BMP1A.gif
『中古ギターの隠れ家』 by イージーギターズ


参考資料

各社ホームページから歴史・沿革の抜粋

メーカー

年表↓

富士弦楽器製造

荒井貿易

東海楽器

星野楽器

備考

1908

星野書店の楽器部
として創業
星野の歴史は、
明治41年から
始まる
1929

合資会社
星野楽器店設立

1935

弦楽器製造開始

1947

浜松市寺島に
ピアノとハーモニカの
研究開発目的として
東海楽器研究所設立

1956

創立

1960 創立
バイオリン試作
始まり
クラッシック・ギター
へ転換

自社ブランド/Aria
でギターを販売

これ以前は、
アライ・ギター
として販売

1991年の雑誌広告に
SINCE・1960
Greco
GUITAR&BASS
ロゴ表示がある。
1961 松本市筑摩に
新工場設立
高級クラッシック
・ギター製造開始

ピアニカの開発に成功
生産販売を開始

1962 エレキギター製造開始

エレキギター、アンプ製造
メーカー多満製作所を設立
(TAMA)

1963 対米直貿易方針決定

1965

クラッシック・ギター
の生産販売を開始

1966 松本市芳川平田に工場
完成。現本社工場
自社生産体制
を敷く
この頃のエレキギター
及び関連製品の
ブランドとしては、
Aria Diamond
を使用

比較的近年物で
Diamondのみ表示の
エレキギターがあるが
おそらくアリア製の
廉価版モデル。

1967 成型合板工場完成

1968

ハミングバード
/ブランド

エレキギター生産販売
開始

1970 直貿易を中止し、
メーカーに徹する
方針を決定

ハミングバード
/ブランド

アコースティック
・ギター
の生産販売開始

◎6

1971

アメリカ・ペンシルバニアに
楽器販売会社ELGER CO.
を合弁設立

1972 本社事務所落成
同年オーダーメード開始

CFマーティン社との
日本国内総代理店契約
を結び輸入開始合わせて
技術提携を結ぶ

1973 フラット・マンドリン
バンジョー製造開始

バンジョー、チェンバロ
生産販売開始

富士弦と東海が同時期
にアコースティック楽器
の生産に入っている
1975

アコースティックとの
区別化の為エレキ・
ブランドを
AriaProUに変更

アコースティック・ギター
新ブランドCat'sEyes
生産販売開始

ニュータイプの打弦電気
ピアノ/ライトピアノ開発
販売開始

1977

TOKAIエレキギター
STシリーズ生産販売開始

1978 Rolandとの共同出資に
より富士ローランドを
設立。
世界初のギター・
シンセサイザーを発表

TOKAIエレキギター
LSシリーズ生産販売開始

アップライトピアノ
生産販売開始

1979 木材直輸入開始
自社調達

グレコは、この年の
カタログのみで、Gibson
コピーのヘッドをGOタイプ
でラインナップに載せている

1980

手持ちの雑誌の4月号に
SuperRealSeries
広告が載っている
◎1

手持ちの雑誌の1月号
にスルー・ネックの
RSシリーズとDiMarzio
パワード・シリーズ

広告が載っている
◎4

ELGER CO.
HOSHINO(U.S.A)INC.
に改組

GrecoAria
ニュー・シリーズを発表。

1981

ギター・メーカーとして
世界初の
NCルーターの導入

同年ピックアップの
社内生産開始

星野楽器店を星野楽器
多満製作所星野楽器製造
に改組

1982 CBSフェンダー社との
OEM提携
フェンダー・ギターの
製造開始
◎2

当時雑誌に
Gibsonの総発売元
として
日本ギブソンの表示と
荒井貿易と同じ住所が
載っている
◎5

日本国内向け楽器販売会社
星野楽器販売を設立◎7

富士弦とFender
荒井貿易とGibson

それぞれが同時期に本家
と手を結んでいるのは
偶然か必然か?

