歯科の診療室では口の中の状態を説明する際に、言葉だけでは十分に伝わらないことがほとんど。
 そこでビジュアル説明を強化すべく、説明用コンピュータ・口腔内CCDカメラ・口腔内デジタルエックス線装置を各診療台ごとに設置して患者さん自身が目で見て治療について理解していただけるような新しい診療システムを開始しました。
 これまでも患者さんご自身ではなかなか見る事のできない虫歯の穴や治療の様子、クリーニング状態の確認、さらに定期健診時に経過をみることができるよう口の中の写真を撮り見ていただくことはおこなってきました。
このたびの新システム導入によってこれまで以上により見えるわかり易い説明ができる歯医者になりました。


デジタル説明
 さらにレントゲン撮影ではデジタルレントゲン導入によって、撮影時の被爆線量も1/4から1/10に軽減されますのでより安心して レントゲン撮影を受けることが出来ます。また今までのレントゲンではわかりづらかった部分が大変、わかりやすくなりました。
WARABI H・C
見える・わかり易い説明
 デ ジ タ ル システム
HOME 診療のまえに 医院あんない 歯の?治療の? 診療技術・料金
1