政治資金規正法(国民から見た改正検討案)

(重要!!) Yahoo! Geocitiesのホームページ提供サービスが2019年3月に終了となるので、ホームページ「地球&我ら地球人」のGeocities の Web 上での掲載は必然的に終了となります。  (2018年10月)


 日本国民は、美しい辺野古の埋立て工事反対!! 独裁的な安部政権の国民への人権蹂躙を許さない!! 駐留米軍は日本から排除されるべき。




■ 政治資金規正法(国民から見た改正検討案)


 東京電力福島第一原発事故が発生するまで、国民は原発は安全ですと国が言う言葉だけを信じさせられていた。 原発は核物質を扱うことや企業秘密及び国家秘密とする範疇であり、ほとんど国民に秘匿された情報であって国民が検証できないので、国民は鵜呑みにするしかなかったが、福島第一原発事故が起こって初めて、その原発の企業内での安全管理が全くお粗末であることや、原発の安全性に関しては行政面の原子炉設置の申請に対する許可指針が不十分な内容の管理の評価であったことを思い知らされたのです。 また、原子炉事故災害が起こった場合に実施すべき緊急の事故対応が適正に行われるようにする企業の準備と訓練が全く出来ておらずに、それをチェックできない状態で行政が企業に原発を稼動させていた実態を国民は思い知らされたのであった。 更に、原発が民間の大手巨大企業の電力会社が所有・管理運営する構造物であり秘匿のシステムであり、事故が起こった場合に消防活動などを行う部署にも構造が秘匿され、災害処理の対応がすぐさま適正に為されずに時間のみ経過する実態が明らかになったこと、電力会社に莫大な利益をもたらす金の卵として多くの株主を抱えること、その株主の政治家への影響力が大きいと推察されること、広範囲に及ぶ原発事故の被害保障として莫大な賠償費用の支払いが発生することになって企業の経営破たんは免れない中で、経営破たんさせずに国民の税金の拠出を拡大させて、その税金で株主たちを護る方策を官僚及び国会議員たちが決定させてしまうことなどから、大企業の東京電力と種々の癒着などについて国民は実感させられた。 それらは、企業から国会議員や政党への献金という関係と行政官庁の原発推進政策を進める部署とその部署が提出する資料を承認する役割を担う国会の政治屋との関係、その行政官庁の部署からの東電への天下りという関係、資金提供のメガバンクと政治への影響というもの、それらの馴れ合いの裏に企業献金による癒着が存在することを国民はまざまざと実感させられたのであった。

 原子力エネルギーの推進にあたっては、国策として官民協同で行ってきたのであるが、国会議員やその所属政党が、如何に企業論理・企業経営に左右されるかということを国民は感じさせられたのであった。 企業の金儲けと政治献金の捻出及びその献金の恩恵を受ける政治屋との関係に於いて、また、行政官庁の思惑に於いて、原子炉の安全性についての審査の規制を緩める力と原発政策を何が何でも進める力が自ずと働くようになることを感じさせられた。


 原発事故後、原子力を規制する組織が見直されたが、献金の恩恵にに染まった議員連中の後押しを受けて、原発の再稼動を急がせる政治力と官僚が仕組んだ方式は、原発の再稼動を許可する実質的な最終責任が規制委員会とも総理とも明確に断定されない、曖昧にする奇妙な方式に拠って、否応なしに実施されてしまう策謀が企てられた。 そして、原発の核燃料と使用済み核燃料、それらの冷却システム及び管理システム、系の全体について故障などの不具合の際における多重の補完システム、原子力関連の核燃料施設の構造体の強度、配電盤や非常用発電機の水没への対応、原子炉系の事故の際に放射性物質を原子炉施設の外部に放出させない構造・装置など、それらが果たして世界最高の安全性能を有した原子力施設であると断言できる程度まで安全度をレベル・アップされたのであろうか、疑わしい。 また、万が一、放射性物質が放出した際に、その影響が及ぶことになる住民などへの安全性の確保として、形式だけではない避難計画が策定されたことが確認されたのであろうか、疑わしい。
 そのような状態でも、日本の政府閣僚・ある種の国会議員連中は、あくまでも企業の利益を中心に据え、原発を反対する多くの国民の意見を聞かず、企業の意向を最優先にした原発の再稼動を進める動きを顕にし、また、使用済み核燃料を税金の無駄遣いをしてまでも再処理計画を進めようとする。 日本は、これらの政治屋によって、誤った進路を選択されてしまうのであった。



 既述に明らかなように、企業の合法的な賄賂の意味を持つ献金という下心の金銭による支援は、国会議員に対してその立場を利用して、国民の利益より企業の利益の方に、より便宜を図るように働くことは必然的に生じることであろう。
 そこで、国民は、企業献金を禁止することが必要であると考える。 また、同様な趣旨により、政治資金パーティーをも禁止する必要があると考える。 これらを考慮して、国民の視点から政治資金規正法についての改正検討案を示したものである。 


 新たな政治資金規正法の考え方の概要は次のとおり。

・議員、政党への直接的な、あらゆる政治献金を禁止する。
・国会議員の政治活動の支援金は、国費で支給し、国費の金額内とする。基本的には党別の総活動支援費からまかなうことを前提とするが、ただし、調査の必要性から追加の支出費用が要求される場合に応じて、議員等が調査の目的とその経費の概算金額とを要求して、それを審査する部署あるいは国民が承認すれば、上限額以内で別途支出される除外条件を設けるものとする。 支出された使用明細の根拠の監査を行うこととする。
・政治献金を認める除外条件は、総務省、あるいは財務省が窓口になって、すべての献金を受付ける場合のみ許可されることとする。ただし、献金総額の限度額を設け、国会議員個人あるいは政党に支給、配分する。また、超過額分については国庫に入れるものとする。


 現時点では、まだ下書きの検討段階の内容であることを申しておく。
 尚、条項の背景が水色の箇所については、何らかの変更がある。 横線でを引いた箇所は削除となる箇所である。





  政治資金規正法(国民から見た改正検討案)

 




第一章 総則 


(目的) 
第一条  この法律は、議会制民主政治の下における政党その他の政治団体の機能の重要性及び公職の候補者
の責務の重要性にかんがみ、政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の
下に行われるようにするため、政治団体の届出、政治団体に係る政治資金の収支の公開並びに政治団体及び公
職の候補者に係る政治資金の授受の規正その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と公正を確保し、
もつて民主政治の健全な発達に寄与することを目的とする。 

(基本理念) 
第二条  この法律は、政治資金が民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることにかん
がみ、その収支の状況を明らかにすることを旨とし、これに対する判断は国民にゆだね、いやしくも政治資金
の拠出に関する国民の自発的意思を抑制することのないように、適切に運用されなければならない。 
2  政治団体は、その責任を自覚し、その政治資金の収受に当たつては、いやしくも国民の疑惑を招くこと
のないように、この法律に基づいて公明正大に行わなければならない。 

(定義等) 
第三条  この法律において「政治団体」とは、次に掲げる団体をいう。 
一  政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、又はこれに反対することを本来の目的とする団体 
二  特定の公職の候補者を推薦し、支持し、又はこれに反対することを本来の目的とする団体 
三  前二号に掲げるもののほか、次に掲げる活動をその主たる活動として組織的かつ継続的に行う団体
イ 政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、又はこれに反対すること。
ロ 特定の公職の候補者を推薦し、支持し、又はこれに反対すること。
2  この法律において「政党」とは、政治団体のうち次の各号のいずれかに該当するものをいう。 
一  当該政治団体に所属する衆議院議員又は参議院議員を五人以上有するもの 
二  直近において行われた衆議院議員の総選挙における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員
の選挙又は直近において行われた参議院議員の通常選挙若しくは当該参議院議員の通常選挙の直近において
行われた参議院議員の通常選挙における比例代表選出議員の選挙若しくは選挙区選出議員の選挙における当該
政治団体の得票総数が当該選挙における有効投票の総数の百分の二以上であるもの 
3  前項各号の規定は、他の政党(第六条第一項(同条第五項において準用する場合を含む。)の規定によ
り政党である旨の届出をしたものに限る。)に所属している衆議院議員又は参議院議員が所属している政治
団体については、適用しない。 
4  この法律において「公職の候補者」とは、公職選挙法 第八十六条 の規定により候補者として届出があっ
た者、同法第八十六条の二 若しくは第八十六条の三 の規定による届出により候補者となつた者又は同法第
八十六条の四 の規定により候補者として届出があった者(当該候補者となろうとする者及び同法第三条 に
規定する公職にある者を含む。)をいう。 
5  第二項第一号に規定する衆議院議員又は参議院議員の数の算定、同項第二号に規定する政治団体の得票
総数の算定その他同項の規定の適用について必要な事項は、政令で定める。 

第四条  この法律において「収入」とは、金銭、物品その他の財産上の利益の収受で、第八条の三各号に掲
げる方法による運用のために供与し、又は交付した金銭等(金銭その他政令で定める財産上の利益をいう。
以下同じ。)の当該運用に係る当該金銭等に相当する金銭等の収受以外のものをいう。 
2  この法律において「党費又は会費」とは、いかなる名称をもつてするを問わず、政治団体の党則、規約
その他これらに相当するものに基づく金銭上の債務の履行として当該政治団体の構成員が負担するものをいう。 
3  この法律において「寄附」とは、金銭、物品その他の財産上の利益の供与又は交付で、党費又は会費そ
の他債務の履行としてされるもの以外のものをいう。 
4  この法律において「政治活動に関する寄附」とは、政治団体に対してされる寄附又は公職の候補者の政
治活動(選挙運動を含む。)に関してされる寄附をいう。 
5  この法律において「支出」とは、金銭、物品その他の財産上の利益の供与又は交付で、第八条の三各号
に掲げる方法による運用のためにする金銭等の供与又は交付以外のものをいう。 

第五条  この法律の規定を適用するについては、次に掲げる団体は、政治団体とみなす。 
一  政治上の主義又は施策を研究する目的を有する団体で、議員が主宰するもの又はその主要な構成員が
議員であるもの 
二  政治資金団体(政党のために資金上の援助をする目的を有する団体で、第六条の二第二項前段の規定に
よる届出がされているものをいう。以下同じ。) 
2  この法律の規定を適用するについては、法人その他の団体が負担する党費又は会費は、寄附とみなす。 
  


第二章 政治団体の届出等 

(政治団体の届出等) 
第六条  政治団体は、その組織の日又は第三条第一項各号若しくは前条第一項各号の団体となつた日(同項
第二号の団体にあっては次条第二項前段の規定による届出がされた日、第十九条の七第一項第二号に係る国
会議員関係政治団体として新たに組織され又は新たに政治団体となつた団体にあっては第十九条の八第一項
の規定による通知を受けた日)から七日以内に、郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律 第二条
第六項 に規定する一般信書便事業者、同条第九項 に規定する特定信書便事業者若しくは同法第三条第四号
 に規定する外国信書便事業者による同法第二条第二項 に規定する信書便によることなく文書で、その旨、
当該政治団体の目的、名称、主たる事務所の所在地及び主としてその活動を行う区域、当該政治団体の代表
者、会計責任者及び会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた場合にその職務を行うべき者それぞれ
一人の氏名、住所、生年月日及び選任年月日、当該政治団体が政党又は政治資金団体であるときはその旨、
当該政治団体が第十九条の七第一項第一号に係る国会議員関係政治団体であるときはその旨及びその代表者
である公職の候補者に係る公職の種類、当該政治団体が同項第二号に係る国会議員関係政治団体であるとき
はその旨、同号の公職の候補者の氏名及び当該公職の候補者に係る公職の種類その他政令で定める事項を、
次の各号の区分に応じ当該各号に掲げる都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に届け出なければならない。 
一  都道府県の区域において主としてその活動を行う政治団体(政党及び政治資金団体を除く。次号におい
て同じ。)主たる事務所の所在地の都道府県の選挙管理委員会 
二  二以上の都道府県の区域にわたり、又は主たる事務所の所在地の都道府県の区域外の地域において、主
としてその活動を行う政治団体 主たる事務所の所在地の都道府県の選挙管理委員会を経て総務大臣 
三  政党及び政治資金団体 主たる事務所の所在地の都道府県の選挙管理委員会を経て総務大臣 
2  政治団体は、前項の規定による届出をする場合には、綱領、党則、規約その他の政令で定める文書(第
七条第一項において「綱領等」という。)を提出しなければならない。 
3  第一項の規定による届出をする場合には、当該届出に係る政治団体の名称は、第七条の二第一項の規定
により公表された政党又は政治資金団体の名称及びこれらに類似する名称以外の名称でなければならない。 
4  第一項の文書の様式は、総務省令で定める。 
5  第一項及び第二項の規定は、政党以外の政治団体が第三条第二項の規定に該当することにより政党とな
った場合について準用する。 

第六条の二  政党は、それぞれ一の団体を当該政党の政治資金団体になるべき団体として指定することがで
きる。 
2  政党は、前項の指定をしたときは、直ちにその旨を総務大臣に届け出なければならない。その指定を取
り消したときも、同様とする。 

第六条の三  政治団体は、その主たる事務所の所在地又は主として活動を行う区域の異動により、第六条第
一項各号の区分に応じ、同項の規定による届出を受けるべき都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に異動が
生じたときは、その異動の日から七日以内に、当該異動が生じたことにより同項の規定による届出を受けるべ
き都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に対し、同項及び同条第二項の規定の例により届け出なければなら
ない。 

第七条  政治団体は、第六条第一項(同条第五項において準用する場合及び前条の規定によりその例による
こととされる場合を含む。次条及び第七条の三において同じ。)の規定により届け出た事項に異動があった
ときは、第六条第五項に規定する場合に該当する場合を除き、その異動の日(第十九条の七第一項第二号に
係る国会議員関係政治団体に該当したとき又は当該国会議員関係政治団体に該当しなくなつたときにあって
は、第十九条の八第一項又は第二項の規定による通知を受けた日)から七日以内に、その異動に係る事項を
第六条第一項の規定の例により届け出なければならない。同条第二項(同条第五項において準用する場合及
び前条の規定によりその例によることとされる場合を含む。)の規定により政治団体が提出した綱領等の内
容に異動があったときも、同様とする。 
2  第六条第三項の規定は、政治団体が前項前段の規定による届出をする場合について準用する。 

(政治団体の名称等の公表) 
第七条の二  第六条第一項の規定による届出があったときは、当該届出を受けた都道府県の選挙管理委員会
又は総務大臣は、その届出に係る政治団体の名称、その代表者及び会計責任者の氏名、当該政治団体の主たる
事務所の所在地並びに当該政治団体が政党又は政治資金団体であるときはその旨、当該政治団体が第十九条の
七第一項第一号に係る国会議員関係政治団体であるときはその旨及びその代表者である公職の候補者に係る
公職の種類並びに当該政治団体が同項第二号に係る国会議員関係政治団体であるときはその旨、同号の公職
の候補者の氏名及び当該公職の候補者に係る公職の種類を、遅滞なく、都道府県の公報又は官報への掲載、
インターネットの利用その他の適切な方法により公表しなければならない。これらの事項につき前条第一項
前段の規定による届出があったときも、同様とする。 
2  都道府県の選挙管理委員会は、前項の規定による公表を都道府県の公報への掲載により行つたときは、
直ちに当該公報の写しを総務大臣に送付しなければならない。 
3  政党が第三条第二項の規定に該当しなくなつたことにより政党でなくなつたとき又は政治資金団体につき
第六条の二第二項後段の規定による届出があったときは、総務大臣は、遅滞なく、その旨を官報への掲載、
インターネットの利用その他の適切な方法により公表しなければならない。 

(届出台帳の調製等) 
第七条の三  第六条第一項の規定による届出を受けた都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣は、その届出
に係る政治団体の台帳を調製し、これを保管しなければならない。 
2  前項の台帳の記載事項その他その調製及び保管に関し必要な事項は、総務省令で定める。 

(届出前の寄附又は支出の禁止) 
第八条  政治団体は、第六条第一項の規定による届出がされた後でなければ、政治活動(選挙運動を含む。)
のために、いかなる名義をもつてするを問わず、寄附を受け、又は支出をすることができない。 

(政治資金パーティーの開催) 
第八条の二  政治資金パーティー(対価を徴収して行われる催物で、当該催物の対価に係る収入の金額から
当該催物に要する経費の金額を差し引いた残額を当該催物を開催した者又はその者以外の者の政治活動(選
挙運動を含む。これらの者が政治団体である場合には、その活動)に関し支出することとされているものを
いう。以下同じ。)は、政治団体によつて開催されるようにしなければならない。 
政治資金パーティは禁止する。

(政治団体及び公職の候補者の政治資金の運用) 
第八条の三  政治団体はその有する金銭等を、公職の候補者はその者が政党から受けた政治活動に関する寄
附その他の政治資金に係る金銭等を、次に掲げる方法以外の方法により運用してはならない。 
一  銀行その他の金融機関への預金又は貯金 
二  国債証券、地方債証券、政府保証債券(その元本の償還及び利息の支払について政府が保証する債券を
いう。)又は銀行、農林中央金庫、株式会社商工組合中央金庫若しくは全国を地区とする信用金庫連合会の
発行する債券(次条第一項第三号ロにおいて「国債証券等」という。)の取得 
三  金融機関の信託業務の兼営等に関する法律 第一条第一項 の認可を受けた金融機関への金銭信託で元本
補てんの契約のあるもの 

(会計帳簿の備付け及び記載) 
第九条  政治団体の会計責任者(会計責任者に事故があり、又は会計責任者が欠けた場合にあっては、その
職務を行うべき者。第十五条を除き、以下同じ。)(会計帳簿の記載に係る部分に限り、会計責任者の職務
を補佐する者を含む。)は、会計帳簿を備え、これに当該政治団体に係る次に掲げる事項を記載しなければ
ならない。 
一  すべての収入及びこれに関する次に掲げる事項
イ 個人が負担する党費又は会費については、その件数、金額及び納入年月日
ロ 寄附(第二十二条の六第二項に規定する寄附を除く。以下ロ及び第十二条第一項第一号ロにおいて同
じ。)については、その寄附をした者の氏名、住所及び職業(寄附をした者が団体である場合には、その
名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名。次条第一項及び第二項並びに第十二条第一項第一号ロに
おいて同じ。)、当該寄附の金額(金銭以外の財産上の利益については、時価に見積もつた金額。以下同
条までにおいて同じ。)及び年月日並びに当該寄附をした者が第二十二条の五第一項本文に規定する者であ
って同項ただし書に規定するものであるときはその旨
ハ 寄附のうち次条第二項の寄附のあつせんをされたものについては、その寄附のあつせんをした者の氏名、
住所及び職業(寄附のあつせんをした者が団体である場合には、その名称、主たる事務所の所在地及び代表
者の氏名。同項及び第十二条第一項第一号ハにおいて同じ。)並びに当該寄附のあつせんに係る寄附の金額、
これを集めた期間及びこれが当該政治団体に提供された年月日
ニ 第二十二条の六第二項に規定する寄附については、同一の日に同一の場所で受けた寄附ごとに、その金
額の合計額並びに当該年月日及び場所
ホ 機関紙誌の発行その他の事業による収入については、その事業の種類並びに当該種類ごとの金額及び収
入年月日
ヘ 機関紙誌の発行その他の事業による収入のうち政治資金パーティーの対価に係る収入については、政治
資金パーティーごとに、その名称、開催年月日、開催場所及び対価に係る収入の金額並びに対価の支払をし
た者の氏名、住所及び職業(対価の支払をした者が団体である場合には、その名称、主たる事務所の所在地
及び代表者の氏名。次条第三項及び第十二条第一項第一号トにおいて同じ。)並びに当該対価の支払に係る
収入の金額及び年月日
ト 政治資金パーティーの対価に係る収入のうち次条第三項の対価の支払のあつせんをされたものについて
は、政治資金パーティーごとに、当該対価の支払のあつせんをした者の氏名、住所及び職業(対価の支払の
あっせんをした者が団体である場合には、その名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名。同項及び第
十二条第一項第一号チにおいて同じ。)並びに当該対価の支払のあつせんに係る収入の金額、これを集めた
期間及びこれが当該政治団体に提供された年月日
政治資金パーティーは禁止する。
チ 借入金については、その借入先、当該借入先ごとの金額及び借入年月日
リ その他の収入については、その基因となつた事実並びにその金額及び年月日 
二  すべての支出(当該政治団体のためにその代表者又は会計責任者と意思を通じてされた支出を含む。
以下この条、第十二条、第十七条、第十九条の十一、第十九条の十三及び第十九条の十六において同じ。)
並びに支出を受けた者の氏名及び住所(支出を受けた者が団体である場合には、その名称及び主たる事務所
の所在地。次条第一項及び第十二条第一項第二号において同じ。)並びにその支出の目的、金額及び年月日 
三  金銭等の運用に関する次に掲げる事項
イ 預金(普通預金及び当座預金を除く。以下この号及び第十二条第一項第三号ホにおいて同じ。)又は貯
金(普通貯金を除く。以下この号及び第十二条第一項第三号ホにおいて同じ。)については、これを預け入
れたときは当該預金又は貯金の種類、預け入れた金融機関の名称及び所在地並びに預入れの金額及び年月日、
これの払戻しを受けたときは当該預金又は貯金の種類、払戻しを受けた金融機関の名称及び所在地並びに払
戻しの金額及び年月日
ロ 国債証券等については、これを取得したときは当該国債証券等の種類及び銘柄、取得先の氏名又は名称
及び住所又は所在地並びに取得の価額及び年月日、これを譲渡し、又はこれの償還を受けたときは当該国債
証券等の種類及び銘柄、譲渡先の氏名又は名称及び住所又は所在地並びに譲渡の価額及び年月日又は償還を
受けた価額及び年月日
ハ 金銭信託については、これを信託したときは当該金銭信託の受託者の名称及び所在地、信託した金銭の
額並びに信託の設定年月日及び期間、当該金銭信託が終了したときは受託者の名称及び所在地、委託者に帰
属した金銭の額並びに信託の終了年月日
2  前項の会計帳簿の種類、様式及び記載要領は、総務省令で定める。 

