わんうぉーくの犬の車椅子は高齢犬・ヘルニア・DM変性性脊髄症・リハビリ・筋トレ・寝たきりなどの老犬介護・飼い主様の負担軽減に使うことができます犬の車椅子わんうぉーくトップ

わんうぉーくカートトレーニング練習・やり方 犬の車椅子の注文

 2輪車・4輪車の確認・選び方

 採寸のやり方・ポイント

 オプション・仕様変更

犬の車椅子について 種類 サイズ 価格 値段

 わんうぉーく車椅子の特徴

 車椅子注文の流れ


 メンテナンス・アフタ-フォロ-

 Q&A

 問い合わせ

犬の車椅子が必要なわんこ

 高齢犬(老犬の活性化と介護)

 コーギー(DM・変性性脊髄症)

 ヘルニア

 わんうぉーかーギャラリー 
  お客様をイズ別に紹介しています

犬の車椅子プラス

 犬の車椅子の練習のやり方

 車椅子のアイデア

 介護のおすすめグッズ

 介護ポイント・アイデア

 自宅で筋トレとリハビリ

わんうぉーくからの紹介 リンク
ブレスエアーマット 床ずれ予防 防止 老犬介護
わんうぉーくのブログ  わんうぉーく近隣のドッグカフェ 


注文やお問い合わせは記録の為
メールでお願いいたします


※メールが届かない事があります
24時間以内に返事がない場合は
再送又はお電話をお願いします

--------------------------
2014年4月にtadatomo工房から
わんうぉーく に変わりました
  


 犬の車椅子のわんうぉーく

 メール 24時間対応
わんうぉーく メールアドレス@yahoo.co.jp 

 電話/FAX 10時~20時 
わんうぉーく 電話番号 住所 
 ※ 出られないことも多いので
  留守電にメッセージをお願いします

 住所 〒
289-1214

    千葉県山武市森279-47
       

アクセスカウンター
犬の車椅子のわんうぉーく ホームページ

  


   車いすでのカートトレーニングの練習・やり方

 
 □ ポイント

   ・使える筋力は最大限に使えるように
   ・足の裏を地面や足袋の中でつける

   ・動きにくい部分は血行を良くして温める
   ・動きにくい足は1本1本意識させる
   ・麻痺している場合は麻痺部分(腰など)の少し後ろから意識をさせる
   ・車椅子を体につけることでサポートと体に意識をさせる
   
   ※ お勧めの散歩コースやケアはこちらをご覧ください
    →自宅で筋トレとリハビリ

 


 最初はわんうぉーくとのやり取りでワンちゃんに合うように調整して
 車椅子が嫌なものではない事を理解させてください

 ◆車いすに慣れてきたら
   元気な時と同じくらいお散歩してください
   ※筋肉が慣れるまでは短時間で何度か乗せてください

    
  ※疲れた時は車いすを外して休ませてください

 ●立てるけれど・・・
    ふら付いたり倒れてしまう場合は転倒時に腰や股関節を痛めてしまうので
    短時間の練習は安全面に注意して車椅子なしでOKですが
    歩くという感覚を付けるための散歩は車いすに乗せてください
  
  

 ●4輪車で自分の力がまだある場合
    胸下ベルトはゆるめで転倒せず歩ける自信を持たせる
    ※ゆるすぎると車いすが安定しません
  
 

 ●4輪車で歩く力が弱い場合

   
 正常な位置に(人間の手で)足をセットします。
    車椅子を数センチ動かし、足を1本ずつ歩くように正常な位置にします
    ↑これを何度か行って歩いているような感覚を体感させてください  

   

 

 
後ろ脚

  後ろ脚は引きずる・ひっくり返る場合は足袋に入れてください
    違和感から足を動かしたり、足袋の中で踏ん張ったりします
    その後に足袋を外すと後ろ脚を意識して動かしてくれます
    ※後ろ脚に意識が行き過ぎて前足が進みにくくなる場合があります

  たまに引きずるわんこの場合は
    乗り初めに足袋を使うと足を意識して歩くようになるのでお勧めします
    靴でも同様の効果があります
    ※やわらかい髪ゴムなど巻いて違和感を与えるのも効果的です   

  

  ↑力のあるわんこは足袋内で力を入れてお尻を持ち上げることがあります♪

 

  車いすを外して歩けるようになるという感動はotomoも愛犬ロトで経験しています

  ふら付いたり倒れてしまう場合は転倒時に腰や股関節を痛めてしまうので
  短時間の練習は安全面に注意して車いすなしでOKですが
  歩くという感覚を付けるための散歩は車いす子に乗せてください
  

 

// 特定商取引法に基づく表記 // サイトマップ // トップページ //