金法顕
KIM Beop-Hyeon キム・ベェプヒョン
KOREA

イースタングリップからの強烈なフォアハンドが武器のベースライナー。方峻煥とのペアで韓国から3組めの世界チャンピオンに。新ルールではシングルスにも力を発揮。2003世界選手権ダブルス金メダル。国別対抗銀メダル、ミックスダブルス銅メダル。聞慶市庁所属。

GROUND STROKE FOREHAND
グラウンドストローク/ロビング
1 2 3
4 5 6
7 8 9
10 11 12
13 14 15
16 17 18
19 20 21
22 23 24
25 26 27
28 29 30
   
31    
世界チャンピオン金法顕のイースタングリップによるロビング

 コート外でのウォーミングアップを終えた一流選手が、コートに入り、どのように練習を始めるのか、知っている人、あるいは見たことがある人は、意外に少数派かもしれない。いや少数派に違いない。他のスポーツにくらべて、トップ選手のプレーに触れる機会が希少、というソフトテニスの特徴、いや欠点は未だに少しも改善されていない。

 まずは乱打であることは共通している(ボレーボレーの時もある)。しかし、いきなりベースライン付近で打ち合うわけではなくて、ショートラリー、いわゆるミニテニスから始まる。特に韓国や台湾は、かなり以前から、そのスタイルだった。日本でも、すくなくともナショナルチーム(日本代表)レベルでは、最近はあたりまえになってきた。やがてベースラインでのラリーに移行していくが、いきなり速いボールを打ち合うわけではない。ゆったりと、たっぷりとした大きなロビングでのラリーからはじまる。ゆったりと大きく、同時に丁寧に、フォームをつくっていく、という風である。意識、無意識を問わず無数のチェックポイントがあるのだろうか。とくに韓国はこのロブを打ち合う時間が長い。このページでの世界チャンピオン金法顕のロブはそうしたラリーでの数コマである。

 グリップはイースタン。極めて薄いグリップである。一般的な握り方でないが、膝の送り、ラケットワーク等は参考になる部分が多々あるはずである。特にテイクバックから深くまげられた右膝、打ち終わっても折り込まれたままの左膝の強さは素晴らしい。この膝の強さが強烈なシュートボールを生むのである。ロブの名手でもあり、あのロブの選手ですか、という人もいるほど。2003年の世界選手権ではロブを多用したスケールの大きなテニスを展開した。小手先でなく、フォームでしっかり丁寧に打っていることも、当たり前だが、素晴らしい。つい小手先でいい加減にボールを扱いがちな人は大いに反省!!のこと。

 

2006年アジア競技大会韓国予選シングルス三次リーグでの金法顕。最終6人にまで残り、代表まであと一歩だった。
Soft Tennis Homepage