(会計責任者に対する明細書の提出) 
第十条  政治団体の代表者若しくは会計責任者と意思を通じて当該政治団体のために寄附を受け、又は支
出をした者は、寄附を受け又は支出をした日から七日以内に、寄附をした者の氏名、住所及び職業並びに当
該寄附の金額及び年月日又は支出を受けた者の氏名及び住所並びに当該支出の目的、金額及び年月日を記載
した明細書を会計責任者に提出しなければならない。ただし、会計責任者の請求があるときは、直ちにこれ
を提出しなければならない。 
2  政治団体のために寄附のあっせん(特定の政治団体又は公職の候補者のために政治活動に関する寄附
を集めて、これを当該政治団体又は公職の候補者に提供することをいう。以下同じ。)をした者は、その寄
附のあっせんを終えた日から七日以内に、当該寄附をした者及び当該寄附のあっせんをした者の氏名、住所
及び職業、当該寄附の金額及び年月日並びに当該寄附のあっせんに係る金額及びこれを集めた期間を記載し
た明細書を会計責任者に提出しなければならない。 
3  政治団体のために政治資金パーティーの対価の支払のあっせん(特定の政治団体のために政治資金パー
ティーの対価として支払われる金銭等を集めて、これを当該政治団体に提供することをいう。以下同じ。)
をした者は、その対価の支払のあっせんを終えた日から七日以内に、当該対価の支払をした者及び当該対価
の支払のあっせんをした者の氏名、住所及び職業、当該支払われた対価の金額及び年月日並びに当該対価の
支払のあっせんに係る金額及びこれを集めた期間を記載した明細書を会計責任者に提出しなければならない。 

(会計責任者等が支出をする場合の手続) 
第十一条  政治団体の会計責任者又は政治団体の代表者若しくは会計責任者と意思を通じて当該政治団体の
ために支出をした者は、一件五万円以上のすべての支出について、当該支出の目的、金額及び年月日を記載
した領収書その他の支出を証すべき書面(以下「領収書等」という。)を徴さなければならない。ただし、
これを徴し難い事情があるときは、この限りでない。 
2  政治団体の代表者又は会計責任者と意思を通じて当該政治団体のために一件五万円以上の支出をした者
は、領収書等(振込みの方法により支出したときにあっては、金融機関が作成した振込みの明細書であって
当該支出の金額及び年月日を記載したもの(以下「振込明細書」という。))を直ちに会計責任者に送付し
なければならない。 

(報告書の提出)
第十二条  政治団体の会計責任者(報告書の記載に係る部分に限り、会計責任者の職務を補佐する者を含
む。)は、毎年十二月三十一日現在で、当該政治団体に係るその年における収入、支出その他の事項で次に
掲げるもの(これらの事項がないときは、その旨)を記載した報告書を、その日の翌日から三月以内(その
間に国会議員の総選挙の公示の日から選挙の期日までの期間がかかる場合(第二十条第一項において「報告
書の提出期限が延長される場合」という。)には、四月以内)に、第六条第一項各号の区分に応じ当該各号
に掲げる都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に提出しなければならない。 
一  すべての収入について、その総額及び総務省令で定める項目別の金額並びに次に掲げる事項
イ 個人が負担する党費又は会費については、その金額及びこれを納入した者の数
ロ 同一の者からの寄附で、その金額の合計額が年間五万円を超えるものについては、その寄附をした者の
氏名、住所及び職業、当該寄附の金額及び年月日並びに当該寄附をした者が第二十二条の五第一項本文に規
定する者であって同項ただし書に規定するものであるときはその旨
ハ 同一の者によつて寄附のあっせんをされた寄附で、その金額の合計額が年間五万円を超えるものについ
ては、その寄附のあっせんをした者の氏名、住所及び職業並びに当該寄附のあっせんに係る寄附の金額、こ
れを集めた期間及びこれが当該政治団体に提供された年月日
ニ 第二十二条の六第二項に規定する寄附については、同一の日に同一の場所で受けた寄附ごとに、その金
額の合計額並びに当該年月日及び場所
ホ 機関紙誌の発行その他の事業による収入については、その事業の種類及び当該種類ごとの金額
ヘ 機関紙誌の発行その他の事業による収入のうち、特定パーティー(政治資金パーティーのうち、当該政
治資金パーティーの対価に係る収入の金額が千万円以上であるものをいう。以下この条及び第十八条の二に
おいて同じ。)又は特定パーティーになると見込まれる政治資金パーティーの対価に係る収入がある場合に
おいては、これらのパーティーごとに、その名称、開催年月日、開催場所及び対価に係る収入の金額並びに
対価の支払をした者の数
ト 一の政治資金パーティーの対価に係る収入(報告書に記載すべき収入があった年の前年以前における収
入を含む。)のうち、同一の者からの政治資金パーティーの対価の支払で、その金額の合計額が二十万円を
超えるものについては、その年における対価の支払について、当該対価の支払をした者の氏名、住所及び職
業並びに当該対価の支払に係る収入の金額及び年月日
チ 一の政治資金パーティーの対価に係る収入(報告書に記載すべき収入があった年の前年以前における収
入を含む。)のうち、同一の者によつて対価の支払のあっせんをされたもので、その金額の合計額が二十万
円を超えるものについては、その年における対価の支払のあっせんについて、当該対価の支払のあっせんを
した者の氏名、住所及び職業並びに当該対価の支払のあっせんに係る収入の金額、これを集めた期間及びこ
れが当該政治団体に提供された年月日
政治資金パーティーは禁止する。
リ 借入金については、借入先及び当該借入先ごとの金額
ヌ その他の収入(寄附並びにイ、ホ及びリの収入以外の収入で一件当たりの金額(数回にわたつてされた
ときは、その合計金額)が十万円以上のものに限る。)については、その基因となつた事実並びにその金額
及び年月日 
二  すべての支出について、その総額及び総務省令で定める項目別の金額並びに人件費、光熱水費その他の
総務省令で定める経費以外の経費の支出(一件当たりの金額(数回にわたつてされたときは、その合計金額)
が五万円以上のものに限る。)について、その支出を受けた者の氏名及び住所並びに当該支出の目的、金額
及び年月日 
三  十二月三十一日において有する資産等(次に掲げる資産及び借入金をいう。以下この号及び第十七条
第一項において同じ。)について、当該資産等の区分に応じ、次に掲げる事項
イ 土地 所在及び面積並びに取得の価額及び年月日
ロ 建物 所在及び床面積並びに取得の価額及び年月日
ハ 建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権 当該権利に係る土地の所在及び面積並びに当該権利
の取得の価額及び年月日
ニ 取得の価額が百万円を超える動産 品目及び数量並びに取得の価額及び年月日
ホ 預金又は貯金 預金又は貯金の残高
ヘ 金銭信託 信託している金銭の額及び信託の設定年月日
ト 金融商品取引法 第二条第一項 及び第二項 に規定する有価証券(金銭信託の受益証券及び受益権を除
く。) 種類、銘柄及び数量並びに取得の価額及び年月日
チ 出資による権利 出資先並びに当該出資先ごとの金額及び年月日
リ 貸付先ごとの残高が百万円を超える貸付金 貸付先及び貸付残高
ヌ 支払われた金額が百万円を超える敷金 支払先並びに当該支払われた敷金の金額及び年月日
ル 取得の価額が百万円を超える施設の利用に関する権利 種類及び対象となる施設の名称並びに取得の価
額及び年月日
ヲ 借入先ごとの残高が百万円を超える借入金 借入先及び借入残高
2  政治団体の会計責任者は、前項の報告書を提出するときは、同項第二号に規定する経費の支出について、
総務省令で定めるところにより、領収書等の写し(当該領収書等を複写機により複写したものに限る。以下
同じ。)(領収書等を徴し難い事情があったときは、その旨並びに当該支出の目的、金額及び年月日を記載
した書面(第十九条の十一第一項において「領収書等を徴し難かつた支出の明細書」という。)又は当該支
出の目的を記載した書面及び振込明細書の写し(当該振込明細書を複写機により複写したものに限る。)。
以下同じ。)を併せて提出しなければならない。 
3  政治団体の会計責任者(会計責任者の職務を補佐する者を含む。第十九条の四及び第十九条の五におい
て同じ。)は、第一項第一号ヘからチまでの特定パーティー又は政治資金パーティーの対価に係る収入のう
ち、同項の規定により報告書に記載すべき収入があった年の前年以前において収受されたものがある場合に
おいて、当該特定パーティー又は政治資金パーティーに係る事項について同項の規定により報告書を提出す
るときは、当該報告書に記載すべき収入があった年の前年以前において収受されたものについて同号ヘから
チまでに掲げる事項を併せて記載しなければならない。 
4  第一項の報告書の様式及び記載要領は、総務省令で定める。 

第十三条  前条第一項の規定は、政治団体の会計責任者が同項の規定により報告すべき寄附以外の寄附に
ついて、同項の規定による報告書に同項の規定により報告すべき寄附に準じて記載することを妨げるもので
はない。政治資金パーティーの対価に係る収入についても、同様とする。 

(監査意見書の添付) 
第十四条  政党又は政治資金団体の会計責任者は、第十二条第一項の規定による報告書を提出するときは、
あらかじめ、当該政党又は政治資金団体の党則、規約その他これらに相当するものに基づいて設けられた会
計監査を行うべき者に対し、当該報告書に係る会計帳簿、明細書(第十条に規定する明細書をいう。以下同
じ。)及び領収書等についての監査意見を求め、当該監査意見を記載した書面を当該報告書に添付するもの
とする。 
2  前項の書面の様式は、総務省令で定める。 

(会計責任者の事務の引継ぎ) 
第十五条  政治団体の会計責任者の更迭があった場合においては、前任者は、退職の日から十五日以内に、
その担任する事務を後任者に引き継がなければならない。 
2  前項の場合において、前任者が引継ぎをし、又は後任者が引継ぎを受けることができないときは、会
計責任者の職務を行う者において引継ぎをし、又は引継ぎを受けなければならない。会計責任者の職務を
行う者が事務の引継ぎを受けた後後任者に引継ぎをすることができるようになつたときは、直ちにこれに
引継ぎをしなければならない。 
3  前二項の規定により引継ぎをする場合においては、引継ぎをする者において引継書を作成し、引継ぎ
の旨及び引継ぎの年月日を記載し、引継ぎをする者及び引継ぎを受ける者においてともに署名捺印し、現
金及び帳簿その他の書類とともに引継ぎをしなければならない。 

(会計帳簿等の保存) 
第十六条  政治団体の会計責任者(政治団体が次条第一項の規定に該当する場合にあっては、当該政治団
体の会計責任者であった者。次項において同じ。)は、会計帳簿、明細書、領収書等及び振込明細書を、
第二十条第一項の規定によりこれらに係る報告書の要旨が公表された日から三年を経過する日まで保存し
なければならない。 
2  政治団体の会計責任者は、第二十二条の五第二項の規定による通知を受けたときは、当該通知に係る
文書を、第二十条第一項の規定により当該通知に係る同項に規定する報告書の要旨が公表された日から三
年を経過する日まで保存しなければならない。 

(解散の届出等) 
第十七条  政治団体が解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなつたときは、その代表者
及び会計責任者であった者は、その日から三十日以内に、その旨及び年月日を、第六条第一項各号の区分
に応じ当該各号に掲げる都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に文書で届け出るとともに、第十二条第
一項の規定の例により、その日現在で、収入及び支出並びに資産等に関する事項を記載した報告書を提出
しなければならない。 
2  政治団体が第十二条第一項の規定による報告書をその提出期限までに提出しない場合において、当該
政治団体が当該提出期限までに当該提出期限の属する年の前年において同項の規定により提出すべき報告
書をも提出していないものであるときは、第八条の規定の適用については、当該政治団体は、当該提出期
限を経過した日以後は、第六条第一項の規定による届出をしていないものとみなす。 
3  政治団体が第一項の規定により届出をしたとき、又は前項の規定に該当することとなつたときは、第
六条第一項各号の区分に従い、当該都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣は、遅滞なく、その旨を都道
府県の公報又は官報への掲載、インターネットの利用その他の適切な方法により公表しなければならない。 
4  第十二条第二項から第四項まで、第十三条及び第十四条の規定は第一項の報告書について、第七条の
二第二項の規定は前項の規定により都道府県の選挙管理委員会が公表を都道府県の公報への掲載により行
ったときについて、それぞれ準用する。 

(政治団体の支部) 
第十八条  政治団体(政治資金団体を除く。)が支部を有する場合には、当該政治団体の本部及び支部は、
それぞれ一の政治団体とみなしてこの章の規定(これに係る罰則を含む。)を適用する。この場合におい
て、第六条第五項、第六条の二、第七条の二第三項、第十四条(前条第四項において準用する場合を含む。
)及び次条の規定は、当該政治団体の支部については適用がないものとし、第九条第一項第一号リ中「そ
の他の収入」とあるのは「その他の収入(寄附並びにイ、ホ及びチの収入並びに第十八条第三項に規定す
る交付金以外の収入をいう。)」と、第十二条第一項第一号ヌ中「リの収入」とあるのは「リの収入並び
に第十八条第四項に規定する交付金」とし、その他のこの章の規定の当該政治団体の本部及び支部につい
ての適用に関し必要な技術的読替えその他必要な事項は、政令で定める。 
2  前項の場合において、政治団体の支部が第十九条の七第二項に規定する政党の支部であるときは、当
該政治団体の支部は、第六条及び第六条の三から第七条の二までの規定の適用については、それぞれ一の
第十九条の七第一項第一号に係る国会議員関係政治団体とみなす。 
3  第一項の場合において、政治団体の会計責任者は、第九条第一項の規定による会計帳簿の記載をする
ときは、当該政治団体の本部又は支部から供与された交付金に係る収入について、その本部又は支部の名
称及び主たる事務所の所在地並びに当該交付金の金額及び年月日を併せて記載しなければならない。 
4  第一項の場合において、政治団体の会計責任者は、第十二条第一項又は前条第一項の規定による報告
書の記載をするときは、当該政治団体の本部若しくは支部から供与された交付金に係る収入又は当該政治
団体の本部若しくは支部に対して供与した交付金に係る支出について、その総額及び次に掲げる事項を併
せて記載しなければならない。 
一  当該政治団体の本部又は支部から供与された交付金に係る収入については、その本部又は支部の名
称及び主たる事務所の所在地並びに当該交付金の金額及び年月日 
二  当該政治団体の本部又は支部に対して供与した交付金に係る支出については、その本部又は支部の
名称及び主たる事務所の所在地、総務省令で定める項目の別並びに当該交付金の金額及び年月日 
5  第一項の場合において、政治団体の本部は、当該政治団体の支部が解散したときは、当該支部の代表
者及び会計責任者であった者に代わつて、前条第一項の規定による届出をすることができる。この場合に
おいては、当該政治団体の本部は、当該支部の代表者及び会計責任者であった者に対し、当該届出をした
旨を通知しなければならない。 

(政治団体以外の者が特定パーティーを開催する場合の特例) 
第十八条の二  政治団体以外の者が特定パーティーになると見込まれる政治資金パーティーを開催する
場合には、当該政治団体以外の者は、当該政治資金パーティーについては、当該政治資金パーティーを開
催しようとする時から政治団体とみなして、この章(第六条第五項、第六条の二、第七条の二、第十二条
第一項第三号及び第三項、第十四条、第十六条第二項、第十七条第三項並びに前条の規定を除く。)の規
定(これに係る罰則を含む。)を適用する。政治団体以外の者が開催する政治資金パーティーが特定パー
ティーになつたときも、同様とする。 
2  前項の場合において、第六条第一項中「その組織の日又は第三条第一項各号若しくは前条第一項各号
の団体となつた日(同項第二号の団体にあっては次条第二項前段の規定による届出がされた日、第十九条
の七第一項第二号に係る国会議員関係政治団体として新たに組織され又は新たに政治団体となつた団体に
あっては第十九条の八第一項の規定による通知を受けた日)」とあるのは「第十八条の二第一項の規定に
より政治団体以外の者が政治団体とみなされることとなつた日」と、「主としてその活動を行う区域」と
あるのは「開催する政治資金パーティーの開催場所」と、同項第一号及び第二号中「主としてその活動を
行う」とあるのは「政治資金パーティーを開催する」と、同条第二項中「綱領、党則、規約」とあるのは
「当該政治資金パーティーの名称、開催年月日及び開催場所並びに当該政治資金パーティーの対価に係る
収入の予定金額及び当該対価に係る収入の金額から当該政治資金パーティーに要する経費の金額を差し引
いた残額を支出することとされている者の氏名(その者が団体である場合には、その名称)を記載した文
書」と、「綱領等」とあるのは「開催計画書等」と、同条第四項中「第一項」とあるのは「第一項及び第
二項」と、第六条の三中「主として活動を行う区域」とあるのは「政治資金パーティーの開催場所」と、
第七条第一項中「綱領等」とあるのは「開催計画書等」と、第八条中「政治活動(選挙運動を含む。)」
とあるのは「政治資金パーティーの開催」と、「寄附」とあるのは「当該政治資金パーティーに係る対価
の支払」と、第八条の三中「その有する」とあるのは「政治資金パーティーの開催に関してされた収入に
係る金銭等の全部又は一部に相当する」と、第九条第一項中「政治団体に係る」とあるのは「政治団体の
開催する政治資金パーティーに係る」と、第十二条第一項中「の会計責任者」とあるのは「の代表者及び
会計責任者」と、「毎年十二月三十一日現在で、当該政治団体に係るその年における収入、支出その他の
事項で次に掲げるもの」とあるのは「当該政治団体の開催した政治資金パーティーに係る次に掲げる事項」
と、「その日の翌日から三月以内(その間に国会議員の総選挙の公示の日から選挙の期日までの期間がか
かる場合(第二十条第一項において「報告書の提出期限が延長される場合」という。)には、四月以内)」
とあるのは「当該政治資金パーティーの終了した日から三月以内」と、同項第一号中「すべての収入」と
あるのは「すべての収入(予定される収入を含む。以下この号において同じ。)」と、同号ロ及びハ中
「年間五万円」とあるのは「五万円」と、同号ト及びチ中「その年における対価」とあるのは「当該対価」
と、同項第二号中「すべての支出」とあるのは「すべての支出(予定される支出を含む。以下この号にお
いて同じ。)」と、同条第二項中「支出について」とあるのは「支出(予定される支出を除く。)につい
て」と、第十六条第一項中「次条第一項」とあるのは「第十八条の二第四項」と、第十七条第一項中「政
治団体が解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなつたとき」とあるのは「第十八条の二第
一項の規定により政治団体とみなされる政治団体以外の者が第六条第一項の規定により届け出た政治資金
パーティーの開催を中止したとき」と、「会計責任者であった者」とあるのは「会計責任者(報告書の記
載に係る部分に限り、会計責任者の職務を補佐する者を含む。)」と、同条第二項中「第十二条第一項」
とあるのは「第十二条第一項又は前項」と、「提出しない場合において、当該政治団体が当該提出期限ま
でに当該提出期限の属する年の前年において同項の規定により提出すべき報告書をも提出していないもの
であるとき」とあるのは「提出しないとき」と、第二十三条中「寄附」とあるのは「対価の支払」とし、
その他のこの章の規定の当該政治団体以外の者についての適用に関し必要な技術的読替えその他必要な事
項は、政令で定める。 
3  第一項後段の規定により政治団体とみなされる政治団体以外の者は、前項の規定により読み替えて適
用される第六条第一項に定める期間内に同項の規定による届出をするまでの間、同条の規定による届出を
したものとみなす。 
4  第一項の規定により政治団体とみなされる政治団体以外の者について、第二項の規定により読み替え
て適用される第十二条第一項の規定による報告書が提出されたとき又は第二項の規定により読み替えて適
用される第六条第一項の規定により届け出た政治資金パーティーの開催が中止された場合において第二項
の規定により読み替えて適用される第十七条第一項の規定による報告書が提出されたときは、当該政治団
体とみなされる政治団体以外の者は、政治団体でなくなつたものとみなす。 
上記の政治資金パーティーに該当する箇所は除外される。


