される。  しかし、日本及びアメリカの中の勢力で、日本に対して、日本国内のアメリカ軍基地や日本政府をアメリカ政府の政治的支配下においておきたい勢力にとっては、核兵器の存続が非常に有効であるので猛反対する。 これが、核兵器を巡る核兵器の優越性なのだ。


 悪の根源は、本当に米軍が日本を牛耳っているところにあるのか? もし、そうであれば、即刻、日米安保を解約する通告を行い、日本の米軍基地の撤去を求めなければなりません。 そうしなければ、日本は永遠のアメリカの奴隷です。 まるで、北朝鮮のように独裁的に事が運ぶ日本であり、国会議員は皆頼りにならなくて、国民が革命を起こさないと改革できないところまで腐敗しきってしまったのか。
 アメリカ独立戦争、フランス革命、ベトナム戦争、イラク戦争、中国共産党の文化大革命、アルカイダの闘争、アラブの春のシリアなど、闘争内容についての歴史的意味は異なるところであるが、どのような実力行使であっても成功すれば、 勝者側から見て正当化できる。 ただし、敗者になれば単なる犯罪者なのです。 
 残念なことに、この問題を解決するために、 スーパーマンやウルトラマンや仮面ライダーやゴレンジャーやX・メンや科学忍者隊ガッチャマンや美少女戦士セーラームーンなどのヒーロー&ヒロインは手助けしてくれません。

 日本国民が黙っていれば、政府に好き勝手にされる。 少し考え、進むべき道を選択しましょう。

 核兵器廃絶に向けて、核兵器の非合法化及び日米安保条約の解約が問題の解決への近道であると筆者は強く思う。 






 (話題は変わるが、日本が米軍の圧力を受けて日米同盟強化を進め、変容する日本政府の体質をあちこちで表面化させてきたが、その日本がアメリカの要請にこたえるために大きく舵を切った時点となるその事例が湾岸戦争であろう。)


 湾岸戦争とは次に概説するイラクのクウェート侵攻に対してアメリカ軍を中心とした多国籍軍がイラクを攻撃してクウェートを解放した戦争を指す(1990年8月〜1991年2月停戦、4月国連で停戦決議採択)。

 かって、中東の石油について、OPECの原油生産調整の取り決め、クウェートの原油生産量増の実行、原油価格の変動、イラクの負債問題、イラクとクウェートとの間の油田に関する権利を巡り互いに外交状態が悪化、イラクの原油からの収益減収など、中東国の原油政策とイラクの国状の問題が絡み、イラク(フセイン大統領)がこれを打破するためにがクウェートと資源を取り込むことを目論み、クウェートに軍部隊を侵攻させ占領した(1990年8月2日)。 このイラクの侵攻に対して、国連は、イラクにクウェートから部隊を撤退させ解放するように求めていたが、イラクが撤退に応じないことから、国連安保理決議を行い多国籍軍を編成してイラク軍に攻撃を開始した(1991年1月17日)。  戦況は多国籍軍の圧倒的優位な攻撃に終始し、イラクが敗戦を認め停戦に至った。

 この戦争では、アメリカは有志連合の国への支援を要請し、日本は国内法から制約されるため、戦争経費の財政支援に回ることになるが、アメリカからは数回の追加支援を求められ、総額135億ドルにもなる巨額の財政支援を行った。 戦争終結後、クウェートは、イラクから解放された感謝をアメリカのワシントンポスト紙にアメリカ他の各国の戦争支援国の名前を挙げた全面広告を載せた。 しかし、そこに日本の名がなかったことで日本で話題になり、金だけでなく、人的な貢献、つまり軍隊に類するものの派遣についての論議が湧き上がったことは記憶に残っていることでしょう。
 しかし、これは、単にクウェートの政府あるいは高官が、もともと日本に対して好感をもっていなかったようであり、どうこういう筋合いのものではないと思える。 日本は別に感謝されるために行ったのではなく、アメリカ主導の割り振りを従属関係の日本がアメリカの圧力をそのまま呑んだだけである。 アメリカや世界の国が日本に戦争への貢献を求めたが、日本がこれを断って世界の国からよけいな批判を浴びせられることがおかしいのです。 すなわち、日本という国の憲法と戦争に対する国の姿勢について、世界の国が理解できていないのです。 日本の政府や外務省が世界の国に対して日本の国状について説明不足であり、世界の国に理解してもらう努力を怠っていることから生じている事態なのです。

