Language : Japanese


基礎 (Basic skill)


▼基本的なCoupの種類
 Coupには、3分割系・4分割系ともに基本的なパターンがあります。それは、通常、Crank handleが一周する間に何回打点(Handleの回転を速める箇所)があるかによって分類され、伝統的な奏法では以下のようなパターンに分けられます。

  
  

 各パターンは、単独で現れるだけでなく、2つを組み合わせる場合もあります。フランスの伝統的なダンス音楽のリズムは、上記パターンの組み合わせで、ほぼカバーできます。
 下にリズムの例を挙げます。円はHandle1周ごとの打点を示します。



 基本的なCoupをいちどきに並べましたが、初心者が実際に練習をする際には、単純なパターンのものから複雑なものへと少しずつ種類を増やしていきます。


▼強拍・弱拍
 打楽器のように強弱ははっきり出ませんが、VielleのCoupも強弱を区別して出します。円周の最上部が一番力を入れやすく、また大部分の曲でこの位置がリズムの強拍となります。2拍子、4拍子、そして3分割系の3拍子の曲です。
 注意するのはWaltz, 3拍子のBourreeなど、3/4拍子の曲の場合です。4分割のパターンを使うので、1小節ごとに強拍の位置が最上部、最下部と交代します。同じパターンのCoupでも、強拍・弱拍の位置が異なってくる場合があるので、演奏中は強弱を常に意識している必要があります。この意識が希薄だと3拍子の曲だか2拍子の曲だか判然としなくなります。
 下図は4分割系の3拍子の例です。円はHandle1周ごとの打点を、白丸は強拍を示します。



Made : June,1998


return to 演奏法 [ How to play ]
return to home [ Vielleux ]