地球人

重要!! Yahoo! Geocitiesのホームページ提供サービスが2019年3月に終了となるので、ホームページ「地球&我ら地球人」のGeocities の Web 上での掲載は必然的に終了となります。 (2018年10月)


日本の最北端


 北海道の宗谷岬に日本最北端の地と書き込まれていますが、実際は現時点で行政権が及ぶ最北端の地ですね。日本の最北端は、択捉島{(えとろふとう)いわゆる北方 4島の中で最大の島}最北端のカムイ山(神威山)がある岬であり(北海道の北方4島の自然参照)、位置は、(国土地理院の地形図の読み値)北緯約 45度 33分、東経約 148度 45分の位置に在る。現在は依然ロシアの占領下にあります。 北方4島は、択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島(水晶島(すいしょうとう)、秋勇留島(あきゆりとう)、勇留島(ゆりとう)、志発島(しぼつとう)、多楽島(たらくとう)、および貝殻島(かいがらとう)をはじめとする小さな島々)です。択捉島の面積は、約 3,183km2、国後島は 1,499 km2であり、沖縄本島の 1,202km2、佐渡島の 854 km2より大きい島です。 旧ソ連は第 2次世界大戦で日本の降伏後に北方 4島から日本人の原住民を追い出し、サン・フランシスコ平和条約において、旧ソ連ほか一部の国が条約を不服として批准しないで、現在もロシアが占領している状況が続いています。 香港でさえ、イギリスに譲渡せざるを得なかった状態から、イギリスへの借地権を認めた内容になり、中国への返還がなされたのに、ロシアは、時代錯誤もはなはだしい。

【北方4島地図】

                        北方 4島の説明図


領土変遷の経緯

 領土の変遷に関わる条約とその領土の変遷は、おおむね次のような経緯で示されます。




『西暦 1855年 2月(安政元年12月)調印の「日本国魯西亜国通好条約」』
日本とロシアの国境を択捉島とウルップ島の間に定めた。《第二条; 今より後日本国と魯西亜国との境「ヱトロプ」島(択捉島)と「ウルップ」島との間に在るへし。「ヱトロプ」全島は日本に属し、「ウルップ」全島夫より北の方。「クリル」諸島は魯西亜に属す。「カラフト」島に至りては日本国と魯西亜国との間に於て界を分たす是まて仕来の通たるへし。》
『西暦 1875年(明治 8年)の「樺太千島交換条約」』
千島列島をロシアから譲り受けるかわりに、樺太全島を放棄した。千島列島の譲り受ける島々は、択捉島より北の千島列島のすべての島[シュムシュ島(占守島)からウルップ島(得撫島)までの島]が示されています。
『西暦 1905年(明治38年)の「ポーツマス条約」』
南樺太を日本領とした。
『西暦 1951年(昭和26年)の 「サン・フランシスコ平和条約」(旧連合国 48ヶ国との間に調印された講和条約)』
日本は千島列島(ウルップ島より北の島)・南樺太を放棄した。


どうして日本は千島列島を放棄したのか

 第二次世界大戦のヨーロッパでの戦争終結後、旧ソ連が日本との戦争に参加する条件について、スターリン、ルーズベルト、チャーチルの間でヤルタ会議を行い協定を結んだ。

 1941年締結された日ソ中立条約は、1945年 4月に旧ソ連の廃棄通告により失効し、1945年 8月 5日に旧ソ連は日本に対し宣戦布告を行った。日本がポツダム宣言を受諾して 8月15日に無条件降伏した。その後、8月末から 9月にかけて、旧ソ連は択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島を占領した。

 1951年 9月 8日日本と連合諸国とのあいだでサンフランシスコ講和条約を調印したが、この会議には 52カ国が参加したが,ソ連・ポーランド・チェコスロヴァキアの 3カ国は調印しなかった。また会議に参加しなかったインドは講和条約発効後自主的に戦争状態の終結を宣告した。また、台湾の国民党政府との講和条約も締結されたが、調印したものの批准しなかったインドネシアや参加しなかったビルマ、参加を認められなかった中国の共産党政府との国交回復はその後にもちこされた。領土に関しては、日本国は千島列島並びに日本国がポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄することとなった。 沖縄などの諸島をアメリカの信託統治下に置くと定めたが、千島列島や南樺太が帰属する国についてはを明記されなかった。

