コピーコントロールCDを撃破しよう
と言っても、市販のマニュアル本の受け売りだけどね。というか西明石の○氏の・・・?

フリーソフトを使ってリッピング〜MP3化


○ 前置き (むらかみの現実)

コピーコントロールCDっていうのがある。パソコン利用でコピーが出来ないようにしてあるCDのことだ。
その実態は、本来のCDの規格を定めたオレンジブック議定書に反する規格のCDなのだ。

オーディオ用のCD−R(CD−RW)には著作権保護信号が入っていて1世代のデジタルコピーが出来る。
著作権保護団体?か何かに使うための費用もオーディオ用CD−Rには含まれているぶん高価だ。
しかし、オーディオ用のCD−Rを書き込むオーディオ機器が必要になる。
(パソコン用のCD−Rには著作権云々の信号が入っていない。また、著作権を保護する団体?使う費用も含まれていない。)

個人で使うための複製は法的に認められている。レンタルショップが堂々と商売してることからも明らか。
著作権の濫用という意味では音楽CDの複製がパソコンで出来いのも時代の流れだから従っとくか?と思って
CDレコーダー(オーディオ用CD−R)を買った。

しかしながら、むらかみが持っているオーディオ用のCD−Rの器械でコピーコントロールCDを焼くと、
10曲入りのCD1枚をコピー(録音)しようと思ったら、何枚ものCD−Rを用意しなくてはならない。
本来の規格のモノでないので、コピーコントロールCDだとうまく読まないことがあって、
何枚もの焼きミスをやってくれるのだ。(=時間・お金が無駄になる)

こういう現実があって、コピーコントロールってすごく腹が立つ。
CDベンダーはコピーコントロールCDというものを作っている。それは規格から外れたものだ。
それなのに、そのCDが起因するトラブルは保障しませんと、堂々と言ってのけている。
というか、開封と同時にそのメーカーの口上に同意したことになるという脅し文句までついているのだ。

そういうベンダーに対して腹が立つものの、むらかみの欲しいCDは大概コピーコントロール云々というより以前に
レンタル店では置いていないことがほとんど。一般的な規模のCDショップでも置いていないのも多々。
年に何回か出会うコピーコントロールCDはCDレコーダーで焼いてからパソコンで取り込んだら
MP3ライブラリに落とせるのでそれで十分だった。

なんて現実なので、腹は立つもののほとんど関係のない対岸の火事みたいな感覚だった。

しかし、むらかみのCDレコーダーも老朽化が進み(って3年やで、まだ)、普通のCDの認識も危うくなってきて、
これはパソコンでコピーコントロールが扱えるようにしとかないと・・・と思い立ったのだ。


今回実験で使ったもの。

CD Manipulator (フリーソフト)

i−Tunes (フリーソフト)

以上の2点のみ。

注意

今回のはWin xpユーザーが対象です(i−TunesはWin xp Win2000のみ対応なので)
その他OSの人はCD Manipulatorのダウンロード〜使用は参考になるかもしれませんが
MP3変換等に関しては、午後のコーダ等の変換ソフトを入手してください。

目次

@ ソフトの入手 インストール CD Manipulator

A ソフトの入手 インストール i−Tunes

B インストール後のいらないもののお方付け。

C WAVファイルの吸出し。(りっぴんぐ)

○ CDの内容を見る

○ 保存先を作る

○ CDの内容を吸い出す

D iTunesで再生する。

E iTunesの設定

F iTunesでMP3に変換する。

○  iTunesに取り込んだものを見つける。

○ MP3変換

G MP3ファイルの整理。


@ ソフトの入手 インストール CD Manipulator

説明はWin xp SP2インストールという環境なので、セキュリティ画面等、違う場合があります。

CD Manipulator(フリーソフト)は残念ながら開発終了?、製作者のHPも見つからなかった。

でも、アスキーさんなんて大手の会社がダウンロードページがあるので、そこからダウンロードします。
(ダウンロードアスキーさんのホームはこちら。 )
我々がダウンロードするのはこちらから。

ページが開いたら、



のCD Manipulator[ダウンロード] をクリック。



保存を選択。



左側のデスクトップを選択して、右下の保存を選択。



(コレでダウンロードは完了インストールに移ります。)
いきなり実行を選択



セキュリティ警告なんてのが出てきますが、ウィンドウズがお節介なだけなので、
無視して実行するを選択。するとインストールが始まります。



次へ


(保存先の選択/デフォルトのままでOK)
次へ


(入り口をどこに作るかの選択/デフォルトのままでOK)
次へ


(デスクトップに入り口を作るのかどうか?とりあえず作っておこう)
次へ


(3つの選択をしたけど、間違ってない?って親切に聞いてくれています)
インストール



完了。

これでインストールが完了ではないのだ。何語で使いますか?って質問が最後に来るのだ。



日本語(コピ厨仕様) もしくは日本語のどちらかを選択して、OK
(むらかみは日本語(コピ厨仕様)を選択)



