就農への道
En route pour le paysan

ひょんなことから、始めてしまった百姓修行。
気づいてみれば、いろいろな方々に出会い、友人・知人たちにはお世話になってしまいました。
そんなわけで、これまでの感謝の意味を込めて、この活動報告を作ってみました。
それから、これから就農を目指そうという方たちに、少しでも参考になればという思いもあります。
これは、百姓としてひとり立ちするまでのドキュメントです。
そんな動機からこのページは生まれました。
一応、このホームページは農場設立時点で、農陶工房(仮称)のそれへと移行の予定となってます
 
リストマークプロローグ それは、そう3年前。サラリーマンに見切りをつけ、やって来ました百姓への道。向こう側には何が待ってるのか。
リストマークフランス・2001夏-2002秋 ワーホリ編 長年腐れ縁のフランスを最初の修行の場に選ぶ。いろんな人との出会い、カルチャーショック、とにかく怒涛の1年半。
リストマーク日本・2002冬−2003春 出稼ぎ編
    
北に行っては、霜降る畑で芋を掘り、南に行っては、炎天下の畑でキビを刈る日本の農村社会にどっぷり漬かってみる。
リストマークフランス・2003夏秋 武者修業編 再び戻ったフランスには、連日40度を越す熱波がやってきた。畑は地割れ、作物は干からび、雑草は燃えて、肉体はどんどん乾いていく・・・。
リストマーク日本・2004 楽園探し編 いよいよ、安住の地を求め旅に出る。ユーラシア横断で得た「流れ」に乗ってみよう。いったいどこに辿り着くのだろう・・・?!
リストマーク緑の研修生2005 ちょっと山の仕事に寄り道してみる。それは、本物の「百姓」になるための自分なりのアプローチ。山師の世界も奥が深い。
流行に乗り、ブログ作っちゃいました・・・。
リストマーク今後の予定UP! 予定は未定。とにかくマイペースに、あせらず、じっくりと。人生の楽園目指して

リストマーク逆『深夜特急』な旅2003冬−2004春
    
長年夢だったユーラシア大陸横断の旅に出る。フランス・パリから、陸路にて我が母国日本を目指す。東へ進むにつれ、ゆっくりと、だが確実に、周りの風景・人々・食べ物などによって、、ヨーロッパからアジアへと戻っていることを実感する。ちょっと長い日本までの寄り道。

リストマーク リンクLINK
就農への道
En route pour le paysan
フリーリンクですので、どうぞ左のバーナー自由に使ってください。
お世話になった人や自分でチョイスしたHPを随時紹介して行く予定です。
さてさてどこまで繋がっていくのでしょうか・・・?!

フランス語 FRANÇAIS

最終更新日 2005年6月13日
ご感想・ご質問等は、
voyageur1972@yahoo.co.jp