 その後は、日本は各国に説明して日本を理解してもらう努力を怠り、逆に、日本の現憲法や法律に抵触することを回避する、ぎりぎりの特別法を成立させ自衛隊を海外に派遣させている。 今の日本内にあっては、このようにして日本国民の意識を麻痺させ、アメリカの意を受けて日本国憲法を改正して自衛隊をアメリカ軍とともに海外で展開させることができる様に画策している動きが見え見えだ。

 

 ところで、日本の外務省は、核兵器廃絶に向けて日本の国益で行動するのではなく、明らかにアメリカの国益のために行動するのだ。 今回2012年10月22日の核兵器廃絶に関する共同提案への拒否についてもその流れであることは明白である。 筆者にはどう考えても納得できない。




 日本国民の人権を守るため、日本の真の独立を勝ち取り、アメリカの奴隷からの開放を目指すため、日米安保条約解約。
 日本は、日本国民が無視され続けている不平等の日米安保条約を解約しなければならない。 日本国民が戦わねば、日本の夜明けは訪れない。

項       目

安倍政権の憲法改正の真の目的。9条改正ではない。自動運転車の日本での普及は当面、困難。車には埋込みカメラの装着による映像確認及び自動ブレーキの運転支援の活用で安全性の向上が期待される。
靖国神社に高市総務大臣、丸川五輪大臣、山本農林大臣、萩生田官房副長官閣僚が参拝。2016年8月。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。天皇制廃止への加速。核兵器の法的禁止条約締結交渉を始めるように国連総会に勧告する核軍縮ジュネーブ部会決議に日本政府拒否表明(2016年8月)昭和天皇万歳、民主主義国家ドイツのヒトラー万歳、安倍総理万歳、ナチ党万歳、自民党万歳、習近平万歳、金正恩万歳、核抑止力? それでも、日本は平和外交に徹すべし。
日米同盟とは その本質日本国憲法改正。天皇制の廃止は必然。国民の人権が蹂躙される根源は昭和天皇戦争犯罪に対する戦争犯罪特別訴追条項を刑法に規定することについて
The matter of the Acts of Security for Aggressive Pacifism 2015 (English)熊本地震 大規模災害の救助支援 救助体制について日本の積極的平和主義
川内原発再稼動問題 再稼動の要件 福島原発事故の教訓より原発は18年以内に廃止する前提第47回衆議院議員選挙 総選挙 安倍総理と自民党の計略、愚かな日本国民日本の存立の危機。集団的自衛権行使容認の閣議決定、安全法制整備法案憲法違反。
日本の集団的自衛権の行使、2013年現行憲法が有効下、認められない。もし、政府が集団的自衛権を行使した戦闘行為に参戦した場合、日本国民は政府の独裁化及び日本軍隊の暴動と見做して臨む。昭和天皇とマッカーサーと日米安全保障条約政府の犯罪 自民党国会議員 訴追逃れに幇助 集団的自衛権の行使容認へ発展
北朝鮮:海外からの人道支援の恩恵で軍事費増、
日本:追加の東日本災害復興特別税支援の恩恵で防衛費増、日本の官僚もモラルの欠如
参議院議員選挙2013 日本再生 第3第4の矢 第5の矢 第6の矢靖国神社に閣僚が参拝。2013年8月15日。新藤大臣、古屋大臣、稲田大臣は政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任は糾弾されねばならない。
靖国神社に閣僚が参拝。2013年4月21日。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。福島第一原発事故 放出された放射性物質、その循環 放射性物質のホットスポットなど参議院議員選挙2013年 自民党憲法96条問題 日本の真の主権回復 戦後レジームからの脱却 日米安全保障条約の解約
