48 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:47:32.97 ID:ZcTv2qF+0


――半年前


雨が降り出した

そこは小さな、小さな公園で

もう誰にも使われていない遊具は錆びに身を包んでいる

僕は昔、多くの時間をここで過ごした

思い出も沢山ある、僕にとっては大事な場所だ



"これ”の喉を拭き、指紋を消した

問題なのは痣だ、そこはもう運に任せるほかは無い



さてこの死体をどうしようか


49 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:48:44.09 ID:ZcTv2qF+0
僕は誰にも見つからないように警戒しながら
急いで家へと戻り、自分の部屋に戻った
しかし、絶対に誰にも見られていない、と言えば嘘になる

早急に着替え、寝ているフリをした

大丈夫だ、僕は捕まらない

疲れが一気に僕へとのしかかる
今僕は、6人分の死を背負っている

彼ら全ての死、その原因が僕だと分かった今
するべきことは――






――何だ


50 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:49:40.44 ID:ZcTv2qF+0
朝起きると、既に正午が近かった


前日、僕は自分の携帯から指紋を拭き取り
公園に捨てた

ツンと一緒に置いてきた

敢えて着信履歴は消さずに残す
僕は数日前より携帯を無くしていたことにし
僕はツンと通話していなかったことにする

正直なところ、そんな嘘がどこまで通るか心配だった
ここからは僕次第だ
いかに、彼女を殺したのが僕でないと思わせる演技が出来るか


僕はアイツと誓った
何があっても生き続ける、と
捕まってしまったら、刑務所に入ってしまったら

その時、その分は死んでいるのと同じだ


僕は、絶対に捕まらない


51 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:50:39.86 ID:ZcTv2qF+0
その日の夕方頃、訪問者が現れた
ある程度、予想はしていた人物

――警察


以前より連続して同じクラスの死人が出ていたことにより
僕が、もしくは僕らが
警察に目をつけられていたことは分かっていた

そこに一緒ではなかったツンの死亡が確認され
皆の共通点である、僕に対して
厳しくなることは必至だった

彼女の死亡推定時刻に何をしていたか、彼女をどう思っていたか
散々聞かれたものの、曖昧に答えておいた

僕は周りの人間が6人も死んでいるのだ
次は僕かもしれない、といった感情を剥き出しにしていなければならない

なかなか大変だ

53 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:52:12.53 ID:ZcTv2qF+0
それより、コイツはどこかで見たことがある
どこだったろうか、以前どこかで会った筈だ

不愉快な笑みを常に浮かべている
聞き込みに不釣合いなその顔に僕は苛立った


適当に相槌を打っていた警察官との質問も
終わりが近づいていたらしい
最後に礼をして、家から出て行こうとする前に、ヤツは言った

( ^Д^)「内藤、ツンに告白は出来たのかい?」

( ^ω^)「・・・お?」

( ^Д^)「やっぱり忘れてたか
          別に今から覚えてくれても構わないが」


( ^Д^)「プギャーだ
          昔はよく遊んだろう?」


54 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:53:35.57 ID:ZcTv2qF+0
思い出した、そうだアイツ――

昔、ツンと三人で遊んだような気がする
僕よりも少々年上で、警察になるのが夢とかで・・・
よく相談にも乗ってもらった記憶がある

そうか、なれたのか
よかったじゃないか

( ^Д^)「最後にあったのはいつだろうな
          もう十年位前になるのかな」

( ^ω^)「そんなになりますかお」

( ^Д^)「そんな他人行儀は止めてくれ
          昔みたいに気楽に頼むよ」

( ^ω^)「把握したお」

( ^Д^)「今回の事件、君にとっては
          辛いことばかりだろうけど頑張ってくれ」

( ^ω^)「・・・分かってるお」

( ^Д^)「ツンを殺した犯人は、きっと捕まえて見せるからな!」


55 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:54:24.71 ID:ZcTv2qF+0
( ^ω^)「・・・・・・・・・」

え?
こいつ、今――

( ^Д^)「ん?どうした?」

( ^ω^)「・・・あ、いや何でもないお
          ・・・犯人逮捕、頼むお」

( ^Д^)「あぁ、任せてくれ
          それじゃ失礼したな、またな」

( ^ω^)「仕事頑張れおー」


パタン、とドアが閉まる

不意に笑みがこぼれる
僕は確信した
そう、アイツは、プギャーは僕を全く疑ってない

僕は捕まらない


56 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:55:51.34 ID:ZcTv2qF+0
ツンの死から数日経った
僕はまた学校に通おうと制服に着替えていた