1983 エレキギター月産14,000本
達成/当時世界一
コンピュータ制御の新鋭機
導入
◎3

世界初、新素材メタル
・ボディー
のエレキギター
TALBO開発、生産販売開始

1985 生産比率
輸出/80% 国内/20%
となる

新素材カーボン・
ファイバー、ファイバー
・グラスによるボディー
&ネックを使用
した
エレキギターMAT
開発、生産販売を開始

1987 R&D GUITAR INC./U.S.A
設立

エレキギター、ベース
を製作担当していた
マツモク工業解散

1989 フジゲン株式会社に
社名変更
同年、ギター/住宅関連機器
/新規/金属/アウトドアの
5事業部制導入

1990 サンウッド叶ン立
フジゲン・オリジナル・
ブランド
HEART-FIELD ギター開発
販売開始
ロゴを大文字体の
ARIAに変更、主に
アコースティック
に使用。
クラッシックは、
旧字体の使用もあり

HEART-FIELD
ハート・フィールドは、
Fender JAPANが発売元
RR-6.RR-7等RRシリーズ

1996

TALBOを再生産

2002

オランダの楽器販売会社
SERLUI B.V.を買収
ドラム製造メーカー
広州星野楽器製造有限公司
を設立

2004

サウンド・エフェクト・ボディー
構造のパテント出願

広州星野楽器製造有限公司
生産開始

2005

SoundEffectBody
サウンドストリーム・シリーズ
開発、生産販売開始

2007

SERLUI B.V.
HOSHINO BENELUX B.V.
に社名変更


上記の表は、Greco及びFender JAPANに関係する各メーカー及び商社の歴史的情報を抜粋しまとめた物です。

Grecoに関しては、ELK(エルク)TEISCO(テスコ)などの関連もあるようですが情報が取れなかったので記載していません。

ピック・アップ・マイク等の供給をしていたMAXON(マクソン)/日伸音波製作所についても富士弦と同地域にあり
信密度はわかるのですが、詳細な情報は得られません。

1996-1997年版のF&C,F&C/Anboy,Anboy,MAXON 販売元ワコー、製造元フジゲン、日伸音波製作所
のカタログが発行されているので、グループ企業といえる間柄のように思えます。

Fender JAPANについては、ありきたりな情報以外はっきりとしたものは、得られませんでした。

フジゲンのHPでは、Greco同様Fender JAPANの記載はされていない。

各社ともホームページで現在まで携わってきたブランドもしくは、製造元の詳細を明らかにしていないので、
問合せしても返事がくるのかどうか解りませんので、謎の部分は、そのままにしておいたほうが、
いろんな意味で良いのかも知れません。

以下は、上表にまとめた結果、私なりに感じた独断と偏見に満ちた感想ですので、突っ込みを入れないようお願いします。

間違いがあれば、訂正しますので、ご連絡下さい。

上表をご覧いただければ解ることですが、意外な事に富士弦の代名詞ともいえるGrecoの表示がどこにも見当たりません。

グレコのグの字も出てきません。

あるサイトの情報によるとGrecoは、もともと輸出先商標元のバイヤーズ・ブランドとの記載がありますが、良く文章を
読み取ることができず、はっきりとした意味がわかりません。

(確証は、無いがOEM供給していた輸出品のブランドが後に日本側に移ったと言う事らしい)

いずれにしろ、関係する富士弦と神田商会が詳細を公表しない以上そのブランド発生の経緯は、謎のままです。

はっきりしているのは、Grecoブランドは、現存しその取り扱いは神田商会が行っているということです。

Grecoは、富士弦楽器製造がOEM生産していたアメリカ・ゴヤ社の登録商標で、後に何らかの経緯で、
日本側に移り富士弦楽器製造/神田商会販売となり、1985年に神田商会ブランドとなり、
1994年頃に富士弦楽器製造は、離れたとの情報もある。

マツモク工業は、富士弦楽器製造の外注先との見方が有力。

1991年の雑誌広告(神田商会)にSINCE・1960 Greco GUITAR&BASS ロゴ表示がありますが、
富士弦は、エレキギター製造に関しては、1962年からと年表には記載しています。

