わんうぉーくの犬の車椅子は高齢犬・ヘルニア・DM変性性脊髄症・リハビリ・筋トレ・寝たきりなどの老犬介護・飼い主様の負担軽減に使うことができます
犬の車椅子わんうぉーくトップ

わんうぉーく2輪車・4輪車の選び方 犬の車椅子の注文

 2輪車・4輪車の確認・選び方

 採寸のやり方・ポイント

 オプション・仕様変更

犬の車椅子について 種類 サイズ 価格 値段

 わんうぉーく車椅子の特徴

 車椅子注文の流れ


 メンテナンス・アフタ-フォロ-

 Q&A

 問い合わせ

犬の車椅子が必要なわんこ

 高齢犬(老犬の活性化と介護)

 コーギー(DM・変性性脊髄症)

 ヘルニア

 わんうぉーかーギャラリー 
  お客様をイズ別に紹介しています

犬の車椅子プラス

 犬の車椅子の練習のやり方

 車椅子のアイデア

 介護のおすすめグッズ

 介護ポイント・アイデア

 自宅で筋トレとリハビリ

わんうぉーくからの紹介 リンク
ブレスエアーマット 床ずれ予防 防止 老犬介護
わんうぉーくのブログ  わんうぉーく近隣のドッグカフェ 


注文やお問い合わせは記録の為
メールでお願いいたします


※メールが届かない事があります
24時間以内に返事がない場合は
再送又はお電話をお願いします

--------------------------
2014年4月にtadatomo工房から
わんうぉーく に変わりました
  


 犬の車椅子のわんうぉーく

 メール 24時間対応
わんうぉーく メールアドレス@yahoo.co.jp 

 電話/FAX 10時~20時 
わんうぉーく 電話番号 住所 
 ※ 出られないことも多いので
  留守電にメッセージをお願いします

 住所 〒
289-1214

    千葉県山武市森279-47
       

アクセスカウンター
犬の車椅子のわんうぉーく ホームページ

  

 
 ◆ 車椅子の選び方
   2輪車?4輪車?
               
ワンコの筋力を確かめてください 


 
◆2輪車向きのワンコ 

   足はとにかく超元気!!前足の筋力が重要です
       腰を持ち上げると元気なときと同じ筋力がある
 
   
ヘルニア・DM初期・交通事故などで腰を持ち上げればサクサク歩ける
       後ろ脚軽く引きずるレベル麻痺して動かない場合でも2輪車は可能です
   
  
□ 筋力チェック 
    後ろ脚の付け根を背中が平らになるくらい持ち上げた状態でしっかる歩ける
     ※ 採寸時の体勢保持もこのやり方でお願いします       


  
 元気な時と同じ体勢になるように     腰だけを持ち上げるため
     して前足は元気に歩ければOK     後肢用ハーネスやタオルなどを使ってください 
      

  ×お座りで動き回れるのは参考になりません
  ×腰を上げすぎは確認できないです
  ×首輪、前足側、お腹の下を支えては確認できないです
    
    

-----------------------------------------------------
 ◆2輪車より 4輪車
向きのワンコ
 
     ※ 2輪車で大丈夫だと思いがち 
       4輪車でもベルトの調整で筋力維持も可能です


   ・お腹を支えれば歩ける
   ・ひとりで補助なしで歩けるが体全体で歩く
      (前足は元気な時よりは弱っている)
   ・体の横やお腹の下を支えれば自分で歩ける
   ・後ろ脚の付け根を持ち上げたときに
     前足で歩けるが元気だったときよりは力がない
     前足で歩けるが少しふらついたり、たまに開いたりその場で踏ん張る
      ゆっくり動く、前足がふらつく
     止まったままや踏ん張れずに伏せてしまう

     
  
×お腹を支えている      ※2輪車に乗ると
動けない・しっかり踏ん張れない・バックする・
すぐにふせる・肩や頭から転倒する可能性があります
 
※伏せた場合 すぐに自分で立てれば問題ないです

-----------------------------------------------------
 ◆
4輪車向きのワンコ  
      ふらついてしまうワンコ ~
寝たきりのワンコまで幅広く使えます!