こんなことになるとは夢にも思っていなかった
ツンに告白して、フラれて、気付けば一人になっていて――


僕は、何かしただろうか

僕が、何かしてしまったんだろうか


彼らを殺したのは、僕だろう

彼女を殺したのは、紛れもなく僕だ


それでも、納得はいかない
今僕は、誰も僕のことを待たない学校へと向かっている

それはとても辛い


57 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:57:09.00 ID:ZcTv2qF+0
クラス替えがあった

それもそうだろう、一つの教室から六人もの死者を出せば
学校側としても何かしらの対応をしなければならない

以前から学校を休む者も増え始めている
特に、僕と同じ教室の連中だ
新しく僕と同じ教室になったことで嘆くものも数人見かけた

学校に着き、教室に入るとそこにはいつもと変わりない風景があった
別に何の変哲も無い、ただの教室

僕は自分の机へと向かう
何か張り紙でも張ってあるのだろうか
そんな覚悟のもと、自分の席を確認すると

何も無かった
何もされていなかった

僕は、相手にすらされないようだ



川 ゚ -゚)「なぁ、君、内藤君だろ?
          隣り、いいかな?」


58 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:58:17.90 ID:ZcTv2qF+0
( ^ω^)「あ、いいお」

川 ゚ -゚)「すまないね、席が空いていなくて」

( ^ω^)「この時間は混むから仕方ないお」

( ・∀・)「あ、クーじゃん
          席空いてないから混ぜてくれよ」

川 ゚ -゚)「すまないが、私も譲ってもら

( ^ω^)「構わないお」

( ・∀・)「どうも、どうも
          俺、モララー」

( ^ω^)「内藤ホライゾンだお」

( ・∀・)「よろしく、内藤」

( ^ω^)「よろしくだお」



川 ゚ -゚)「・・・私はクーデレだ
          クーでいい、よろしく内藤」


59 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 21:59:11.48 ID:ZcTv2qF+0
( ^ω^)「僕に、友達が出来たんだお」

彼女は口を出さずにずっと聞いていてくれた
同じ学校だ、ドクオまでのことは知っていただろう

その先は、まだ誰にも話したことは無かった
彼女は、僕の過去を共有するに値する存在だと確信した
だから話した

少々、いやとても緊張している
他人が・・・いや君がこれを聞いてどう反応するのか
それは楽しみでもあり、不安でもある

川 ゚ -゚)「・・・・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・・・・」

沈黙が続く

川 ゚ -゚)「・・・・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・・・・」



クーが沈黙を破る


川 ゚ -゚)「聞きたいことがある」


60 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 22:01:04.12 ID:ZcTv2qF+0
川 ゚ -゚)「君は今、本当のことを、
          全てを私に話してくれたのか?」

( ^ω^)「・・・・・・お」

川 ゚ -゚)「・・・そうか」

( ^ω^)「・・・・・・・・・」

拳の中は汗ばんでいる
彼女は何と言ってくるだろうか
もしかしたら僕を警察に突き出すかもしれない

僕は、どうなる――





川 ゚ -゚)「私は」


62 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 22:02:14.90 ID:ZcTv2qF+0
川 ゚ -゚)「私は君の過去を知った」

川 ゚ -゚)「君がどれだけの思いをしてきたのか
          ・・・正直私は把握しきれていない」

川 ゚ -゚)「しかし、私は・・・
          君が本当のことを話してくれて」

( ^ω^)「・・・・・・お?」

川 ゚ -゚)「話して・・・くれ・・・て」

( ^ω^)「ちょっ・・・・・・クー?」

クーが泣き始めてしまった
突然の出来事に僕は焦った

早く泣き止ませないと・・・



川 ゚ -゚)「本当に・・・嬉しい・・・」

涙拭いて笑顔で言うクー

僕は、確かにクーが好きだ


63 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 22:03:20.96 ID:ZcTv2qF+0
川 ゚ -゚)「・・・内藤」

( ^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「君の過去を踏まえて、
          改めて言いたいことがある」



川 ゚ -゚)「内藤、私と付き合って欲しい」


( ^ω^)「クー・・・・・・」




僕は・・・

僕は・・・


64 名前:DIiGr4xG0 ◆Uy.fdqWlZY [] 投稿日:2006/07/24(月) 22:04:43.20 ID:ZcTv2qF+0
( ^ω^)「僕は君をきっと殺すお」

川 ゚ -゚)「私は死なないよ」

( ^ω^)「きっと不幸になるお」

川 ゚ -゚)「君といるだけで幸せだ」


( ^ω^)「・・・・・・・・・」

川 ゚ -゚)「・・・・・・・・・」

( ^ω^)「・・・僕は・・・犯罪者だお」

川 ゚ -゚)「それらを踏まえた上で、言ってるんだ」

( ^ω^)「・・・・・・」





( ^ω^)「僕で、いいのかお?」