日本が核兵器を非合法化する努力を強める国連会議(2012年10月22日)の共同声明への参加を断る第46回衆議院総選挙 自民勝利。自民党議員 正義はない。イラク戦争 航空自衛隊の殺人幇助、小泉及び安倍元総理ら、防衛大臣ら、関係官僚らの刑法に抵触する犯罪。福島第一原発事故の教訓 原発の新安全基準 多重防御の対策 原発事故の補償 再稼動問題
日本の集団的自衛権の行使:国民は容認しない。国会議員:戦争認識の欠如、原発の廃止と使用済み核燃料の安全確保の認識欠如靖国神社に閣僚が又参拝 2012年10月18日。政府高官として資質を欠く下地大臣、羽田大臣。大臣職を辞して参拝すればよい。原子力規制委員会 原発の過酷事故を想定した放射性物質の拡散予測の試算結果概要を公表 2012年10月24日 しかし、最大放出規模の避難区域ではない
2012年8月15日閣僚の靖国神社参拝 非常識。靖国神社を参拝するなとは言っていない。閣僚を辞して参拝すればよい。オスプレイ配備&飛行訓練問題 原発廃止問題 竹島&尖閣&北方領土問題 東日本大震災被災地復興問題 福島第一原発事故放射能除染問題などへの対応:全く政府の体をなしていない。ホームページ末尾のみ意味不明な漢字が現れる状態、推測されるその原因、及び筆者が行った解消方法
2012年6月時点で政府の大飯原発再稼動決定 福島原発事故の教訓生かされず。日本政府の行為は、日本国民の生命と生活の安全を軽視した弾圧的行為である。政府が責任を持つという発言は既に福島で裏切られている。日本のエネルギー政策:20年以内の全原発廃止の方針を定めよ。移行期間の原発:新安全基準に不適合の原発は稼動できない。原発廃止 選挙 オスプレイ配備反対 日米安保条約解約
原発再稼動の問題、安全基準の見直し必須 原発事故後の防災対策重点地域 避難範囲30kmの妥当性が問題他武器輸出三原則の緩和政策:国民の政治・政府不信を益々加速させる原発安全対策の改善が不十分。第46回衆議院議員総選挙 国民の意思表示:脱原発、原発廃止
経済産業省 見直し後の原発安全設計審査指針を示さないまま原発再稼動を要請 行政が暴走している原発再稼動要請問題 首相、経済産業省大臣などとの意見の食い違い 現在の原発行政組織では必然的に生じる問題食品の放射能汚染 放射性セシウム検査 一過性ではなく、今後も長期間実施しなければならない原発事故の宿命と国の責務
茶葉の放射性セシウム検出値 生茶、荒茶の評価方法による問題東日本大震災の復興計画策定 復興計画策定に係わる概念の列挙 (原発放射能関連は未記述)国会の改革 国会法の改正 公職選挙法改正 日本国憲法の改正 政治資金規正法改正 国民電子投票法(国民から見た検討中の案)
前原外相辞任問題。政治資金規正法見直し。あらゆる政治献金・政治資金パーティの禁止の法制化東日本大震災 津波 福島第一原発事故 避難施設 避難指示 原子力発電所の安全基準の見直し 復興予算捻出例国民が求める東日本大震災からの復興のための財源捻出案 10年計画私的試案
尖閣諸島沖の中国漁船と巡視船の衝突 日本の事情聴取に対し中国政府の仕返し応報措置 中国政府の信用できない姿を露呈刑事事件取調べ時の可視化 冤罪の回避に繋がる 現行犯以外の犯罪の起訴・有罪で裁けなくなる可能性大小沢一郎議員の政治資金疑惑問題 国会議員すべて同じ穴の狢(むじな) 政党あるいは政治資金管理団体等への企業献金をも禁止を訴える