これの意味するところは、お判りのことと思います。

◎1

Greco/Super Real Series

SE800S(SUPER REAL),SE600S(SUPER SOUND),SE500T(SPACY SOUND)

ストラト・オールド・モデルのレプリカの写真が載っている。シリーズ名が型番によって違っているが、広告では
スーパー・リアル・シリーズとして紹介されている。

わざわざヘッド・ラベルに異なったシリーズ名で載せたのは、外見上で価格帯別の(モデル名別)見分けが難しい為の処置
ではないかと思われる。

よって、GrecoがいうSuper Real Seriesは、実質的には(SUPER REAL),(SUPER SOUND),(SPACY SOUND)の三つの
シリーズ名を指すということになる。

ただし、SUPER REAL表記以外は、製作時期が限定されると思う。(=Super Real Seriesという意味では無い。)

型番を消えない形で表記できない為のしょうがない措置だが、Super Real Seriesが認知されている現在では、実に
紛らわしい結果となったといえる。

◎2

手持ちの雑誌1982年10月号には、Fender JAPANの広告がある。

面白いのは、オールド・ストラト・レプリカを載せたその広告には、右上傾斜のFenderロゴが目に付く形で載せられ
現在のようなFender JAPANとはっきりした表示はされていない。

ページ下に小文字による但し書きにカタログ請求はフェンダー・ジャパンまで、発売元 神田商会と載っている。

同号にGrecoの335のアレンジ・スタイル・モデルのSVシリーズBuoogieの広告が載っている。

両ページとも製造元の表示は無いが、Grecoロゴの下には、富士弦楽器製造株式会社が記載されている。

◎3

手持ちの雑誌1983年9月号記載のGrecoの広告。

The mint collection(ミント・コレクション・シリーズ)のレスポール・レプリカが紹介されている。

レスポール・カスタム・タイプのヘッド・インレイは、Gibsonのスプリット・ダイヤモンド・タイプではなく、
Grecoオリジナル・インレイに変更されている。

この時点では、それまでの広告でおなじみのGrecoロゴ表示はなく、製造元、発売元の表示も無い。

The 楽器屋(仙台、たかまつ、たちかわ、ふなばし)による販売となる。(現在は、たかまつ しかない模様。)
この会社は、神田商会の直営または、関連会社との情報があるが、確認していないのでわかりません。

The mint collectionは、Super Real Seriesより質が良いという情報もあるようです。


◎4

AriaProUに関しては、手持ちの雑誌1981年2月号記載の広告では、Gibson,Fenderのレプリカ・モデルは登場せず、
オリジナル・モデルのRS-Xシリーズ(RSの六連ペグから3対3ペグへ、ハムPU搭載となる。)が登場しています。

アリアは、情報によると社長談として、オリジナルで勝負できなければ、生き残れないと語ったらしく、その路線を強く
していこうとしたのでしょう。

◎5

1982年5月号の雑誌広告には、オール・ブラック・アウトされたブラック・ボンバー・シリーズとして、
TS,PE,SBシリーズが紹介されている。

この時点では、まだ、マツモク工業の製造元表示がある。

隣のページには、日本ギブソンによる
LES PAUL STANDARD 80(ギブソン・レスポール・スタンダード 80)の紹介がなされている。
\447,000(専用ケース付)と表記されている。

◎6

この年のIbanezカタログは、ギブソン・タイプのエレキギターが主体となっている。

ヘッド他の特徴を見ると別ページのテスコのタイプに似ている。→参照。

興味深いのは、レスポール・プロフェッショナル・タイプのギター&ベース。

アンペグのアクリル・ボディー・タイプのギター&ベース。

エピフォンのセミアコ・タイプなど変わったラインナップになっている点。

◎7

この年よりカタログに神田商会の表記はされなくなる。(年初頭には、神田商会 発売元の表示が見られる広告もある。)

