ヴィンヤードとは、どんな教会?“The History of the Vineyard Movement”

 ヴィンヤード教会連合(The Association of Vineyard Churches)は、世界でも最も早く急成長している、教会開拓運動のひとつです。ヴィンヤードを一言で説明すると、超越した唯一の神に極一般の人が礼拝し仕える教会です。ヴィンヤードは世界のキリスト教会史の大きな絨毯から見れば、ほんの1本の縦糸にしか過ぎないものですが、神が織り成しておられる1本の糸には違いありません。

 当初のヴィンヤードの牧師やリーダー達は、神の霊の働きに対するクリスチャン信仰の緊張の中で、聖書的教理を追求するのに熱心でした。ヴィンヤードの急成長とリニューアルの中でそのバランスを保つのは至難の業でした。 ジョン・ウィンバーがヴィンヤードの創始者でした。ヴィンヤードの開拓の初めから1997年11月の彼の死に至るまで、彼の影響はその神学的にも実践に於いても鋭く深く影響を与えました。神に徴兵された時、彼はこう言っていました。「ビール好きの薬物中毒のポップミュージシャンがタバコを止められずにいたクエーカー教団の聖書勉強会で、29歳で改宗したんだ。」 ジョンの改宗後の最初の10年間で、何百人もの人々をキリスト信仰に導き、1970年までに11の聖書勉強会を導き、500人を動員しました。

 神の恵みのもと、福音派の伝道牧師として成功した彼は、「チャールズ・E・フラー伝道と教会成長協会」を運営するために招かれました。また彼はフラー神学校の補助教師となり、彼のクラスは今もなお、フラーの出席者レコードとなっています。1977年、ジョンは、ヨルバリンダ・カルバリチャペルの開拓に係わる、牧師の働きに戻りました。 この働きは、彼の保守的福音派の視野での理解の中での教会開拓でも成長し始めました。ジョージ・エルドン・ラッドの神の国についての神学的著作が、すべての聖書的聖霊の賜物は教会で活用されるべきであることを知的に悟らせました。フラー神学校の宣教学者、ドナルド・マクギャブラン、C・ピーター・ワグナー、期間宣教師や、留学生は、ジョンに「伝道」と「癒しと預言のミニストリー」の混合の明確な証拠を与えました。

 神は今の時代にもすべての霊の賜物によって活動されることをもっと強く悟ったジョンは、教会でそのことを教え始めました。 ジョンと彼の教会員たちが神との親密なワーシップを追及する時、聖霊による力と賜物による意義ある改革と改宗者の増加を体験しました。カルバリチャペル運動ではリーダーたちが教えなかった、聖霊の経験が教会の強調となり、1982年ジョンの教会は、カルバリチャペルから出て、新しいヴィンヤード教会という小さなグループに加わりました。

 「ヴィンヤード」という名前は、カルバリチャペルに影響されて多くの教会を生み出したチャーチプランターのケン・ガリクセンが1974年に彼がロスアンゼルスで開拓したの教会のためにつけられたものでした。当時4,5つあった、ヴィンヤード教会の群れの牧師やリーダー達は教会の方向性をジョンに見はじめました。そして、ヴィンヤード運動が生まれました。
 20年後の今日、世界中に850を越えるヴィンヤード教会が開拓され、国際教会開拓運動や独自の出版社、レコード会社を持つまでになりました。ヴィンヤードのワーシップソングは、何千という教会で神との親密な経験を与える手助けをしてきました。多くの教会がイエスの神の国をのべ伝える宣教と病気の癒し、悪霊の追い出し、弟子訓練を続けています。 ヴィンヤードの歩みは決してまっすぐで優しいものではありませんでした。多くの困難や試練を受けてきました。

 もっと詳しいことをお知りになりたい方は、英語版“The Quest for the Radical Middle” By Bill Jackson を参照ください。 


[ホーム] [お知らせ] [教会カレンダー] [教会案内] [ヴィンヤードとは] [教会のヴィジョン] [メッセージ] [ゴスペル] [リンク]

ヴィンヤード・クリスチャン・フェローシップ所沢

〒359-1124 埼玉県所沢市東住吉11-9 小達ビル3F TEL/FAX : 04-2925-0600  E-MAIL : vcftoko@yahoo.co.jp