第三章 公職の候補者に係る資金管理団体の届出等 

(資金管理団体の届出等) 
第十九条  公職の候補者は、その者がその代表者である政治団体(第三条第一項第三号の規定に該当す
るもの、第五条第一項の規定により政治団体とみなされるもの及びその者以外の者を推薦し又は支持する
ことを本来の目的とするものを除く。)のうちから、一の政治団体をその者のために政治資金の拠出を受
けるべき政治団体として指定することができる。 
2  公職の候補者は、前項の指定をしたときは、その指定の日から七日以内に、文書で、その旨、その者
に係る公職の種類並びにその指定をした政治団体(以下「資金管理団体」という。)の名称、主たる事務
所の所在地及び代表者の氏名を、当該政治団体の第六条第一項各号の区分に応じ、当該各号に掲げる都道
府県の選挙管理委員会又は総務大臣に届け出なければならない。 
3  前項の規定による届出(以下「資金管理団体の届出」という。)をした者は、次の各号のいずれかに
該当するときは、当該各号に定める日から七日以内に、同項の規定の例により、その旨(第三号に該当す
るときは、その異動に係る事項)を届け出なければならない。 
一  第一項の指定を取り消したとき その取消しの日 
二  資金管理団体の届出をした者が公職の候補者でなくなり、若しくは当該資金管理団体の代表者でな
くなり、又は当該資金管理団体が解散し、若しくは第一項に規定する政治団体でなくなつたとき その事
実が生じた日 
三  前項の規定により届け出た事項に異動があったとき その異動の日 
4  前二項の規定による届出をする者は、当該届出に係る書面にそれぞれ真実の記載がされていることを
誓う旨の文書を、当該書面に添えなければならない。 
5  第二項及び第三項の規定による届出の様式は、総務省令で定める。 

(資金管理団体の名称等の公表) 
第十九条の二  資金管理団体の届出があったときは、当該資金管理団体の届出を受けた都道府県の選挙
管理委員会又は総務大臣は、その資金管理団体の届出をした者の氏名、その者に係る公職の種類並びに資
金管理団体の名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名を、遅滞なく、都道府県の公報又は官報への
掲載、インターネットの利用その他の適切な方法により公表しなければならない。これらの事項につき前
条第三項の規定による届出があったときも、同様とする。 
2  都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣は、前項の規定による公表を都道府県の公報又は官報への掲
載により行つたときは、直ちに、当該都道府県の公報又は官報の写しを、都道府県の選挙管理委員会にあ
っては総務大臣及び政令で定める都道府県の選挙管理委員会、総務大臣にあっては政令で定める都道府県
の選挙管理委員会に送付しなければならない。 

(資金管理団体による不動産の取得等の制限) 
第十九条の二の二  資金管理団体は、土地若しくは建物の所有権又は建物の所有を目的とする地上権若
しくは土地の賃借権を取得し、又は保有してはならない。 

(資金管理団体に対する寄附に係る通知) 
第十九条の三  資金管理団体の届出をした公職の候補者は、その者が公職の候補者である間に政党から
受けた政治活動に関する寄附に係る金銭等の全部又は一部に相当する金銭等を当該資金管理団体に取り扱
わせるため当該資金管理団体に寄附するときは、文書で、その旨を当該資金管理団体の会計責任者に通知
しなければならない。 
2  資金管理団体の会計責任者は、前項の規定による通知を受けたときは、当該通知に係る文書を、第
二十条第一項の規定により当該通知に係る同項に規定する報告書の要旨が公表された日から三年を経過
する日まで保存しなければならない。 

(資金管理団体の会計帳簿の記載) 
第十九条の四  資金管理団体の会計責任者は、特定寄附(資金管理団体の届出をした公職の候補者が前
条第一項の規定により当該資金管理団体に対してする寄附をいう。以下同じ。)について、政治団体の会
計責任者として第九条第一項の規定による会計帳簿の記載をするときは、前条第一項の規定により通知さ
れた事項を併せて記載しなければならない。 

(資金管理団体の報告書の記載等) 
第十九条の五  資金管理団体(第十二条第一項又は第十七条第一項の規定により報告書に記載すべき収
入及び支出があった年において資金管理団体であったものを含む。次条において同じ。)の会計責任者
は、特定寄附について、政治団体の会計責任者として第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による
報告書の記載をするときは、その総額を併せて記載しなければならない。 

第十九条の五の二  資金管理団体(第十九条の七第一項に規定する国会議員関係政治団体であるものを
除く。)の会計責任者が政治団体の会計責任者として行う第十二条第一項及び第二項又は第十七条第一
項及び第四項の規定による報告書及び領収書等の写しの提出に係る第十二条第一項第二号の規定の適用
については、同号中「経費以外の経費の支出」とあるのは、「経費以外の経費(第十九条第二項に規定
する資金管理団体である間に行つた支出にあっては、人件費以外の経費)の支出」とする。 

(支部を有する政治団体に係るこの章の規定の適用) 
第十九条の六  第十九条第一項に規定する政治団体が支部を有する場合には、当該政治団体の本部及び
支部は、それぞれ一の政治団体とみなして、この章の規定(これに係る罰則を含む。)を適用する。こ
の場合において、この章の規定の当該政治団体の本部及び支部についての適用に関し必要な技術的読替
えその他必要な事項は、政令で定める。 


第三章の二 国会議員関係政治団体に関する特例等 

  第一節 国会議員関係政治団体に関する特例 

(国会議員関係政治団体) 
第十九条の七  この節において「国会議員関係政治団体」とは、次に掲げ
る政治団体(政党及び第五条第一項各号に掲げる団体を除く。)をいう。 
一  国会議員に係る公職の候補者が代表者である政治団体 
二  租税特別措置法 第四十一条の十八第一項第四号 に該当する政治団体のうち、特定の国会議員に
係る公職の候補者を推薦し、又は支持することを本来の目的とする政治団体 
2  この節の規定(これに係る罰則を含む。)の適用については、政党の支部で、公職選挙法第十二条
 に規定する国会議員に係る選挙区の区域又は選挙の行われる区域を単位として設けられるもののうち、
国会議員に係る公職の候補者が代表者であるものは、それぞれ一の前項第一号に係る国会議員関係政治
団体とみなす。 

(国会議員関係政治団体に係る通知) 
第十九条の八  国会議員に係る公職の候補者は、前条第一項第二号に係る国会議員関係政治団体に該
当する政治団体があるときは、当該政治団体に対し、文書で、同号に係る国会議員関係政治団体に該当
するため第六条第一項又は第七条第一項の規定による届出をする必要がある旨を、遅滞なく、通知する
ものとする。 
2  前項の規定による通知をした者は、国会議員に係る公職の候補者でなくなつたときは、当該政治団
体に対し、文書で、前条第一項第二号に係る国会議員関係政治団体に該当しなくなつたため第七条第一
項の規定による届出をする必要がある旨を、遅滞なく、通知するものとする。 
3  前二項の文書の様式は、総務省令で定める。 

(国会議員関係政治団体に係る支出の手続) 
第十九条の九  国会議員関係政治団体の会計責任者又は国会議員関係政治団体の代表者若しくは会計
責任者と意思を通じて当該国会議員関係政治団体のために支出をした者に係る第十一条の規定の適用に
ついては、同条第一項中「一件五万円以上のすべての支出」とあるのは「すべての支出」と、同条第二
項中「一件五万円以上の支出」とあるのは「支出」とする。 

(国会議員関係政治団体の報告書の記載等) 
第十九条の十  国会議員関係政治団体(第十二条第一項又は第十七条第一項の規定により報告書に記
載すべき収入及び支出があった年において国会議員関係政治団体であったものを含む。次条から第十九
条の十五までにおいて同じ。)の会計責任者が政治団体の会計責任者として行う第十二条第一項及び第
二項又は第十七条第一項及び第四項の規定による報告書及び領収書等の写しの提出に係る第十二条第一
項及び第十七条第一項の規定の適用については、第十二条第一項中「三月以内」とあるのは「五月以内」
と、「四月以内」とあるのは「六月以内」と、同項第二号中「経費以外の経費の支出」とあるのは「経
費以外の経費(第十九条の七第一項に規定する国会議員関係政治団体である間に行つた支出にあっては、
人件費以外の経費)の支出」と、「五万円以上の」とあるのは「一万円を超える」と、第十七条第一項
中「三十日以内」とあるのは「六十日以内」とする。 

(国会議員関係政治団体に係る領収書等を徴し難かつた支出の明細書等の作成) 
第十九条の十一  国会議員関係政治団体の会計責任者は、当該国会議員関係政治団体が行つた支出の
うち領収書等を徴し難い事情があったものについては、第十九条の十三第一項の規定により政治資金
監査を受けるまでの間に、領収書等を徴し難かつた支出の明細書(振込明細書があるときにあっては、
第十二条第二項の当該支出の目的を記載した書面。以下「領収書等を徴し難かつた支出の明細書等」
という。)を作成しなければならない。 
2  国会議員関係政治団体の会計責任者に係る第十六条第一項の規定の適用については、同項中「及
び振込明細書」とあるのは、「、振込明細書及び領収書等を徴し難かつた支出の明細書等」とする。 

(第十九条の七第一項第二号に係る国会議員関係政治団体についての適用) 
第十九条の十二  第十九条の七第一項第二号に係る国会議員関係政治団体については、第十九条の九
において読み替えて適用する第十一条、第十九条の十において読み替えて適用する第十二条第一項第
二号、同条第二項及び前条第二項において読み替えて適用する第十六条第一項の規定は、第六条第一
項又は第七条第一項の規定により当該国会議員関係政治団体である旨の届出をした日から適用する。 

(登録政治資金監査人による政治資金監査) 
第十九条の十三  国会議員関係政治団体の会計責任者は、政治団体の会計責任者として第十二条第一
項又は第十七条第一項の報告書を提出するときは、あらかじめ、当該報告書並びに当該報告書に係る
会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等及び振込明細書について、政
治資金適正化委員会が行う政治資金監査に関する研修を修了した登録政治資金監査人(以下この条及
び次条において単に「登録政治資金監査人」という。)の政治資金監査を受けなければならない。 
2  前項の政治資金監査は、政治資金適正化委員会が定める政治資金監査に関する具体的な指針に基
づき、次の各号に掲げる事項について行うものとする。 
一  会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等及び振込明細書が保存
されていること。 
二  会計帳簿には当該国会議員関係政治団体に係るその年における支出の状況が記載されており、
かつ、当該国会議員関係政治団体の会計責任者が当該会計帳簿を備えていること。 
三  第十二条第一項又は第十七条第一項の報告書は、会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴
し難かつた支出の明細書等及び振込明細書に基づいて支出の状況が表示されていること。 
四  領収書等を徴し難かつた支出の明細書等は、会計帳簿に基づいて記載されていること。 
3  登録政治資金監査人は、第一項の政治資金監査を行つたときは、政治資金監査報告書を作成し
なければならない。 
4  前項の政治資金監査報告書の様式は、総務省令で定める。 
5  国会議員関係政治団体の代表者、会計責任者、会計責任者に事故があり又は会計責任者が欠けた
場合にその職務を行うべき者その他総務省令で定める者である登録政治資金監査人は、当該国会議員
関係政治団体について、第一項の政治資金監査を行うことができない。 
6  第三項の政治資金監査報告書を作成した登録政治資金監査人である公認会計士に係る公認会計士
法 第三十二条第二項 (同法第四十六条の十第二項 において準用する場合を含む。)又は第三項 の
規定による調査については、同法第三十三条 の規定は、適用しない。 

(政治資金監査報告書の提出) 
第十九条の十四  国会議員関係政治団体の会計責任者は、政治団体の会計責任者として第十二条第
一項又は第十七条第一項の報告書を提出するときは、前条第三項の規定により登録政治資金監査人が
作成した政治資金監査報告書を当該報告書に併せて提出しなければならない。 

(電子情報処理組織を使用した報告書の提出) 
第十九条の十五  国会議員関係政治団体の会計責任者は、第十二条第一項又は第十七条第一項の規
定による報告書及び前条の規定による政治資金監査報告書の提出については、行政手続等における
情報通信の技術の利用に関する法律 第三条第一項 に規定する電子情報処理組織(第三十二条の二
において単に「電子情報処理組織」という。)を使用して行うよう努めるものとする。 

(国会議員関係政治団体に係る少額領収書等の写しの開示) 
第十九条の十六  何人も、国会議員関係政治団体について、第二十条第一項の規定により報告書の
要旨が公表された日から三年間、当該報告書を受理した総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会に
対し、当該報告書に係る支出(人件費以外の経費の支出に限る。)のうち、第十二条第二項の規定
により提出すべき領収書等の写しに係る支出以外の支出に係る領収書等の写し(以下この条及び第
三十二条第一号において「少額領収書等の写し」という。)の開示を請求することができる。ただ
し、国会議員関係政治団体でない間に行つた支出に係る少額領収書等の写しについては、この限り
でない。 
2  前項の規定による開示の請求(以下この条において「開示請求」という。)は、当該開示請求
に係る国会議員関係政治団体を特定し、少額領収書等の写しに係る支出がされた年を単位とし、か
つ、第十二条第一項第二号に規定する総務省令で定める項目ごとに区分してしなければならない。 
3  開示請求は、次に掲げる事項を記載した書面(次項において「開示請求書」という。)を総務
大臣又は都道府県の選挙管理委員会に提出してしなければならない。 
一  開示請求をする者の氏名又は名称及び住所又は居所並びに法人その他の団体にあっては代表者
の氏名 
二  開示請求に係る国会議員関係政治団体の名称並びに少額領収書等の写しに係る支出がされた年
及び第十二条第一項第二号に規定する総務省令で定める項目 
4  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、開示請求書に形式上の不備があると認めるときは、
開示請求をした者(以下この条において「開示請求者」という。)に対し、相当の期間を定めて、
その補正を求めることができる。この場合において、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、
開示請求者に対し、補正の参考となる情報を提供するよう努めなければならない。 
5  開示請求を受けた総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、当該開示請求が権利の濫用又は
公の秩序若しくは善良の風俗に反すると認められる場合に該当するときを除き、当該開示請求があ
った日から十日以内に、当該開示請求に係る国会議員関係政治団体の会計責任者に対し、当該開示
請求に係る少額領収書等の写しの提出を命じなければならない。ただし、前項の規定により補正を
求めた場合にあっては、当該補正に要した日数は、当該期間に算入しない。 
6  国会議員関係政治団体の会計責任者は、前項の規定による命令を受けたときは、当該命令があ
った日から二十日以内に、総務省令で定めるところにより、当該命令に係る少額領収書等の写しを
総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会に提出しなければならない。ただし、当該命令に係る少額
領収書等の写しに係る支出がないとき又は当該命令に係る少額領収書等の写しと同一の少額領収書
等の写しを既に提出しているときは、その旨を通知すれば足りる。 
7  第五項の規定による命令を受けた国会議員関係政治団体の会計責任者は、事務処理上の困難そ
の他正当な理由があるときは、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会に対し、前項に規定する期
間を総務省令で定める相当の期間延長するよう求めることができる。 
8  国会議員関係政治団体の会計責任者は、前項の規定により期間の延長を求めるときは、第六項
に規定する期間内に、延長を求める期間、その理由その他総務省令で定める事項を記載した書面を
もつてしなければならない。 
9  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、第七項の規定による期間の延長の求めがあったと
きは、第六項に規定する期間を相当の期間延長するものとする。この場合において、総務大臣又は
都道府県の選挙管理委員会は、開示請求者に対し、遅滞なく、延長後の期間及び延長の理由を書面
により通知しなければならない。 
10  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、開示請求者に対し、第六項の規定により提出され
た少額領収書等の写し(同項ただし書に規定する同一の少額領収書等の写しが既に提出されている
場合にあっては、当該少額領収書等の写し)(当該少額領収書等の写しに行政機関の保有する情報
の公開に関する法律 第五条 に規定する不開示情報が記録されている場合にあっては、当該不開示
情報が記録されている部分を除く。)を開示しなければならない。 
11  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、前項の規定により少額領収書等の写しの全部又は
一部を開示するときは、第六項の規定により当該少額領収書等の写しの提出があった日(第五項の
規定による命令に係る少額領収書等の写しの全部について、第六項ただし書に規定する同一の少額
領収書等の写しが既に提出されているときは、同項ただし書の通知があった日)から三十日以内に、
その旨を決定し、開示請求者に対し、その旨及び開示の実施に関し総務省令で定める事項を書面に
より通知しなければならない。 
12  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、次の各号に掲げるときは、遅滞なく、開示請求に
係る少額領収書等の写しの開示をしない旨の決定をし、開示請求者に対し、その旨を書面により通
知しなければならない。 
一  当該開示請求が第五項に規定する権利の濫用又は公の秩序若しくは善良の風俗に反すると認め
られる場合に該当するとき。 
二  第六項ただし書の規定により、国会議員関係政治団体から第五項の規定による命令に係る少額
領収書等の写しに係る支出がない旨の通知があったとき。 
13  第十一項の規定にかかわらず、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、事務処理上の困難
その他正当な理由があるときは、同項に規定する期間を三十日以内に限り延長することができる。
この場合において、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、開示請求者に対し、遅滞なく、延
長後の期間及び延長の理由を書面により通知しなければならない。 
14  開示請求に係る少額領収書等の写しが著しく大量であるため、第六項の規定により少額領収書
等の写しの提出があった日から六十日以内にそのすべてについて第十一項の決定をすることにより
事務の遂行に著しい支障が生ずるおそれがある場合には、前項の規定にかかわらず、総務大臣又は
都道府県の選挙管理委員会は、開示請求に係る少額領収書等の写しのうちの相当の部分につき当該期
間内に当該決定をし、残りの少額領収書等の写しについては相当の期間内に当該決定をすれば足りる。
この場合において、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、第十一項に規定する期間内に、開示
請求者に対し、次に掲げる事項を書面により通知しなければならない。 
一  本項を適用する旨及びその理由 
二  残りの少額領収書等の写しについて開示決定をする期限 
15  少額領収書等の写しの開示は、閲覧又は写しの交付により行う。 
16  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、第五項の規定による命令に違反して当該国会議員
関係政治団体の会計責任者が少額領収書等の写しを提出しないときは、その旨を開示請求者に通知す
るとともに、その旨並びに当該国会議員関係政治団体の名称及び主たる事務所の所在地を、遅滞なく、
インターネットの利用その他の適切な方法により公表するものとする。 
17  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、第六項の規定により提出された少額領収書等の写
しについて、これに係る第十二条第一項の報告書を保存すべき期間保存しなければならない。 
18  第六項の規定により提出された少額領収書等の写し(その写しを含む。)については、行政機
関の保有する情報の公開に関する法律 又は都道府県情報公開条例(都道府県の保有する情報の公開
を請求する住民等の権利について定める当該都道府県の条例をいう。)の規定は、適用しない。 
19  開示請求をする者又は少額領収書等の写しの開示を受ける者は、それぞれ、実費の範囲内にお
いて、総務大臣に対する開示請求に係るものについては政令で定める額の開示請求に係る手数料又は
開示の実施に係る手数料を納めなければならない。 
20  前各項の規定は、国会議員関係政治団体が国会議員関係政治団体以外の政治団体となつた場合に
おいても、第十六条第一項の規定に基づき領収書等を保存しなければならない期間、当該政治団体を
国会議員関係政治団体とみなして適用する。 
21  行政事件訴訟法 第十二条第四項 の規定により同項 に規定する特定管轄裁判所に第十一項 若
しくは第十二項 の決定(以下この条において「開示決定等」という。)の取消しを求める訴訟又は
開示決定等に係る不服申立てに対する決定の取消しを求める訴訟(次項において「少額領収書等開
示訴訟」という。)が提起された場合においては、同法第十二条第五項 の規定にかかわらず、他の
裁判所に同一又は同種若しくは類似の少額領収書等の写しに係る開示決定等又はこれに係る不服申立
てに対する決定に係る抗告訴訟(同法第三条第一項 に規定する抗告訴訟をいう。次項において同じ。
)が係属しているときは、当該特定管轄裁判所は、当事者の住所又は所在地、尋問を受けるべき証人
の住所、争点又は証拠の共通性その他の事情を考慮して、相当と認めるときは、申立てにより又は職
権で、訴訟の全部又は一部について、当該他の裁判所又は同法第十二条第一項 から第三項 までに定
める裁判所に移送することができる。 
22  前項の規定は、行政事件訴訟法第十二条第四項 の規定により同項 に規定する特定管轄裁判所に
開示決定等又はこれに係る不服申立てに対する決定に係る抗告訴訟で少額領収書等開示訴訟以外のも
のが提起された場合について準用する。 

