日米同盟の本質。
日米同盟とは。
アメリカ政府が日本政府を通じて日本国民を間接的に隷属的支配を実行し、日本政府はアメリカの要求にこたえるためにあらゆる措置を講じるのである。その際、政府は、アメリカが日本を守ると発言して、日本国民のアメリカに対する抗議を表面化させないように国民を洗脳する。日米同盟とは、米国が日本国民を絶対的に支配を行うための虚構であり、日本国民の敵対心を削ぐための狡猾的な策謀による謳い文句でしかない。それを日本政府が日本国民に繰り返し、繰り返し宣言することによって、憲法で保障された日本国民の人権が米軍によって蹂躙されていようと、米軍が法律違反を生起しようと、日本国民に一切の手出しをさせず、従順に隷属するようにさせ、日本政府は関知せずとする逃げ口上を与えるための措置に寄与する日米間の支配関係のこと。

(重要!!) Yahoo! Geocitiesのホームページ提供サービスが2019年3月に終了となるので、ホームページ「地球&我ら地球人」のGeocities の Web 上での掲載は必然的に終了となります。   (2018年10月)


 日本国民は、美しい辺野古の埋立て工事反対!! 独裁的な安部政権の国民への人権蹂躙を許さない!! 駐留米軍は日本から排除されるべき。


 サンフランシスコ講和条約で日本の独立が世界で承認された後においても、アメリカ政府は、日本を戦後の占領下のように統治支配を継続するために、昭和天皇と米国軍との間で秘密裏に統治の継続について取り決められたことは間違いない。その後、手法の詳細は両国の一部のものによって取り極められて、米国の望み通りの態様が半永久的に確立されたのである。
 「日米同盟」という同盟関係の名称が使われているが、実際は、アメリカに対して日本国民の敵対心を削ぐための占領政策以外の何物でもないのです。アメリカは、日本政府を通じて日本国民を隷属的に支配する方式を採用し、日本政府は、日本国民に対してメディアを通じて繰り返し、繰り返し宣言することによって国民を洗脳してきているのです。そして、民主主義政治や国民の権利・人権などについては、戦後直後の国民はその本質を理解せずに、戦前の天皇・役所の権力に支配されていた当時の状況からの脱却が為しえずに、政府の表明を反発せずに受け入れる状態が継続するのです。今日においても何ら変わらず、このため、憲法で保障されているはずの日本国民の人権が米軍によって蹂躙されようが、米軍が法律違反を起こそうが、政府は日本国民に一切の手出しをさせず、従順に隷属するようにさせ、国民が不服を言うと、日本政府は日米間の条約で取り決められているとして関知せずとする逃げ口上に終始する。日米同盟とは、このような措置に寄与する日米間の支配関係のことを意味するのである。
 これは、不平等な内容である日米間の「地位協定」に明らかなとおりである。


 本当の同盟関係にあるのなら、アメリカ軍によって日本国民の人権が蹂躙されている現実に対処して、すぐさま改善する努力を行うのが同盟関係の基本であると筆者は主張する。日米両政府が、「日米同盟」関係を国民が受け入れることを希望するなら、日本国民の人権が蹂躙されている不平等な地位協定等を即刻改善するのは至極当然の帰結であろう。


 日本は第二次世界大戦での敗戦処理として、昭和天皇とアメリカとの陰謀によって、日本は半永久的にアメリカに隷属することにされてしまった。アメリカが望む限りいつまでも軍の駐留ができ、どこにでも自由に基地を建設でき、アメリカ兵とその関係者とその家族の身分が保障され、彼らの治外法権的な特権が容認される仕組みを作ったのである。このため、日本国民の人権が蹂躙される種々の事態が発生し、日本国民の命が軽んじられるほか、アメリカ軍の活動や軍の機材の運搬に於いて日本の法律に抵触する場合には、アメリカが日本政府にクレームをつけ、何とかしろと圧力を掛けると、政府は関係部署に対して、対応できるようにアメリカ軍のために法律内容に特例を追加して可能とさせる。このような、支配関係が継続してきている。