この画面が出てきたら、インストールが無事に完了。
使うのは後からなので×で閉じておいてください。


A ソフトの入手 インストール i−Tunes

むらかみの場合上書きインストールで行っているので、若干画面が違う場合があります。
i−TunesはWin xp Win2000のみ対応です。

まず、ダウンロードページを開く。
ここをクリック

開いたページの左半分。


使っているOSの選択
e−mailアドレスの入力
言語選択
この3つのみ入力してほかは無視しても可。

Download iTunesを選択



この画面が出れば正解なんだけど、
SP2導入PCはセキュリティにブロックされてダウンロードが始まりません。



ダウンロードが始まらない場合はこちらをクリックしてくださいをクリック。



保存を選択。



左側のデスクトップを選択して、右下の保存を選択。
ダウンロードは少し時間がかかるので、待つべし。



コレでダウンロード完了。ここからはインストール。
いきなり実行を選択



セキュリティ警告なんてのが出てきますが、ウィンドウズがお節介なだけなので、
無視して実行するを選択。するとインストールが始まります。



次へ



はいを選択。
作り手の側から言えば、タダで使わしたるねんからこんなくらい言う事聞けよって感じかな?



次へ
注意書きが書いてあるけど・・・。



次へ
(クイックタイムとiTunesのチェックははずしてもいい)



次へ



iPodの広告がこんなところに入ります。商魂逞しや・・・。
当然、次へ。



終了。これで、インストールはおしまい。

確認のため、デスクトップに出来たアイコンをダブルクリックしてね。



こんなのが起動したら成功。
(今まで使っていたので、むらかみの場合、すぐにこんな画面が出たのかもしれません。
ひょっとすると、本当に初めての場合は、設定について聞いてくることがあるかもしれないけど、
わからなかったら、「次へ」「はい」でいいと思います。)


B インストール後の後片付け

デスクトップに出来たアイコンで  と  は、削除しておきましょう。

どちらもインストールするためのファイルなので、インストールした後はただのゴミです。

 こんなのも出来てると思いますが、
これもショートカットアイコンから使うことはないと思うので、削除しておいていいです。

 と  はスタート〜プログラムでプログラムを呼んでくる人には必要ないですが・・・。


実際に使ってみよう


C WAVファイルの吸出し。(りっぴんぐ)

※ コピーコントロールCDを入れる前にCD Manipulatorを起動する。
(CDの挿入でほかのソフトが起動し、そのソフトがCDの読み込みを頑張ってくれるのはいいけど、
コピーコントロールCDなので(規格外のCDなので)読めなくてフリーズするとかいう問題があったりする。)

○ CDの内容を見る



この画面を見てから、コピーコントロールCDをパソコンに挿入する。

CDを入れたら、をクリック。
(ツールバーのCD〜正しいTOCとギャップ情報の取得)

ツールバーのウィンドウ〜TOCウィンドウをクリック



こんなウィンドウが出てくる。

※ コレがCDの中身。本来ならここで言う2/14というのが存在しないはず。
パソコンで勝手に起動する再生ソフト云々が2/14ですわ。



○ 保存先を作る。
パソコンで見えないよう処理されている1/13から13/13を吸出し(リッピング)して保存する場所の確保

この段階でデスクトップにフォルダを1つ作る。
(デスクトップで右クリック〜新規作成〜新しいフォルダ)


新しく出来たフォルダが  この状態でBackSpaceで消して何か適当な名前をつける。
(アルバム名とかだけど今回はantiCCCDとします。)


○ CDの内容を吸い出す。(リッピング)
中身が見えた。保存先が確保できた。となったら一番の目的の吸出し作業です。

CD Manupilatorに戻って、



この中から吸い出したい(リッピングしたい)ファイルを選択する。

a)全部を選択する場合、1/1でクリック(色が反転) 次に1/13でshiftキーを押しながらクリック
そうすると、1/1〜1/13の色が反転し選択したことに。

b)1,3,5,8などファイルを指定してと言う場合は
最初に1をクリックそれから、Ctrlキーを押したままで3,5,8とクリックすると
クリックしたものの色が反転して選択したことに。



そこから、CD Manupilator のメイン画面の一番左下の
このマークをクリック。



こんな画面が出てくるので、それの右上「検索」ボタンをクリックする。
(どこに保存するのか指定するのだ。)



