南京大虐殺といったい何か


 南京大虐殺とはなにか?広辞苑によると「日中戦争で南京が占領された1937年12月前後に南京城外で、日本軍が中国軍の投降兵・捕虜および一般市民を大量に虐殺し、あわせて放火・略奪・強姦などの非行を加えた事件。」となっている。また中国側の発表やアイリス=チャン氏の「The Rape of Nanking」では虐殺された被害者の数は30万人であるという。また、旺文社の「世界史事典」によると虐殺された被害者の数は南京とその周辺で虐殺された被害者の数は合計で10万人とも20万人ともあると書いてある。またジョン=ラーベは「南京の真実」によると被害者は約4万人であるという。ではいったいどれが本当に正しいのか?


 答えはすべて正しくない。実は南京大虐殺とは虚構なのである。まず、被害者30万人説を論破するためにその当時の南京の人口を調べる必要がある。戦前の南京の人口は100万人であったのだが、日本軍の侵攻が近づくにつれて避難する人々が増えてなんと1937年12月にはすでに人口は16万人から24万人しかいなかったのだ。この時点で被害者30万説はもろくも崩れ去る。人口が30万人以下の都市で30万を虐殺するのが不可能なことぐらい誰だってわかるのである。また、物理的に考えても30万人もの人を殺すだけの準備もなかった。そして占領後に南京の人口をはかったところ人口は25万人であった、つまり減っていないどころか増加しているのである。この増加については下記にしるす便衣兵によるものである。そして、中国共産党の幹部でさえも30万人は政治的人数とすでに述べているいう噂もあり、被害者30万人説は完全に破綻し、今現在で南京大虐殺肯定派の日本の学者でさえ30万人説を信じている人はほとんどいない状態である。


 また、被害者約4万人説についても同様に死体の数を数えることによってわかってくる。死体を放置していると病気が蔓延するもととなるので、日本軍としてそのままにしておくことができなかった。そこで、死体を処理するために15万人が慈善団体が埋葬し、あと19万以上の死体は焼かれたと「日中戦争 南京大残虐事件資料集 第一巻」にあるのだがまず、19万人以上が焼かれ痕跡すらなくなったとあるが、これについては普通に考えれば19万全部の死体を痕跡もなくなるほど焼くということは不可能であるとわかるし、そして証言によると陥落後の12月14日から18日のたったの5日間で燃やし尽くしたということになっているので、一日平均で3万8千も燃やさなければならないということになり不可能ということになる。また、終始一貫してはっきりとしたこれについての証人や目撃者がいないうえに、焼くために大量の石油を輸送したや多くの人員を配置したなど物的証拠もまったくない。つまりこの19万野焼き説は明らかにでっち上げなのだ。
   そして慈善団体の埋葬作業は崇善堂という慈善団体が11万体、紅卍字会という慈善団体が4万体を埋葬したことになっている。だが、11万体を埋葬したとする崇善堂は1937年12月から1938年8月まで活動を停止していた、つまり埋葬されたと考えられる期間内は活動休止状態だったのである。つまり11万体を埋葬したとする記録はでっちあげだったのである。では、紅卍字会はどうなのか。実際に紅卍字会は活動をしていて1938年の1月下旬から埋葬作業もしていた。日本側から埋葬するのにいったいあたりいくらという賃金を払って紅卍字会に埋葬作業をしてもらっていた。また一日あたりの埋葬数は「南京の真実」のラーベ氏は200体、また当時南京特務機関の丸山進氏の記録に180体とある。そして三月にはいると春が近づいてきたので、埋葬作業をより迅速にするために(はやく終わさないと疫病などのもとになる)、特務機関はトラック5台をあたえるとともに人夫の数を増やし、埋葬一体あたり30銭増にするなどの条件をだしたので一日の平均埋葬量は600〜800に増えた。また南京ドイツ大使館のローゼン書記官が3月4日付けでドイツ本国の外務省にあてた報告には「紅卍字会が一日あたり500体から600体を埋葬している」とある。しかし、ここで紅卍字会がよりおおくの賃金をもらいたいばかりに埋葬数を水増したのだ。丸山進氏は
「紅卍字会は3月15日までに3万1791体を埋葬したと報告してきたが、これには明らかに水増しがある。2月末まで5千体で、3月15日には3万1791体になったとすれば、15日間で2万6千余りの遺体を埋葬したことになるわけですが、だとすると1日あたり1700くらいは処理しないといけなくなる。 ところが私が知る限りどう多く見積もっても、600から800。それがマキシマム(最高)だった。ですから、このことには気づいていましたが、水増しがあるじゃないかと文句を言いますと、その後の埋葬作業そのものがだめになってしまうので、それはそのまま認めようということになったわけです。」(昭和史研究所)
とある。つまり明らかな水増し請求に気づいていたのだが、のちのことを考えて黙認したのであって、実際にはそんなにたくさん埋葬していないということである。そこで全埋葬数を計算すると、1月下旬から2月末までの実働日数は22日間、3月中は10日間なので、200 X 22 = 4400 これが2月末までの埋葬数、600〜800 X 10 = 6000から8000ということになり合計すると1万400から1万2400ということになる。またこの人数は南京戦での中国軍の死者1万2366とほぼ一致する。つまり、無実の市民が多数がされたと考えることはほとんど不可能であり、虐殺数4万というふざけた数はでてこない。


