Here is Page 1

Home

Artist/Title/Format/Record Number/Release Year/Country
ここに載せているコメントは全て私個人の好みや意見等ですので、その点をご了承になって御覧下さい。
全ての情報をほとんど一人で集めていますので、間違いが多々あると思います。ご了承下さい。
暇を見つけて更新していくつもりですので、ふと、思い出したら寄って頂けると幸いです。

ブートや、未発表音源等正式にはリリースされてない物も紹介しています。
ご注意ください。


Dirty Doggies/Dig That Groove!/CD/DIVA 110 012/1991/Germany
ドイツのポップネオロカビリーバンド、Dirty Doggiesのセカンドアルバム。
DIVA Recordsの記念すべき1作目。ファーストアルバムはMPRより発売されました。
全体的にポップでお洒落で温かみのある音です。
『Coconut Tree』は名曲。
LP盤(LP 110 011)もあります。

V.A/Viva La Rock'n'Roll Vol.1/CD/DIVA 120 012/1992/Germany
DIVA Records2作目にしてオムニバス。
これでしか聴けない曲があります。
DIVAの看板バンドDie Spatheimkehrerの未発表を始め全曲素晴らしい。
お洒落Jivin Rockabillyの名オムニバス。
LP盤(LP 120 011)もあります。

Die Spatheimkehrer/S/T/CD/DIVA 130 012/1992/Germany
DIVA Recordsの看板バンドDie Spatheimkehrerのファーストアルバム。
ドイツ語詞にスラップベース、サックスといった感じでBoppin Bのようです。
このアルバムを含むDIVAの商品はCD,LP共に2004年頃まで、市場で見かけることはほとんどありませんでしたが(1、2、7番を除く)、 その珍しいはずのLPが、なぜか2004年以前に地元のオールジャンルのレコード店に売っていて、即買いした記憶があります。
LP盤(LP 130 011)もあります。

Split/Viva La Rock'n'Roll Vol.2/CD/DIVA 140 012/1993/Germany
Ex/Dirty DoggiesのJiving Rascalsと、BillboardersのSplitアルバム。
どちらもお洒落なバンドで、スラップもバチバチです。
このアルバムからDIVAはアナログ盤を作らなくなりました。

Die Spatheimkehrer/...denn was sich reimt,das stim mt!/CD/DIVA 150 012/1993/Germany
Die Spatheimkehrerのセカンドアルバム。
ファーストが大好きなアルバムだったので、期待していましたが、失速の感は否めません。
ファーストと比べるとインパクトに欠けますが、しかし、そこはDie Spatheimkehrer。
標準値は軽く超えています。
アルバムの最後に吐瀉物(要するにゲロ!)を吐き出す音が入っているのが玉に傷。

V.A/Dance Around The Clock/CD/DIVA 160 012/1994/Germany
DIVA Recordsのオムニバス第2弾。
Die Spatheimkehrer、Daning Creeps、
Dirty DoggiesにJiving Rascalsなど良いバンドばかり収録。
こうやって良い所取りで集められると、
改めて良質なバンドが所属していることに気が付きます。

Jivin' Rascals/S/T/CD/DIVA 170 012/1994/Germany
Ex/Dirty DoggiesのJivin' Rascalsのファーストアルバム。
お洒落なJivin Rockabillyです。ほとんどDirty Doggiesと変わりありません。
このアルバムはDIVAの中では比較的簡単に手に入りました。
中ジャケの他のカタログをみて随分と悶々としたものです。

DIVA Recordsの詳しい詳細が気になる方は、Dynamite!マガジンの13号をお勧めします。
リリース紹介などレーベル詳細と、Die Spatheimkehrerの変な未発表写真が見れます。
ドイツ語掲載なので単語を拾うのみになってしましますが、それなりに楽しめます。


Dirty Doggies/The Complete Story 1988-1991/CD/DIVA 180 012/1995/Germany
Dirty Doggiesの全音源集。
自主制作の7inch single(66.11914)と、
MPR Musikから発売されたファーストアルバム(MPR 00218)と、
DIVAから発表されたセカンドアルバムを1枚のCDにまとめた優れ物。
ファーストの『Tip Tap Boogie』は名曲ですね。
しかし、個人的にはセカンドアルバムが一番好きです。
全29曲収録!!

The Chotalls/Sh'Bop A Sing A Zoom Zoom!/CD/DIVA 190 012/1995/Germany
DIVA Recordsの9番はアカペラ。
全く演奏無しなので少々キツイですが、たまに聴く分には良いかもしれません。
DIVAを集めるにあたって、この9番と次の10番は特に苦労しました。
もうここまで来ると”内容”よりも”物”です。

Kansas City Blues Band/Acoustic Morning/CD/DIVA 200 012/1996/Germany
路線が外れてカントリーバンドのライブ盤。
しかし、スラップベースです。
あのPOP ROCKABILLY路線は何処へ??

