H19.7.13作成開始 H19.11.4更新

 

伊佐氏と北条氏

 


 

 

 

 

 

得宗専制 北条氏は、もとは伊豆田方郡北条を根拠とする在庁官人だったといわれている。娘の北条政子(ほうじょうまさこ)が伊豆に配流されていた源頼朝(みなもとのよりとも)の妻となったことから頼朝挙兵に参加した北条時政(ほうじょうときまさ)は、以後、頼朝とともに鎌倉幕府の樹立に力を尽くした。頼朝没後は2代将軍源頼家(みなもとのよりいえ)の外祖父として北条氏の勢力伸張をはかり、3代将軍源実朝(みなもとのさねとも)の時代に鎌倉幕府の初代執権となる。時政以降も北条氏は代々執権の職を継承、ライバルとなる有力御家人を次々と滅ぼしていった。やがて、北条氏の家督(得宗)に権力が集中し、本来幕府の公職である執権や評定衆などの立場は空洞化。多くの家領地(得宗領)を経営し、経済的にも他の御家人を圧倒した。このような得宗を中心とした北条一門による政治を得宗専制という。さて、頼朝存命中から御家人たちは、生き残りの方策のひとつとして、北条氏をはじめとする有力な一族同士で婚姻関係を結んできた。北条氏に権力が集中するようになると、その一門、特に得宗家との婚姻関係の有無は、幕府内での御家人の立場にも影響を与える要素であったと考えられる。伊佐・伊達氏の場合、常陸入道念西(ひたちにゅうどうねんさい)息女の大進局(だいしんのつぼね)が頼朝との間に若公貞暁(じょうぎょう)を生むなど源氏将軍家と繋がりがあった【伊佐・伊達氏と源氏の関係については『伊達氏の始祖・常陸入道念西参照】。では、北条氏との婚姻関係はあったのだろうか。

 

伊佐氏と伊具流北条氏 第2代執権の北条義時(ほうじょうよしとき)は、父・北条時政や姉・政子とともに源頼朝の幕府創設を助けた。承久3年(1221年)の承久の乱では最高権力者として政子とともに御家人たちの力を結集。朝廷に対する武家の優位を確立し、東国武士たちの西国進出に道を開いた。そもそも得宗という呼称は、義時の法名に由来するものである。正治2年(1200年)5月25日、義時の子で、後に伊具流北条氏の祖となる北条有時(陸奥六郎)が生まれた。江戸時代に編纂された『系図纂要(けいずさんよう)』によると、有時の母は伊佐氏の一族・伊佐次郎朝政の娘であるという。

  系図纂要における伊佐氏と伊具流北条氏】

       

       │

       

       

       ├

       

       ├                          

       │                              

       ├                          │ 駿河太郎

       │                              │      本時高

       ├                          ├───齊時─────時邦

       │                              駿河五郎 駿河守    左近将監 

       ├泰                       式部大夫

                                從五下

  義時 伊佐次郎朝政女             

       ├─────────────

    陸奥六郎 貞應元年十二ノ廿一  

    助 貞永元年六ノ廿九從五下駿河六郎

    民部少輔 嘉濃闇七ノ十三

    止少輔 十一ノ廿九駿河守  

    二年六ノ七正五下評定衆    

    七年三ノ一出家 法名蓮忍  佐々目僧

    卒七十一                 │  

                                 ───宗有─────有政

                                 伊具八郎  越前守        右近大夫

                                               討死寺  将監

                                                           同父死      

                                

    女                            

    女                            

    女                            

    女                               

     

                                              

                                                                                                      

伊佐氏と佐介流北条氏 

続く… 

 


伊達氏と伊佐氏考 >常陸介・藤原実宗 >伊達氏の始祖・常陸入道念西 >伊達氏における始祖の認識 >新治国と常陸国新治郡

>常陸国伊佐郡の成り立ち >伊佐氏と常陸大掾氏 >下野国中村  >伊佐氏と北条氏 >幻の四代将軍・貞暁 >伊佐を称した人々

>伊達行朝と伊佐城 >南北朝期以降の伊佐郡

奥州伊達郡に残る伊達氏の足跡 >高子岡舘跡 >下万正寺遺跡/伊達朝宗の墓/桑折寺山門 >観音寺 >阿津賀志山防塁/念西夫人の墓

常陸国伊佐郡に残る伊達氏の記憶 >藤原高房供養塔 >施無畏山延命院観音寺 >木造観世音菩薩立像 >伊達行朝廟 >伊佐城跡 

>螺鈿硯箱/絹本著色八景の図 >伊達左近中将吉村公筆軸一対/吉村公筆和歌

 >本サイトについて・最初にお読みください >トリビアの伊佐氏&伊達氏 >伊佐・伊達氏年表 >伊佐・伊達氏事典 >参考図書

>サイト更新日記 >リンク >ゲストブック >お問い合わせ


 

伊達氏と伊佐氏ホーム

copyright © 2007-2011 venusandmars, All rights reserved.