正義の原則

 


   

 確認報告責任者 国政行政調査会

      会長 牛木利也   

   

     正義の原則の目次

 

     日本国開発の進め

    国民及び企業の成長は国の発展と成長の源である  

1教育立国 2科学立国 3技術立国 4美立国 5観光立国の創造

 

務省・総務省・内閣官房・衆議院法制局・人事院等の

法令所管庁に確認 

当該HPの法令用語の語意・文意は官邸を通して所管庁に確認した

法令所管庁の有権解釈です。再確認をお願い致します。

  公務員の発言や説明回答は証言であり、

 当該HPの記録(電磁的記録を含む)は有権解釈証拠である

事が官邸及び法令所管庁に承認されております。

 法令所管庁の確認事項の共通理解の促進をお願いします。 

 

正義の原則の目次はデータベースのインデックスであります。

 インデックスとしてご活用ください。

  青色文字を押すと語意又は条文等が表示されます。

 

  語句の検索は、ページを指定した後、メニュ−バ−の編集をクリックしてプールダウンメニュの「このペ−ジの検索」をクリックして下さい。

検索の窓口が表示されます。

 

    御 挨 拶 

正義の原則の目次  

主要な題名の目次

 

国会の情報内閣の情報司法の情報

 

  

  国の経営は経営管理の原則(人事院JSTの原則)に基づく、国はの運営を事業とする。法令の所管庁には、条文の有権解釈の権限があり、その定義(公認の語意・文意)の管理責任を有す。法曹界三者(裁判官・検察官・弁護士)には法文有権解釈の権限はないので法令所管庁の管理する定義に従わなければならない。国政は三権分立を基本原則としている。

  法令用語の正義定義所管庁に確認済みであり規定事実証拠ですeーネット(電磁的記録の証書)により所管庁に確認した法文正義定義の文書は証書であり書証である。裁判正義定義理解は必須である。国語辞書等の共通語等には公認の規範力があり、公認の語意は法令用語の公認定義条文証拠の公認文書を中心として記載しますので、所管庁に再確認の上御活用ください。官邸の情報公共の在り方国政審査権を確認ください。

・裁判官の不法行為(不法な法律行為非行=道義に反する行為)は、国会の裁判官訴追委員会(国会議員)に訴追請求をし裁判官弾劾裁判所の裁判官(国会議員)が裁く。=国会の訴追委員会のHP不法な記載があるので補正を要す=衆議院法制局企画調整課に確認。裁判官弾劾法国会法16章(弾劾裁判所)行政不服審査法刑事訴訟法二編二章による。

・裁判所の前審として行政機関が審判(審査)することができる。=憲法76-2条項裁判所法3条1・2項行政不服審査法による。

国民主権地域主権と同義語の日本国は民事法優先主義である。

係属裁判の事由変更(事由拡張を含む)が出来る。訴え訴訟である。

国政庁説明責任の根拠及び司法行政庁の範囲を明示する。

司法警察員及び検察司法は刑事事件に係る司法の前審権を意味する。

・日本の証拠法は国政における基本原則であり、証拠裁判主義である。

法令用語の疎明は厳格な証拠の添付が原則である。=証拠法による。

日本国では判例の当事者以外の国民はその判例の拘束を受けない

三権分立とは立法・行政・司法が相互に統制し合うための制度である。

・国政上の処分に関する問題解決行政不服審査法による法務行政である。

国政の運営は法令用語の教育指導を前提とする違憲とは

・国政上の管理・監督・管理監督者とは。能力とは。戦略とは。

の運営は企業経営管理論能力評価理論の準用を原則とする。

予算・決算財務書類は企業会計の財務諸表の準用を原則とする。

   

 

  日本の伝統的精神である正義とは  

    

   清く正しく美しくそして逞しく生きる哲理であり  

  現代の法令用語では  

  公認された正しい語意や文意を理解し順守する

      行為を表す言葉である

     
     確認報告責任者 国政行政調査会

     会長 牛木利也 

                   usiki_tosiya@ybb.ne.jp     

 

             御 挨 拶  

                

       *指導的立場に居られる方々へ!!
   

