Counter とりあえずパソコンで音声認識音声入力するぞ

肩が痛くてタイプができない、ということで音声認識音声入力を検討してます。
どうやら、使えるレベルにまで到達しましたので、私の使用しているシステムを
紹介します。 腱鞘炎、頸肩腕症候群の方で『タイプがつらい』という方の参考に
なれば幸いです。
音声入力に使用したドラゴンスピーチは、結構微妙なチューンが必要なソフトですが、
うまくいけば快調に使えます。(けど、いろいろ問題あり)
               2004年7月4日、10月16日、2005年4月3日 修正、追記、6月5日追記

1.私の音声入力環境
■ソフトウェア
  ドラゴンスピーチセブンセレクト
       (スキャンソフト・アスキーソリューションズ)
    ViaVoiceを購入しましたが、エンロールがうまくいかないので、
    ドラゴンスピーチセブンセレクトに乗り換えました。
    (USB接続ヘッドセット版ではありません)

■コンピューター
  NEC製ノートパソコン モバイルデュロン700MHz、メインメモリ384MB
  3年前購入のWinMEマシンをWinXP home EditionにVersion Upしました。
  10月16日追記
    384MBでは不足することがあるので、512MBに増設しました。
  050403追記
    嫁さんのセレロン1.4Mマシンに比べると、どうしようもないところがあるので、マシン更新!
      NEC ValueOne MT200/1D1W
        Celeron(R) D プロセッサ 335 (2.80GHz)
        メモリ1GB (バルク品512MB×2枚)
        マイク:プラントロニクスDSP-100
        現在、評価検討中ですがドラスピ付属マイクではダメで、DSP-100が必要でした。
        モバイルデュロン700MHzノートよりは遙かに快適ですが、十分と言えるかは微妙。
  ★050605追記★
    新マシンでまともにうごかないので、ScanSoftさんに確認したところ

      ドラゴンスピーチ7は、Office2003直接入力に対応していない。ドラゴンスピーチ8で対応する。

    というありがたいお言葉。ドラスピ8発売時期は未定とのこと。残念。しばらく開店休業です。

■ヘッドセット
  音声入力がうまくできないのでいろいろ検討して、プラントロニクスDSP-100に落ち着きました。
  USB経由で入力するヘッドセットです。
  ヨドバシカメラ梅田で購入。
  10月16日追記
     私のPC環境では『DSP-100でないと、まともな音声入力はできない。』状況です。
     (下記わかったこと参照)
     グラフィック・アクセラレータとかウイルスバスターがノイズの発生源
     になっているようですが、DSP-100ならこれらをONにしていても大丈夫でした。
        USBマイク入力におけるノイズ軽減対策の参考


2.わかったこと
■ノイズのないサウンド入力が必要
 コンピューターに入力する音声の明瞭さがもっとも重要の様です。
 サウンドレコーダーで自分の声を録音してみて、ノイズがのっているようだと音声入力は
 上手くいきません。
 6月30日にプラントロニクスのUSBヘッドセット(DSP-100)を購入しましたが、これは画期的です。
 録音される音声もきわめて明瞭、ほとんどノイズがありません。音質チェックの結果も16から17で
 きわめて良好でした。ノイズ処理がなくなるためか、音声入力の速さも速くなりました。
 プラントロニクスのUSBアダプタDSP50や、すまいるのUSBオーディオ変換アダプタUSB-001Kも
 試しましたが、入力される音声にノイズが残り、音質チェックは10から13で合格しませんでした。
 10月16日追記
   去年買ったNECのブック型パソコンでもDSP-100で良好な音声認識結果が得られました。

■仕事用単語の音声変換用データはATOK学習データから (10月16日追記)
 ATOKに登録した自分の仕事用単語を編集して、ドラゴンスピーチに登録しました。
 登録した単語すべてが有効になっているわけではいないような気がしますが、とりあえず良く
 使う単語はOK。
 なお、ドラゴンスピーチにはMS-IMEのデータを取り込む機能が準備されています。

■ドラゴンスピーチのユーザーは腐ることがある (10月16日追記)
 おかしな学習をしてしまい、入力が変なことになる事があります。
 いろいろやったけど回復できませんでした。結局、新しく『ユーザー』を作り直して解決。
 (まず最初にバックアップされているユーザー情報を復元。それでだめなら作り直し)

■口とマイクの位置関係を一定に (10月16日追記)
 口とマイクの位置関係をいつも同じようにすることが重要です。はじめのうちは使用の前に
 『オーディオセットアップの点検』で入力される音声に問題がないことを確認した方が良いです。
 口とマイクの位置関係が5ミリも違えば、音声入力精度は大きく異なります。
 音声入力の声の大きさにも入力精度は非常に左右されます。

■その他
 ViaVoiceのロールがうまくいかなかったのは、おそらくマイク端子経由の音声入力がノイズだらけ
 だったためだと思います。(確認していませんが)
 
 今はViaVoiceもドラゴンスピーチと同じスキャンソフトが取り扱っているのですね。
 将来はそれぞれの良いところを合わせて、1本化されるのでしょうか?
  →ViaVoice V10.5 4月15日発売とのこと。 ドラゴンスピーチは海外ではVersion8発売済

 アスキーソリューションズから、超指向性マイクロホンが最近発売されてましたね。
 音声入力はうまくいくのでしょうか? → 残念なことに発売中止

 松下のノートパソコンR3とかで音声入力をうまくできるのでしょうか?
 ご存知の方があれば、お教えください。
   →快適に使うには、ノートならおそらくハイエンド機が必要です。まだ値段高すぎ。(050403追記)

とりあえずパソコン音声認識音声入力のゲストブックへ

■リンク 050403追記
 オーストラリアの音声入力に関するお店 
 hiroさん音声認識 音声入力 blog (超参考になります)
 ビジネスソフト@2ch掲示板 音声認識ソフトスレッド (かなり詳しい人もいらっしゃいます)
 アスキーソリューションズ ドラゴンスピーチホームページ
 ヘッドセット(マイク)メーカープラントロニクスの国内代理店(Gate社) 同社通販サイト
■ご注意
 1ユーザーの経験による記載ですので、上記の事に配慮しても音声入力がうまくいくとは限りません。
 ほかにも重要なポイントがあるのかもしれません。重要なポイントがありましたら、上記ゲストブック
 書き込みしていただけると幸いです。よろしくお願いします


■ゲストブックアーカイブ
 050220以前  050326以前