Dancing Creeps/Sweet Sue/7inch Single/No Number/1986/Germany
DIVAのオムニバスでお馴染みだったDancing Creepsの7インチシングル。
2曲ともViva La Rock'n'Roll Vol.1で聴けますが、これがオリジナル盤。
知名度は無いですが、この世にはこんなに素晴らしい内容のネオロカが
未だに埋もれているみたいです。
レコード屋さんで聞いても存在すら分からなかったので、必死で探した記憶があります。
手に入れた時の感動は未だに忘れません。
7インチなのに見開きジャケットで、しかもドーナツ盤!!

Dancing Creeps/Dreamin'/LP/MCP 128.349/1990/Germany
DIVAのオムニバスでお馴染みだったDancing CreepsのLP。
知名度はゼロですが、素晴らしい内容のポップネオロカビリー。
スラップベースは2曲に留まりますが、そんな事関係無しに素晴らしいアルバムです。
ポップなネオロカバンドのなかでもトップクラス!!

CALAVERA/Same/7inch EP/Love Arrow 001/1996/USA
アメリカのサイコビリーバンド、CALAVERAの7インチ。
スペイン語で歌われる極悪サイコビリー。
個人的には大好きなバンドです!!東海岸出身。
ジャケットはMoscoのデザイン。

CALAVERA/Day Of The dead/CD/La Piedra Del Rock Records/No number/1998/USA
アメリカのサイコビリーバンド、CALAVERAのファーストアルバム。
1曲目のトリプル(フォース)スラップは圧巻!!
ハードコアの影響を色濃く感じます。
『Summertime Blues』の替え歌収録。9曲目も哀愁があってかなりカッコ良い。
13曲目、ラテン調のサイコビリーでかなりのカッコ良さ!!さすがメキシコ。
ここのベーシストはかなり巧い。的確に高度なスラップを決めてきます。

CALAVERA/Tequilamatic/CD/CBM 02/2002/USA
アメリカのサイコビリーバンド、CALAVERAのミニアルバム。
1曲目がSwampy'sの『El Ranchero』にかなり似ています。
オルガンも使用していて、さらに進化したCALAVERA節が堪能出来ます。

CALAVERA/Plaga De Rock/CD/DRA001/2005/USA
アメリカのサイコビリーバンド、CALAVERAのセカンドアルバム。自主制作。
相変わらずのCALAVERA節ですが、
好きだったベースの人が居なくなったみたいです。残念。
少し以前よりパンク色が増した気がします。もう少しベースが前に出て欲しいですね。

V.A/Welcome To Your Nightmare/LP/APECALL 002/1990/Germany
Jungle Noiseのオムニバス第2弾。500枚限定らしい。
今回もこれでしか聴けない曲が多数あります!!
やはり有名な曲はこれでしか聴けないSwampy'sの『EL RANCHERO』。
個性的なスラップ音のヘンテコ高速サイコビリー!!
Blainblastersの『She's A Bitch』にはサイコビリーの真髄を見ました。
しかし、一番好きなバンドはフィンランドのMEATLES。
インタビューで本人達は楽曲の出来に納得していないと言っていますが、
私はかなりかっこいいと思います。
実は、Nightmaresの後身バンド。
他にもBRIOLESの未発表曲も収録しています。
某パンクレコード店で900円で拾った思い出深いレコード。

Nightmares/The Grim Ripper/7inch EP/CLEP 6401/1993/Finland
フィンランドのサイコビリーバンド、NIGHTMARESの7インチ。
ストーンズのカヴァー収録。
フィンランドで最初のサイコビリーバンドらしいです。83年結成。
何度も再結成を繰り返しながらMEATLESになっていきます。
Psycho Timさんはソロ音源も残していますが、持っていないので、何とも言えません。

CANADIAN CLUB/The Lady/7inch Single/TU-105/19??/Germany
ドイツのネオロカビリーバンド、Canadian Clubの7インチ。
ジャケットにメンバーの名前すら書かれていないので、詳細が全く分かりません。
しかし、スラップがしっかりしたかっこいいネオロカ。

CANADIAN CLUB/Same/CD/Face-CD-089/1993/Germany
ドイツのネオロカビリーバンドCanadian Clubのアルバム。
上記のバンドと同じバンドと勝手に推測します。
このCDにもメンバーの名前すら書かれていません!!
ジャケットから分かるように、NW風味をプンプン感じるキモチ悪いネオロカ(笑)。
スラップベースですが、残念なことにスラップ音はあまり聞こえません。

Here is Page 1

Home

P20

P19

P18

P17

P16

P15

P14

P13

P12

P11

P10

P 9

P 8

P 7

P 6

P 5

P 4

P 3

P 2

P 1

P40

P39

P38

P37

P36

P35

P34

P33

P32

P31

P30

P29

P28

P27

P26

P25

P24

P23

P22

P21

P60

P59

P58

P57

P56

P55

P54

P53

P52

P51

P50

P49

P48

P47

P46

P45

P44

P43

P42

P41

P80

P79

P78

P77

P76

P75

P74

P73

P72

P71

P70

P69

P68

P67

P66

P65

P64

P63

P62

P61

P100

P99

P98

P97

P96

P95

P94

P93

P92

P91

P90

P89

P88

P87

P86

P85

P84

P83

P82

P81

P120

P119

P118

P117

P116

P115

P114

P113

P112

P111

P110

P109

P108

P107

P106

P105

P104

P103

P102

P101