今度はこんな画面が出てくる。
最初にマイドキュメントが出てくるけど、左側のデスクトップをクリックして



デスクトップになったことを確認。それから、先ほど作ったantiCCCD ってフォルダをダブルクリック。



保存する場所がantiCCCDになったことを確認。
下のファイル名のところ、に適当な名前をつける(アルバム名とかだけど今回はCCCDとします。)



名前が入ったら、保存のボタンを押す。



この画面に戻って、「OK」



この画面が出たら、吸出し(リッピング作業)をやってるってこと



Okをクリック。これでリッピング作業終了。

その前にCD Manupilator と TOCウィンドウは×で閉じておきましょう。


※ 補足 ※

コピーコントロールCDのダビング等が目的なら、
CD Manupilatorのメイン画面でCDの絵が2つ描いてるやつから入れば簡単に出来るみたいです。



D iTunesで再生する。


デスクトップに出来上がった(antiCCCD)のフォルダをダブルクリックで開く。



名前ががCCCD_1等のファイルが出来ていたら第1段階OK.
(吸出しの項で1.3.5.8を吸出ししているので、ここではCCCD_1、CCCD_3、CCCD_5、CCCD_8で話します)

antiCCCDのフォルダで上の編集〜すべて選択で4つのファイルをすべて選択する。
 →→ 

すべて選択できたら、4つのうちのどれかの上で右クリック〜プログラムから開く〜iTunes


コレだけでiTunesから再生出来てしまう。


(うまくいかなかったら、1個づつやってください。)

(それでもうまくいかなかったら、デスクストップのをダブルクリックしてitunesを起動して

これみたいに2つウィンドウを並べて、ドラッグアンドドロップで持っていってください。
持って行ったら、CCCD_1をダブルクリックするか、クリックで選択して上の三角で再生してください。)

コレで、音は出たかな?

見本の画面の中にはCCCD_1.WAVというように.wavというのが後ろについてるでしょう?
ファイルの形式を表示させるように設定してあるからなんだけど、この吸い出したファイルは
.wavで通称ウェーブファイルとか呼んでいます。
通称MP3と呼んでいるのは、ファイル形式がMP3だからで、.mp3とつきます。
興味のある人は、「拡張子」や、「フォルダオプション」という言葉、で検索してみましょう。


E iTunesを設定する。

ちょっと難しい話は勘弁って方もここは・・・。

パソコンで楽しく再生するだけなら、DまででOKなんだけど、ファイルが大きすぎてかさばるので
MP3という、昔ながらのかなり一般的な、アップルコンピューター様から我々に賜った形式に変換して、
サイズを小さくしましょう。

CDから吸い出しただけでは、50.7MB
(むらかみのケータイを買ったときについていたメモリーカードの3枚以上のおおきさ!!)


いろいろと圧縮して小さくするには形式があるんだけど、
MP3という形式にこだわるのは、互換性の高さ
(対応するカーオーディオ/ポータブルプレーヤーの多さ)です。。

※ むらかみのカーオーディオはMP3は再生できても、ウィンドウズ標準装備の
メディアプレーヤーで変換が可能なWMAは対応していない。。。などなど。


能書きはいいので、作業のほうを。

ダブルクリックでiTunesを起動します。

そして、各種設定を行うために、編集〜設定を開けます。



一般・iPod・オーディオ云々書いてるところを、タブと呼びます。



まずはインポートのタブ。



インポートの方法のところが標準ではAACという方式になっているので、
右側の▽からMP3エンコーダを選択しましょう。



その下の設定のところは128kbps以上で選択。
ハードディスクの容量に自信ありなら192で。

参考

64Kbpsの場合、3分前後の曲で1.5MBくらい
128Kbpsの場合、3分前後の曲で3MBくらい
160Kbpsの場合、3分前後の曲で3.7MBくらい
192Kbpsの場合、3分前後の曲で4.2MBくらい

数字が大きくなるほど高音質ですが、
カーステレオ等で聴く程度なら違いに気がつかないと思います
ポータブルオーディオに入れてヘッドフォンで聴くと違いはわかる曲とそうでない曲があり。
ここは感性により異なる判断が出るところなので、私は音質にはウルサイわよというなら
高ビットレート(Kbps)で録音しましょう。

後で、AACに変換したり、WMAに変換したり、ATRAC3に変換したりとか言う時に
変換できないことが生じるので、そういう意味で128Kbps以上は選択しましょう。