   ・顔を下げて歩く
   ・補助しないと立っていられない
   ・前足切脚している
   ・前足の負担を減らしたい
   ・寝たきり
   ・寝たきりで立てないが歩きたい(寝たままバタバタしてる)
   ・寝たきりで顔も上がらない
   ・全身まひで体がまったく動かない
   
 前足を持ち上げている       ひとりで歩けるが全体に衰え  寝たきり

  ◇日によって筋力・状態が違う場合は2輪車・4輪車2台持ちがお勧めです

    →428-24 コーギー アスカちゃん L4輪車
 -------------------------------------------------------------- 

  ★ 前足がしっかりしている場合に4輪車を使うと邪魔で動きにくいです。
 
   逆に、前足が弱っているのに2輪車を使うと、腰がしっかり支えられているのに
    前足が支えきれず、顔や肩から転倒してしまい危険です。
    場合によっては症状が悪化する可能性もあります。
    今の状態にあった車椅子を選びましょう
    

  ※2輪車改造で4輪車への仕様変更もできます 
  (料金は
価格表 手続き内容についてはメンテナンス・アフターフォロー 参照)
   ※お渡し直後の改造も同じになります 

---------------------------------------------------------------  

 ●2輪車

  2輪車は、後ろ足を支えるので元気なときと同じ状態で歩けます。
  ヘルニア・DM初期・交通事故などで腰を持ち上げればサクサク歩ける状態のワンコで、
    後ろ足は軽く引きずるレベルから麻痺して動かない場合でも2輪車は可能です。
  慣れや練習で自由に動けるワンコが多いです。
  前足の筋力があれば坂道や段差も歩行できます。
    ※大変そうなときはリードで補助してください
  
 なにより、前足の筋力が重要です。

 ●4輪車  

  4輪車は範囲が広く、ふらつくワンコから寝たきりのワンコまで使用可能です。
  ある程度の力があれば、ベルトの調節をして筋力を使うこともでき
    自在に動け、全身の筋力アップにもなるので
    車椅子を外して短時間の散歩・車椅子使用でしっかり散歩するわんこもいます。
  ・自分から歩けなくても、地面に肉球を付けて体を起こして立たせることができ
    人間が車椅子をゆっくり動かすことで歩いている気分を味わえます。
  ・顔が上がらないほど力がなくても、顔乗せバーやクッションを使って
    体を起こす時間を作り、気分転換になり、残存機能維持にもなります。

    

 ☆こんな場合は4輪車
  前足が元気だったときより弱い場合は4輪車
  ・後ろ脚の付け根ではなくお腹を支えないとダメ
  
後ろ脚の付け根を持ち上げたときに、
    前足
がふらついたり踏ん張れずに伏せてしまう
  
体の横やお腹の下を支えれば歩ける
  
4足で歩けるが体全体で歩きふらつく
  
4足で歩けるがつまづいたり前に倒れるときがある
  
顔を下げて歩く
  
補助しないと立っていられない
  
前足切脚している
  
前足の負担を減らしたい
  
立てないが歩きたい(寝たままバタバタしてる)
  
立てないし顔も上がらない
  
寝たきり

 ※寝たきりやそれに近い状態の場合
  歩くかどうかは、実際に乗ってみないと何とも言えませんが、
    練習や調整で歩くことも、歩いている気分を味わう事もできます。

  ・
4輪車だと、ワンコ本人が安定して立てるので、転倒の心配はありません。
  ・
歩く以外にも、排泄、シャンプー、爪切り、簡単なトリミングなど、
    飼い主様の負担軽減にも役立ちます。
  ・24時間寝た状態よりは、目線を変える、内臓の位置を戻すなど気分転換になります

   ※ 安静にしたいときは車椅子は不向きです。

 
 ● 車椅子使用に抵抗がある方へ

  2輪車で無理して歩くよりも快適に動くことができます。

  4輪車を使えば、転倒で頭や脊椎を痛める心配がなくなります。
 
 ベルト調整で、そのときに必要な筋力の状態を維持できます。

  うちの子はまだ・・・と思わず、今の筋力を維持するためにも
  筋力がよりあるうちに車椅子を使用することをお勧めします。


 ● 改造について
  2輪車から4輪車の改造は
  ・お渡し後最初の連絡で変える場合は2輪車と4輪車の ¥ 差額のみ
  ・お渡しまたは発送日(受領書の日付)から2週間以内の改造は ¥ 4輪新車の50%引き
  ・上記以外は ¥ 4輪新車の30%引き

    
  4輪車から2輪車の改造は使えるパーツがないためできません

            

// 特定商取引法に基づく表記 // サイトマップ // トップページ //