logo_2010

top100322

お知らせ

ware-aisuru.comというドメインは8月で期限を迎えます。
今回は更新することをやめて、ドメインを手放すことにしました。
新しいドメインの取得を考えていますが、具体的なことは全然未定です。
ひとまず、HPのTOPは「http://www.geocities.jp/ware_aisuru/」となります。
お手数ですが、お気に入りなどの登録について、変更よろしくお願いします。

余談ですが、ずっとジオシティーズのサーバーをレンタルしているのでした。
パッと見ぃはware-aisuru。その裏でジオシティーズが動いていました。


4月18日(土)朝まで雨、晴れてくる

昨夜は幹事を担当していた飲み会があって、ほぼ終電で帰ってくる。
あまり覚えてないが、雪かみぞれが降っていた。

「あれ?もう4月だったよね?」と不思議に思いながら千鳥足。

朝、目覚めると猛烈な二日酔い(頭痛)だった。
パン屋に行きたいが、ベッドから出られない。

それでも何とか起きて洗濯をやってパン屋にも行く。

昼頃になるとだいぶ回復して、身支度整えてご近所夫婦と車の試乗へ。
自分は後部座席に乗るだけ。

生後半年位のふたりの赤ちゃんを膝の上に載せていると、ムクッと立ち上がるのがすごかった。
まだハイハイも出来ていないが、こりゃ先につかまり立ちをマスターするかもしれない。

夜はオステオパシー。
今年に入ってからまた通いだしている。
途中で回数券を買って、あと3回。

4月15日(木)

会社で派遣の女と言い争いになる。
なぜだかその喧嘩が終わると、俄然やる気が出てくる。

仕事の内容そのものに、会社員でいることそのものに、ずーっとあれこれ悩んできたのが、ぷつっと消え去った。
やる気と集中力が出てきて、うおー!!と目の前の作業をこなしていく。

人間関係はよくないが、吹っ切れることができたのでよかったと思う。

4月12日(月)嵐のような雨

肋間神経痛が全然よくならないので、いよいよ病院に行く決意をする。
決めるまではウジウジウジと悩んでいたが(またあの痛い手術をすることにになったらどうしようとか)、
行ってしまったら、もう吹っ切れていた。

本(寺尾玲子さんの)に夢中になっていたということもあるが。
この本は怖い系の本だが、人生の指針を示してくれてもいる、かなり読み応えのある本でポストイット貼りまくり。

レントゲンを撮り、その結果は、大きな病気ではなかった。
よかった・・・。

神経痛の原因はいくつか考えられるが、とりあえず漢方薬で痛みを抑えてみましょうということになる。
近所の医院で漢方薬を処方されるとは。(院内処方)
つくづく漢方薬とは縁があるみたい。

4月10日(土)晴れのち曇り 暖かい

午前中は太陽の光が部屋の中に差し込み、布団をたっぷりと干した。
洗濯物も乾くのが早い。

体調は相変わらずイマイチ。
先週までは腹筋がものすごく痛かったが、今度は肋間神経痛が出てしまっている。
横になったり、咳をしたりすると、肋骨あたりに鋭い痛みが走る。
この痛みは肺の手術をした直後の痛みに似ている。
神経痛は手術の後遺症で、たまーに起きていたのだが、今回のは過去最大だ。
また気胸になってしまったかもなぁと不安になるが、そうやって何度も不安になって本当に気胸になったことはない。

こんな状態ですが、毎日会社に行って休む暇なく仕事をし、酒を飲み、ヤフオクに色々と出品する日々です。

4月2日(金)曇り(すごい風)

火曜日は大事を取って1日休みました。
今は咳と鼻水と啖がすごいですが、それ以外は大丈夫です。
咳をしすぎて腹筋が筋肉痛です。
体の中の余分なものを吐き出している、そんな感じ。
これは花粉症も併発しているのでは??と思います。
アレルギー検査でも反応出ていたし。(確かヒノキが特に)

先週から狙わずして半断食のような日ができました。
(夜を食べないまま寝てしまう。)
酒を飲まない日がここまで多い週間は久しぶり。

3月29日(月)雨のち曇り時々晴れ

誕生日でした。
32歳になりました。
半年ほど前、某経済雑誌に掲載された際、すでに32歳と書かれていたので、すっかり32歳になっていた気分でした。
(それにしても事前に記事を確認させてほしかった!)