また、市民の格好(軍服でない)死体があったからといってそれが即日本軍の虐殺につながるものではない。そのなかには便衣兵といってハーグ条約で禁止されているゲリラを中国軍が命令していたからだ。ハーグ条約によるとそのような便衣兵をつかまたら処刑してもよい、すなわち合法なのである。また、南京陥落時に中国軍は便衣兵になって身を隠し相手が油断しているところを襲撃できるように南京の安全地区に潜んでいた。安全地区とは当時南京にいたベイツ、ラーベなど西欧人たちがこしらえてここは日本軍が攻撃しないようにした場所である。中国兵が便衣兵として私服の格好で民間人としてカウントされたために占領後の南京の人口は増加している。そこで便衣兵発見のために便衣兵として隠れていた中国軍人を捕まえたことが、虐殺と勘違いされた恐れがある。また、便衣兵のなかには軍服を脱いで私服を着るために中国の一般市民を殺害したケースもある。つまり中国人が中国人を殺したというケースが数多くあるのだ。それ以外にも中国兵すべてに軍服が行き届いているわけではなかったので兵隊として戦い、戦死したのだが私服を着ていたので虐殺と勘違いされるという可能性も十分にあった。


 アイリス=チャンのでっちあげえせ歴史本The Rape of Nankingの表紙にもなっている揚子江での大量の死体は虐殺の被害者ではなく、中国兵の戦死体である。これが流れ着いてあのように大量に集まりあたかも日本軍が虐殺現場みたいになっているがそうではない。そのようにして虐殺を肯定する写真もほとんどはそのようにみせているだけで実際には違う。わかりやすい例として、処刑の写真で片手で刀を振り下ろしている写真は中国軍が日本軍を批判するために撮った写真である。なぜなら、日本兵なら日本刀で両手で持つはずであるが、中国兵なら青竜刀なので片手で振り下ろす。ほかに将校が履くブーツを履いているのにもかかわらず将校をあらわすバッチがない写真などはほぼすべてが中国側が模造した写真であると判断することができある。その他の手口としてはもともとの写真の縮小し顔の表情をわからなくさせる、都合の悪いものが写りこんでいるものはそこをカットするなどである。有名な例は日本軍が強制連行をしている写真として写っているはもともと朝日グラフの写真で日本兵も中国の民間人も笑っている写真が、画質を悪くしたことで表情がわからないようにしてあたかも日本兵が強制連行を行っているようにみせているのである。ちなみにここに日本兵がいる理由は中国共産党など兵站部隊(補給部隊)がなかったためにすべて補給は略奪にたよっていたので日本兵が民間人を保護している写真であったのである。他に被害者の死体の写真としてあるが、実は済南事件で中国人に虐殺された日本の民間人の写真など悪質きわまる偽写真まである。このての写真にはきわめて残酷なものや目を背けたいものが多いが、果たしてそれがどうなのかを知ることが大事である。


