『中古ギターの隠れ家』 by イージーギターズ
BMP1A.gif
福島県公安委員会許可第251170000502号
道具商(古物商)

ロック・ギターの基本スケールとポジショニング

エレキ・ギターの醍醐味として、ソロ(リード)・プレイによるメロディー弾きがあげられますが、
ここでは、その上で覚えておくと便利なスケールとポジショニングについて書いてみたいと思います。

ロック・ギターやブルース・ギターのソロに使われる基本的なスケールブルース(ブルー・ノート)スケールがあります。

スケールとは、音階のことでブルース・スケールは、ブルー・ノートを含んだペンタトニック・スケールのことです。

ペンタトニック・スケールとは、5音階のことで『ミとファ』『ラとシ』のような半音程の音が無い音階のこと。

ド レ ミ ファ ソ ラ  (ド)

ブルー・ノートとは、メジャーなのにマイナー的な響きを持つ特殊な音の使い方

ポジショニングとは、スケールを弾くうえで、自然にかつ、効率よく指が動けるように配置されているポジションのことです。

自分なりのアドリブ・ソロ・プレイが弾けるようになれば、ギターの楽しさ音楽の楽しさが、わかってくると思います。


基本的なポジショニングのパターン

下の表は、C、Am、A(ブルース)のペンタトニック・スケール・ポジション

特によく使われるのは、のパターン。(は、のオクターブ上の音)

基本的に、4フレットがひとつのブロックとして、それをネックの上下に移動すると考えるとわかり易く覚えやすい。

とりあえず、のパターンを覚えてリズムを変えて弾いてみたりチョーキングなどの奏法をくわえていくと、
どこかで聞いたフレーズが弾けるようになるはずです。

スケールを弾く際は、オルタネイド・ピッキング(ピックで弾く場合、ダウン、アップの順で弾いていく)で弾くと
リズム感がよく、空(から)ピックも楽に習得できると思います。


C、Am、A(ブルース)のペンタトニック・スケール・ポジション

弦→

6

5

4

3

2

1

5F


A


D


G


C


E


A

6F


Bb


Eb


Ab


C#


F


Bb

7F


B


E


A


D


F#


B

8F


C


F


Bb


Eb


G


C

弦→

6

5

4

3

2

1

12F


E


A


D


G


B


E

13F


F


Bb


Eb


Ab


C


F

14F


F#


B


E


A


C#


F#

15F


G


C


F


Bb


D


G

弦→

6

5

4

3

2

1

7F


B


E


A


D


F#


B

8F


C


F


Bb


Eb


G


C

9F


C#


F#


B


E


Ab


C#

10F


D


G


C


F


A


D

弦→

6

5

4

3

2

1

14F


F#


B


E


A


C#


F#

15F


G


C


F


Bb


D


G

16F


Ab


C#


F#


B


Eb


Ab

17F


A


D


G


C


E


A

弦→

6

5

4

3

2

1

9F


C#


F#


B


E


Ab


C#

10F


D


G


C


F


A


D

11F


Eb


Ab


C#


F#


Bb


Eb

12F


E


A


D


G


B


E

13F


F


Bb


Eb


Ab


C


F

へ(い)

弦→

6

5

4

3

2

1

17F


A


D


G


C


E


A

18F


Bb


Eb


Ab


C#


F


Bb

19F


B


E


A


D


F#


B

20F


C


F


Bb


Eb


G


C















練習する場合の注意

弦を押さえる指は、基本的には人差し指から小指の四本なので、人差し指から小指にかけて、
1から4と番号をつけると下表の印の下の数字は使う指を示している。

6弦5Fの人差し指から弾きだし、1弦8Fの小指で終わる。

今度は、逆の1弦8Fの小指から弾きだし、6弦5Fの人差し指で終わるように形を
しっかり覚えこむように練習してみる。


弦→

6

5

4

3

2

1

5F







6F


Bb


Eb


Ab


C#


F


Bb

7F


B





F#


B

8F



F


Bb


Eb



また、に関係なく、下表のように順に一音ずつ弾いていき、逆パターンも練習する事により、
ピッキングと押弦のタイミングが正確になるようにする。

ある程度慣れたらフレットをずらして同じ練習をする。


弦→

6

5

4

3

2

1

5F

6F

7F

8F


弦→

6

5

4

3

2

1

人差指(1)







中指(2)



ファ





薬指(3)







小指(4)





ファ




Gナチュラル・マイナー・スケール


トップ 演奏に関わる基礎(1) 演奏に関わる基礎(2)

演奏に関わる基礎(3)