うさぎのせいさくちょう〜製作あそび〜

毛糸であそぶ

幼児が、自分で行えると思われる部分は、この色で示してあります。このページに紹介されている道具作りと糸の始末は大人の方にお願いしますね。

□■織り機■□
材料:小さめの段ボール箱、竹ひご(太)、毛糸
道具:カッター、定規、はさみ
(作り方)
@カッターでダンボールを切り取ります。縦は高め、横は低めにすると、織りやすいでしょう。
A縦糸を張るところに、1cmくらいの間隔で、奇数個の切り込みを入れます。切り込みが浅いと使用中に外れてしまうので、7oくらいは入れておきましょう。
B両端の切れ込みに、段ボールに合わせて切った竹ひごをセットします。
Cダンボールの縦の目、または厚紙を使って横糸を巻きつける道具を作ります。織り機の横幅よりやや長めに作ると使いやすいでしょう。出来たものに、好きな色の毛糸を巻きつけます。
(補足)
・竹ひごは、出来上がりの布の幅を均一にするために使っています。大きいサイズの物を作るときは、角材を利用してください。
・縦糸は、毛糸の代わりにタコ糸を使うと、頑丈だし、すべりも良いです。
(遊び方)

切り込みに毛糸をはさみながら、縦糸を張ります。一番端は、竹ひごに巻きつけてしまいましょう。

縦糸の端がある角からスタート!上下上下と、横糸をくぐらせていきましょう。

織り進めると、こんな感じ。横糸を詰めると、縦糸は見えなくなります。

毛糸の色を変えるときは、毛糸同士を結びます。

目を詰めながら、最後まで織りましょう。横糸を巻きつける道具が使いにくくなってきたら、毛糸を外して、手で織っていきます。
最後まで織れたら、縦糸を少しずつ引っ張ってたるみを取り、織り始めと織り終わりの縦糸と横糸を結んでください。

織り機から外し、目を整えて、出来上がり。
・最後まで織らないで仕上げたいときは、縦糸2本ずつで縛ってください。
・出来上がりは、バックや人形のお布団に。
(製作レポート)
・大きいものから始めると、途中で断念してしまいます。まずは小さいもので達成感を味わいましょう。
・きれいに張られた縦糸はハープの弦のようで、触りたくなるんだけど、緩んでしまうので、そっと扱って。
・一番端を通るのを忘れがちなので、気をつけましょう。慣れてきたら、前の列の織り目を見ながら、あっているか確認する癖をつけると良いですね。

□■編み機■□
材料:毛糸、ガムテープの芯、セロテープの芯、割り箸(割らずに使います)
道具:はさみ、セロテープ、ガムテープ
(作り方:編み機)
@ガムテープの芯に、上が2cmくらい出るようにして、割り箸をバランスよくセロテープで仮止めします。
Aうまく立つのを確認したら、ガムテープをグルッと巻いて、しっかり固定します。
B下にセロテープの芯をはめ込み、セロテープで固定します。
(補足)
・割り箸の本数を増やすと、目が細かくなります。
・他の素材で作ることも出来ます。
2リットルペットボトル製。
テープ芯や牛乳パックよりも幅広のものが出来ます。
割り箸の本数も増やして、しっかりしたものを作るのに適しています。
牛乳パック製。
折りたたんで収納できます。
角が固定されていないので、慣れないと難しいかもしれません。
牛乳パック+セロテープ芯(色画用紙装飾済み)。
外側から、牛乳パック、割り箸5本、セロテープ芯上下2本の順にはめ込んであります。
割り箸の本数が少なく、しっかり固定され、外側も装飾しやすいので、初めての幼児向き。

(編み方1…クモの巣編み
基本的に、反時計回りに1つずつ進めていきます。編み機を回しながら行うとやりやすいです。
真上から見て、きれいなクモの巣のように見えていれば、ちゃんと編めている証拠。先に進めてください。
編み終わりは、割り箸から外した輪に毛糸の先を通していき、キュッと絞ります。編み始めも同様に処理し、毛糸の先を中に入れ込んで隠します。


1、時計回りに巻きつけます。

2、下の輪を外します。

3、残った輪を下にずらし、隣に進みます。

(補足)
・ミニマフラーになります。3本作って、ミツアミで1つにしても可愛いですよ。
・仕上がり後、伸びます。
(製作レポート)
・これに集中すると、みんな静かになります。
・最初、セロテープの芯は使っていなかったのですが、編み機を回転させながら編んでいくと、だんだん割り箸がずれてきてしまうので、その予防策として試してみました。
・どんどん長くなっていくので、達成感があって嬉しいみたいです。必要以上に長いのを作る子、続出!結果、長縄跳びに。

(編み方2…リリアン編み
編み機を作るときに、割り箸の本数を奇数にしておいてください。(偶数本でどうにかしたいというときは、クモの巣編みの作り目で始めると良いですよ)
ナミナミに2周してから編み始めます。リリアンと同じ編み方ですね。
編み終わりは、割り箸から外した輪に毛糸の先を通しとめてください。編み始めも同様に処理し、毛糸の先を中に入れ込んで隠します。

編み機の外周を進めながら、先にかかっていた毛糸を、新しい毛糸の上を通して外していきます。

(補足)
・クモの巣編みよりもしっかりとしたミニマフラーになります。
(製作レポート)
・だんだん割り箸から毛糸を外すのがきつくなってしまう子がいます。出来上がり部分を引っ張るなどして、ゆるめに編んでいくようにさせましょう。

□■指クサリ編み■□
材料:毛糸
道具:はさみ
(編み方)
輪を作ったら、親指と人差し指を入れ、編み進めます。最後は、輪の中に先を通して終わりにします。
先を引っ張ると、全部ほどけてしまうので、中断するときは、洗濯バサミなどはさんでおくと良いでしょう。
1、
編み始め
2、
ここを繰り返します
3、
編み終わり






(補足)
・あやとりを作る紐にもってこいです。
・色違いの毛糸2本を重ねて編んでもきれいです。
(製作レポート)
・慣れない間は、端をどこかに結び付けて固定してあげるといいです。
・女の子が、おしゃべりをしながらやる手仕事にはもってこいのようです。いつの間にか長くなってる…。


製作あそびへHOMEに戻る