誕生日直前に体調を崩して、「これは31歳、体中の悪いものを吐き出す総決算だ!」と思っていたのに、まだずるずると引きずっています。

今日の午前中は念のためお休みして、おかげでだいぶよくなった!と出社したら、どんどん体調が悪くなってきて、でも仕事は山のようにあって、なんとか帰ってもいい程度に終えたら、もうクタクタでした。
咳が止まらなくてお客さんの対応もちゃんと出来なかったし。

明日は体調が良くなっていても、すっかりしっかりと全快させておきたいので全日休もうかと考えている。
念のため、「明日休んじゃいますから!」宣言を職場でしておきました。

それにしても、体調を崩すことが多い誕生日前後。
そりゃ体が要らないモノを外に出す季節、春のはじまり、なんだから仕方ないことか。
冬の間にね、余計なものを体に取り込んでしまっている人ほど体調を崩すんだってー。

3月27日(土)晴

熱はまだ高くて、体調もイマイチ。
それでも太陽の光がベランダに届いているうちに起きてしまう。

悪夢をみて、汗をたくさんかいてしまっていたので、布団を干したいし、シーツ類の洗濯もしたい。
2回洗濯機を回す。

体がだるくても、なぜだか掃除をする。
ずっと気になっていたベランダや玄関をほうきで掃く。
しんどい時ほど、こういうことがやりたくなるようだ。

家にずっと引きこもっていて、家から出たのはメール便を出しにセブンへ行ったのと、ついでにブックオフに行って買い物をしたぐらい。
週末にいつも行くパン屋にまだ少し惣菜パンが残っていたので、晩飯用にいくつか買う。
チーズ入りフランスパン、ツナサンド、あんドーナツ。

フィギュアの女子SPを観てから寝る。

3月26日(金)曇

毎週金曜日は早番なので、8時前には会社に着く。
途中、チェーン店で朝定食を食べる。

昨日の晩、安いスーパーでカレーを買ったのだが、どうもそれに食あたりしてしまったのか、調子がよくない。
食べてからすぐに啖がたくさん出て仕方なかった。今朝になると喉がやられて声をあまり出せない。

それでも会社に行くが、フラフラしはじめて「これはヤバいな」と思い、午後休を取ることに。
色々と作業を担当しているので、午前中にやるべき仕事をしつつ、いろんな人に引き継ぎをしていると、体力も限界に。

家に着いてから弁当を食べて、風呂にゆっくり浸かって、すぐに寝る。

しんどいけど、熱はないと思っていたら38度近くまで熱が上がっていた。
とにかく寝る。体が熱くて仕方がない。
この熱が免疫力を高めて、体の中に入った余計なものを退治してくれているのだな、と想像しながら寝る。
うなされながら眠る。(熱があるときって悪夢をみる。)

狙わずして今日もプチ断食日となった。

3月24日(水)雨

我が家は基本的に整理整頓されていて、見た目すっきりしているのだが、それでも不用なものは色々とある。
それらを年末から少しずつ処分してきた。
本やCDなどの小物を始め、ひとり掛けソファなどの大物も。

だいぶ減ってきたかなぁと思っていたときに、波ちゃんのBlogに紹介されていた本「ガラクタ捨てれば自分が見える」をAmazonで買った。
読み進める中で、処分の速度がさらに増していった。

とにもかくも、まずは押し入れの中を整理していった。
使わなくなった安物の布団や服や雑誌類をどんどん処分していく。
かなり隙間ができ始めた。

nicoちゃんのアドバイスもあって、それまで入るのを躊躇っていたYahoo!プレミアム会員となり、ヤフオクにコミック本の全巻セットを出品した。
最終日までまだ日にちはあるけれど、入札がひとつ入ってくれて嬉しい。
いただいた入札代で、ベランダにある錆びた棚や洗濯機の台を粗大ゴミに出そうか。

理想は海外旅行用に買ったスーツケース(かなり大きめ)ひとつに全ての所持品が入るようになること。
これさえあれば生活できるという必要最小限の物はどのぐらいか?
それを突き詰めていくと面白いことになりそう。

3月23日(火)雨

仕事を終えて、駅に向かい、乗った始発電車が運転見合わせとなった。
結局、家に着くまでに3時間以上もかかった。
(普段なら30分位で着く。)

19時過ぎに会社を出るとき「あぁ、23時に寝るとしたら3時間しか自由時間はないのかぁ」と嘆いていたが、
その3時間を電車の中で過ごしたことになる。
家に着くまでの3時間がホント長かった。
3時間の短い長いは、絶対的なものではない!と実感したわけだ。

それにしても現代は電気が止まると、ありとあらゆることがストップしてしまう、とても危険な状態にいるわけなのだな。

3月22日(月)晴れ

ひとまず始めてみます。
これからの活動は本名でいってみようかと。(すでにいくつかの雑誌で本名が出ていますし。)
とはいっても、漢字じゃなくてカタカナの方がしっくりとくるようです。

新しいドメインを取得するつもりではありますが、ware-aisuruのままでタイトルだけは変更してみました。
ここに日記などつづっていこうと思います。

少しずつCSSでレイアウトしていって、形を整えていきます。(ただいま勉強中)
形を全部完成させてからサイト再開!と考えていましたが、何も進みそうもないので、作りながらやっていこうかと。

composed by スズキヨシカズ


yoshi-yoshi◆ware-aisuru.com

メールを送ってくださる方はお手数ですが、
上記の◆の部分を@に変更ください。