Language : Japanese


T折々想うこと10U

Vielle 演奏スタイル
- 古楽派とトラッド派 -


 古楽は、バロック期など、曲が作曲された当時にできるだけ近い楽器で、当時の演奏法にのっとって演奏するものです。
 トラッドは伝統音楽ですが、フレンチトラッドの Vielle(Hurdy-gurdy)のレパートリーで言えば、主にポルカ・ワルツ・ブーレーなどのダンス音楽とマーチなどです。
 Vielle の古楽派とトラッド派では演奏する曲種が異なります。しかし、お互い特定の曲種しか弾かないということはないので、レパートリーの相互乗り入れは起こります。それより違いが出るのは演奏法でしょう。古楽の人は割と素直な演奏をするようです。それに対して、トラッドでは右手のリズム、左手のメロディーとも細かい装飾をしばしば入れます。特に右手の Coup(ハンドルの回転スピードを小刻みに変えてリズム音を出すこと)には様々な技巧を用います。

June,1999


return to T折々想うことU
return to home [ Vielleux ]