Mole X Mole




概要

このゲームは2人対戦ゲームです。
自機を操作して邪魔はブロックを消しながら、
先に敵に弾を3回当てたほうが勝ちです。
ブロックと弾丸には数種類あります。



起動方法

「MoleXMole.exe」 をダブルクリックすると起動します。



諸注意

このゲームはDirectX 9.0c を使います。
もし、DirectX環境がない場合は こちら からダウンロードしてください。



操作方法

ゲーム画面 メニュー画面
Player1 Player2 ジョイパッド
左回り A
前進 W
右回り D
後退 S
発射 Left Shirft .(period) ボタン4
カーソル移動 方向キー
選択 Enter
キャンセル Esc




メニューの説明

Game Start ゲームをスタートします。
How To Play かなり簡単な説明です。
Option 機体操作にキーボード、ジョイパッドのどちらを使うか、
フルスクリーンかウィンドウモードにするかを設定できます。
プレイウィンドウモードを変更した場合、その変更は再起動した際に適用されます。
End ゲームを終了します。




画面の見方



画面の左側がPlayer1、右側がPlayer2です。
画面上は両プレイヤーのステータスを表示するところです。
@残りのHP。0になると負けとなります。
A現在装備している武器
B今のスピードです。スピードは3段階あります。
C風の向きです。矢印の方向に機体が流れます。



アイテムの種類

通常弾です。特にこれといった特徴はありません。
通常弾より一回り大きく、威力が2倍の弾です。
通常弾より撃つ間隔が短い弾です。
これを取るとスピードが下がります。
これを取るとスピードが上がります。
自分を中心にらせん状弾道の弾です。
3方向に打てますが、撃つ間隔が多少長い弾です。




ブロックの種類

普通のブロックです。壊すとアイテムが出ることがあります。
破壊不可能なブロックです。
これに弾が当たると跳ね返ります。
これに機体があたるとこのブロックを破壊するまで動けなくなります。
触れるまで見た目では分かりません。
見た目は普通のブロックですが、壊すと弾が出てきます。
この弾に当たると当然ですがダメージを受けます。




効果音

このゲームは効果音をユーザーが指定することが出来ます。
「MoleXMole.exe」がある場所と同じところに「Sound」という名前のフォルダを作って、
以下の表に示すように音ファイルの名前を指定し、先のフォルダ中に入れてください。
ブロックに弾が当たった時の音 blockhit.wav
ブロックが爆発するときの音 explode.wav
プレイヤーに弾があったときの音 hit.wav
弾を発射するときの音 shot.wav