3ヶ月で英語が上達する勉強法とは?
1日20分この勉強法を繰り返すだけで、カタコト英語を話すのがやっとだった…

「英語のスペシャリストたちから拍手喝采!」されました!(Lisaさん)

隣にいた若いアメリカ人の表情が変わり、すっかり目を丸くして驚きました(Tsutomuさん)

全く通じなかった言葉が直接伝えられるようになって、今すごく幸せです。(Mitsuyoさん)

声優を目指している自分が自身をもてた最高のメソッドでした(Akikoさん)

英会話講師チカラ現在、ボイストレーナー、歌手、作曲家として活躍するMaki先生は、19歳の時に、ミュージカルを勉強しにアメリカに留学しました。

留学したばかりの時に、ネイティブのアメリカ人によく、
「アメリカに来たばかりなのに、どうしてそんなに英語が話せるの?」 と驚かれたそうです。

日本人が英語を話せるようにならないのは、英語を使う時間があまりにも短いからです。

言語を話すには、「慣れること」がとても大事です。

どんなに学校で勉強して文法を頭に詰め込んでも、実際に話さなければ意味がありません。

どんなに英会話スクールに通ってフレーズを習っても、実際に口に出さなければ意味がありません。

Maki先生の英語が上達したのは、すべて歌のおかげでした。

洋楽を歌いたくて、中学生の頃からヘッドフォンで何度も何度も歌詞カードを見ながら音楽を聞き、マネをして歌っているうちに、気が付いたらフレーズを覚え、発音を習得し、リスニング力までアップしていました。

繰り返して歌うことで、英語に「慣れて」いたのです。

Maki先生は、好きな歌を歌っているうちに、気が付いたら英語が身についていました。