(政治団体の支部に係るこの節の規定の適用) 
第十九条の十七  政治団体(政党及び第五条第一項各号に掲げる団体を除く。)が支部を有する場
合には、当該政治団体の本部及び支部は、それぞれ一の政治団体とみなして、この節の規定(これに
係る罰則を含む。)を適用する。 


  第二節 登録政治資金監査人 

(登録) 
第十九条の十八  次の各号のいずれかに該当する者は、登録政治資金監査人名簿に、氏名、生年月
日、住所その他総務省令で定める事項の登録を受けて、登録政治資金監査人となることができる。 
一  弁護士 
二  公認会計士 
三  税理士 
2  次の各号のいずれかに該当する者は、前項の登録を受けることができない。 
一  第二十六条の六又は第二十六条の七の罪を犯し刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執
行を受けることのなくなつた日から三年を経過しない者 
二  第十九条の二十二第一項の規定により登録を取り消され、その取消しの日から三年を経過しな
い者 
三  懲戒処分により、弁護士、公認会計士又は税理士の業務を停止された者で、現にその処分を受
けているもの 

(登録政治資金監査人名簿) 
第十九条の十九  登録政治資金監査人名簿は、政治資金適正化委員会に備える。 
2  登録政治資金監査人名簿の登録は、政治資金適正化委員会が行う。 
3  政治資金適正化委員会は、総務省令で定めるところにより、第一項の登録政治資金監査人名簿を
磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録しておくことができる物を含む。)
をもつて調製することができる。 

(登録の手続) 
第十九条の二十  第十九条の十八第一項の登録を受けようとする者(以下この条において「申請者」
という。)は、同項に規定する事項を記載した登録申請書を、同項各号のいずれかに該当する者であ
ることを証する書面を添えて、政治資金適正化委員会に提出しなければならない。 
2  政治資金適正化委員会は、前項の規定による登録申請書の提出があった場合において、申請者が
第十九条の十八第一項各号のいずれかに該当する者(同条第二項各号のいずれかに該当する者を除く。
)であるときは、遅滞なく登録を行い、申請者が同条第一項各号のいずれにも該当しない者であると
き又は同条第二項各号のいずれかに該当する者であるときは、登録を拒否しなければならない。 
3  政治資金適正化委員会は、前項の規定により登録政治資金監査人名簿に登録したときは当該申請
者に登録政治資金監査人証票を交付し、同項の規定により登録を拒否したときはその理由を付記した
書面によりその旨を当該申請者に通知しなければならない。 

(変更登録) 
第十九条の二十一  登録政治資金監査人は、第十九条の十八第一項の規定により登録を受けた事項
に変更を生じたときは、遅滞なく変更の登録を申請しなければならない。 

(登録の取消し) 
第十九条の二十二  政治資金適正化委員会は、登録政治資金監査人の登録を受けた者が、第十九条
の十八第一項各号のいずれかに該当する者であること又は同条第二項各号のいずれにも該当しない
ことについて、記載すべき事項を記載せず若しくは虚偽の記載をして第十九条の二十第一項の規定
による登録申請書を提出し、その申請に基づき当該登録を受けた者であることが判明したときは、
その登録を取り消さなければならない。 
2  政治資金適正化委員会は、前項の規定により登録を取り消すときは、その理由を付記した書面
により、その旨を当該処分を受ける者に通知しなければならない。 

(登録の抹消) 
第十九条の二十三  政治資金適正化委員会は、登録政治資金監査人が次の各号のいずれかに該当す
るとき又は本人から登録の抹消の申請があったときは、遅滞なく当該登録を抹消しなければならな
い。 
一  第十九条の十八第一項各号のいずれにも該当しなくなつたとき。 
二  第十九条の十八第二項第一号又は第三号に該当するに至つたとき。 
三  前条第一項の規定により登録を取り消されたとき。 
2  登録政治資金監査人が前項第一号又は第二号に該当することとなつたときは、その者、その法
定代理人又はその相続人は、遅滞なく、政治資金適正化委員会にその旨を届け出なければならない。 

(登録及び登録の抹消の公告) 
第十九条の二十四  政治資金適正化委員会は、登録政治資金監査人の登録をしたとき及びその登録
を抹消したときは、遅滞なく、その旨及び登録を抹消した場合にはその事由を、官報への掲載、イ
ンターネットの利用その他の適切な方法により公告しなければならない。 

(登録政治資金監査人証票の返還) 
第十九条の二十五  登録政治資金監査人の登録が抹消されたときは、その者、その法定代理人又は
その相続人は、遅滞なく、登録政治資金監査人証票を政治資金適正化委員会に返還しなければなら
ない。 

(登録の細目) 
第十九条の二十六  この節に定めるもののほか、登録の手続、登録の抹消、登録政治資金監査人
名簿、登録政治資金監査人証票その他登録に関する細目については、総務省令で定める。 

(登録政治資金監査人の研修) 
第十九条の二十七  登録政治資金監査人は、総務省令で定めるところにより、政治資金適正化委
員会が行う政治資金監査に関する研修を受けるものとする。 
2  政治資金適正化委員会は、前項の研修を修了した者について登録政治資金監査人名簿に当該
研修を修了した旨を付記するとともに、当該研修を修了した者に対しその旨を証する書面を交付
しなければならない。 
3  政治資金適正化委員会は、第一項の研修を受ける登録政治資金監査人から実費の範囲内にお
いて政令で定める額の手数料を徴収することができる。 

(秘密保持義務) 
第十九条の二十八  登録政治資金監査人又は登録政治資金監査人であった者は、正当な理由がな
く、政治資金監査の業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。 
2  登録政治資金監査人の使用人その他の従業者又はこれらの者であった者は、正当な理由がな
く、政治資金監査の業務を補助したことについて知り得た秘密を漏らしてはならない。 


  第三節 政治資金適正化委員会 

(設置) 
第十九条の二十九  総務省に、政治資金適正化委員会(以下この節において「委員会」という。
)を置く。 

(所掌事務) 
第十九条の三十  委員会は、次に掲げる事務をつかさどる。 
一  第十二条第一項又は第十七条第一項の報告書の記載方法に係る基本的な方針を定めること。 
二  登録政治資金監査人の登録に関すること。 
三  登録政治資金監査人に係る研修を行うこと。 
四  政治資金監査に関する具体的な指針を定めること。 
五  登録政治資金監査人に対し、政治資金監査の適確な実施について必要な指導及び助言を行
うこと。 
六  第十九条の十六第五項に規定する権利の濫用又は公の秩序若しくは善良の風俗に反すると
認められる場合についての具体的な指針を定めること。 
七  前各号に掲げるもののほか、法律又は法律に基づく命令に基づき委員会に属させられた事
務 
2  委員会は、必要があると認めるときは、政治資金の収支の報告及び公開に関する重要事項に
ついて、総務大臣に建議することができる。 

(組織) 
第十九条の三十一  委員会は、委員五人をもつて組織する。 
2  委員は、非常勤とする。 

(委員) 
第十九条の三十二  委員は、学識経験のある者のうちから、国会の議決による指名に基づいて、
総務大臣が任命する。 
2  前項の指名に当たつては、同一の政党その他の政治団体に属する者が三人以上とならない
ようにしなければならない。 
3  委員の任期は、三年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。 
4  前項の規定にかかわらず、委員は、国会の閉会又は衆議院の解散の場合に任期が満了した
ときは、新たに委員が、その後最初に召集された国会における指名に基づいて任命されるまで
の間、なお在任するものとする。 
5  総務大臣は、委員が心身の故障のため職務の執行ができないと認める場合又は委員に職務
上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認める場合においては、国会の同意を得
て、これを罷免することができる。 
6  委員のうち同一の政党その他の政治団体に属する者が三人以上となつた場合においては、
総務大臣は、くじで定める二人以外の委員を罷免するものとする。 
7  委員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様と
する。 

(委員長) 
第十九条の三十三  委員会に委員長を置き、委員の互選によつて委員のうちからこれを定める。 
2  委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。 
3  委員長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員が、その職務を代理する。 

(会議) 
第十九条の三十四  委員会は、委員長が招集する。 
2  委員会は、委員長及び二人以上の委員の出席がなければ、会議を開き、議決をすることが
できない。 
3  委員会の議事は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するとこ
ろによる。 
4  委員長に事故がある場合の第二項の規定の適用については、前条第三項に規定する委員は、
委員長とみなす。 

(資料の提出その他の協力) 
第十九条の三十五  委員会は、その所掌事務を遂行するため必要があると認めるときは、関係
行政機関の長及び都道府県の選挙管理委員会に対し、資料の提出、意見の開陳、説明その他の必
要な協力を求めることができる。 
2  委員会は、その所掌事務を遂行するため特に必要があると認めるときは、前項に規定する者
以外の者であって政治資金に関し識見を有する者に対しても、必要な協力を依頼することができる。 

(事務局) 
第十九条の三十六  委員会の事務を処理させるため、委員会に事務局を置く。 
2  事務局に、事務局長のほか、所要の職員を置く。 
3  事務局長は、委員長の命を受けて、局務を掌理する。 

(政令への委任) 
第十九条の三十七  この節に定めるもののほか、委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、
政令で定める。 



第四章 報告書の公開 

(収支報告書の要旨の公表) 
第二十条  第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による報告書を受理したときは、総務大
臣又は都道府県の選挙管理委員会は、総務省令の定めるところにより、その要旨を公表しなけれ
ばならない。この場合において、第十二条第一項の規定による報告書については、報告書の提出
期限が延長される場合その他特別の事情がある場合を除き、当該報告書が提出された年の十一月
三十日までに公表するものとする。 
2  前項の規定による公表は、総務大臣にあっては官報により、都道府県の選挙管理委員会にあ
っては都道府県の公報により、これを行う。 
3  都道府県の選挙管理委員会は、第一項の規定により同項の報告書の要旨を公表したときは、
直ちにその写しを総務大臣に送付しなければならない。 
4  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、第一項の規定にかかわらず、インターネットの
利用その他の適切な方法により同項の報告書を公表するときは、当該報告書の要旨を公表するこ
とを要しない。この場合において、インターネットの利用その他の適切な方法による当該報告書
の公表は、同項の規定による報告書の要旨の公表とみなす。 

(収支報告書等の保存及び閲覧等) 
第二十条の二  第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による報告書、第十二条第二項(第十
七条第四項において準用する場合を含む。第三十二条第三号において同じ。)及び第十四条第一
項(第十七条第四項において準用する場合を含む。次項において同じ。)の規定による書面並び
に第十九条の十四の規定による政治資金監査報告書は、これらを受理した総務大臣又は都道府県
の選挙管理委員会において、前条第一項の規定により報告書の要旨を公表した日から三年を経過
する日まで保存しなければならない。 
2  何人も、前条第一項の規定により報告書の要旨が公表された日から三年間、総務大臣の場合
にあっては総務省令の定めるところにより、都道府県の選挙管理委員会の場合にあっては当該選
挙管理委員会の定めるところにより、当該報告書、第十四条第一項の規定による書面又は政治資
金監査報告書の閲覧又は写しの交付を請求することができる。 
3  前項の規定により、総務大臣に対して写しの交付を請求しようとする者は、実費の範囲内に
おいて政令で定める額の手数料を納付しなければならない。 

(収支報告書等に係る情報の公開) 
第二十条の三  第十二条第一項若しくは第十七条第一項の規定による報告書又はこれに添付し、
若しくは併せて提出すべき書面(以下この条において「収支報告書等」という。)で第二十条第
一項の規定により当該報告書の要旨が公表される前のものに係る行政機関の保有する情報の公開
に関する法律第三条 の規定による開示の請求があった場合においては、当該要旨が公表される日
前は同法第九条第一項 の決定を行わない。 
2  前項に規定する開示の請求があった場合における行政機関の保有する情報の公開に関する法
律の規定の適用については、同法第十条第一項 中「開示請求があった日から三十日以内」とある
のは「政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)第二十条第一項の規定により要旨が公
表された日から同日後三十日を経過する日までの間」と、同法第十一条中「開示請求があった日
から六十日以内」とあるのは「政治資金規正法第二十条第一項の規定により要旨が公表された日
から同日後六十日を経過する日までの間」とする。 
3  都道府県は、第一項の規定の例により、収支報告書等に係る情報の開示を行うものとする。 



第五章 寄附等に関する制限

(会社等の寄附の制限) 
第二十一条 会社、労働組合(労働組合法 第二条 に規定する労働組合をいう。第三項並びに
第二十一条の三第一項及び第二項において同じ。)、職員団体(国家公務員法第百八条の二
 又は地方公務員法 第五十二条 に規定する職員団体をいう。第三項並びに第二十一条の三第一
項及び第二項において同じ。)その他の団体は、政党及び政治資金団体以外の者に対しては、政
治活動に関する寄附をしてはならない。 
2  前項の規定は、政治団体がする寄附については、適用しない。 
3  何人も、会社、労働組合、職員団体その他の団体(政治団体を除く。)に対して、政治活動
に関する寄附(政党及び政治資金団体に対するものを除く。)をすることを勧誘し、又は要求し
てはならない。 
4  第一項及び前項の規定の適用については、政党の支部で、一以上の市町村(特別区を含む。)
の区域(地方自治法 )第二百五十二条の十九第一項 の指定都市にあっては、その区の区域)又
は公職選挙法第十二条 に規定する選挙区の区域を単位として設けられる支部以外のものは、政党
及び政治資金団体以外のそれぞれ一の政治団体とみなす。 

(公職の候補者の政治活動に関する寄附の禁止) 
第二十一条の二  何人も、公職の候補者の政治活動(選挙運動を除く。)に関して寄附(金銭等
によるものに限るものとし、政治団体に対するものを除く。)をしてはならない。 
2  前項の規定は、政党がする寄附については、適用しない。 

(寄附の総額の制限) 
第二十一条の三  政党及び政治資金団体に対してされる政治活動に関する寄附は、各年中に
おいて、次の各号の区分に応じ、当該各号に掲げる額を超えることができない。 
一  個人のする寄附     二千万円 
二  会社のする寄附   次の表の上欄に掲げる会社の資本金の額又は出資の金額の区分に応
じ、それぞれ同表の下欄に掲げる額
五十億円以上 三千万円 
十億円以上五十億円未満 千五百万円 
十億円未満 七百五十万円 
会社の献金は禁止する。


三  労働組合又は職員団体のする寄附  次の表の上欄に掲げる労働組合の組合員又は職員
団体の構成員(次項において「組合員等」という。)の数の区分に応じ、それぞれ同表の下
欄に掲げる額
十万人以上 三千万円 
五万人以上十万人未満 千五百万円 
五万人未満 七百五十万円 


四  前二号の団体以外の団体(政治団体を除く。)のする寄附 次の表の上欄に掲げる団体の
前年における年間の経費の額の区分に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる額
六千万円以上 三千万円 
二千万円以上六千万円未満 千五百万円 
二千万円未満 七百五十万円 


2  資本金の額若しくは出資の金額が百億円以上の会社、組合員等の数が十五万人以上の労働組
合若しくは職員団体又は前年における年間の経費の額が八千万円以上の前項第四号の団体につい
ては、同項第二号から第四号までに掲げる額は、三千万円に、それぞれ資本金の額若しくは出資
の金額が五十億円を超える金額五十億円ごと、組合員等の数が十万人を超える数五万人ごと、又
は前年における年間の経費の額が六千万円を超える金額二千万円ごとに五百万円(その合計額が
三千万円に達した後においては、三百万円)を加算した金額(その加算する金額の合計額が七千
万円を超える場合には、七千万円を加算した金額)として、同項の規定を適用する。 
3  個人のする政治活動に関する寄附で政党及び政治資金団体以外の者に対してされるものは、
各年中において、千万円を超えることができない。 
4  第一項及び前項の規定は、特定寄附及び遺贈によつてする寄附については、適用しない。 
5  第一項第二号に規定する資本金の額又は出資の金額、同項第三号に規定する組合員等の数及
び同項第四号に規定する年間の経費の額の計算その他同項の規定の適用について必要な事項は、
政令で定める。

(寄附を受ける側の総額の制限)(追加を検討段階)
第二十一条の四(追加を検討段階) 政党及び政治資金団体が受ける寄付の総額の上限を定める。
このため、逐次、受領した寄付の累加額を公表して寄付の上限を超えないように調整する。上限
を超えた寄付については、財務省が、政党にあっては政党助成金を減額するものとし、政治資金
団体にあっては、差し戻すこととする。
 
(同一の者に対する寄附の制限) 
第二十二条  政党及び政治資金団体以外の政治団体のする政治活動に関する寄附は、各年中に
おいて、政党及び政治資金団体以外の同一の政治団体に対しては、五千万円を超えることができ
ない。 
2  個人のする政治活動に関する寄附は、各年中において、政党及び政治資金団体以外の同一の
者に対しては、百五十万円を超えることができない。 
3  前項の規定は、資金管理団体の届出をした公職の候補者が当該資金管理団体に対してする寄
附及び遺贈によつてする寄附については、適用しない。 

(量的制限等に違反する寄附の受領の禁止) 
第二十二条の二  何人も、第二十一条第一項、第二十一条の二第一項、第二十一条の三第一項
及び第二項若しくは第三項又は前条第一項若しくは第二項の規定のいずれかに違反してされる寄
附を受けてはならない。 

(寄附の質的制限) 
第二十二条の三  国から補助金、負担金、利子補給金その他
の給付金(試験研究、調査又は災害復旧に係るものその他性質上利益を伴わないもの及び政党助
成法第三条第一項 の規定による政党交付金(同法第二十七条第一項 の規定による特定交付金を含
む。)を除く。第四項において同じ。)の交付の決定(利子補給金に係る契約の承諾の決定を含む。
第四項において同じ。)を受けた会社その他の法人は、当該給付金の交付の決定の通知を受けた日
から同日後一年を経過する日(当該給付金の交付の決定の全部の取消しがあったときは、当該取消
しの通知を受けた日)までの間、政治活動に関する寄附をしてはならない。 
2  国から資本金、基本金その他これらに準ずるものの全部又は一部の出資又は拠出を受けている
会社その他の法人は、政治活動に関する寄附をしてはならない。 
3  前二項の規定は、これらの規定に該当する会社その他の法人が、地方公共団体の議会の議員若
しくは長に係る公職の候補者、これらの者に係る資金管理団体又はこれらの者に係る第三条第一項
第二号若しくは第三号ロの規定に該当する政治団体に対してする政治活動に関する寄附については、
適用しない。 
4  第一項及び第二項の規定は、次の各号に掲げる会社その他の法人が、当該各号の地方公共団体
の議会の議員若しくは長に係る公職の候補者、これらの者に係る資金管理団体又はこれらの者を推
薦し、支持し、若しくはこれに反対する政治団体に対してする政治活動に関する寄附について準用
する。 
一  地方公共団体から補助金、負担金、利子補給金その他の給付金の交付の決定を受けた会社その
他の法人 
二  地方公共団体から資本金、基本金その他これらに準ずるものの全部又は一部の出資又は拠出を
受けている会社その他の法人 
5  何人も、第一項又は第二項(これらの規定を前項において準用する場合を含む。)の規定の適用
を受ける者であることを知りながら、その者に対して、政治活動に関する寄附をすることを勧誘し、
又は要求してはならない。 
6  何人も、第一項又は第二項(これらの規定を第四項において準用する場合を含む。)の規定に違
反してされる寄附であることを知りながら、これを受けてはならない。 

第二十二条の四  三事業年度以上にわたり継続して政令で定める欠損を生じている会社は、当該欠
損がうめられるまでの間、政治活動に関する寄附をしてはならない。 
2  何人も、前項の規定に違反してされる寄附であることを知りながら、これを受けてはならない。 