     このホームページは、これからの社会を考える上で、今必要なことを共に考え、そしてこれからの社会に活用できる具体的な事柄を提言する場として、又は重責に居られる方々の重要事項の問題意識を共有する場として作成いたしました。

社会の基本を考える上で大切なことは、日本の伝統的精神・日本国憲法・教育基本法・民事法・行政法・刑事法等の法令・社会における原理‐原則・公序良俗の規範・能力評価制度等があります。人はこれらの「法秩序維持管理」を理想として行為する事が求められています。総ての行為の基本は問題解決にあり、そして全ての事柄は自分が学習する事によってのみ修得できるのです。ここに全てにおいて学習の重要性があるのです。

問題とは、“理想像と現状の差”のことを言います。理想とは“最善であり完全なものとして、人が心に描き求めるもの”のことを言います。
 
問題解決の基本については「戦略的経営管理力の原則」の中で提言します。良い事をするためにも、させるためにも、悪いことをしないためにも、させないためにも、世の中の先輩である方々が「法秩序維持管理」を良く理解し指導していくことがとても大切なことであると考えます。子供が良いのも悪いのも、社会が良いのも悪いのも、その責任は先輩諸氏である指導的立場におられる方々に帰す事であると考えます。特に最近では、「嘘=詐欺」に対する罪意識がないと言われております。昔は、閻魔さんに舌を抜かれるなどと躾られたものです。

憲法の黙秘権は一般国民の国家権力に対する保護規定であるが、嘘を言っても良いと言うことではありません。一般国民が刑事責任を追及されるような不利益な供述を強要されない権利の事であり、またその供述を拒否する権利の事でありますが、憲法38条(黙秘権)の規定を行使する事は、自己弁護の権利を放棄し且つ事件に自分が関与している証拠がある事を自白したことになりますから罪(逮捕及び留置等)を認める原因になります。公務員の公務に関する事柄については、宣誓書により説明責任がありますので黙秘することはできません。公務員の極秘事項については成文化されていますのでそれ以外の事柄については法定主義により秘密漏洩の責任を問われることはありません。

「法秩序維持管理力」を育成するためには、先ず、「虚偽=詐欺」の征伐から始めなければなりません。それでは以下の事柄を提言し確認していきたいと思いますので宜しく御願い申し上げます。

   

教育・学習・学びによる知識は、荷物にならない宝物の習得で

 人間が生活する上で重要な宝物であり、

共有し傾聴することにより新しい知恵が増殖します。

 

法令は、国語辞典・法令用語日英標準対訳辞書を基に翻訳され

法令所管部門が国際的に管理している。

 

法令の公認定義の管理は、法令所管部門の重大な責務であり

教育関連用語の公認定義の管理は、教育所管部門の重大な責務である。

 

法令所管部門は原則として監督官庁であります。

国語の改善及びその普及は文部科学省の責務である。

 

現在の国際司法裁判所所長に日本人で初めての

小和田恒氏(皇太子妃の父76歳)が

法秩序管理の信任を受け2009年02月06日に就任(任期3年)した。

世界における法令上の指導者を歴任した。

 

日本の法令は翻訳され国際的に無料で公示している

 

法務省・人事院・衆議院法制局・内閣法制局・内閣官房・最高裁判所

文部科学省に確認     

 

主要な題名の目次

 

教育の基本を共有する

日本の伝統的精神

倫理・道徳心を培う

憲法の基礎を共有する

日本の経営について

日本国の法制度

行政庁運営の原則

防犯の原則(安心・安全・相談)

民事裁判の原則 

10民事法令の基本原則 

11民事訴訟手続の全貌

12民事執行法の基本原則

13不動産取引の基礎

14罰則処分の規定

15刑事裁判手続の概要

16犯罪捜査と裁判手続

17刑事裁判手続の概要

18裁判所職員の職責

19弁護士の職責

20戦略的経営管理の原則

21能力評価の理論

 以上