まだ、インポートのタブの話、
「オーディオCDの読み込み時にエラー訂正〜」ってところは、今回の話と関係ないですが、
チェックを入れるとCDに傷とかある場合デジタル訂正がかかります。
そのぶん、コピーコントロールCDでないのは直接iTunesにCDからの取り込みが出来るんですが
そのとき、処理速度が遅くなります。


とりあえず、これが最低限の設定です。


F iTunesでMP3に変換する。

○ iTunesに取り込んだものを見つける。

先ほどiTunesで再生した。ということはiTunesに取り込んだということです。
初めてiTunesを使ったという方なら、CCCD_1など4曲しかないと思いますが、
たくさん入ってる場合の探し方を紹介しておきます。



WAV形式で取り込んだ状態ではアーティスト名・アルバム名・ジャンル等の情報が入っていません。
この情報が入ってないという状態を利用します。
上のスクリーンショットではジャンルのところに▼がついていますね。
この▼はジャンル別で降順に表示されていますよ。ということです。
▼(降順)▲(昇順)で曲名 ビットレート 時間 アーティスト アルバム などで並べ替えをしてくれるので
アーティスト アルバム ジャンルのところをクリックして並べ替えをさせると降順のときに
空欄のものが一番上に表示されるので、たくさん入っていてもそれで探し当てることが出来ます。


○ MP3変換

変換したいものを選択します。


今回は4曲まとめて選択するので、CCCD_1をクリックしてShiftキーを押しながらCCCD_8で全選択



色が反転した上で右クリック〜選択項目をMP3に変換
これで、MP3変換を始めてくれます。



上図のように楕円の中で経過時間が出ていたら変換しているということです。


MP3変換が出来たら、同じ曲名のものが2つづつ出来ています。


色が反転しているものが元のファイル(WAV形式)
色の反転していないのが今変換したファイル(MP3形式)


このまま、元のファイルの方の削除をしておきます。
同じ曲が二つも要らないし、ハードディスクの中身を圧迫するし・・・。

色が反転しているのでそれの中で右クリック〜削除。


削除してもいいですか?と確認してくれているので、「はい」


選択したファイルのいくつかは[iTunes]フォルダ内にあります。
これらのファイルをゴミ箱に移動しますか?

この質問に「いいえ」で答えるとiTunesのリストからは消しますが
iTunesの中には残しますという意味になってしまうので、
リストから消してもらって、ファイルそのものも消してもらうの「はい」を選択。
(ゴミ箱に一旦移動なので、後でゴミ箱の中も削除しておきましょう)

これで、MP3化は完了です。


G MP3ファイルの整理。



アーティスト名やアルバム名曲名が入っていない状態では後から何がなんだかわかりませんね。
ということで、いろんな名前をつけて整理(編集)をしましょう。

○ まとめて整理(編集)できるもの。



アーティスト名・アルバム名・分類名・作曲者名などがまとめて整理(編集)できます。

この画面を出すには、整理(編集)するものを選択します。
何度か同じ手順を書いていますが
始点クリック〜Shiftキーを押したまま〜終点クリックで一括選択するか
クリック〜Ctrl(Control)キーを押したまま〜これとこれって感じで要るものをクリックで選択するか
どちらかで整理(編集)したいものを選択してください。


選択した中で右クリック〜プロパティ



複数項目を編集しても・・「はい」




これでさっきの編集ウィンドウが出てくるので、アーティスト名・アルバム名など入力してください。
私は面倒くさがり屋さんなのでアーティスト名・アルバム名・ジャンルくらいしか入力しません。
これは各個人の判断でお願いします。

ということで、今回はアーティスト名・むらかみ アルバム名・iTunes三昧としました。
出来たら、OKすると、

こんな風にまとめて整理(編集)出来ています。


○ 曲名だけはひとつづつ整理(編集)

曲名をつけます。
CCCD_08を本来の曲名をつけてあげるということで、
CCCD_08を右クリック〜プロパティ


そうすると編集ウィンドウが出てきます。


名前のところに曲名を入力してください。
ついでにトラック番号ってのが右にあります。
この曲は13曲入りの8曲目だったので左に8右に13と入れれば
後でアルバムに入っていた順に並べ替えするときに役に立ちます。

 

そして、ほかの曲も名前を付けなくっちゃ。
左下の「次へ」のボタンを利用すればいいのだ。



そうしたら、次の曲、その次の曲って具合に進んでください。

これで、編集はおしまい。
最後にデスクトップに作ったantiCCCDのフォルダも、要らないので削除しておきましょう。


これで、iTunesでMP3が楽しめます。
先にこんなの作ったけど、CCCDでない普通のCDからの取り込みの話とか必要だったかも・・・。