『中古ギターの隠れ家』 by イージーギターズ

BMP1A.gif

福島県公安委員会許可第251170000502号
道具商(古物商)

Gibson/Les Paul-Standard/Raw Power/(2000)
ギブソン・レスポール・スタンダード(ローパワー)
NOT FOR SALE(非売品)


gibson-lp-rp-top1.JPG


gibson-lp-rp-top2.JPGgibson-lp-rp-side2.JPGgibson-lp-rp-side1.JPGgibson-lp-rp-back1.JPG


gibson-lp-rp-top7.JPG

自然光で撮影するとこんな感じです。


gibson-lp-rp-head-top.JPGgibson-lp-rp-head-back.JPG

チューナーは、グローバー・ロトマチック・タイプが標準装備。

Gibson Guitarの製造年月日確認方法(シリアルi読)

本器は、1995年以降の生産品の為、下記の解読法となる。

シリアル

8桁の場合

XXX

XX

確認方法

西暦下二桁目表示

生産日

西暦下一桁目表示

製造工場

生産日/連番

解読

20X年

(2000/01/01〜+日数)

20X

0〜2=モンタナ
3〜9=ナッシュビル

日産100本以上は別表示

よって、ナッシュビル工場で、2000/02/26頃の26本目の生産品という事になる。


gibson-lp-rp-neck-top.JPG

gibson-lp-rp-neck-side1.JPG

gibson-lp-rp-neck-back.JPG

マホガニー・ネック、ローズウッド指板

ネックの握りは、太めの感じですが、安定感のあるものとなっています。


gibson-lp-rp-neck-side2.JPG

これもRAW POWER処理と言うのか、通常、半円状に成型処理されるフレットが、台形状に処理されている。

リフレット経験のある方ならご存知と思うが、新設及び交換されたフレットは、基本的に摺り合わせが行われる
その際に後処理としてフレット・ファイル(ヤスリ)で半円成型を施すのが一般的だが、このギターの場合、その処理を省き
恐らくバフ掛けにより面取りを行っている様に思われる。

その他、ネック・ジョイント部の罫書き線跡や指板処理等、よくよく見るとこれで二十万を超える値段の製品か?と日本製と
比較すると品質管理・最終検品に開きがある事が実感できる。国民性の違いと言ってしまえば、それまでだが。

ちなみに、RAWの日本語訳には、粗野なとか、未処理のという、処理が荒いと言う意味もある。

gibson-lp-rp-bodytop-b1.JPGgibson-lp-rp-bodyback-b1.JPG


メイプル・アーチド・トップ、マホガニー・バック。ナチュラル・サテン仕上げ

フロントPU、490RHB。リアPU、498THB

ブリッジは、ナッシュビル・タイプ。

スピード・ノブのコントロール。


gibson-lp-rp-top4.JPG

gibson-lp-rp-top5.JPG

gibson-lp-rp-top6.JPG

レスポールといえば、華やかなサンバースト・カラーが定番ですが、こちらは、Raw Powerのサブネームが示すように
その重ね塗りを省いた、生のまま、手を加えないの意味のごとくナチュラル仕上げとなっています。

下手をすると単なる手抜き加工とも捉えられなくもないですが、2000年より限定発表されたモデルの様です。

2000年レギュラー・ラインのLesPaul Standardの本体価格が、\278,000で、Raw Powerが、\238,000なので、
標準的なカラー塗装の差額は、\40,000と言う事になります。
ちなみに、同じ年のLINE UPにやはり、アンティーク・ナチュラル・カラーのSmartWood-LesPaul/\330,000がありますが、
ピック・ガード・レス、クルーソン・チューナー、ロッド・カバーのネーム等の違いがあります。

国産コピー、レプリカと本家Gibsonのレギュラー・クラスとの違いは何ぞやとそれまで思っていたのもあり、行き付けの
楽器屋さんの階段を上がると目前に飛び込んできたこのギターを買ってしまったと言う次第です。

ヒストリック、カスタム・ショップ・モデルと上をいったらきりが無いのとレギュラー・クラスで安定した品質が無ければ
看板を背負っている意味が無いとも言える訳で、そんな事で、自分の選択に納得感を得ているんですね。

サテンまたは、マット(実際には、サテン仕上げとマット仕上げとは、ちょっと違うようです。)仕上げと呼ばれる処理方法で、
所謂、艶消し仕上げなのですが、木肌の感触が味わえると言う事で
ナチュラル・サテン・カラーと表示されている訳です。

確かに、ボディーやネックを触ると木を触っていると実感できる仕上がりです。オイル・フニッシュに近い感じです。
塗装が薄い分、無垢に近い音というか、より柔らかい音が印象的です。

Gibsonは、近年、ロボット・ギターなるものが発表されるなど、新たな道を模索しているようですが、老舗の看板の重さとどう調和
させユーザーに受け入れられるものを造って行くか色々と大変な様に見受けられます。
この辺が、最初からモダン・スタイルで走り出したFenderと大きく違うところでシンクロ・トレモロの発展型新種が違うところで
発生し、一種の進化を遂げた訳ですが、Gibsonの場合、多くのユーザーが伝統的なシンプルさの中に堅実さをを求めていると思われ
オートマチック化をどれだけのユーザーが歓迎しているのか、個人的には疑問に感じるところです。

Top

a Musical
Instrument Top

Gibson Type

ELECTRIC

Fender Type

ELECTRIC

Modern Style

ELECTRIC

Bass Guitar

ELECTRIC

Acoustic Guitar

Amp & Effect1

Amp & Effect2

SOLD OUT