第二十二条の五  何人も、外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である
団体その他の組織(金融商品取引法第二条第十六項 に規定する金融商品取引所(以下この項において
単に「金融商品取引所」という。)に上場されている株式を発行している株式会社のうち定時株主総
会において議決権を行使することができる者を定めるための会社法 第百二十四条第一項 に規定する
基準日(以下この項において「定時株主総会基準日」という。)を定めた株式会社であつて直近の定
時株主総会基準日が一年以内にあったものにあっては、当該定時株主総会基準日において外国人又は
外国法人が発行済株式の総数の過半数に当たる株式を保有していたもの)から、政治活動に関する寄
附を受けてはならない。ただし、日本法人であって、その発行する株式が金融商品取引所において五
年以上継続して上場されているもの(新設合併又は株式移転により設立された株式会社(当該新設合
併により消滅した会社又は当該株式移転をした会社のすべてが株式会社であり、かつ、それらの発行
していた株式が当該新設合併又は当該株式移転に伴い上場を廃止されるまで金融商品取引所において
上場されていたものに限る。)のうちその発行する株式が当該新設合併又は当該株式移転に伴い金融
商品取引所において上場されてから継続して上場されており、かつ、上場されている期間が五年に満
たないものであって、当該上場されている期間と、当該新設合併又は当該株式移転に伴い上場を廃止
された株式がその上場を廃止されるまで金融商品取引所において継続して上場されていた期間のうち
最も短いものとを合算した期間が五年以上であるものを含む。)がする寄附については、この限りで
ない。 
2  前項本文に規定する者であって同項ただし書に規定するものは、政治活動に関する寄附をすると
きは、同項本文に規定する者であって同項ただし書に規定するものである旨を、文書で、当該寄附を
受ける者に通知しなければならない。 

第二十二条の六  何人も、本人の名義以外の名義又は匿名で、政治活動に関する寄附をしてはなら
ない。 
2  前項及び第四項の規定(匿名寄附の禁止に係る部分に限る。)は、街頭又は一般に公開される演
説会若しくは集会の会場において政党又は政治資金団体に対してする寄附でその金額が千円以下のも
のについては、適用しない。 
3  何人も、第一項の規定に違反してされる寄附を受けてはならない。 
4  第一項の寄附に係る金銭又は物品の提供があったときは、当該金銭又は物品の所有権は、国庫に
帰属するものとし、その保管者は、政令で定めるところにより、速やかにこれを国庫に納付する手続
をとらなければならない。 
5  前項に規定する国庫への納付に関する事務は、政令で定めるところにより、都道府県知事が行う
こととする。 

(政治資金団体に係る寄附の方法の制限) 
第二十二条の六の二  何人も、政治資金団体の預金又は貯金の口座への振込みによることなく、政
治資金団体に対して寄附をしてはならない。ただし、その金額が千円以下の寄附及び不動産の譲渡又
は貸付け(地上権の設定を含む。)による寄附については、この限りでない。 
2  政治資金団体は、その寄附を受ける者の預金又は貯金の口座への振込みによることなく、政治活
動に関する寄附をしてはならない。前項ただし書の規定は、この場合について準用する。 
3  何人も、前二項の規定に違反してされる寄附を受けてはならない。 
4  第一項若しくは第二項の規定に違反してされる寄附に係る金銭若しくは物品の提供があったとき
又は前項の規定に違反して金銭若しくは物品による寄附を受けたときは、これらの金銭又は物品の所
有権は、国庫に帰属するものとし、その保管者又は当該寄附を受けた者は、政令で定めるところによ
り、速やかにこれを国庫に納付する手続をとらなければならない。 
5  前条第五項の規定は、前項の場合について準用する。 

(寄附のあっせんに関する制限) 
第二十二条の七  何人も、政治活動に関する寄附に係る寄附のあっせんをする場合において、相手方
に対し業務、雇用その他の関係又は組織の影響力を利用して威迫する等不当にその意思を拘束するよ
うな方法で、当該寄附のあっせんに係る行為をしてはならない。 
2  政治活動に関する寄附に係る寄附のあっせんをする者は、いかなる方法をもつてするを問わず、
寄附をしようとする者の意思に反して、その者の賃金、工賃、下請代金その他性質上これらに類するも
のからの控除による方法で、当該寄附を集めてはならない。 

(政治資金パーティーの対価の支払に関する制限) 
第二十二条の八 政治資金パーティーを開催する者は、一の政治資金パーティーにつき、同一の者
から、百五十万円を超えて、当該政治資金パーティーの対価の支払を受けてはならない。 
2  政治資金パーティーを開催する者は、当該政治資金パーティーの対価の支払を受けようとすると
きは、あらかじめ、当該対価の支払をする者に対し、当該対価の支払が政治資金パーティーの対価の
支払である旨を書面により告知しなければならない。 
3  何人も、政治資金パーティーの対価の支払をする場合において、一の政治資金パーティーにつき、
百五十万円を超えて、当該政治資金パーティーの対価の支払をしてはならない。 
4  第二十二条の六第一項及び第三項並びに前条の規定は、政治資金パーティーの対価の支払につい
て準用する。この場合において、第二十二条の六第一項中「政治活動に関する寄附」とあり、及び同
条第三項中「寄附」とあるのは「政治資金パーティーの対価の支払」と、前条第一項中「政治活動に
関する寄附に係る寄附のあっせん」とあるのは「政治資金パーティーの対価の支払のあっせん」と、
「当該寄附のあっせん」とあるのは「当該対価の支払のあっせん」と、同条第二項中「政治活動に関
する寄附に係る寄附のあっせん」とあるのは「政治資金パーティーの対価の支払のあっせん」と、
「、寄附」とあるのは「、対価の支払」と、「当該寄附」とあるのは「当該対価として支払われる金
銭等」と読み替えるものとする。 
5  第二項に規定する告知に係る書面に記載すべき文言については、総務省令で定める。 

(政治活動に関する寄附又は政治資金パーティーの対価の支払への公務員の関与等の制限) 
第二十二条の九  国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人(独立行政法人通則法 )
第二条第二項 に規定する特定独立行政法人をいう。以下同じ。)若しくは特定地方独立行政法人
(地方独立行政法人法 )第二条第二項 に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の
職員で次に掲げるものは、その地位を利用して、政治活動に関する寄附を求め、若しくは受け、若し
くは自己以外の者がする政治活動に関する寄附に関与し、又は政治資金パーティーに対価を支払って
参加することを求め、若しくは政治資金パーティーの対価の支払を受け、若しくは自己以外の者がす
るこれらの行為に関与してはならない。 
一  国家公務員法第二条第二項 に規定する一般職に属する職員(顧問、参与その他の非常勤職員で
政令で定めるものを除く。) 
二  裁判所職員臨時措置法 に規定する裁判官及び裁判官の秘書官以外の裁判所職員(非常勤職員で
最高裁判所の規則で定めるものを除く。) 
三  国会職員法 第一条 に規定する国会職員(同法第二十四条の三 に規定する国会職員及び両議院
の議長が協議して定める非常勤職員を除く。) 
四  自衛隊法 第二条第五項 に規定する隊員(同法第七十一条第一項 の規定による訓練招集命令に
より招集されている者以外の予備自衛官、同法第七十五条の五第一項 の規定による訓練招集命令によ
り招集されている者以外の即応予備自衛官及び同法第七十五条の十一第一項 の規定による教育訓練
招集命令により招集されている者以外の予備自衛官補を除く。) 
五  地方公務員法第三条第二項 に規定する一般職に属する職員(地方公営企業等の労働関係に関す
る法律 第三条第四号 に規定する職員で政令で定めるもの及び同法 附則第五項 に規定する単純な労
務に雇用される職員を除く。) 
六  地方公営企業法 第七条 に規定する管理者 
2  何人も、前項各号に掲げる国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人若しくは特定
地方独立行政法人の職員に対し、同項の規定により当該公務員又は職員がしてはならない行為をする
ことを求めてはならない。 



第六章 罰則 

第二十三条  政治団体が第八条の規定に違反して寄附を受け又は支出をしたときは、当該
政治団体の役職員又は構成員として当該違反行為をした者は、五年以下の禁錮又は百万円以下の罰金
に処する。 
 違反行為に対する罰則を重くする必要がある。 見直し要す。

第二十四条  次の各号の一に該当する者(会社、政治団体その他の団体(以下この章におい
て「団体」という。)にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、三年
以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 
一  第九条の規定に違反して会計帳簿を備えず、又は同条、第十八条第三項若しくは第十九条の四
の規定に違反して第九条第一項の会計帳簿に記載すべき事項の記載をせず、若しくはこれに虚偽の
記入をした者 
二  第十条の規定に違反して明細書の提出をせず、又はこれに記載すべき事項の記載をせず、若し
くはこれに虚偽の記入をした者 
三  第十一条の規定に違反して領収書等を徴せず、若しくはこれを送付せず、又はこれに虚偽の記
入をした者 
四  第十六条第一項(第十九条の十一第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規
定に違反して会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等又は振込明細書
を保存しない者 
五  第十六条第一項(第十九条の十一第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規
定により保存すべき会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等又は振込
明細書に虚偽の記入をした者 
六  第十五条の規定による引継ぎをしない者 
七  第三十一条の規定により求められた説明を拒み、若しくは虚偽の説明をし、又は同条の規定に
よる命令に違反して同条の報告書等の訂正を拒み、若しくはこれらに虚偽の訂正をした者 

第二十五条  次の各号の一に該当する者は、五年以下の禁錮又は百万円以下の罰金に処する。 
一  第十二条又は第十七条の規定に違反して報告書又はこれに併せて提出すべき書面の提出をしな
かった者 
一の二  第十九条の十四の規定に違反して、政治資金監査報告書の提出をしなかつた者 
二  第十二条、第十七条、第十八条第四項又は第十九条の五の規定に違反して第十二条第一項若し
くは第十七条第一項の報告書又はこれに併せて提出すべき書面に記載すべき事項の記載をしなかっ
た者 
三  第十二条第一項若しくは第十七条第一項の報告書又はこれに併せて提出すべき書面に虚偽の記
入をした者 
2  前項の場合(第十七条の規定に係る違反の場合を除く。)において、政治団体の代表者が当該政
治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠つたときは、五十万円以下の罰金に処す
る。 

第二十六条  次の各号の一に該当する者(団体にあっては、その
役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、一年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処す
る。 
一  第二十一条第一項、第二十一条の二第一項、第二十一条の三第一項及び第二項若しくは第三項又
は第二十二条第一項若しくは第二項の規定に違反して寄附をした者 
二  第二十一条第三項の規定に違反して寄附をすることを勧誘し、又は要求した者 
三  第二十二条の二の規定に違反して寄附を受けた者 

第二十六条の二  次の各号の一に該当する者は、三年以下の禁錮
又は五十万円以下の罰金に処する。 
一  第二十二条の三第一項又は第二項(これらの規定を同条第四項において準用する場合を含む。)
の規定に違反して寄附をした会社その他の法人の役職員として当該違反行為をした者 
二  第二十二条の三第五項の規定に違反して寄附をすることを勧誘し、又は要求した者(団体にあっ
ては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 
三  第二十二条の三第六項、第二十二条の五第一項又は第二十二条の六第三項の規定に違反して寄附
を受けた者(団体にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 
四  第二十二条の六第一項の規定に違反して寄附をした者(団体にあっては、その役職員又は構成員
として当該違反行為をした者) 
五  第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の六第一項の規定に違反して対価の支払をし
た者(団体にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 
六  第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の六第三項の規定に違反して対価の支払を受
けた者(団体にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 

第二十六条の三  次の各号の一に該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。 
一  第二十二条の四第一項の規定に違反して寄附をした会社の役職員として当該違反行為をした者 
二  第二十二条の四第二項の規定に違反して寄附を受けた者(団体にあっては、その役職員又は構成
員として当該違反行為をした者) 
三  第二十二条の八第一項の規定に違反して対価の支払を受けた者(団体にあっては、その役職員又
は構成員として当該違反行為をした者) 
四  第二十二条の八第二項の規定に違反して告知をしなかつた者(団体にあっては、その役職員又は
構成員として当該違反行為をした者) 
五  第二十二条の八第三項の規定に違反して対価の支払をした者(団体にあっては、その役職員又は
構成員として当該違反行為をした者) 

第二十六条の四 次の各号の一に該当する者は、六月以下の禁錮又は三十万円以下の罰金
に処する。 
一  第二十二条の七第一項の規定に違反して寄附のあっせんに係る行為をした者(団体にあっては、
その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 
二  第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の七第一項の規定に違反して対価の支払のあ
っせんに係る行為をした者(団体にあっては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者) 
三  第二十二条の九第一項の規定に違反して政治活動に関する寄附を求め、若しくは受け、若しくは
自己以外の者がする政治活動に関する寄附に関与し、又は政治資金パーティーに対価を支払つて参加す
ることを求め、若しくは政治資金パーティーの対価の支払を受け、若しくは自己以外の者がするこれら
の行為に関与した者 
四  第二十二条の九第二項の規定に違反して同条第一項各号に掲げる国若しくは地方公共団体の公務
員又は特定独立行政法人若しくは特定地方独立行政法人の職員に対し同項の規定により当該公務員又は
職員がしてはならない行為をすることを求めた者(団体にあっては、その役職員又は構成員として当
該違反行為をした者)
 

第二十六条の五  次の各号の一に該当する者(団体にあっては、その役職員又は構成員とし
て当該違反行為をした者)は、二十万円以下の罰金に処する。 
一  第二十二条の七第二項の規定に違反して寄附を集めた者 
二  第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の七第二項の規定に違反して対価として支払
われる金銭等を集めた者 

第二十六条の六  第十九条の十三第三項の政治資金監査報告書に虚偽の記載をした者は、
三十万円以下の罰金に処する。 

第二十六条の七  第十九条の二十八又は第十九条の三十二第七項の規定に違反して秘密を漏
らした者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 

第二十七条  第二十三条、第二十四条、第二十五条第一項、第二十六条、第二十六条の二及び第二
十六条の四の罪を犯した者には、情状により、禁錮及び罰金を併科することができる。 
2  重大な過失により、第二十四条及び第二十五条第一項の罪を犯した者も、これを処罰するものと
する。ただし、裁判所は、情状により、その刑を減軽することができる。 

第二十八条  第二十三条から第二十六条の五まで及び前条第二項の罪を犯し罰金の刑に処せられた者
は、その裁判が確定した日から五年間(刑の執行猶予の言渡しを受けた者については、その裁判が確
定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間)、公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙
権を有しない。 
2  第二十三条、第二十四条、第二十五条第一項、第二十六条、第二十六条の二、第二十六条の四及
び前条第二項の罪を犯し禁錮の刑に処せられた者は、その裁判が確定した日から刑の執行を終わるま
での間若しくは刑の時効による場合を除くほか刑の執行の免除を受けるまでの間及びその後五年間又
はその裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間、公職選挙法 に規定する選挙
権及び被選挙権を有しない。 
3  裁判所は、情状により、刑の言渡しと同時に、第一項に規定する者に対し同項の五年間若しくは
刑の執行猶予中の期間について選挙権及び被選挙権を有しない旨の規定を適用せず、若しくはその期
間のうちこれを適用すべき期間を短縮する旨を宣告し、又は前項に規定する者に対し同項の五年間若
しくは刑の執行猶予の言渡しを受けた場合にあってはその執行猶予中の期間のうち選挙権及び被選挙
権を有しない旨の規定を適用すべき期間を短縮する旨を宣告することができる。 
4  公職選挙法第十一条第三項 の規定は、前三項の規定により選挙権及び被選挙権を有しなくなるべ
き事由が生じ、又はその事由がなくなつたときについて準用する。この場合において、同条第三項 中
「第一項 又は第二百五十二条 」とあるのは、「政治資金規正法第二十八条」と読み替えるものとする。 

第二十八条の二  第二十三条、第二十六条第三号、第二十六条の二第三号、第二十六条の三第二号及
び第二十六条の四第三号の規定の違反行為により受けた寄附に係る財産上の利益(第二十二条の六第
四項に規定する寄附に係る金銭又は物品を除く。)は、没収する。その全部又は一部を没収すること
ができないときは、その価額を追徴する。 

第二十八条の三  団体の役職員又は構成員が、第二十三条及び第二十六条から第二十六条の五までの
規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その団体に対して当該各条の罰金刑を科す
る。 
2  前項の規定により第二十三条の違反行為につき団体に罰金刑を科する場合における時効の期間は、
同条の罪についての時効の期間による。 
3  法人でない団体について第一項の規定の適用がある場合には、その代表者がその訴訟行為につき
その団体を代表するほか、法人を被告人又は被疑者とする場合の刑事訴訟に関する法律の規定を準用」
する。 



第七章 補則 

(報告書の真実性の確保のための措置) 
第二十九条  第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による報告書を提出する者は、これらにそれ
ぞれ真実の記載がされていることを誓う旨の文書を添えなければならない。 

第三十条  削除 

(監督上の措置) 
第三十一条  総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、この法律の規定により提出された届出書類、
報告書若しくはこれに添付し、若しくは併せて提出すべき書面(以下この条において「報告書等」とい
う。)に形式上の不備があり、又はこれらに記載すべき事項の記載が不十分であると認めるときは、当
該報告書等を提出した者に対して、説明を求め、又は当該報告書等の訂正を命ずることができる。 

(政治資金の規正に関する事務に係る国庫の負担) 
第三十二条  次の各号に掲げる経費は、国庫の負担とする。 
一  第十九条の十六の規定による少額領収書等の写しの開示に要する費用 
二  第二十条の規定による公表に要する費用 
三  第二十条の二第一項の規定による報告書、書面(第十二条第二項の規定によるものに限る。)及
び政治資金監査報告書の保存に要する費用 
四  第二十条の二第二項の規定による報告書の閲覧の施設のために要する費用 

(電子情報処理組織を使用する方法により行う届出等の特例) 
第三十二条の二  第六条第一項(同条第五項において準用する場合を含む。)若しくは第二項、第六
条の三、第七条第一項、第十二条第一項若しくは第二項(第十七条第四項において準用する場合を含
む。)、第十四条第一項(第十七条第四項において準用する場合を含む。)、第十七条第一項、第十
八条第四項、第十九条第二項、第三項若しくは第四項、第十九条の十四又は第二十九条の規定による
届出、提出又は添付のうち総務大臣に対するものは、電子情報処理組織を使用して行うときは、これ
らの規定にかかわらず、都道府県の選挙管理委員会を経て行うことを要しない。 

(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律 の適用除外) 
第三十二条の三  第十六条(第十九条の十一第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)
及び第十九条の三第二項の規定により保存すべき書類については、民間事業者等が行う書面の保存等
における情報通信の技術の利用に関する法律 (平成十六年法律第百四十九号)第三条 及び第四条 の
規定は、適用しない。 

(課税の特例) 
第三十二条の四  個人が政治活動に関する寄附をした場合において、当該寄附についてこの法律又は
公職選挙法 の規定による報告がされたときは、租税特別措置法 で定めるところにより、当該個人に
対する所得税の課税について特別の措置を講ずる。 

(政令への委任) 
第三十三条  この法律の実施のための手続その他その施行に関し必要な事項は、政令で定める。 

(事務の区分) 
第三十三条の二  この法律の規定により都道府県が処理することとされている事務のうち、次に掲げ
るものは、地方自治法第二条第九項第一号 に規定する第一号 法定受託事務とする。 
一  第六条第一項(同条第五項において準用する場合を含む。)、第六条の三、第七条第一項、第七
条の二第一項及び第二項(第十七条第四項において準用する場合を含む。)、第七条の三第一項、第
十二条第一項、第十七条第一項及び第三項、第十八条第五項、第十九条第二項及び第三項、第十九条
の二、第十九条の十六、第二十条第一項及び第三項、第二十条の二、第二十二条の六第五項(第二十
二条の六の二第五項において準用する場合を含む。)並びに第三十一条の規定により都道府県が処理
することとされている事務 
二  第十八条第一項において適用する第六条第一項、第六条の三、第七条第一項、第七条の二第一項
及び第二項(第十八条第一項において適用する第十七条第四項において準用する場合を含む。)、第
七条の三第一項、第十二条第一項並びに第十七条第一項及び第三項の規定により都道府県が処理する
こととされている事務 
三  第十八条の二第一項において適用する第六条第一項、第六条の三、第七条第一項、第七条の三第
一項、第十二条第一項及び第十七条第一項の規定により都道府県が処理することとされている事務 
2  第二十八条第四項において準用する公職選挙法第十一条第三項 の規定により市町村が処理するこ
ととされている事務は、地方自治法第二条第九項第一号 に規定する第一号 法定受託事務とする。 