 国民の税金でアメリカ製の高額な武器装備を購入させられる。これは、アメリカの武器産業が潤い、アメリカ企業が衰退しないようにするためでもあるが、アメリカに貿易輸出の税金がもたらされるほか、防衛関連の利権・利益に預かる種々の関係者の思惑がうごめいているのである。
 高額なアメリカ軍関係の駐留経費に関して、日本が思いやっているとする財務上の金銭支出名目にして日本が負担し、また、アメリカ兵が私的な使用であっても公務とすれば、どこまでが私的かわからないので、高速道路料金その他の料金は日本政府に請求される。
 日米同盟であるから、アメリカが行う戦争の戦費の負担を日本に要求し、日本はあっさりOKする。なぜなら、国民の税金で支出するから、高額であっても国民に申し訳ないという観念が政府関係者には全く無いと見える。
 ベトナム戦争以降、アメリカ兵を戦争で戦死させることがアメリカ国内で厳しく非難されるようになってきており、そのうち、アメリカ兵にとって代わって日本の自衛隊員がその役割を担えということになる。日米同盟の強化と深化・進化と謳い、「日米同盟」を強くアピールする。国民に向かって、世界に向かって日米の固い絆、日米同盟をアピールするが、実際は日本国民に対して報道メディアを通じて国民を洗脳しているのである。非常に狡猾な方法である。まるで、北朝鮮並みである。何度も何度も「日米同盟」と発信させ、第二次世界大戦で日本の軍部が国民に対して、お国のためなら勝つまでは我慢しろと強要した洗脳手法そのままに、戦後の自民党政権は国民を騙し、国民の基本的人権を無視し、司法が口出さないのをいいことに政府およびそれを支持する自民党議員らが憲法無視の独裁的な政治手法にまで至るようになった。
 日本国民がアメリカ軍の支配下にある実態そのものが、日本の隷属の同盟関係なのである。


 参考として、次の内容に記した。
 日本の存立の危機。安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定は憲法違反、諸々の安全保障関連法案は憲法違反。★




 話題は変わるが、アメリカを含め、どこの国においても自国が行う軍事作戦に関しては、自国側の都合で作戦を評価し、都合のよい所のみ一般に報道するが、様々な理不尽な戦闘行動も実際はありうるのである。
 アメリカのニュース・メディアが、そのような理不尽の事実をつかみ、ニュースとして報道しようとする。そうすると、それを公表されると都合の悪い政府筋は、そのような事実の報道を止めようとするが、アメリカ国では、憲法で報道機関が政府に対して自由に報道する権利を完全に認めており、司法の最高裁において、政府による報道機関への弾圧的な差止め行為を違憲であるとする判断を下しており、報道機関に、信頼できる、正しい、自由な報道を認めているのである。
 一方日本では、ベトナム戦争当時にアメリカが北ベトナムを攻撃している現地の実態を明らかにすると、日本政府は、アメリカにとって都合の悪い内容の報道は、政府の弾圧の対象になり、2016年2月15日 国会答弁での高市総務大臣の報道機関の免許停止発言ではないが、ベトナム戦争当時の、1960-70年代において、日本政府から報道機関の上層部に対して国家権力による圧力が加えられ、政府が放送免許の認可を与える問題があり、政府の思い一つで自由にストップされる可能性について仄めかされると、報道会社としては会社の存続にかかわってくるので、会社経営者の立場として政府の要請を呑まざるを得なくなり、指摘された報道内容の変更、番組キャスターの降板が実施されたのであった。
 2016年の日本においても、既に大多数の日本国民が上記と同様な事実、政府の弾圧と報道会社その他の番組構成の変更が行われた事実を理解しているとおり、政府を批判する番組に頭にきた政府は、それらの上層部に圧力を掛け、これに対して、会社等は指摘された報道内容の変更、番組キャスター及び番組作成ディレクターなどの入れ替え、あるいはコメンテーターの変更などを実施したのであった。
 アメリカにとって都合の悪い批判、アメリカに協力する日本政府にとって都合の悪い批判などがメディアを通じて国民に拡散することを懸念し、日本国民にとって事実を事実として正確に伝えてくれる価値ある報道番組などに、国家権力のナタを入れてきたのであった。筆者は、これを、日本の北朝鮮化と呼ぶ。