 中国共産党には清野作戦と呼ばれるものがあった。それは日本軍が占領したときに、戦略ポイントとして使用できないようにあらかじめ軍事的に使用されそうなところは同じ中国人もろともすべて燃やし尽くしていたのである。戦後それをすべて日本軍がしたことにしているのである。その清野作戦により南京の周りはほぼ燃やし尽くされていて虐殺人数を増やすために南京城周囲の人口を入れようと主張する学者がいるが、すでに燃やし尽くされていたので人はいなかった。そのほかにも、漢奸狩りというものがあった。それは共産党に賛成的でなかったりしたり、日本軍と接触したものを売国奴として生き埋めなど残虐に処刑している。これもすべて日本軍がしたことに責任転嫁させられた。


 まただれでも嘘だとわかる滑稽な証言としては、「日本軍は12月16日夜に老若男女約5万7418人を一ヶ所にあつめた後にワイヤーロープで二人ずつくくり、4列に並べて、機関銃で掃射しつくした後に銃剣でめったざしに突き刺し最後に石油をかけて燃やして、残った人骨を揚子江に投げ入れた」というなんとも不思議な証言がある。だれにでもすぐ論駁されるであろう箇所はどのようにして夜間に正確に一桁まで数えることができたのだろうかということであるし、6万人に近い人数の中国人を縛るのということが本当に可能で、なおかつ抵抗はなかったのか、死体が骨になるまで焼くのに何時間かかったのかなどなど、素人でも徹底的に論破できるものである。ちなみにこの日機関銃を乱射した音を聞いたと証言した人はいない、本当に6万近い人数を射殺したのなら絶対にだれかが音をきいているはずである。まったく幼稚でおそまつなでっちあげ証言である。


   また虐殺を主張する西欧人の主張もそのまま受け入れるわけにはいかない。当時すでに中国はその人口ゆえにマーケットとして注目されていたので、ほとんどの中国滞在の外国人は親中派であり、反日家であったのだ。資料として信用できない点として、ほとんどの場合が一方的に中国人の被害届けを受理しただけでそれをあったとして、実際にどうであったのかということを検証しなかったから。たとえば、ラーベやベイツなどは親中派であり、極度の反日家なのだ。日本の外交官が安全地区で一方的に中国人の被害届けを真実としているので、実際に被害報告後すぐに現地にいったところなにもなかったということさえあるのである。それは中国軍が情報戦の一貫としてわざと偽の報告をさせていたのである。また、彼ら西洋人には東洋人が軍服を着ていたらそのまま日本兵として認識していたので、中国兵が軍服をきて日本兵になりすまし中国の民間人に暴行をするといったケースもあり新聞にのったものまである(ニューヨークタイムズ1938年1月4日)。つまり、報告そのものをなにも考えずに信頼の置ける資料とすることが困難な場合もあるのだ。


 南京にまつわる有名な話として百人斬り競争というものがあったとされるが真相はいったいどうなっているのか。まず百人斬り競争というのは向井敏明少尉と野田毅少尉とともにどちらが多く白兵戦で中国兵を切り殺せるかというもので、もともと東京日日新聞に載ったものでその記事が英訳されジャパン・アドバタイザーにのった。そして彼らは戦後の裁判で死刑にされてしまう。だが、真相は彼らは百人斬り競争などしてはいない、それはもともと戦時中の戦意高揚のものであり、彼らはそれぞれ歩兵砲の指揮官と、大隊の副官であったので第一線の白兵戦にでる出番などそもそもなかったので。また、周知のとうちに日本刀というのは人を切れば血糊などですぐに刃こぼれしたりするので、暴れん将軍など時代劇のように斬ることはできない。ちなみに、中国の青竜刀は重さで切るので日本刀のようにすぐには刃こぼれしにくい。