・・・(注意)以下の附則抄は未修正状態・・・



 附 則 抄 


第三十四条  この法律は、公布の日から、これを施行する。 

第三十五条  この法律施行の際現に存する政党、協会その他の団体及びその支部で第三条の規定に該
当するものは、この法律施行の日から三十日以内に、第六条又はこれを準用する第十八条の規定による
届出をしなければならない。 
2  前項の期間内に届出をしたときは、当該政党、協会その他の団体及びその支部の寄附又は支出で
この法律施行の日から同項の届出までの間になされたものは、これを第八条又はこれを準用する第十八
条の規定による届出後なされたものとみなす。 

第三十八条  この法律施行の際従前の衆議院議員選挙法、参議院議員選挙法若しくは地方自治法により
すでに行い、又はこれらの法律の規定によりその期日を公示若しくは告示した選挙に関しては、前二条
の改正規定にかかわらず、なお、従前の規定を適用する。 
2  前項の規定は、同項に掲げる選挙以外のもので衆議院議員選挙法第十二章の規定を準用する選挙
について、これを準用する。 

第三十九条  当分の間、北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律(昭和五十七年
法律第八十五号)第十一条第一項に規定する北方地域に本籍を有する者に対する第二十八条第四項に
おいて読み替えて準用される公職選挙法第十一条第三項の規定の適用については、同項中「市町村長
は、その市町村に本籍を有する者で」とあるのは、「北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に
関する法律第十一条第一項の規定により法務大臣が指名した者は、同項に規定する北方地域に本籍を
有する者で」とする。 

  附 則 (昭和二五年四月一五日法律第一〇一号) 

 この法律は、公職選挙法施行の日から施行する。 


  附 則 (昭和二七年七月三一日法律第二六二号) 抄 


1  この法律は、自治庁設置法(昭和二十七年法律第二百六十一号)施行の日から施行する。 
2  この法律施行の際国民審査管理委員会又は全国選挙管理委員会が保存している審査録又は選挙録は、
中央選挙管理会において引き継ぎ保存するものとする。 

  附 則 (昭和二七年八月一六日法律第三〇七号) 抄 


1  この法律は、昭和二十七年九月一日から施行する。但し、衆議院議員の選挙に関しては、次の総
選挙から施行する。 
3  衆議院議員の選挙以外の選挙で、昭和二十七年九月一日現在既に従前の公職選挙法の規定により
その選挙の期日を公示又は告示してある選挙に関しては、なお従前の例による。但し、改正後の公職
選挙法第二百九条の二の規定の適用を妨げない。 

  附 則 (昭和三〇年一月二八日法律第四号) 抄。 


1  この法律は、昭和三十年三月一日から施行する。但し、衆議院議員の選挙に関しては、同日前に
総選挙の公示がなされたときは、第二条の規定は当該総選挙の公示の日から第四条及び附則第五項の
規定は当該総選挙から施行する。 

  附 則 (昭和三五年六月三〇日法律第一一三号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、昭和三十五年七月一日から施行する。 

  附 則 (昭和三七年五月一〇日法律第一一二号) 抄 


(施行期日及び適用区分)
第一条  この法律は、公布の日から施行する。 
4  この法律のよる改正後の政治資金規正法の規定は、施行日から起算して三月を経過した日から適
用する。ただし、参議院議員の選挙に関してなされる寄附及びその他の収入並びに支出については、
施行日以後はじめて行なわれる通常選挙から適用する。 

(罰則等に関する経過措置)
第三条  この法律の適用前にした行為及び前条の規定により従前の例により行なわれる選挙に関し
てこの法律の適用後にした行為については、なお、この法律による改正前の公職選挙法第十六章(こ
れを準用する場合を含む。)及び政治資金規正法第六章の規定の例による。 

  附 則 (昭和五〇年七月一五日法律第六四号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、昭和五十一年一月一日から施行する。 

(政治団体の届出に関する経過措置)
第二条  改正前の政治資金規正法(以下「旧法」という。)第六条第一項(旧法第十八条において
準用する場合を含む。)の規定による届出をした政党、協会その他の団体で改正後の政治資金規正法
(以下「新法」という。)第三条第一項の政治団体(新法第五条第一項の規定により当該政治団体と
みなされる団体を含む。次項において同じ、)に該当するものは、この法律の施行の日(以下「施行
日」という。)から二月以内に、新法第六条の規定による届出をしなければならない。 
2  この法律の施行の際現に存する団体で前項の団体以外のもののうち新法第三条第一項の政治団体
に該当するものは、施行日から七日以内に、新法第六条の規定による届出をしなければならない。 
3  前二項の期間内にこれらの規定による届出があったときは、当該届出に係る団体は、当該届出が
されるまでの間は、新法第六条の規定による届出をしている政治団体とみなす。 

(報告書の提出等に関する経過措置)
第三条  次に掲げる報告書の提出については、なお従前の例による。 
一  施行日前の期間に係る旧法第十二条第一項(旧法第十八条において準用する場合を含む。)の
規定による報告書 
二  施行日前に行われた選挙に関してされた寄附及びその他の収入並びに支出に関する旧法第十三
条第一項(旧法第十八条において準用する場合を含む。)の規定による報告書並びに当該支出に関す
る旧法第十九条の規定による報告書 
三  施行日前に旧法第十七条第一項(旧法第十八条において準用する場合を含む。)に規定する事
由が生じた場合における同項の規定による報告書 
2  施行日前に提出された旧法第二十条第一項の規定する報告書又は前項の規定によりその提出につ
き従前の例によることとされる報告書の要旨の公表については、同条の規定の例による。 

(会計帳簿等の保存及び報告書の閲覧に関する経過措置)
第四条  旧法第十六条(旧法第十八条において準用する場合を含む。)に規定する会計帳簿、明細書
及び支出を証すべき書面(前条第一項の規定によりその提出につき従前の例によることとされる同項
第一号及び第二号に掲げる報告書(旧法第十九条の規定によるものを除く。)に係るものを含む。)
の保存については、なお従前の例による。 
2  前条第二項に規定する報告書の保存及び閲覧については、旧法第二十一条の規定の例による。 

(寄附の質的制限に関する経過措置)
第五条  新法第二十二条の三の規定は、施行日前に行われた同条第一項(同条第四項において準用
する場合を含む。)に規定する給付金の交付の決定に関しては、適用しない。 

(政令への委任)
第六条  附則第二条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、
政令で定める。 

(罰則に関する経過措置)
第七条  施行日前にした行為及び附則第三条第一項、第四条第一項又は第十一条第一項の規定によ
り従前の例によることとされる事項に係る施行日以後にした行為に対する罰則の適用については、
なお従前の例による。 

  附 則 (昭和五五年一二月八日法律第一〇七号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、昭和五十六年四月一日から施行する。 

(報告書の提出に係る事項等に関する経過措置)
第二条  改正後の政治資金規正法(以下「新法」という。)第十二条第一項(新法第十七条第一項
の規定によりその例によることとされる場合を含む。)の規定は、この法律の施行の日(以下「施行
日」という。)の属する年以後の期間に係る新法第十二条第一項の規定による報告書及び施行日以後
に新法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書
の提出について適用し、施行日の属する年の前年以前の期間に係る改正前の政治資金規正法(以下
「旧法」という。)第十二条第一項の規定による報告書及び施行日前に旧法第十七条第一項の規定に
より同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出については、なお従前の
例による。 

第三条  新法第三章の規定並びに新法第二十二条第三項及び第二十二条の二第二項の規定(政治団体
がする寄附及び個人が遺贈によつてする寄附に係る部分を除く。)は、新法第十九条第一項に規定す
る特定公職の候補者が施行日前に受けた寄附(新法第十九条の三第一項に規定する特定公職の候補者
に対する寄附に相当するものをいう。)に係る金銭等の全部又は一部に相当する金銭等を新法第十九
条第二項に規定する指定団体に取り扱わせるため施行日以後において当該指定団体に寄附する場合に
ついては、適用しない。 

第四条  施行日の属する年における新法第十九条の三第一項に規定する特定公職の候補者に対する
寄附に対する同条、新法第十九条の五、第十九条の七及び第十九条の八の規定の適用については、
新法第十九条の三第二項中「当該特定公職の候補者に対する寄附を受けた年において」とあり、及
び新法第十九条の五中「年間」とあるのは「昭和五十六年四月一日から同年十二月三十一日までの
間において」と、新法第十九条の七第一項第一号及び第二号中「年間」とあるのは「昭和五十六年
四月一日から同年十二月三十一日までの間において」と、「その年における」とあるのは「昭和五十
六年四月一日から同年十二月三十一日までの間における」と、新法第十九条の八中「その年において」
とあるのは「昭和五十六年四月一日から同年十二月三十一日までの間において」とする。 

(罰則に関する経過措置)
第五条  施行日前にした行為並びに附則第二条の規定により従前の例によることとされる旧法第十
二条第一項の規定による報告書及び旧法第十七条第一項の規定による報告書の提出に係る事項に係る
施行日以後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(政令への委任)
第六条  附則第二条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、
政令で定める。 

  附 則 (昭和五七年八月二四日法律第八一号) 抄 


(施行期日等)
第一条  この法律は、公布の日から施行する。 

(適用区分等)
第十三条  附則第一条第三項の規定によりなおその効力を有するものとされるこの法律による改正
前の公職選挙法第八十六条の規定により候補者として届出をし、又は推薦届出をされた者(当該候
補者となろうとする者及び同法第三条に規定する公職にある者を含む。)は、この法律による改正
後の政治資金規正法第三条第四項の公職の候補者に含まれるものとする。 

  附 則 (平成四年一二月一六日法律第九九号) 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成五年一月一日から施行する。ただし、第二条の規定及び附則第七条から
第十一条までの規定は、同年四月一日から施行する。 

(第一条の規定による改正に伴う経過措置)
第二条  第一条の規定による改正後の政治資金規正法(以下附則第六条までにおいて「新法」とい
う。)第四条第一項の規定は、第一条の規定の施行の日(以下附則第六条までにおいて「施行日」と
いう。)以後に収受される金銭、物品その他の財産上の利益で施行日以後に運用に供される金銭等に
相当する金銭等の当該運用に係る収受について適用し、施行日以後に収受される金銭、物品その他の
財産上の利益で施行日前に運用に供された金銭等に相当する金銭等の当該運用に係る収受については、
なお従前の例による。 

第三条  新法第八条の二の規定は、施行日以後に新たに運用に供される政治団体の有する金銭等及
び公職の候補者が受けた政治活動に関する寄附その他の政治資金に係る金銭等の全部又は一部に相
当する金銭等の運用について適用する。 

第四条  新法第九条第一項第三号の規定は、施行日以後に新たに運用に供される政治団体の有する
金銭等の運用について適用する。 

第五条  新法第十二条第一項(新法第十七条第一項の規定によりその例によることとされる場合を
含む。以下この条において同じ。)の規定は、施行日の属する年以後の年に係る新法第十二条第一
項の規定による報告書及び施行日以後に新法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提出すべ
き事由が生じた場合における当該報告書の提出について適用し、施行日の属する年の前年以前の年
に係る第一条の規定による改正前の政治資金規正法(以下この条において「旧法」という。)第十
二条第一項の規定による報告書及び施行日前に旧法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提
出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出については、なお従前の例による。 

第六条  新法第十九条の六第一項第四号の規定は、施行日以後に新たに運用に供される保有金に相
当する金銭等の運用について適用する。 

(第二条の規定による改正に伴う経過措置)
第七条  第二条の規定による改正後の政治資金規正法(以下附則第十一条までにおいて「新法」と
いう。)第九条第一項第一号ヘの規定は、第二条の規定の施行の日(以下附則第十一条までにおい
て「施行日」という。)以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収入で施行日以後に収
受されるものについて適用する。 
2  新法第九条第一項第一号トの規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係
る収入のうち対価の支払のあっせんをされたもので施行日以後に集められる対価として支払われる
金銭等について適用する。 

第八条  新法第十条第三項の規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収
入のうち対価の支払のあっせんをされたもので施行日以後に集められる対価として支払われる金銭
等について適用する。 

第九条  新法第十二条第一項第一号ヘ及びト(新法第十七条第一項の規定によりその例によること
とされる場合を含む。)の規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収入
で施行日以後に収受されるものについて適用する。 
2  新法第十二条第一項第一号チ(新法第十七条第一項の規定によりその例によることとされる場
合を含む。)の規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収入のうち対価
の支払のあっせんをされたもので施行日以後に集められる対価として支払われる金銭等について適
用する。 
3  新法第十二条第三項の規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収入
で施行日以後に収受されるものについて適用する。 

第十条  新法第十八条の二の規定は、施行日以後に同条第一項の特定パーティーになると見込まれ
る政治資金パーティー(第二条の規定の施行の際現に特定パーティーとなっているものを含む。以下
この条において同じ。)を開催する政治団体以外の者について適用する。この場合において、第二条
の規定の施行の際現に施行日以後に特定パーティーになると見込まれる政治資金パーティーを開催し
ようとしている政治団体以外の者に係る同項の規定の適用については、同項中「当該政治資金パー
ティーを開催しようとする時」とあるのは、「政治資金規正法の一部を改正する法律(平成四年法
律第九十九号)第二条の規定の施行の日」とする。 

第十一条  新法第二十二条の八第一項から第三項までの規定は、施行日以後に開催される政治資金
パーティーの対価の支払で、施行日以後に支払を受け又は支払をするものについて適用する。 
2  新法第二十二条の八第四項の規定は、施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価の支払
で施行日以後にされるもの及び施行日以後に開催される政治資金パーティーの対価に係る収入のうち
対価の支払のあっせんをされたもので施行日以後に集められる対価として支払われる金銭等につい
て適用する。 

(罰則に関する経過措置)
第十二条  この法律の施行前にした行為及びこの法律の附則において従前の例によることとされる
場合におけるこの法律の施行後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(政令への委任)
第十三条  附則第二条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、
政令で定める。 

  附 則 (平成五年一一月一二日法律第八九号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、行政手続法(平成五年法律第八十八号)の施行の日から施行する。 

(諮問等がされた不利益処分に関する経過措置)
第二条  この法律の施行前に法令に基づき審議会その他の合議制の機関に対し行政手続法第十三条
に規定する聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続に相当する手続を執る
べきことの諮問その他の求めがされた場合においては、当該諮問その他の求めに係る不利益処分の
手続に関しては、この法律による改正後の関係法律の規定にかかわらず、なお従前の例による。 

(罰則に関する経過措置)
第十三条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(聴聞に関する規定の整理に伴う経過措置)
第十四条  この法律の施行前に法律の規定により行われた聴聞、聴問若しくは聴聞会(不利益処
分に係るものを除く。)又はこれらのための手続は、この法律による改正後の関係法律の相当規
定により行われたものとみなす。 

(政令への委任)
第十五条  附則第二条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関して必要な経過措
置は、政令で定める。 

  附 則 (平成六年二月四日法律第四号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公職選挙法の一部を改正する法律(平成六年法律第二号)の施行の日の属
する年の翌年の一月一日から施行する。ただし、第三条第二項の改正規定、同条第三項及び第四
項の改正規定、同条に一項を加える改正規定、第六条の改正規定、第七条の改正規定(「を含む」
を「及び前条の規定によりその例によることとされる場合を含む」に改める部分を除く。)、第
七条の二第一項の改正規定、第十八条の改正規定(「第六条第四項」を「第六条第五項」に改め
る部分に限る。)並びに第十八条の二の改正規定(「第六条第四項」を「第六条第五項」に改め
る部分、「同条第三項」を「同条第四項」に改める部分及び「前二項」と、第七条」を「第一項
及び第二項」と、第六条の三中「主として活動を行う区域」とあるのは「政治資金パーティーの
開催場所」と、第七条第一項」に改める部分(第六条の三に係る部分を除く。)に限る。)並び
に次条及び附則第三条の規定は、同法の施行の日から施行する。 

(政党の定義に関する経過措置)
第二条  前条ただし書に規定する規定の施行の日(次条において「一部施行日」という。)から
公職選挙法の一部を改正する法律による改正後の公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)の施行の
日以後初めてその選挙の期日を公示される衆議院議員の総選挙のすべての当選人について同法第百
一条第二項又は第百一条の二第二項の規定による告示がされる日の前日までの間に限り、この法律
による改正後の政治資金規正法(以下「新法」という。)第三条第二項第二号の規定の適用につい
ては、同号中「衆議院議員の総選挙における小選挙区選出議員の選挙若しくは比例代表選出議員の
選挙」とあるのは、「衆議院議員の総選挙」とする。 

(政党の届出に関する経過措置)
第三条  この法律による改正前の政治資金規正法(以下「旧法」という。)第三条第一項の政治
団体で同条第二項の政党である旨を旧法第六条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。
)の規定により届け出たもの(以下この条において「旧政党」という。)のうち、一部施行日にお
いて新法第三条第二項の政党に該当するものは、一部施行日から七日以内に、新法第六条の規定に
よる届出をしなければならない。この場合において、一部施行日から当該届出がされるまでの間は、
同条の規定による届出がされていたものとみなす。 
2  旧政党で新法第三条第二項の政党に該当するもの以外の政治団体は、一部施行日において新法
第七条第一項前段の規定により政党でなくなった旨の届出をしたものとみなす。 
3  一部施行日において現に存する政治団体(旧政党を除く。)で新法第三条第二項の政党に該当
するものは、一部施行日から七日以内に、新法第六条の規定による届出をしなければならない。 

(報告書の提出等に関する経過措置)
第四条  新法第十二条第一項第一号(新法第十七条第一項の規定によりその例によることとされる
場合及び新法第十八条の二第二項の規定により読み替えて適用される場合を含む。以下この条にお
いて同じ。)の規定は、この法律の施行の日(以下「施行日」という。)の属する年以後の期間に
係る新法第十二条第一項の規定による報告書及び施行日以後に新法第十七条第一項の規定により同
項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の記載(新法第十九条の五の規定に
よる記載を含む。)及び提出について適用し、施行日の属する年の前年以前の期間に係る旧法第十
二条第一項の規定による報告書及び施行日前に旧法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提
出すべき事由が生じた場合における当該報告書の記載(旧法第十九条の五の規定による記載を含む。
)及び提出については、なお従前の例による。 
2  新法第十二条第一項第一号ロ及びハの規定は、寄附のうち寄附のあっせんに係るもので施行日
以後に集められる寄附について適用し、寄附のうち寄附のあっせんに係るもので施行日前に集めら
れた寄附については、なお従前の例による。 
3  新法第十二条第一項第一号ト及びチの規定は、政治資金パーティーの対価の支払のうち対価の
支払のあっせんに係るもので施行日以後に集められる対価の支払について適用し、政治資金パーテ
ィーの対価の支払のうち対価の支払のあっせんに係るもので施行日前に集められた対価の支払につ
いては、なお従前の例による。 

(特定寄附に関する経過措置)
第五条  新法第十九条第二項の規定による届出をした公職の候補者が旧法第十九条の六第一項の
保有金により当該届出に係る資金管理団体に対してする寄附で施行日から一年を経過する日までの
間にされたものは、新法第十九条の四に規定する特定寄附とみなす。 

(特定公職の候補者に係る報告書の提出に関する経過措置)
第六条  施行日の属する年の前年以前の期間に係る旧法第十九条の七第一項の規定による報告書及
び施行日前に同条第二項の規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報
告書の提出については、なお従前の例による。 

(罰則に関する経過措置)
第七条  施行日前にした行為並びに附則第四条の規定によりなお従前の例によることとされる旧
法第十二条第一項の規定による報告書及び旧法第十七条第一項の規定による報告書の記載及び提
出に係る事項に係る施行日以後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(政令への委任)
第八条  附則第二条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、
政令で定める。 

(削除)
第九条  削除 

(見直し)
第十条  この法律の施行後五年を経過した場合においては、政治資金の個人による拠出の状況を
踏まえ、政党財政の状況等を勘案し、会社、労働組合その他の団体の政党及び政治資金団体に対
してする寄附のあり方について見直しを行うものとする。 

  附 則 (平成六年三月一一日法律第一二号) 

 この法律は、公布の日から施行する。 


  附 則 (平成六年七月一日法律第八一号) 抄 


1  この法律は、一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律(平成六年法律第三十三号)の
施行の日から施行する。 

  附 則 (平成六年一一月二五日法律第一〇六号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公職選挙法の一部を改正する法律(平成六年法律第二号)の施行の日の
属する年の翌年の一月一日から施行する。 

  附 則 (平成九年五月九日法律第四三号) 抄 


(施行期日)
1  この法律は、平成十年三月三十一日までの間において政令で定める日から施行する。 

  附 則 (平成一〇年五月六日法律第四七号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日か
ら施行する。 

