H20.5.10作成開始 H20.6.10更新

 

阿津賀志山防塁・国指定文化財史跡

 

 

 

 

阿津賀志山防塁[管理人撮影]

 福島県伊達郡国見町(くにみまち)にある阿津賀志山防塁(国指定文化財史跡・史跡)は、文治5年(1189年)の奥州合戦の際、源頼(みなもとのよりとも)が率いる鎌倉軍を迎え撃つために奥州藤原氏が築いたもの。阿津賀志山中腹から約3.2キロ続く防塁跡で、地元国見町では二重堀(ふたえぼり)と呼ばれている。

 

 

 

 

 

 


 

念西夫人の墓 

 

念西夫人の墓[管理人撮影]

 福島県伊達郡国見町光明寺地区の福聚寺境内にある念西夫人の墓。念西とは伊達氏の祖・常陸入道念西のことである。福聚寺はもと光明寺の塔中の一つであり、念西夫人の墓を守るために残ったという。本来の光明寺は福聚寺のある沢一帯の広い地域であったと考えられている。

  

 

 

 

 

 


伊達氏と伊佐氏考 >常陸介・藤原実宗 >伊達氏の始祖・常陸入道念西 >伊達氏における始祖の認識 >新治国と常陸国新治郡

>常陸国伊佐郡の成り立ち >伊佐氏と常陸大掾氏 >下野国中村  >伊佐氏と北条氏 >幻の四代将軍・貞暁 >伊佐を称した人々

>伊達行朝と伊佐城 >南北朝期以降の伊佐郡

奥州伊達郡に残る伊達氏の足跡 >高子岡舘跡 >下万正寺遺跡/伊達朝宗の墓/桑折寺山門 >観音寺 >阿津賀志山防塁/念西夫人の墓

常陸国伊佐郡に残る伊達氏の記憶 >藤原高房供養塔 >施無畏山延命院観音寺 >木造観世音菩薩立像 >伊達行朝廟 >伊佐城跡 

>螺鈿硯箱/絹本著色八景の図 >伊達左近中将吉村公筆軸一対/吉村公筆和歌

 >本サイトについて・最初にお読みください >トリビアの伊佐氏&伊達氏 >伊佐・伊達氏年表 >伊佐・伊達氏事典 >参考図書

>サイト更新日記 >リンク >ゲストブック >お問い合わせ


 

伊達氏と伊佐氏ホーム

copyright © 2007-2011 venusandmars, All rights reserved.