三池鉄道の路線図
その2(駅係編)
2002年10月16日公開

(つづき)

 それら駅の業務や、運行体制はどうなっていたのでしょうか。古い時代についてはよく分かりませんが、さいわい、私鉄化前夜といえる昭和38年の三池港務所の組織図が社報(『三池時報』)にあり、興味深い資料なので以下に書き出してみました。なお、信号所名称は別の会社資料から補いましたが、多少新しいもののようで該当がないものがあります(−で示した)。

 当時、三池港務所運輸課の運転現場には機関庫係と駅係があり、機関庫係はその名の通り機関車運転を担当、駅係は三係に分かれ、それぞれが停車場−信号所−停留所−踏切と、通勤列車を管理しました。この中で面白いのは万田駅で、唯一駅係ではありませんが、これは他駅係が貨物扱い主体なのに対し、もっぱら運転(万田分庫)のためという位置づけが分かります。

港駅係 港駅、四ツ山駅、および信号所7ヶ所(桟橋信号所、三川信号所、第2信号所、第3信号所、早米来信号所、発電所信号所、大島信号所)、踏切番3ヶ所を管理。
三川坑送炭ベルトを管理し、新ホッパー、九電および貯炭場への配炭。
国鉄貨車、沿線各工場、三池港船積用の石炭の貨車積み込みおよび輸送を担当すると共に、三井化学三川工場、三井塩業、東洋高圧等の貨物の輸送ならびに三池港揚げの雑貨の鉄道輸送を管理。
荒尾連絡所において国鉄との石炭連絡列車の授受。
通勤列車(平井線、桜町線)の現場管理。
  
宮浦駅係 宮浦駅、および信号所6ヶ所(第1信号所、第2信号所、第3信号所、七浦信号所、早鐘信号所、−信号所)、踏切番6ヶ所を管理。
宮浦坑より産出される石炭の輸送ならびに三井化学、三井金属、東洋高圧、宮浦坑等の雑貨輸送を管理。
旭町連絡所において国鉄連絡貨車の授受。

通勤列車(勝立線)の現場管理。
 
浜駅係 浜駅、および信号所2ヶ所(第3信号所、第4信号所)、踏切番1ヶ所を管理。
東洋高圧、三井金属、電気化学、宮浦坑の雑貨輸送を管理。
 
万田駅 万田駅および信号所3ヶ所(万田北信号所、−信号所、−信号所)、踏切番1ヶ所を管理。
港〜宮浦駅間の貨物輸送の調整連絡ならびに通勤列車(平井線、桜町線)の現場管理。
 
機関庫係 三池港本庫および万田分庫
(三井鉱山『三池時報』より作成)

 さて、私の訪ねた平成時代には運輸課が鉄道課へ変わっており、まだ駅係と機関庫係という体制が維持されていたのか聞きそびれましたが、本線の運転内容が2往復(金田向け石炭発送のみ)にまで減便されていたので、ぐっと単純化されていたようです。
 駅係員(?)は三池港駅、四ツ山駅、宮浦駅、旭町駅に配置されていましたが、事実上、三池港(四ツ山駅および万田を管理)、宮浦(旭町駅および三池浜管理)というふうに2部署化していたように思われました。

 また、機関庫は三池港駅にありましたが、やはり実際は三池港駅持ち(45トン電車・20トン電車)、宮浦駅持ち(20トン電車)に分かれ、それぞれの駅を起点に仕業が設定されていました。

三池港駅 貨車積みホッパーによる石炭積み込み。
九電港発電所の石炭扱い。
四ツ山駅 三池火力発電所の石炭扱い。
宮浦駅 三井東圧、三井バーディッシュの化成品扱い。
浜線の運転管理。
旭町駅 JRとの貨車中継。
(うしやん作成)

 上表、宮浦駅が通称、浜線(三池浜〜宮浦)を管理していますが、本線(三池浜〜三池港)を通しで運転するダイヤがなく、三池浜駅(三井バーディッシュ)の貨車扱いは宮浦駅の仕業(20トン電車)となっていました。

 ちなみに、平成4年会社資料によれば、三池港駅と、四ツ山停車場・宮浦停車場・旭町停車場となっています。駅と停車場の区別は分かりませんが、駅名板は〜駅となっていました。
 すでに無人だった三池浜駅や万田駅は駅としては抹消されていたようです。


(2002年02月宮浦)宮浦停車場とある夜灯。


本館ページへ戻る