  附 則 (平成一一年七月一六日法律第八七号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成十二年四月一日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、
当該各号に定める日から施行する。 
一  第一条中地方自治法第二百五十条の次に五条、節名並びに二款及び款名を加える改正規
定(同法第二百五十条の九第一項に係る部分(両議院の同意を得ることに係る部分に限る。)
に限る。)、第四十条中自然公園法附則第九項及び第十項の改正規定(同法附則第十項に係る
部分に限る。)、第二百四十四条の規定(農業改良助長法第十四条の三の改正規定に係る部分
を除く。)並びに第四百七十二条の規定(市町村の合併の特例に関する法律第六条、第八条及
び第十七条の改正規定に係る部分を除く。)並びに附則第七条、第十条、第十二条、第五十九
条ただし書、第六十条第四項及び第五項、第七十三条、第七十七条、第百五十七条第四項から
第六項まで、第百六十条、第百六十三条、第百六十四条並びに第二百二条の規定 公布の日 

(共済組合に関する経過措置等)
第百五十八条  施行日前に社会保険関係地方事務官又は職業安定関係地方事務官であった者
に係る地方公務員等共済組合法又は地方公務員等共済組合法の長期給付等に関する施行法の
規定による長期給付(これに相当する給付で政令で定めるものを含む。以下この条において
同じ。)のうち、その給付事由が施行日前に生じた長期給付で政令で定めるものに係る地方
公務員等共済組合法第三条第一項第一号に規定する地方職員共済組合(以下この条において
「地方職員共済組合」という。)の権利義務は、政令で定めるところにより、施行日におい
て国家公務員共済組合法(昭和三十三年法律第百二十八号)第二十一条第一項に規定する国
家公務員共済組合連合会(以下この条において「国の連合会」という。)が承継するものと
する。施行日前に社会保険関係地方事務官又は職業安定関係地方事務官であった者に係る地
方公務員等共済組合法又は地方公務員等共済組合法の長期給付等に関する施行法の規定によ
る長期給付のうち、その給付事由が施行日以後に生ずる長期給付で政令で定めるものに係る
地方職員共済組合の権利義務についても、同様とする。 
2  地方職員共済組合は、附則第七十一条の規定により相当の地方社会保険事務局又は社会
保険事務所の職員となる者及び附則第百二十三条の規定により相当の都道府県労働局の職員
となる者並びに前項の規定によりその長期給付に係る地方職員共済組合の権利義務が国の連
合会に承継されることとなる者に係る積立金に相当する金額を、政令で定めるところにより、
国家公務員共済組合法第三条第二項の規定に基づき同項第四号ロに規定する職員をもって組
織する国家公務員共済組合(以下「厚生省社会保険関係共済組合」という。)若しくは同条
第一項の規定に基づき労働省の職員をもって組織する国家公務員共済組合(以下この条にお
いて「労働省共済組合」という。)又は国の連合会に移換しなければならない。この場合に
おいて、地方公務員等共済組合法第百四十三条第三項の規定は、適用しない。 
3  施行日の前日において地方公務員等共済組合法第百四十四条の二第一項後段の規定によ
り地方職員共済組合の組合員であるものとみなされていた者(施行日前に退職し、施行日の
前日以後同項前段の規定による申出をすることにより同項後段の規定により引き続き地方職
員共済組合の組合員であるものとみなされることとなる者を含む。)のうち、退職の日にお
いて社会保険関係地方事務官又は職業安定関係地方事務官であった者は、施行日において、
当該資格を喪失し、国家公務員共済組合法第百二十六条の五第一項後段の規定によりそれぞ
れ厚生省社会保険関係共済組合又は労働省共済組合の組合員であるものとみなされる者とな
るものとする。この場合において、同条第五項第一号及び第一号の二中「任意継続組合員と
なった」とあるのは、「地方公務員等共済組合法第百四十四条の二第一項後段の規定により
地方職員共済組合の組合員であるものとみなされる者となつた」とする。 
4  施行日前に地方職員共済組合の組合員であって、退職の日において社会保険関係地方事
務官又は職業安定関係地方事務官であったものについては、施行日以後は、地方公務員等共
済組合法附則第十八条第一項の規定を適用せず、これらの者にあっては、政令で定めるとこ
ろにより、それぞれ厚生省社会保険関係共済組合又は労働省共済組合の組合員であった者と
みなして、国家公務員共済組合法附則第十二条第一項の規定を適用する。 

(国等の事務)
第百五十九条  この法律による改正前のそれぞれの法律に規定するもののほか、この法律の
施行前において、地方公共団体の機関が法律又はこれに基づく政令により管理し又は執行す
る国、他の地方公共団体その他公共団体の事務(附則第百六十一条において「国等の事務」
という。)は、この法律の施行後は、地方公共団体が法律又はこれに基づく政令により当該
地方公共団体の事務として処理するものとする。 

(処分、申請等に関する経過措置)
第百六十条  この法律(附則第一条各号に掲げる規定については、当該各規定。以下この条
及び附則第百六十三条において同じ。)の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定によりさ
れた許可等の処分その他の行為(以下この条において「処分等の行為」という。)又はこの
法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の
行為(以下この条において「申請等の行為」という。)で、この法律の施行の日においてこ
れらの行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則第二条から前条まで
の規定又は改正後のそれぞれの法律(これに基づく命令を含む。)の経過措置に関する規定に
定めるものを除き、この法律の施行の日以後における改正後のそれぞれの法律の適用について
は、改正後のそれぞれの法律の相当規定によりされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。 
2  この法律の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定により国又は地方公共団体の機関に対
し報告、届出、提出その他の手続をしなければならない事項で、この法律の施行の日前にその
手続がされていないものについては、この法律及びこれに基づく政令に別段の定めがあるもの
のほか、これを、改正後のそれぞれの法律の相当規定により国又は地方公共団体の相当の機関
に対して報告、届出、提出その他の手続をしなければならない事項についてその手続がされて
いないものとみなして、この法律による改正後のそれぞれの法律の規定を適用する。 

(不服申立てに関する経過措置)
第百六十一条  施行日前にされた国等の事務に係る処分であって、当該処分をした行政庁(以
下この条において「処分庁」という。)に施行日前に行政不服審査法に規定する上級行政庁
(以下この条において「上級行政庁」という。)があったものについての同法による不服申立
てについては、施行日以後においても、当該処分庁に引き続き上級行政庁があるものとみなし
て、行政不服審査法の規定を適用する。この場合において、当該処分庁の上級行政庁とみなさ
れる行政庁は、施行日前に当該処分庁の上級行政庁であった行政庁とする。 
2  前項の場合において、上級行政庁とみなされる行政庁が地方公共団体の機関であるときは、
当該機関が行政不服審査法の規定により処理することとされる事務は、新地方自治法第二条第
九項第一号に規定する第一号法定受託事務とする。 

(手数料に関する経過措置)
第百六十二条  施行日前においてこの法律による改正前のそれぞれの法律(これに基づく命
令を含む。)の規定により納付すべきであった手数料については、この法律及びこれに基づく
政令に別段の定めがあるもののほか、なお従前の例による。 

(罰則に関する経過措置)
第百六十三条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例
による。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第百六十四条  この附則に規定するもののほか、この法律の施行に伴い必要な経過措置(罰
則に関する経過措置を含む。)は、政令で定める。 
2  附則第十八条、第五十一条及び第百八十四条の規定の適用に関して必要な事項は、政令で
定める。 

(検討)
第二百五十条  新地方自治法第二条第九項第一号に規定する第一号法定受託事務については、
できる限り新たに設けることのないようにするとともに、新地方自治法別表第一に掲げるもの
及び新地方自治法に基づく政令に示すものについては、地方分権を推進する観点から検討を加
え、適宜、適切な見直しを行うものとする。 

第二百五十一条  政府は、地方公共団体が事務及び事業を自主的かつ自立的に執行できるよ
う、国と地方公共団体との役割分担に応じた地方税財源の充実確保の方途について、経済情
勢の推移等を勘案しつつ検討し、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。 

第二百五十二条  政府は、医療保険制度、年金制度等の改革に伴い、社会保険の事務処理の
体制、これに従事する職員の在り方等について、被保険者等の利便性の確保、事務処理の効率
化等の視点に立って、検討し、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を
講ずるものとする。 

  附 則 (平成一一年七月一六日法律第一〇四号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、内閣法の一部を改正する法律(平成十一年法律第八十八号)の施行
の日から施行する。 

(政令への委任)
第四条  前二条に定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な事項は、政令で定める。 

  附 則 (平成一一年一二月二〇日法律第一五九号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成十二年一月一日から施行する。 

(罰則に関する経過措置)
第二条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 
2  この法律による改正後の政治資金規正法(以下「新法」という。)第二十六条(新法第
二十一条第一項及び第二十二条の二に係る部分に限る。)の規定は、この法律の施行の日か
ら平成十二年三月三十一日までの間に会社、労働組合、職員団体その他の団体(以下「団体」
という。)が資金管理団体に対してする寄附についてされた行為に対しては、適用しない。
ただし、当該寄附により、当該団体が当該期間内に政党及び政治資金団体以外の者に対して
した寄附の額が新法第二十一条の三第一項第二号から第四号までの各号の区分に応じ、当該
各号に掲げる額の二分の一に相当する額を超えることとなる場合又は当該団体が当該期間内
に同一の資金管理団体に対してした寄附の額が五十万円を超えることとなる場合は、この限
りでない。 

  附 則 (平成一一年一二月二二日法律第一六〇号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律(第二条及び第三条を除く。)は、平成十三年一月六日から施行する。 

  附 則 (平成一三年六月八日法律第四〇号) 抄 


(施行期日)
1  この法律は、平成十四年三月三十一日までの間において政令で定める日から施行する。 

  附 則 (平成一四年七月三一日法律第九八号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公社法の施行の日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、
当該各号に定める日から施行する。 
一  第一章第一節(別表第一から別表第四までを含む。)並びに附則第二十八条第二項、
第三十三条第二項及び第三項並びに第三十九条の規定 公布の日 

(罰則に関する経過措置)
第三十八条  施行日前にした行為並びにこの法律の規定によりなお従前の例によることと
される場合及びこの附則の規定によりなおその効力を有することとされる場合における施行
日以後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第三十九条  この法律に規定するもののほか、公社法及びこの法律の施行に関し必要な経
過措置(罰則に関する経過措置を含む。)は、政令で定める。 

  附 則 (平成一四年七月三一日法律第一〇〇号) 


(施行期日)
第一条  この法律は、民間事業者による信書の送達に関する法律(平成十四年法律第九十
九号)の施行の日から施行する。 

(罰則に関する経過措置)
第二条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例によ
る。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第三条  前条に定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、政令で定め
る。 

  附 則 (平成一五年七月一六日法律第一一九号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)の施行の日か
ら施行する。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第六条  この附則に規定するもののほか、この法律の施行に伴い必要な経過措置は、政令
で定める。 

  附 則 (平成一六年一二月一日法律第一五〇号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成十七年四月一日から施行する。 

(罰則に関する経過措置)
第四条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

  附 則 (平成一六年一二月三日法律第一五四号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める
日(以下「施行日」という。)から施行する。 

(処分等の効力)
第百二十一条  この法律の施行前のそれぞれの法律(これに基づく命令を含む。以下こ
の条において同じ。)の規定によってした処分、手続その他の行為であって、改正後のそれ
ぞれの法律の規定に相当の規定があるものは、この附則に別段の定めがあるものを除き、改
正後のそれぞれの法律の相当の規定によってしたものとみなす。 

(罰則に関する経過措置)
第百二十二条  この法律の施行前にした行為並びにこの附則の規定によりなお従前の例に
よることとされる場合及びこの附則の規定によりなおその効力を有することとされる場合に
おけるこの法律の施行後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第百二十三条  この附則に規定するもののほか、この法律の施行に伴い必要な経過措置は、
政令で定める。 

(検討)
第百二十四条  政府は、この法律の施行後三年以内に、この法律の施行の状況について検討
を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。 

  附 則 (平成一七年七月二六日法律第八七号) 抄 

 この法律は、会社法の施行の日から施行する。 


  附 則 (平成一七年一〇月二一日法律第一〇二号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、郵政民営化法の施行の日から施行する。 

(罰則に関する経過措置)
第百十七条  この法律の施行前にした行為、この附則の規定によりなお従前の例によるこ
ととされる場合におけるこの法律の施行後にした行為、この法律の施行後附則第九条第一項
の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便為替法第三十八条の八(第二号及び
第三号に係る部分に限る。)の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第十三条第
一項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替法第七十条(第二号及び第
三号に係る部分に限る。)の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第二十七条第
一項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替預り金寄附委託法第八条(
第二号に係る部分に限る。)の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第三十九条
第二項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法第七十条(第二号に係る部
分に限る。)の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第四十二条第一項の規定に
よりなおその効力を有するものとされる旧公社法第七十一条及び第七十二条(第十五号に係
る部分に限る。)の規定の失効前にした行為並びに附則第二条第二項の規定の適用がある場
合における郵政民営化法第百四条に規定する郵便貯金銀行に係る特定日前にした行為に対す
る罰則の適用については、なお従前の例による。 

  附 則 (平成一七年一一月二日法律第一〇四号) 抄 


1  この法律は、平成十八年一月一日から施行する。ただし、第二条及び附則第三項の規定
は、郵便振替法(昭和二十三年法律第六十号)の廃止の日から施行する。 
3  第二条の規定の施行の日前にされた政治資金団体に対する寄附及び政治資金団体のする寄
附については、なお従前の例による。 

  附 則 (平成一七年一一月二日法律第一〇五号) 抄 


1  この法律は、公布の日から起算して一月を経過した日から施行する。 

  附 則 (平成一八年六月一四日法律第六六号) 抄 

 この法律は、平成十八年証券取引法改正法の施行の日から施行する。 


  附 則 (平成一八年一二月二〇日法律第一一三号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、公布の日から起算して五日を経過した日から施行する。ただし、次の
各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。 
一  第一条のうち政治資金規正法第十二条の改正規定(同条第一項第一号ロに係る部分を除
く。)、同法第十八条の二第二項の改正規定(「第十六条」を「第十六条第一項」に改める部
分を除く。)、同法第二十条第一項の改正規定、同法第二十条の二第一項の改正規定及び同条
の次に一条を加える改正規定並びに第二条及び第三条の規定並びに附則第四条から附則第六条
まで、附則第八条及び附則第十条から附則第十二条までの規定 平成十九年一月一日 
二  第四条並びに附則第七条、附則第九条及び附則第十三条の規定 郵便振替法(昭和二十
三年法律第六十号)の廃止の日 

(政治資金規正法の一部改正に伴う経過措置)
第二条  第一条の規定による改正後の政治資金規正法(以下附則第六条まで及び附則第十五
条において「新政治資金規正法」という。)第九条第一項第一号ロの規定は、この法律の施行
の日(以下この条及び次条において「施行日」という。)以後に政治団体が受ける寄附につい
て適用し、施行日前に政治団体が受けた寄附については、なお従前の例による。 
2  新政治資金規正法第十二条第一項第一号ロの規定は、施行日以後に提出すべき期間が開始
する同項の規定による報告書及び施行日以後に新政治資金規正法第十七条第一項の規定により
報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出について適用し、施行日前に
提出すべき期間が開始した第一条の規定による改正前の政治資金規正法(以下附則第六条まで
において「旧政治資金規正法」という。)第十二条第一項の規定による報告書及び施行日前に
旧政治資金規正法第十七条第一項の規定により報告書を提出すべき事由が生じた場合における
当該報告書の提出については、なお従前の例による。 

第三条  施行日の直近の定時株主総会基準日(新政治資金規正法第二十二条の五第一項に規定
する定時株主総会基準日をいう。以下この条において同じ。)において外国人又は外国法人が
発行済株式の総数の過半数に当たる株式を保有していた株式会社に係る施行日以後最初の定時株
主総会基準日までの間における新政治資金規正法第二十二条の五第一項の規定の適用については、
同項中「その他の組織(金融商品取引法第二条第十六項に規定する金融商品取引所(以下この項
において単に「金融商品取引所」という。)に上場されている株式を発行している株式会社のう
ち定時株主総会において議決権を行使することができる者を定めるための会社法(平成十七年法
律第八十六号)第百二十四条第一項に規定する基準日(以下この項において「定時株主総会基準
日」という。)を定めた株式会社であつて直近の定時株主総会基準日が一年以内にあったものに
あっては、当該定時株主総会基準日において外国人又は外国法人が発行済株式の総数の過半数に
当たる株式を保有していたもの)」とあるのは、「その他の組織」とする。 

第四条  新政治資金規正法第十二条第二項(新政治資金規正法第十七条第四項において準用する
場合を含む。)の規定は、附則第一条第一号に掲げる規定の施行の日(以下「一部施行日」とい
う。)以後に提出すべき期間が開始する新政治資金規正法第十二条第一項の規定による報告書及
び一部施行日以後に新政治資金規正法第十七条第一項の規定により報告書を提出すべき事由が生
じた場合における当該報告書の提出について適用し、一部施行日前に提出すべき期間が開始した
旧政治資金規正法第十二条第一項の規定による報告書及び一部施行日前に旧政治資金規正法第十
七条第一項の規定により報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出につい
ては、なお従前の例による。 

第五条  新政治資金規正法第二十条第一項後段の規定は、一部施行日以後に提出すべき期間が開
始する新政治資金規正法第十二条第一項の規定による報告書から適用する。 

第六条  新政治資金規正法第二十条の三の規定は、一部施行日以後に提出すべき期間が開始する
新政治資金規正法第十二条第一項の規定による報告書及び一部施行日以後に新政治資金規正法第
十七条第一項の規定により提出すべき事由が生じた場合における当該報告書並びにこれらに添付
し、又は併せて提出すべき書面について適用し、一部施行日前に提出すべき期間が開始した旧政
治資金規正法第十二条第一項の規定による報告書及び一部施行日前に旧政治資金規正法第十七条
第一項の規定により提出すべき事由が生じた場合における当該報告書並びにこれらに添付し、又
は併せて提出すべき書面については、なお従前の例による。 

第七条  附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日以後に提出される第四条の規定による改正後
の政治資金規正法第十二条第一項の報告書又は同法第十七条第一項の報告書に併せて提出すべき書
面であって同日前の支出に係る部分を含むものに係る同法第十二条第二項(同法第十七条第四項に
おいて準用する場合を含む。)の規定の適用については、同法第十二条第二項中「金融機関が作成
した振込みの明細書」とあるのは、「金融機関若しくは日本郵政公社が作成した振込み若しくは振
替の明細書」とする。 

(罰則に関する経過措置)
第十四条  この法律(附則第一条各号に掲げる規定については、当該規定。以下この条において
同じ。)の施行前にした行為並びに附則第二条、第四条、第八条及び第十条の規定によりなお従前
の例によることとされる場合におけるこの法律の施行後にした行為に対する罰則の適用については、
なお従前の例による。 

(検討)
第十五条  新政治資金規正法第二十二条の五の規定については、この法律の施行後三年を目途と
して、新政治資金規正法の施行状況等を勘案し、検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措
置が講ぜられるものとする。 

  附 則 (平成一九年六月一日法律第七四号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成二十年十月一日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当
該各号に定める日から施行する。 
一  附則第三条から第二十二条まで、第二十五条から第三十条まで、第百一条及び第百二条の規
定 公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日 

(処分等に関する経過措置)
第百条  この法律の施行前に改正前のそれぞれの法律(これに基づく命令を含む。以下この条に
おいて同じ。)の規定によってした処分、手続その他の行為であって、改正後のそれぞれの法律の
規定に相当の規定があるものは、この附則に別段の定めがあるものを除き、改正後のそれぞれの法
律の相当の規定によってしたものとみなす。 

(罰則の適用に関する経過措置)
第百一条  この法律(附則第一条各号に掲げる規定にあっては、当該規定。以下この条において
同じ。)の施行前にした行為並びにこの附則の規定によりなお従前の例によることとされる場合及
びこの附則の規定によりなおその効力を有することとされる場合におけるこの法律の施行後にした
行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 

(その他の経過措置の政令への委任)
第百二条  この附則に定めるもののほか、この法律の施行に伴い必要な経過措置は、政令で定める。 

  附 則 (平成一九年七月六日法律第一〇七号) 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成二十年一月一日から施行する。ただし、第十九条の二の次に一条を加え
る改正規定及び次条の規定は、公布の日から起算して一月を経過した日から施行する。 