項       目

国連決議によらないアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍によるシリアへの武力攻撃(2018年4月)は、シリアがそれらの国を攻撃していない限り、国際法上犯罪行為に相等現行憲法では自衛隊は憲法違反であることは明らか
日本国民は、河野外相がアメリカの核態勢見直し2018年の内容を高く評価するとしたことを厳しく非難する駐留米軍機の事故&沖縄の地方選挙に対する権力を私物化する安倍政権現行憲法九条内容を変えずに自衛隊保有を明記すると条項自体が非論理で無効となる
国会での与党、野党の質疑時間の配分を改めることを主張する若手自民党議員。国民から見たその解決策について。日本国憲法第九条の不備 国民主権の立場から改正が必要官僚:忖度。希望の党小池代表の発言:排除します。国民の決意2018年:排除します。
民進党の解党・希望の党への合流。仕組まれた罠にはめられた民進党。第48回衆議院選挙の国民の選択 立憲・法令順守主義を否定、政府の犯罪や違法な国民への裏切りを野放しにする放置国家を容認か?憲法改正問題:自民党が訴える憲法改正について、その必要性の説明不足。
普天間飛行場移設 名護市辺野古の沿岸部埋立てによる飛行場建設に反対安倍総理が自民党総裁として言及した憲法改正を促すための9条改正案の例示 論理破綻 歴代内閣による安全保障関連の説明の論理が瓦解する国民が第48回衆議院選挙に求めるものとは・・・。その前に安倍政権の独裁的な手法による数々の暴挙を止めなければならない。
安倍政権による緊急事態法の制定は戦争目的及び自衛隊のクーデターへの対応ほか加計学園の獣医学部新設に係わる手続きの不正の疑惑。南スーダンでの自衛隊の活動の日報データと稲田防衛大臣の認識や答弁内容の真偽の問題。政府の国民への裏切りの問題。安倍総理による衆議院の解散・総選挙、2017年の国民の審判の争点は・・・
靖国神社に閣僚が参拝。高市早苗総務大臣が2014年4月に参拝。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。安倍総理、側近、友人 森友、加計学園問題。内閣府の関与について、国民は黒とみなし、関与があったものと評価する。国際的な組織犯罪の防止に関する国連条約及び協定 共謀罪法 テロ等準備罪法
教育勅語とは、明治天皇が天皇国家に従う臣民としてのあるべき姿、実践すべき姿を説いた内容アメリカ軍によるシリアへの攻撃 アメリカ軍による北朝鮮への先制攻撃について 主権国家に対する卑劣な戦争開始宣言と同じ安倍総理夫人による総理公務補助の支援する夫人付き官房職員(内閣事務官)、選挙運動で総理夫人が自民党候補者を応援する際にも同行
核兵器の法的禁止条約締結交渉を始めるように国連総会に勧告する核軍縮ジュネーブ部会決議に日本政府拒否表明(2016年8月)昭和天皇万歳、民主主義国家ドイツのヒトラー万歳、安倍総理万歳、ナチ党万歳、自民党万歳、習近平万歳、金正恩万歳。核抑止力? それでも、日本は平和外交に徹すべき。安倍政権の憲法改正の真の目的。9条改正ではない。
日本国憲法改正。天皇制の廃止は必然。国民の人権が蹂躙される根源は昭和天皇戦争犯罪に対する戦争犯罪特別訴追条項を刑法に規定することについて 靖国神社に高市総務大臣、丸川五輪大臣、山本農林大臣、萩生田官房副長官閣僚が参拝。2016年8月。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。天皇制廃止への加速。
熊本地震 大規模災害の救助支援 救助体制について日本の積極的平和主義日米同盟とは その本質
2015年安倍内閣の暴走 憲法違反の戦争法案の安全保障関連法案の制定 日本の戦争への道 ★マイナンバー制度で戸籍の登録見直し。別姓による婚姻、親子登録・証明など ★北朝鮮のミサイル発射 政府が電波停止に言及した時点での捉え方 ★
川内原発再稼動問題 再稼動の要件 福島原発事故の教訓より原発は18年以内に廃止する前提第47回衆議院議員選挙 総選挙 安倍総理と自民党の計略、愚かな日本国民日本の存立の危機。安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定は憲法違反、諸々の安全保障関連法案は憲法違反。★
日本の集団的自衛権の行使、2013年現行憲法が有効下、認められない。もし、政府が集団的自衛権を行使した戦闘行為に参戦した場合、日本国民は政府の独裁化及び日本軍隊の暴動と見做して臨む。昭和天皇とマッカーサーと日米安全保障条約 政府の犯罪 自民党国会議員 訴追逃れに幇助 集団的自衛権の行使容認へ発展
北朝鮮:海外からの人道支援の恩恵で軍事費増、
日本:追加の東日本災害復興特別税支援の恩恵で防衛費増、日本の官僚もモラルの欠如
日本再生 第3第4の矢 第5の矢 第6の矢 靖国神社に閣僚が参拝。2013年8月15日。新藤大臣、古屋大臣、稲田大臣は政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任は糾弾されねばならない。
靖国神社に閣僚が参拝。2013年4月21日。政府高官として資質を欠く。昭和天皇の戦争責任が糾弾されねばならない。 福島第一原発事故 放出された放射性物質、その循環 放射性物質のホットスポットなど 参議院議員選挙2013年 自民党憲法96条問題 日本の真の主権回復 戦後レジームからの脱却 日米安全保障条約の解約