また南京攻略前に中支那方面軍司令官で事実上の南京攻略の最高責任者であった松井石根(まつい いわね)は首都に侵攻するのは日本にとって初めてのことで慎重にすることとして軍律をきわめて厳しくした(日本軍のなかから厳しすぎると指摘がでるくらいであった)。強姦などをすれば軍法会議で死罪であった。また忠実に軍律をまもったので孫文の墓など歴史的に価値のあるものなどをはじめまったくの無傷であった。つまり組織的な婦女暴行などはまったくなかった。また強姦をしたのであれば後の混血児が多数生まれるはずであるが、まったくそのようなものは報告されていない(例えば、ソ連軍がドイツのベルリンでの強姦やベトナム戦争中の韓国兵の強姦で多数の混血児が生まれている)。
 また略奪については、なくなったものすべてが日本軍が持っていったと考えるのはいけない。それは、難民の中には夜になって略奪をするというケースが数多くあったからである。昼になると略奪品が道端で売られていたという報告がたくさんあるからだ。常識的に考えれば戦地を進む日本軍人が家具や柱時計など邪魔になるものを盗むはずがないが、難民たちにとれば高値で売れるものである。逆に日本軍が略奪をはたらいた証言としては南京安全地区委員会のマギーが国際裁判で証言したアイスボックスひとつを盗んだなどほとんど皆無であった、つまり犯罪があったとしても数人のこそどろの仕業である(戦争でこのようなことはどこの国でも日常茶飯事)。よって組織的な略奪はなかったと断言できる。責任はない。


 ではなぜ南京大虐殺は模造されたのでろうか。それはアメリカにしてみれば空襲や原子爆弾で無差別に日本人100万人以上を虐殺したことを正当化するために東京国際裁判ででっち上げる必要がどうしてもあった。中国側にすれば反日イデオロギーで国内を統一し、悪い日本を退治した共産党とし使うためである、それ以外にも中国共産党の指導でポルポトが虐殺をおこなったキリングフィールドが世界に知られると突如として南京大虐殺説を持ち出したりしている。日本国内においては中国で新聞を販売するために中国にこびへつらった朝日新聞や本多勝一などが考えられる、彼らにとればお金のほうが何よりも上位にたつのである、彼らは拝金主義者であろうか。ドイツにとってみると自分たちがユダヤ人を多数死なせてしまったのでそれを少しでもそれを相対化し軽減しようとするからである。他の連合軍だった国々は自分たちを正当化するために、相手国を悪とする必要があった。


 南京虐殺肯定派の本多勝一や洞 富雄、藤原彰らは一方的に中国側が用意した証人をそのまま鵜呑みにしただけであるのでまったく信じるに値しないし、南京戦当時少年だった人々に聞いたものや、撫順から帰ってきた日本兵(撫順では厳しい洗脳が中国共産党によって日本帰還兵たちに行われたことで有名)の証言を取り上げたものまであり、資料として価値ははてしなく 0 に近い。また常識で考えれば人を殺して食べたなど、決して日本人に考えられないほど野蛮なものまである、そのように野蛮なことは中国史に多々とあるのであり、中国人なら想像可能なのである。つまり、明らかに中国側の一方的な模造である。このように南京虐殺があったとされることを示す資料がまったくないのである、ひとつもない、あったのは各国の思惑として虐殺がなければならないといものだけだ。それとは逆に虐殺がなかったとする資料がたくさんあるのである。つまり、南京大虐殺は世紀の大でっち上げ事件だったのである。よって、それに対し謝罪する必要などない。むしろ、でっち上げを積極的に抗議し、他国の模造した過ちを考えさせなければならないかもしれない。


参考文献
「世界史事典」 旺文社
「The Rape of Nanking」 Iris Chang / Penguin Book
「南京の真実」 ジョン=ラーベ、 エルヴィン=ヴィッケルト(編集)、 平野 卿子(翻訳)/ 講談社
「再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪」 日本会議国際広報委員会, 大原 康男, 竹本 忠雄 / 明成社
「『ザ・レイプ・オブ・南京』の研究―中国における「情報戦」の手口と戦略」藤岡 信勝, 東中野 修道 / 祥伝社
「南京事件―「虐殺」の構造」 秦 郁彦 / 中央公論社
「日中戦争南京大残虐事件資料集」 洞 富雄 / 青木書店

戻る