星野楽器販売と表示があるだけで、製造元の表示は無い。

新たに会社組織を設立したのも時期的にFender JAPAN設立に伴う神田商会との関係性によるものと推測される。

Ibanezのエレキ関連カタログには、現在まで製造元の表示は、見当たらない。

1970年代前後のGrecoとの関係は、何となくわかるが、後の製造元他の情報が無いので詳細は不明。

ある方の情報によると近年のIbanezの上級機種(はっきりしたクラス分けは、わかりません。)は、フジゲン製との事。


2001.6月号のPlayer誌に新製品情報として、レオ・フェンダーが最後に起したブランドG&Lの代表モデルの
Asat Classic Tribute "Semi-Hollow"が紹介されている。

(形は、ほぽ、テレキャスター/シン・ライン・モデル)日本市場向けのスペシャル・バージョンで限定発売品。

トリビュート・シリーズは、レオの設計思想に基づきG&L(U.S.A)のPU及びハードウエアの一部の供給を受け
日本でライセンス生産されたもの。

使用木材(メイプル、アルダー、ホワイト・アッシュ)は、アメリカ、カナダから輸入され、
製造は、フジゲン(最大規模の生産量、高い製造技術を誇るフジゲンと記されている。)が担当している。

と載っている。

ちなみに問合せ先としてパール楽器製造株式会社の記載がある。

2008.7月号のPlayer誌に新製品情報として、フジゲンVOXのニューギター(VOX/Virage/DC,SC)が紹介されている。

問合せ先は、コルグ/KID。

最近の情報としては珍しく製造元を明かしている。


2009年9月に佐賀県在住のMさんから以下の情報を提供して頂きました。一部編集して記載します。

Mさんも語尾に確定しない書き方をしていますので、各ブランド、メーカーが真相を明示していない以上
当ホームページの情報も含め、あくまで、参考情報としてお考え下さい。


私もメーカー販売会社のホームページを調べましたが、年を追ってと知りたい情報が削除されてきたと思います

(なかなか、意味深な言い回しをされています。)

現在、私が一番利用しているのは英語版のwikipediaです。matsumokufujigenなどで引くとかなりの情報が得られます。

グレコ製造元ですが、1976年までマツモクフジゲンで、それ以降、フェンダージャパンが出来るまでは、
 フジゲン、ダイナ楽器が製造していたようです。

フェンダージャパンは、1980年代は、フジゲン、ダイナ楽器ネックは、アトランシアが製造していたようです。

マツモクは、グレコの製造から抜けた1970年代中頃からエピフォンの製造をはじめ、
 1980年代オービルの製造もしていたようです。Washburn(1980年から1985年)の製造をはじめ、
 多数OEM生産廃業直前まで行っていたもようです。

(ワッシュバーンについては、ヤマキの関与を述べているサイトも見られます。)

最近、マツモクで検索をすると新たな関係者による、ちょっとした内情が語られているサイトを見ることが出来る。

そこでは、マツモクOEM生産していたブランドは、ALVAREZ(アルバレズ)、
FERNANDES(フェルナンデス)
のブランド名も確認できる。
(フェルナンデスマツモク/OEM生産の噂は、何となくあったように記憶しているが、これで、はっきりとした。)

1987年に親会社の経営方針により、当時8,000本もの受注があったにも関わらず営業停止、
閉鎖
の運びとなったらしい。

アリアダイアモンドですが、1970年前後のものはマツモク製で、
 1980年代前半のアリア・プロII、ダイアモンド・シリーズアリア直営工場が多く、後半韓国製のようです。

私が実際のギターを見ての感じたのは、テスコ、エルク、グヤトーン、フランプトンなど想像以上にマツモク製
多いことです。

Franpton(フランプトン)は、Pearl(パール楽器製造)の販売ブランドのひとつ。

参考製品 → Gibson EB-0 BassGuitar type

Top

a Musical
Instrument Top

Gibson Type

ELECTRIC

Fender Type

ELECTRIC

Modern Style

ELECTRIC

Bass Guitar

ELECTRIC

Acoustic Guitar

Amp & Effect1

Amp & Effect2

SOLD OUT