2010年7月の参議院議員選挙 民意を反映してくれる政党、勢力への転換を目指した国民の正義の旋風を起こそう国民 ID 番号、個人認証、議員選挙電子投票システム、国民自身による国政電子議決システム、税制改革 高福祉目標水準への転換火災報知器設置義務化 住人不在の状態で、電池寿命が近づいた場合に発せられる断続的に継続する警報音を懸念する
郵政民営化 僻地におけるユニバーサルサービスの維持の公約 単純な民営化では解決できない事案岡田外務大臣の有事の際の核持ち込み容認発言 日本国民は核兵器持ち込みを絶対に容認しない普天間飛行場移設問題 移設先 沖縄の辺野古キャンプシュワブ沖? 日米合意? ソリューション
核再持ち込み密約 署名入り極秘文章 公表 日米安保条約 付属の合意事項普天間基地の移設 沖縄米軍基地の抑止力を吹聴する日本政府高官核持ち込み introduction:核配備は事前協議 entry:核持ち込み(飛来、寄航、貯蔵)は事前協議対象外容認 密約調査 何も変わらない
北朝鮮 ミサイル発射 日本の核保有論 日米同盟 アメリカの核による抑止 ミサイル防衛北沢防衛大臣 普天間基地の移転問題への言及 国民を愚弄した説明核 密約問題 沖縄返還時点の核再持込み密約の疑惑 現在進行形の機密事案か?
日本の平和 日本国憲法 第九条 日米安全保障条約 日本の未来自衛隊 合憲?違憲?衆議院議員選挙 自民党 今までの外交・安全保障の政策が問題 認識を欠く
自民党総裁 衆議院で連立勢力が3分の2以上の議席を確保できなければ、誰が選ばれても毎年辞任を余儀なくされることになる日本国総理大臣文民統制 シビリアンコントロールは名ばかり 政府と自衛隊内部との意識のずれ定額給付金案について 自民・公明連立政権 大多数の国民の意向を無視
自衛隊の海外派遣の恒久法と日本の選択 裁判員制度、裁判員の数の優位、評決が多数決の原理でも一般の裁判員の評決の一票の重みは裁判官の半分未満日本の調査捕鯨 実際に要する調査費用が不明 委託調査費用より財団の鯨肉販売の副産物収益が過大 商業捕鯨と同等
イラクに派遣されている航空自衛隊が、万が一、重火器の弾薬をアメリカ軍に輸送している場合は、犯罪に当たるのではないか日本の平和のためのシナリオ:日米安全保障条約 締約終了、日米平和条約締約、現在基地を有する県への補助費用は支給続行、国民の生活保障を進める政策、日本の自立を進めるテロ対策特別措置法延長問題、新テロ対策特別措置法の立法化問題について
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 議員 将来 首相で参拝されると困る靖国神社の春季例大祭、安倍首相が内閣総理大臣の肩書きを付して供え物をした 日本国民の代表としての配慮を欠く行為日本国の自衛軍、自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオ
イラクへの自衛隊派遣 言い訳でない総括の必要性 安全保障理事会決議1441(2002)部分訳 及び 日米安全保障条約クラスター爆弾禁止条約 オスロ会議 日本が決議に反対 人道的見地から日本国政府の資質が疑われるイラク特別措置法の重なる延期 自衛隊の海外派兵を恒常化し、憲法を蔑ろにする行為 多国籍軍の諸外国がイラクから兵を撤退させたのに、日本国政府は今なお国民を愚弄し続ける
憲法改正 議員制度 一院制 国会議員による政策の議決は与えないで、国民による政策直接議決方式の採択を目指す不二家の消費期限切れの食品販売事件 社内規則の管理問題、社会的通念を疎かにする問題日銀が金利引き上げの先延ばし決定 予想どおり