日本が核兵器を非合法化する努力を強める国連会議(2012年10月22日)の共同声明への参加を断る 第46回衆議院総選挙 自民勝利。自民党議員 正義はない。イラク戦争 航空自衛隊の殺人幇助、小泉及び安倍元総理ら、防衛大臣ら、関係官僚らの刑法に抵触する犯罪。 福島第一原発事故の教訓 原発の新安全基準 多重防御の対策 原発事故の補償 再稼動問題
日本の集団的自衛権の行使:国民は容認しない。国会議員:戦争認識の欠如、原発の廃止と使用済み核燃料の安全確保の認識欠如 原子力規制委員会 原発の過酷事故を想定した放射性物質の拡散予測の試算結果概要を公表 2012年10月24日 しかし、最大放出規模の避難区域ではない オスプレイ配備&飛行訓練問題 原発廃止問題 竹島&尖閣&北方領土問題 東日本大震災被災地復興問題 福島第一原発事故放射能除染問題などへの対応:全く政府の体をなしていない。
2012年6月時点で政府の大飯原発再稼動決定 福島原発事故の教訓生かされず。日本政府の行為は、日本国民の生命と生活の安全を軽視した弾圧的行為である。政府が責任を持つという発言は既に福島で裏切られている。日本のエネルギー政策:20年以内の全原発廃止の方針を定めよ。移行期間の原発:新安全基準に不適合の原発は稼動できない。原発廃止 選挙 オスプレイ配備反対 日米安保条約解約
原発再稼動の問題、安全基準の見直し必須 原発事故後の防災対策重点地域 避難範囲30kmの妥当性が問題他 武器輸出三原則の緩和政策:国民の政治・政府不信を益々加速させる 原発安全対策の改善が不十分。第46回衆議院議員総選挙 国民の意思表示:脱原発、原発廃止
東日本大震災の復興計画策定 復興計画策定に係わる概念の列挙 (原発放射能関連は未記述) 国会の改革 国会法の改正 公職選挙法改正 日本国憲法の改正 政治資金規正法改正 国民電子投票法(国民から見た検討中の案) 東日本大震災 津波 福島第一原発事故 避難施設 避難指示 原子力発電所の安全基準の見直し 復興予算捻出例
国民が求める東日本大震災からの復興のための財源捻出案 10年計画私的試案 国民 ID 番号、個人認証、議員選挙電子投票システム、国民自身による国政電子議決システム、税制改革 高福祉目標水準への転換 岡田外務大臣の有事の際の核持ち込み容認発言 日本国民は核兵器持ち込みを絶対に容認しない
普天間飛行場移設問題 移設先 沖縄の辺野古キャンプシュワブ沖? 日米合意? ソリューション 核再持ち込み密約 署名入り極秘文章 公表 日米安保条約 付属の合意事項 普天間基地の移設 沖縄米軍基地の抑止力を吹聴する日本政府高官
核持ち込み introduction:核配備は事前協議 entry:核持ち込み(飛来、寄航、貯蔵)は事前協議対象外容認 密約調査 何も変わらない北朝鮮 ミサイル発射 日本の核保有論 日米同盟 アメリカの核による抑止 ミサイル防衛 核 密約問題 沖縄返還時点の核再持込み密約の疑惑 現在進行形の機密事案か?
日本の平和 日本国憲法 第九条 日米安全保障条約 日本の未来 自衛隊 合憲?違憲? 文民統制 シビリアンコントロールは名ばかり 政府と自衛隊内部との意識のずれ
イラクに派遣されている航空自衛隊が、万が一、重火器の弾薬をアメリカ軍に輸送している場合は、犯罪に当たるのではないか 日本の平和のためのシナリオ:日米安全保障条約 締約終了、日米平和条約締約、現在基地を有する県への補助費用は支給続行、国民の生活保障を進める政策、日本の自立を進める みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 議員 将来 首相で参拝されると困る
日本国の自衛軍、自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオイラクへの自衛隊派遣 言い訳でない総括の必要性 安全保障理事会決議1441(2002)部分訳 及び 日米安全保障条約 クラスター爆弾禁止条約 オスロ会議 日本が決議に反対 人道的見地から日本国政府の資質が疑われる
防衛省発足 戦後レジームからの脱却 自衛隊の国際平和協力活動の本来任務化 現存憲法の内容と合わない論理構成 国民不在の民主主義憲法改正問題 新憲法草案 ソリューションに向けて 国民が改正してもらいたい条文内容 教育基本法の改正 愛国心 国旗掲揚・国歌斉唱 学校と家庭との教育のせめぎ合い 子供は迷うばかり

見出しのメニュへコラム 危ない 忍び寄る危機1 ,  危機2  ,  危機3 日本国憲法改正草案の比較自衛隊各国の国防費

The matter of the Acts of Security for Aggressive Pacifism 2015

Japanese Democracy collapsed in July 2014地球&我ら地球人 情報The Islands of Japan (2012)

日米地位協定第2条に基づく 在日米軍施設、区域(平成22年1月1日時点 日本全国)2011年3月東日本大震災 大津波 ID 番号活用 災害復興避難計画 原発の安全見直し
著作権  地球&我ら地球人