(経過措置)
第二条  この法律による改正後の政治資金規正法(以下「新法」という。)第十九条の二の二の規
定は、次に掲げる土地若しくは建物の所有権又は借地権(建物の所有を目的とする地上権又は土地の
賃借権をいう。以下同じ。)については適用しない。 
一  資金管理団体が前条ただし書に規定する規定の施行の日(以下「一部施行日」という。)前か
ら引き続き保有している土地若しくは建物の所有権又は借地権 
二  資金管理団体が一部施行日前にされた土地若しくは建物の所有権又は借地権の取得に係る契約
又は遺贈に基づいて一部施行日以後に取得する土地若しくは建物の所有権又は借地権 
三  次に掲げる土地若しくは建物の所有権又は借地権
イ 資金管理団体が一部施行日以後に第一号又は前号に掲げる土地の所有権又は借地権を保有してお
り又は取得した場合において、一部施行日又は当該取得の日から一年以内(当該期間内に次号に規定
する換地処分等に関して当該土地に係る建物の所有権の取得が制限される期間があるときは、一年に
当該期間を加えた期間以内とする。)に取得する当該土地(当該土地について次号に規定する換地処
分等があったときは、当該換地処分等により取得した土地を含む。)の上の建物の所有権
ロ 資金管理団体が一部施行日以後に第一号又は前号に掲げる建物の所有権を保有しており又は取得
した場合(当該建物の所有権を引き続き保有するために当該建物の敷地を使用する権原を新たに取得
することが必要な事情があるときに限る。)において、一部施行日又は当該建物の所有権の取得の日
から一年以内に取得する当該建物の敷地の借地権(当該借地権の取得が困難な事情があるときは、当
該敷地の所有権を含む。)
四  資金管理団体が、前三号に掲げる土地若しくは建物の所有権又は借地権(この号に掲げる土地若
しくは建物の所有権又は借地権を含む。)に代えて、一部施行日以後に換地処分等(土地区画整理法
(昭和二十九年法律第百十九号)その他の法律による土地区画整理事業等の事業における換地処分そ
の他の従前の土地若しくは建物の所有権又は借地権に代えて他の土地若しくは建物の所有権又は借地
権を取得させる手続をいう。)により取得する土地若しくは建物の所有権又は借地権 
2  資金管理団体(新法第十二条第一項の規定により報告書に記載すべき資産等があった年の十二月
三十一日又は解散し、若しくは目的の変更その他により政治団体でなくなった日において資金管理団
体であったものを含む。)の会計責任者が政治団体の会計責任者として行う、一部施行日の属する年
以後の年に係る新法第十二条第一項の規定による報告書及び一部施行日以後に新法第十七条第一項の
規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出に係る新法第十二
条第一項第三号の規定の適用については、同号イ及びハ中「所在及び面積」とあるのは「所在、面積
及び利用の現況(当該資金管理団体の事務所の用に供している場合にあってはその旨、当該資金管理
団体の事務所以外の用に供している場合にあってはその用途並びに当該土地を現に使用している者ご
との用途、使用している面積、その者と当該資金管理団体及びその代表者との関係並びに使用の対価
の価額をいう。)」と、同号ロ中「所在及び床面積」とあるのは「所在、床面積及び利用の現況(当
該資金管理団体の事務所の用に供している場合にあってはその旨、当該資金管理団体の事務所以外の
用に供している場合にあってはその用途並びに当該建物を現に使用している者ごとの用途、使用して
いる床面積、その者と当該資金管理団体及びその代表者との関係並びに使用の対価の価額をいう。)
」とする。 

第三条  新法第十九条の五の二の規定は、この法律の施行の日(以下「施行日」という。)の属する
年以後の年に係る新法第十二条第一項の規定による報告書及び施行日以後に新法第十七条第一項の規
定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出について適用し、施
行日の属する年の前年以前の年に係るこの法律による改正前の政治資金規正法(以下「旧法」という。
)第十二条第一項の規定による報告書及び施行日前に旧法第十七条第一項の規定により同項の報告書
を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書の提出については、なお従前の例による。 
2  前項の規定によりなお従前の例によることとされる場合における施行日以後にした行為に対する
罰則の適用については、なお従前の例による。 

  附 則 (平成一九年一二月二八日法律第一三五号) 抄 


(施行期日)
第一条  この法律は、平成二十年一月一日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該
各号に定める日から施行する。 
一  第三章の次に一章を加える改正規定中第三章の二第二節及び第三節に係る部分、第二十六条の
五の次に二条を加える改正規定中第二十六条の七に係る部分並びに附則第十四条から第十七条までの
規定 平成二十年四月一日 
二  第六条及び第七条第一項の改正規定、第七条の二第一項の改正規定(国会議員関係政治団体の
届出に関する部分に限る。)並びに第十九条の五の二の改正規定 平成二十年十月一日 

(任命のために必要な行為)
第二条  この法律による改正後の政治資金規正法(以下「新法」という。)第十九条の三十二第一
項の規定による政治資金適正化委員会の委員の任命のために必要な行為は、前条第一号に定める日
前においても行うことができる。 

(国会議員関係政治団体の届出に関する経過措置)
第三条  新法第十九条の八第一項及び第二項の規定は、附則第一条第二号に定める日の前日までの
間は、適用しない。 
2  附則第一条第二号に定める日から平成二十年十二月三十一日までの間における新法第十九条の
七第一項に規定する国会議員関係政治団体(同条第二項の規定により同条第一項第一号に係る国会
議員関係政治団体とみなされるものを含む。)に係る新法第六条第一項及び第七条第一項の規定の
適用については、これらの規定中「七日以内」とあるのは、「平成二十年十二月三十一日まで」と
する。 

(領収書等の写しに関する経過措置)
第四条  新法第十二条第二項の規定は、この法律の施行の日(以下「施行日」という。)の属する
年以後の年に係る同条第一項の規定による報告書及び施行日以後に新法第十七条第一項の規定によ
り同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書に併せて提出すべき領収書等の
写しについて適用し、施行日の属する年の前年以前の年に係る新法第十二条第一項の規定による報
告書及び施行日前にこの法律による改正前の政治資金規正法(以下「旧法」という。)第十七条第
一項の規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における当該報告書に併せて提出す
べき領収書等の写しについては、旧法の規定の例による。 

(国会議員関係政治団体に係る領収書等の徴収に関する経過措置)
第五条  新法第十九条の九において読み替えて適用する第十一条及び第十九条の十一の規定は、平
成二十一年一月一日(以下「適用日」という。)以後の支出について適用し、適用日前の支出につ
いては、旧法の規定の例による。 

(国会議員関係政治団体に係る報告書の記載及び提出に関する経過措置)
第六条  新法第十九条の十において読み替えて適用する第十二条第一項及び第十七条第一項、第十
九条の十三並びに第十九条の十四の規定は、適用日の属する年以後の年に係る新法第十二条第一項
の規定による報告書及び適用日以後に新法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提出すべき
事由が生じた場合における当該報告書の記載及び提出について適用する。 
2  適用日の属する年の前年以前の年に係る新法第十二条第一項の規定による報告書並びに施行日
前に旧法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合及び施行日以後
適用日前に新法第十七条第一項の規定により同項の報告書を提出すべき事由が生じた場合における
当該報告書の記載及び提出については、旧法の規定の例による。 

(国会議員関係政治団体に係る少額領収書等の写しの開示に関する経過措置)
第七条  新法第十九条の十六の規定は、適用日の属する年以後の年に係る同条第一項に規定する少
額領収書等の写しの開示について適用する。 

(収支報告書の要旨の公表に関する経過措置)
第八条  新法第二十条第一項の規定は、適用日の属する年以後の年に係る新法第十二条第一項の規
定による報告書の要旨の公表について適用し、適用日の属する年の前年以前の年に係る同項の規定
による報告書の要旨の公表については、旧法の規定の例による。 

(収支報告書等の写しの交付等に関する経過措置)
第九条  新法第二十条の二第二項(写しの交付に関する部分に限る。)及び第三項並びに第三十二
条の三(この法律による改正に係る部分に限る。)の規定は、適用日の前日までの間は、適用しない。 

(電子情報処理組織の使用に関する経過措置)
第十条  新法第十九条の十五及び第三十二条の二の規定は、平成二十一年十二月三十一日までの間
は、適用しない。 

(罰則に関する経過措置)
第十一条  この法律(附則第一条各号に掲げる規定については、当該規定。以下この条において同
じ。)の施行前にした行為並びに附則第四条、第五条及び第六条第二項の規定により旧法の規定の
例によることとされる場合におけるこの法律の施行後にした行為に対する罰則の適用については、
なお従前の例による。 

(政令への委任)
第十二条  附則第三条から前条までに定めるもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置
は、政令で定める。 

(検討)
第十八条  新法の規定については、国会議員関係政治団体に係る収支報告等の特例制度の実施後三
年を目途として、新法の施行状況等を勘案し、収支報告等の特例制度の対象となる政治団体の範囲の
拡大等について検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。





国民から見た日本国憲法改正検討案については、国民から見た日本国憲法改正検討案 参照。

国民電子投票については、国民電子投票法のイメージ(国民から見た検討案) 参照。

国会法の改正については、国会の改革 国会法の改正(国民から見た検討案) 参照。

公職選挙法改正については、公職選挙法改革 公職選挙法改正(国民から見た検討案) 参照。


 日本国民の人権を守るため、日本の真の独立を勝ち取り、アメリカの奴隷からの開放を目指すため、日米安保条約解約。
 日本は、日本国民が無視され続けている不平等の日米安保条約を解約しなければならない。 日本国民が戦わねば、日本の夜明けは訪れない。

項       目

核兵器の法的禁止条約締結交渉を始めるように国連総会に勧告する核軍縮ジュネーブ部会決議に日本政府拒否表明(2016年8月)昭和天皇万歳、民主主義国家ドイツのヒトラー万歳、安倍総理万歳、ナチ党万歳、自民党万歳、習近平万歳、金正恩万歳、核抑止力? それでも、日本は平和外交に徹すべし。 安倍政権の憲法改正の真の目的。9条改正ではない。
日本国憲法改正。天皇制の廃止は必然。国民の人権が蹂躙される根源は昭和天皇戦争犯罪に対する戦争犯罪特別訴追条項を刑法に規定することについて靖国神社に高市総務大臣、丸川五輪大臣、山本農林大臣、萩生田官房副長官閣僚が参拝。2016年8月。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。天皇制廃止への加速。
熊本地震 大規模災害の救助支援 救助体制について日本の積極的平和主義日米同盟とは その本質
2015年安倍内閣の暴走 憲法違反の戦争法案の安全保障関連法案の制定 日本の戦争への道 ★マイナンバー制度で戸籍の登録見直し。別姓による婚姻、親子登録・証明など ★北朝鮮のミサイル発射 政府が電波停止に言及した時点(2016年2月15日 国会答弁)での捉え方 ★
川内原発再稼動問題 再稼動の要件 福島原発事故の教訓より原発は18年以内に廃止する前提第47回衆議院議員選挙 総選挙 安倍総理と自民党の計略、愚かな日本国民日本の存立の危機。集団的自衛権行使容認の閣議決定、安全法制整備法案憲法違反。
日本の集団的自衛権の行使、2013年現行憲法が有効下、認められない。もし、政府が集団的自衛権を行使した戦闘行為に参戦した場合、日本国民は政府の独裁化及び日本軍隊の暴動と見做して臨む。昭和天皇とマッカーサーと日米安全保障条約政府の犯罪 自民党国会議員 訴追逃れに幇助 集団的自衛権の行使容認へ発展
北朝鮮:海外からの人道支援の恩恵で軍事費増、
日本:追加の東日本災害復興特別税支援の恩恵で防衛費増、日本の官僚もモラルの欠如
参議院議員選挙2013 日本再生 第3第4の矢 第5の矢 第6の矢靖国神社に閣僚が参拝。2013年8月15日。新藤大臣、古屋大臣、稲田大臣は政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任は糾弾されねばならない。
靖国神社に閣僚が参拝。2013年4月21日。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。福島第一原発事故 放出された放射性物質、その循環 放射性物質のホットスポットなど参議院議員選挙2013年 自民党憲法96条問題 日本の真の主権回復 戦後レジームからの脱却 日米安全保障条約の解約
日本が核兵器を非合法化する努力を強める国連会議(2012年10月22日)の共同声明への参加を断る第46回衆議院総選挙 自民勝利。自民党議員 正義はない。イラク戦争 航空自衛隊の殺人幇助、小泉及び安倍元総理ら、防衛大臣ら、関係官僚らの刑法に抵触する犯罪。福島第一原発事故の教訓 原発の新安全基準 多重防御の対策 原発事故の補償 再稼動問題
日本の集団的自衛権の行使:国民は容認しない。国会議員:戦争認識の欠如、原発の廃止と使用済み核燃料の安全確保の認識欠如靖国神社に閣僚が又参拝 2012年10月18日。政府高官として資質を欠く下地大臣、羽田大臣。大臣職を辞して参拝すればよい。原子力規制委員会 原発の過酷事故を想定した放射性物質の拡散予測の試算結果概要を公表 2012年10月24日 しかし、最大放出規模の避難区域ではない
2012年8月15日閣僚の靖国神社参拝 非常識。靖国神社を参拝するなとは言っていない。閣僚を辞して参拝すればよい。オスプレイ配備&飛行訓練問題 原発廃止問題 竹島&尖閣&北方領土問題 東日本大震災被災地復興問題 福島第一原発事故放射能除染問題などへの対応:全く政府の体をなしていない。ホームページ末尾のみ意味不明な漢字が現れる状態、推測されるその原因、及び筆者が行った解消方法
2012年6月時点で政府の大飯原発再稼動決定 福島原発事故の教訓生かされず。日本政府の行為は、日本国民の生命と生活の安全を軽視した弾圧的行為である。政府が責任を持つという発言は既に福島で裏切られている。日本のエネルギー政策:20年以内の全原発廃止の方針を定めよ。移行期間の原発:新安全基準に不適合の原発は稼動できない。原発廃止 選挙 オスプレイ配備反対 日米安保条約解約
原発再稼動の問題、安全基準の見直し必須 原発事故後の防災対策重点地域 避難範囲30kmの妥当性が問題他武器輸出三原則の緩和政策:国民の政治・政府不信を益々加速させる原発安全対策の改善が不十分。第46回衆議院議員選挙 国民の意思表示:脱原発、原発廃止
経済産業省 見直し後の原発安全設計審査指針を示さないまま原発再稼動を要請 行政が暴走している原発再稼動要請問題 首相、経済産業省大臣などとの意見の食い違い 現在の原発行政組織では必然的に生じる問題食品の放射能汚染 放射性セシウム検査 一過性ではなく、今後も長期間実施しなければならない原発事故の宿命と国の責務
茶葉の放射性セシウム検出値 生茶、荒茶の評価方法による問題東日本大震災の復興計画策定 復興計画策定に係わる概念の列挙 (原発放射能関連は未記述)国会の改革 国会法の改正 公職選挙法改正 日本国憲法の改正 政治資金規正法改正 国民電子投票法(国民から見た検討中の案)
前原外相辞任問題。政治資金規正法見直し。あらゆる政治献金・政治資金パーティの禁止の法制化東日本大震災 津波 福島第一原発事故 避難施設 避難指示 原子力発電所の安全基準の見直し 復興予算捻出例国民が求める東日本大震災からの復興のための財源捻出案 10年計画私的試案
尖閣諸島沖の中国漁船と巡視船の衝突 日本の事情聴取に対し中国政府の仕返し応報措置 中国政府の信用できない姿を露呈刑事事件取調べ時の可視化 冤罪の回避に繋がる 現行犯以外の犯罪の起訴・有罪で裁けなくなる可能性大小沢一郎議員の政治資金疑惑問題 国会議員すべて同じ穴の狢(むじな) 政党あるいは政治資金管理団体等への企業献金をも禁止を訴える
2010年7月の参議院議員選挙 民意を反映してくれる政党、勢力への転換を目指した国民の正義の旋風を起こそう国民 ID 番号、個人認証、議員選挙電子投票システム、国民自身による国政電子議決システム、税制改革 高福祉目標水準への転換火災報知器設置義務化 電池寿命が近づいた場合に発せられる継続する警報音への懸念
郵政民営化 僻地におけるユニバーサルサービスの維持の公約 単純な民営化では解決できない事案岡田外務大臣の有事の際の核持ち込み容認発言 日本国民は核兵器持ち込みを絶対に容認しない普天間飛行場移設問題 移設先 沖縄の辺野古キャンプシュワブ沖? 日米合意? ソリューション
核再持ち込み密約 署名入り極秘文章 公表 日米安保条約 付属の合意事項普天間基地の移設 沖縄米軍基地の抑止力を吹聴する日本政府高官核持ち込み introduction:核配備は事前協議 entry:核持ち込み(飛来、寄航、貯蔵)は事前協議対象外容認 密約調査 何も変わらない
北朝鮮 ミサイル発射 日本の核保有論 日米同盟 アメリカの核による抑止 ミサイル防衛北沢防衛大臣 普天間基地の移転問題への言及 国民を愚弄した説明核 密約問題 沖縄返還時点の核再持込み密約の疑惑 現在進行形の機密事案か?
日本の平和 日本国憲法 第九条 日米安全保障条約 日本の未来自衛隊 合憲?違憲?衆議院議員選挙 自民党 今までの外交・安全保障の政策が問題 認識を欠く
自民党総裁 衆議院で連立勢力が3分の2以上の議席を確保できなければ、誰が選ばれても毎年辞任を余儀なくされることになる日本国総理大臣文民統制 シビリアンコントロールは名ばかり 政府と自衛隊内部との意識のずれ定額給付金案について 自民・公明連立政権 大多数の国民の意向を無視
自衛隊の海外派遣の恒久法と日本の選択 裁判員制度、裁判員の数の優位、評決が多数決の原理でも一般の裁判員の評決の一票の重みは裁判官の半分未満日本の調査捕鯨 鯨肉販売の副産物収益の割合 実際に要する調査費用が不明 委託調査費用より財団の鯨肉販売の副産物収益が過大 商業捕鯨と同等
イラクに派遣されている航空自衛隊が、万が一、重火器の弾薬をアメリカ軍に輸送している場合は、犯罪に当たるのではないか日本の平和のためのシナリオ:日米安全保障条約 締約終了、日米平和条約締約、現在基地を有する県への補助費用は支給続行、国民の生活保障を進める政策、日本の自立を進めるテロ対策特別措置法延長問題、新テロ対策特別措置法の立法化問題について
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 議員 将来 首相で参拝されると困る靖国神社の春季例大祭、安倍首相が内閣総理大臣の肩書きを付して供え物をした 日本国民の代表としての配慮を欠く行為日本国の自衛軍、自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオ
イラクへの自衛隊派遣 言い訳でない総括の必要性 安全保障理事会決議1441(2002)部分訳 及び 日米安全保障条約クラスター爆弾禁止条約 オスロ会議 日本が決議に反対 人道的見地から日本国政府の資質が疑われるイラク特別措置法の重なる延期 自衛隊の海外派兵を恒常化し、憲法を蔑ろにする行為 多国籍軍の諸外国がイラクから兵を撤退させたのに、日本国政府は今なお国民を愚弄し続ける
憲法改正 議員制度 一院制 国会議員による政策の議決は与えないで、国民による政策直接議決方式の採択を目指す不二家の消費期限切れの食品販売事件 社内規則の管理問題、社会的通念を疎かにする問題日銀が金利引き上げの先延ばし決定 予想どおり
美しい国日本 防衛庁から防衛省へ 郵政法案反対議員の自民党復党問題日本の社会福祉関連予算の削減、消費税率アップ問題 馬鹿げた浪費をしている防衛費の削減で解決防衛省発足 戦後レジームからの脱却 自衛隊の国際平和協力活動の本来任務化 現存憲法の内容と合わない論理構成 国民不在の民主主義
憲法改正問題 新憲法草案 ソリューションに向けて 国民が改正してもらいたい条文内容北朝鮮ミサイル発射問題 核実験問題 日本のミサイル防衛システム関連等軍事予算の大幅増に貢献か アメリカの企業の金儲けに貢献か教育基本法の改正 愛国心 国旗掲揚・国歌斉唱 学校と家庭との教育のせめぎ合い 子供は迷うばかり

見出しのメニュへコラム 危ない 忍び寄る危機1 ,  危機2  ,  危機3 国民から見た日本国憲法改正新草案自衛隊各国の国防費

The history of territorial transition on the Kuril islands国庫歳入歳出 一般会計&特別会計 平成22年度 公債 付加価値税 財政再建The Islands of Japan (2012)

日米地位協定第2条に基づく 在日米軍施設、区域(平成22年1月1日時点 日本全国)2011年3月東日本大震災 大津波 ID 番号活用 災害復興避難計画 原発の安全見直し
著作権  地球&我ら地球人