美しい国日本 防衛庁から防衛省へ 郵政法案反対議員の自民党復党問題日本の社会福祉関連予算の削減、消費税率アップ問題 馬鹿げた浪費をしている防衛費の削減で解決防衛省発足 戦後レジームからの脱却 自衛隊の国際平和協力活動の本来任務化 現存憲法の内容と合わない論理構成 国民不在の民主主義
憲法改正問題 新憲法草案 ソリューションに向けて 国民が改正してもらいたい条文内容北朝鮮ミサイル発射問題 核実験問題 日本のミサイル防衛システム関連等軍事予算の大幅増に貢献か アメリカの企業の金儲けに貢献か教育基本法の改正 愛国心 国旗掲揚・国歌斉唱 学校と家庭との教育のせめぎ合い 子供は迷うばかり
首相の靖国神社参拝:国会議員選挙のときに公約して選挙に臨んで落選してください右回り、どちらのルート? 今や一国の愛国心に固執する時代ではない。国の枠を超えた全地球的な広くて深い思慮が必要な時代である。
民意とは 本当のアジアはどこ? アジアでは人の命は軽視される
ドンキホーテの名字は 二人の愛は終わってしまうのか? 巨乳系の女の娘はもう母親です
世の中なるようになる 高速道路で車のスピードを出させないようにするには ヒット・アンド・ランで捕まった?
男の顔は履歴書 ダメージ・ヘア用のシャンプーは必要? あなたはどこのスター?
社長さんと呼ばれると真面目になってしまう 環境への配慮は何事も耐えること! 近い将来民間のテレビ局は生き残れない!
人間もっと長生きしないといけない 美味いごちそうが食える金が無い時は料理の本を買え 人間は創造する喜びを持っている
人間の三欲 発想の転換 ツバメを助けて
イチロウ違い イケMEN? お宅はどこの王族ですか?
マニフェストは積荷目録? 買ってきた本はどこへ行ったのか 充電装置付き携帯電話
遺産分割で嘘を書いてはいけません! 小泉首相、”Killer”を企てる キャスティングボード?
小泉総理の派閥解体?(懐胎?) ロンドンのホワイト バッキンガム宮殿は混んでいる?
鳥インフルエンザより怖いもの 電話番号を番号案内で調べて申し込むと損をする 競争入札ですが、資格は、以前受注した実績のある業者のみです
「行てもーたろうか!」に対して「帰ったらエーやん」? 観光業者はあまり信用しない 訳ありの品
脳波の電気信号が解明されたら 東海道新幹線の列車名:希望? しまった!ホームページのカウンターの数を1つ増やしてしまった
企業CMをTVで流す意味が無くなる? ドンマイ!ドンマイ! 広告入り税金請求書はゴミ箱に捨ててしまう可能性あり
英語の授業はすべて英語でやれば直ぐ上達する 年俸数十億円も稼ぐプレーヤーに儲けさせなくても!皆人生ゲームのプレーヤー! アメリカで炭酸が入っていない飲料を頼むには
缶詰の消費期限は? 精子と卵子の販売 野天風呂愛好家の私は変態か?
O脚の人にはカービングスキーがお助け 腹いっぱいのマツタケご飯 待ちぼうけ
欲を掻いては 欲を欠いては ヨーロッパにも台風は存在する The World Baseball Classic 野球の古典?

見出しのメニュへコラム 危ない 忍び寄る危機1 ,  危機2  ,  危機3 国民から見た日本国憲法改正新草案自衛隊各国の国防費

The history of territorial transition on the Kuril islands国庫歳入歳出 一般会計&特別会計 平成22年度 公債 付加価値税 財政再建The Islands of Japan (2012)

日米地位協定第2条に基づく 在日米軍施設、区域(平成22年1月1日時点 日本全国)2011年3月東日本大震災 大津波 ID 番号活用 災害復興避難計画 原発の安全見直し
著作権  地球&我ら地球人