☆[入口]  ☆[HOME]   ☆[淡水魚の病気と治療]  ☆[熱帯魚店の魚達]  ☆[お勧めリンク]  ☆[書道/青象会]

。。。。 。。。。


手乗り文鳥はかわいい!

人には慣れ、見て美しく、味わいのあるさえずり・・・三拍子揃ったスーパーバード!
だから元気で長生きするように 文鳥にあった飼い方をしましょう。

経験をふまえた上で、基本的な飼い方などを、なるべく簡単に記載しました。
参考になれば幸いです。

☆★☆ はじめに ☆★☆

文鳥のふるさと

野生の文鳥は、インドネシアで群れをなして生息していることから
英語では、「JAPA SPARROW」といい、 「インドネシアに住むスズメ」という意味です。
インドネシア以外では中国南部、カンボジア、タイ、ラオス、シンガポール、ビルマなど
あたたかい東南アジアに生息しています。

主な種類

並文鳥 東南アジアに住む野生の文鳥を並文鳥と言います。
頬と尾以外には白羽がないことが特徴です。
桜文鳥 並み文鳥に白い羽の混じったもので、
腹部にはパールカラー、胸部には白羽があり「桜」の花に似ている。
白文鳥 桜文鳥から作り出されたもので、
白い羽に1枚の黒羽も混じらないものが上質とされています。

このほかにも「頬黒文鳥」「パイド文鳥」「文十鳥」などがあります。

オスとメス

オス くちばしが真っ赤で盛り上がっている。目の縁の赤いリングは太く赤みも濃い。
全体的にがっちりとしている。
動作の特徴として、両足でぴょんぴょんとジャンプするディスプレイ(求愛行動)を行う。
メス オスに比べると、くちばしは細く、赤みは淡い。 目の縁のリングも淡い。

☆★☆ 文鳥の飼い方 ☆★☆

セット
 鳥かご、止まり木、餌入れ(主食用・補助食用)、水入れ、壺巣(産卵時期だけで良い)
* 右写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

鳥かご

 大きめの鳥かごが良いと思います。
メジロなどの竹籠、ヒバリ用の天網かご、カナリヤ用(縦長のブランコ付き)かごは不向きだと思います。

エサ

 栄養が偏らないよういろんな餌を与えましょう。
主食は、市販のアワ、ヒエ、キビ、カナリヤシードなどの混合飼料です。
それに、野菜やカルシウムなどの補助食が不可欠です。


 水は、毎日取り替えましょう。
文鳥は水浴びが好きな小鳥で、寄生虫予防にもなります。
水道の水で良く、寒い時期だからといってお湯はタブーです。 水入れの容器は、プラステック製でかごの外から取り付けるタイプ(写真参照) だと水が飛び散らず、床置きタイプより糞で汚れることが少ないのでお勧めです。

毎日やること

 毎朝よく観察することが大切です。
鳥の様子はどうか、餌のカラを吹き、まだ餌は充分あるか、そして水替えすることなどです。
朝一で声かけすると鳴いて返事をするようにもなります。


☆★☆ 注意すること ☆★☆

病気の合図

次のような文鳥を発見したら、すぐに他の鳥と 分離させ、保温し、専門医に相談しましょう。

▼ 体を丸くし羽をふくらませている。
▼ 昼間でも寝てばかりいる。
▼ あまり鳴かずじっとしている。
▼ 餌をあまり食べない。
▼ くちばし、目の縁の赤い色が淡くなっている。
▼ 尻が糞で汚れている。
▼ 苦しそうに口をぱくぱくさせている。(移動時、一時的な場合がある)
▼ 鼻水、クシャミが出る。
▼ 餌を吐きもどす。

天敵

猫、蛇が代表的な天敵です。その他の野生動物や取り扱いを知らない 「人間の子供」も要注意です。
天敵に襲われないように鳥かごの置き場所などにも配意しましょう。

その他

鳥かご内の清掃はこまめにしましょう。
手に乗せたりしてよく遊んでやると、よく慣れます。 (窓とカーテンは閉めておくことを勧めます。)
餌がない状態では半日もたずに落鳥する(死ぬ)こともあり、餌不足に要注意です。
(雛の場合は3時間置きに与えます。)
つがいの場合は、仲がよいカップル同士を一緒にしましょう。
万が一屋外に逃げてしまったら、その日のうちに見つけて捕獲しましょう。
比較的近くにいる場合が多いです。手乗りで育てられた文鳥は自然界での生息は困難です。
(飛ぶ力が弱いため強風に弱く、天敵(カラス、猫など)に狙われ、餌もままなりません。)
平素から「呼べば飛んでくる」関係を作っておくのが理想ですね。

繁殖方法、雛の育て方など詳しい飼育方法は [お勧めリンク]をご覧ください。





☆[入口]  ☆[HOME]   ☆[淡水魚の病気と治療]  ☆[熱帯魚店の魚達]  ☆[お勧めリンク] 

☆[書道/青象会] ☆[takkyの Photo Life]