 旧ソ連はヤルタ協定をもちだし、千島列島や樺太の南部に隣接する島々が旧ソ連に帰属することを主張しているが、旧ソ連が東欧での支配拡大の行動にでたため、アメリカは、ヤルタ協定を旧ソ連が無視したとき、公式に、同協定で約束されたいくつかの合意事項を履行する責めを負う何ものもなくなったと宣言した。ヤルタ協定によってソ連領土問題が決定したのではなく、又講和会議においてもその帰属は連合国による最終決定に付されると決められたのだから、旧ソ連が単独講和によってその帰属を決めることは出来ないとしている。『サンフランシスコ講和条約 1951年』において、旧ソ連は調印していなくて、戦争の終結と平和についてはその後の交渉を行うことになるのです。また、ソ連が消滅した後に誕生したロシアが日本国との国際的約束を引き続き適用されることを双方で確認している。

 なお、「サン・フランシスコ講和条約」の領土の内容について、アメリカの信託統治下におかれた奄美・小笠原・沖縄は、それぞれ返還協定によって日本に返還された。韓国等との領土については、個別におこなうことになる。

 詳細およびその後の日ソ間の交渉の内容については別途調べていただきたい。



参考資料として関係する宣言や条約等を整理しました。こちらまで。リンクの「日本国憲法の誕生」には種々の資料がありました。

また、 北海道の北方領土の歴史のサイトを案内します。その他参考書籍;「日本の領土」芹田健太郎著、「知られざる北方領土秘史」戸丸廣安著、「北方四島」朝日新聞北方領土取材班著

 

abduction
郵政民営化
自衛隊
台湾歴史概要
日本の最北端
日本の最南端
竹島
日本国新憲法問題
The Abe Cabinet(July 2014) took outrageous action to make the Constitution useless (English)
The Islands and Islets of Japan (English)
worldtour



 日本国民の人権を守るため、日本の真の独立を勝ち取り、アメリカの奴隷からの開放を目指すため、日米安保条約解約。
 日本は、日本国民が無視され続けている不平等の日米安保条約を解約しなければならない。 日本国民が戦わねば、日本の夜明けは訪れない。


l 日本の存立の危機。集団的自衛権行使容認の閣議決定、安全法制整備法案憲法違反。 l
l 日本国憲法改正案の比較 l 包括的核実験禁止条約(CTBT)  l 対人地雷禁止条約 オタワ条約 l 世界の国々・自治領 l 危ない 忍び寄る危機 1 ,  2 ,  3  l
l 国庫 歳入歳出 予算決算 一般会計特別会計 平成18年度,19年度 l 都道府県別市町村数 l 将来人口推計(私的試算) l 国連:連合国 l
l コラム: 枝折(しおり)・撓(しおり)・誰もが思い当たる疑問 l 自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオ l 憲法改正 国民が改正してもらいたい内容 l
l 日本の平和のためのシナリオ:日米安保条約締約解除 l 普天間基地移設 民意を尊重した民主主義のソリューション l
l 裁判員制度 結局 裁判官の意見に合わせる制度 l 文民統制 シビリアンコントロールは名ばかり l 日本の調査捕鯨 捕獲鯨肉販売の副収入が過大 l
l 自衛隊 合憲? 違憲? l 日本の平和:日米安全保障条約 アメリカの核兵器によるのではない l 自衛隊の海外派遣の恒久法と日本の選択 l
l 核再持ち込み密約 署名入り極秘文章が公表されたが、日米安保条約の付属合意、運用で核持ち込み可能 l
l 日本が核兵器を非合法化する努力を強める国連会議(2012年10月22日)の共同声明への参加を断る l
l 第46回衆議院総選挙 自民勝利。自民党議員 正義はない。イラク戦争 小泉及び安倍元総理・航空自衛隊の殺人幇助の疑惑。 l
l 福島第一原発事故の教訓 原発の新安全基準 多重防御の対策 原発事故の補償 再稼動問題 l
l 参議院議員選挙2013年 自民党憲法96条問題 日本の真の主権回復 戦後レジームからの脱却 日米安全保障条約の解約 l
l 福島第一原発事故 放出された放射性物質、その循環 地盤の放射性物質の分布 放射性物質のホットスポット ほとんど実施されない生物の放射能汚染 l
l 東日本大震災復興特別税支援の恩恵で防衛費増。日本の官僚もモラルの欠如。 l
l 参議院議員選挙2013 日本再生 アベノミクス 第3の矢 第4の矢 第5の矢 第6の矢 l
著作権  地球&我ら地球人